ソマティック エクスペリエンス。 ソマティックエクスペリエンス

ソマティック・エクスペリエンシング®療法とは

ソマティック エクスペリエンス

ソマティックエクスペリエンシングは、ピーター・ラヴィーン博士の開発した最新のトラウマ・ケアの治療法です。 この治療法は、トラウマ治療のなかでは安全で効果のある療法です。 以下の2点からトラウマの成り立ちについて考察しています。 1.野生動物は日常的に捕食動物からの攻撃にさらされているのに、人間のようなトラウマを受けて苦しむ事がない。 2.トラウマの原因に関わらず、トラウマによって人間が苦しむ症状はほぼ同じである(不眠、フラッシュバック、パニック障害など)。 これらの点から研究を進めた結果、トラウマは個々の出来事の問題ではなく、それらの出来事に対して神経系がいかに反応するかという問題である、という結論を導き出しました。 ピーター・ラヴィーン博士の開発した治療法は、人間が本来の動物と同じ様に持っている「身体感覚」を主に使った、まったく新しいタイプのトラウマの治療メソッドです。 ここでは、神経系がトラウマによって抱えた過剰なエネルギーを少しずつゆっくりと解放させていくことを目指します。 ソマティック・エクスペリエンシングでは、激しい恐怖状態などのトラウマ反応に対処する際、セラピストに九つの基本構成要素を提供している。 トラウマと「再交渉」し変容させるためのこの基本手段は、直接的でも、厳格でも、単方向性でもない。 治療セッションでは、この九つのステップはむしろ互いに絡まり合って依存しており、繰り返しどのような順序で用いても良い。 しかし、この心理生物学的過程の基盤を堅固なものにするには、ステップ1,2,3を最初に順番通りに実施する必要がある。 1)相対的に安全な環境を確立する。 2)感覚を初めて探索し受容することを援助する。 3)「ペンデュレーション」およびコンテインメントを確立する。 これは、生得的なリズムの力である。 4)安定性、レジリエンス、組織化を増進するために、タイトレーションを用いる。 タイトレーションとは、再トラウマ化を避けるため、生きるか死ぬかという状態から生じる覚醒の感覚や他の困難な感覚に対して、最少の「滴」を落とすかのようにきわめて注意深く触れることを指す。 5)崩壊や無力感といった受動的反応を、能動的でエンパワメントされた防衛反応に置き換えることによって、修正体験を与える。 6)恐怖と無力感という条件づけされた関係を、(通常は短時間だがこの場合不適応な)生物学的不動反応から分離または「アンカップル」する。 7)生命維持活動のために動員された膨大な生存エネルギーを「放出」し再分配することをおだやかに促し、また高次の脳機能を支えるためにそのエネルギーを自由にして、過覚醒状態を解消する。 8)自己調整を用いて「動的平衡」およびリラックスした注意状態を回復する。 9)今ここにいることに注意を向け、環境に接触し、社会的つながりを再確立する。 外傷体験により、恐怖に凍りついた状態にある人が、セラピーのセッションのなかで能動的に生物学的不動状態に入ってもらい、トラウマによる原始的な防衛反応を解除していきます。 人は生物学的不動状態に入ることを恐れるので、まずは、安心できる記憶や望ましい記憶を思い出してもらって、身体の中の安心できる感覚を見つけていくことから始めます。 ピーター・ラヴィーン博士は、トラウマの克服の最も効果的な方略は、恐怖に向かって進むこと、不動状態そのものに接すること、起こりうる不快感に関連する種々の感覚・質感・イメージ・思考を、それがどのようなものであれ、意識的に探索することであると述べています。 今までの心理療法は、身体に重点を置かずに、対話を中心にしてトラウマの文脈を扱ってきました。 そのため、トラウマを負って、無感覚、無感情な人に対しては、心の深い部分を扱えずに、表層的な関係で終わっていました。 しかし、身体内部に働きかけるアプローチを使うと、身体も心もものすごく反応するようになり、身体が震えて、全身が熱くなり、涙が溢れ出て、真の変容が生じます。 人は身体を震わし、鳥肌を立てると、身体の中に閉じ込めていたエネルギーを放出することができます。 筋肉や脊髄、扁桃体に滞っていたエネルギーが抜けていくと、身体の状態が一瞬で変わって、様々な症状が解消されます。 ただし、複雑にトラウマがある人は、日常生活のなかで凍りついていくために、身体の中にエネルギーが蓄積されて、また元の状態に戻ってしまいます。 治療はゆっくり時間をかけて、何度もセッションを行う必要があります。 ソマティックエクスペリエンスは、凍りつきや虚脱のトラウマ、解離症状がある人、原因不明の身体症状がある人に最も有効な方法です。 感受性が高い人や瞑想に興味がある人に向いており、子ども向きの治療法でもあります。 ただし、自分の身体と向き合うことに意味が感じられない人には向かない治療法です。 治療では、トラウマティックな状態に自らを持って行って、不動状態を体験しつくします。 全身が縮こまり、固まった部分の感覚に一瞬でも触れていけば、身体が拡がっていきます。 そして、身体内部から安心感を得て、神経システムが平衡状態になります。 身体の内側が変化すれば、トラウマティックな脳も改善されていきます。 ピーター・ラヴィーン『身体に閉じ込められたトラウマ』(池島良子、西村もゆ子、福井義一、牧野有可里 訳 )星和書店 ピーター・ラヴィーン『心と身体をつなぐトラウマ・セラピー』(藤原千枝子 訳 )雲母書房 トラウマケア専門こころのえ相談室 論考 井上陽平.

次の

ソマティック・エクスペリエンス創立者が語る、自分で安心感を得る方法

ソマティック エクスペリエンス

ピーター・ラヴィーン博士が開発したトラウマ療法です。 身体感覚に働きかけることで、自律神経生理の自己治癒力を呼び覚まし、過去のトラウマによって引き起こされているさまざまな辛い症状を和らげることが可能です。 それによって過去に起きたことに縛られずに、自分らしく生きるという実感を取り戻すことができます。 今までの心理セラピーは話をすることが中心でした。 考え方や行動、気づきに重点が置かれ、過去の辛い身体験を話し、感情を解放することが回復につながるとされています。 不安な気持ちや怖かった記憶を話していると身体は自然に緊張して固くなってきます。 この感覚が強すぎると和らぐのに時間がかかったり、感情が出すぎたことで不安を感じたり、怖くなったり、恥ずかしくなったり、そのこと自体がトラウマ体験になってしまうこともあります。 身体と心が統合するように、丁寧に、少しずつ、ゆっくり、優しく、大切に扱いながら癒していきます。 そして自己調整力や治癒力が回復してくると、それに伴って客観性も思考力も回復してくるので、自然に視野が広まったり、「腑に落ちる」という表現がぴったりな気づきが得られたりします。 また自己の身体感覚が安定してくると、自分の限界にも気づけるようになるので、やれそうなこと、やりたいこと、やれないこと、やりたくないこと、嫌いなもの、好きなものがわかるようになっていきます。 スポーツでも学習であっても、何かに挑戦する時にはまずはできる範囲から始めるものです。 高所から下にジャンプすることへの挑戦だとしたら、まず安全な場所と命綱を確認してから、高所から下を見下ろして少し怖い思いを味わって、そして安全地帯に戻ってきてほっとして、それから一息ついてまた下を見ると、前よりは怖さが減っていることに気づきます。 数学の難しい問題に挑戦する前に、簡単なドリルから始めて自信と実力をつけ、少しずつ難題に挑戦するのと同じようなことを身体に体験させるのです。 何かを会得するには時間をかけて少しずつ確実に進むことが安全で効果的です。 身体感覚には個人差があります。 トラウマ体験の反応によって、感覚を感じられなくなっていたり、逆に感覚が超過敏になっていることもあります。 自分の身体感覚がどうなのかは実際にセッションの中で体験してみてからでないと、セラピストにもクライアントにもわからないものです。 超過敏の場合は、ほんの少しの刺激でも大きく揺さぶられて、不安や恐怖が強くなったり、具合が悪くなったりすることもあります。 麻痺している人が感情を感じられるようになると、途端に反転して超過敏に感じられることもあります。 身体感覚とその反応の大きさによって一度に働きかける程度やセッションの頻度が違うので、まず自分の身体感覚に気づくことが先決です。 次に大切なのは、リソースと呼ばれる心と身体の安定・安心感の身体感覚を養うことです。 セッションの中で不快な感情や身体反応が出たとしても、その後に引きずらずに、通常モードの身体感覚に戻れるという安心感が出てくることが大切です。 これが自律神経生理の自己調整能力が高まるということです。 トラウマの核心に触れると不快な感覚や感情が強く湧いてきます。 その時に、トラウマの渦に巻き込まれないためには、「今・ここ」に戻って来れるという安心感が不可欠なので、小さい感情の波で戻って来れることを確かめながら許容を広げ、強い感情の波に備えておきます。 そして「今・ここ」が十分安定していることを確認してから、トラウマの核心に少しずつ取り組み始めます。 これが再トラウマ化の防止にもつながります。 この十分な安定の身体的リソースが得られるのには個人差があり、少なくとも数セッション、数か月~数年かける必要があることもあります。 「今・ここ」が「十分に安定」していることが確認できたら、過去のトラウマ体験の核心に少しずつ触れていきます。 思い出したり、話そうとするだけで、嫌な感覚が起きてくることがあるので、その身体の反応を大切に気づきながら進めます。 そうすると自律神経生理が働いて、身体が自然に自己治癒力を発揮して対応してくれていることに気づくでしょう。 怖がらずに身体がやりたいようにやらせると、嫌な身体感覚が自然と収まっていったり、防ごう、逃げようという防衛反応の身体の動きが出てくることもあります。 そうすると身体に蓄積されていたトラウマのエネルギーが自然に放出されて、身体がじんじんしたり、温かくなったり、呼吸が深くなったり、緩んだりするのが体感できるでしょう。 もし出てきた感情や感覚に圧倒されるように感じたり、身体が固まるように感じたら、我慢や無理をせずに身体感覚のリソースの安全地帯や現実に戻ってくることで再トラウマ化を防ぐことができます。 身体の許容ギリギリのところで戻ってくることを繰り返すことで、Window of Tolerance(許容の窓)と呼ばれる身体感覚の許容範囲が広がっていくので、今まで反応していた不快なことにも余裕を持って対処できるようになっていきます。 神経生理的に説明すると、トラウマ反応の症状として副交感神経の凍りつきと、交感神経の過度な活性化が見られます。 自己調整能力が健康な状態では、交感神経が活性化したとしても、副交感神経がそれを和らげてくれるので通常モードに戻ることができます。 この健康的な自己調整力を身体に取り戻すことができてくると、トラウマから解放されたという実感が出てくるでしょう。

次の

ソマティック・エクスペリエンス

ソマティック エクスペリエンス

この名古屋大の研究チームは、2年前にも慢性疲労症候群や線維筋痛症の異常な痛み アロディニア の原因としてミクログリアの活性化に注目した研究を発表していました。 無意識の凍りつき反応と痛みの関係 近年のトラウマ医学では、トラウマは「心の病理」ではなく、衝撃的な体験や、あるいは慢性的なストレスによって身体に刻まれる、筋緊張やホルモン分泌などのパターン 手続き記憶 だと考えられています。 簡単にいえば、危機的なストレスを経験すると、筋肉や内臓から危険を伝える感覚が脳に伝えられ、その結果、 凍りつきや擬死 仮死状態 といった生物学的反応が引き起されるのがトラウマであり、慢性疲労や慢性疼痛も伴います。 原因はさまざまであり、機能不全家庭や虐待、いじめ、家族の死などだけでなく、学校や職場での過労、交通事故、さらには医療体験であれ、本人が強いストレスや身の危険を感じるようなものであれば、なんであれ同じ症状が引き起こされます。 には、この過程が、次のように説明されています。 まず、強烈な危機的体験をしたり、慢性的なストレスに長くさらされたりすると、身体が常に警戒状態になり、無意識のうちに緊張し続けるようになります。 なぜなら、からだが脳に対して危険信号を送り続けているからである。 …例えば、首や肩の張りや胃腸のむかつき、のどの詰まりなどは不安の中心的状態である。 無力感は文字通り、胸や肩のしぼんだ状態で表され、横隔膜の収縮や、膝や脚の脱力感を伴う。 p218 その無意識下の身体の凍りつきは、やがて、さまざまな慢性的な衰弱性の疾患へと進展していきます。 かくして気まぐれな症状へと道筋が定まっていく。 首や肩、背中の張りは時間の経過とともに線維筋痛症へと進行する可能性が高い。 また未解決のストレスによる身体的表現としてよく見られるものに偏頭痛がある。 胃腸のむかつきは、よく見られるような過敏性腸症候群やひどい月経前緊張症候群、またけいれん性結腸のような消化器系の問題へと突然変異的に進行してしまうかもしれない。 こうした状態は苦しんでいる人のエネルギー資源を枯渇させてしまい、慢性疲労症候群という形に進行する可能性もある。 p219 しかしながら、このような身体の過緊張の凍りつき状態は、基本的には無意識下で持続しているので、当事者には気づかれません。 当事者は、身体の凍りつきを認識する代わりに、もっと表面にある慢性疲労や慢性疼痛、過敏性腸症候群、月経前症候群、偏頭痛などを意識するので、自分は原因不明の身体疾患にかかっていると考えるようになります。 多くの場合、このような人たちは、複数の症状を抱えた病人となる。 救いを求めて医師から医師へとたずね歩くものの、自分たちを苦しめているものに対する解決策をほとんど得ることができないのだ。 トラウマは病人を苦しめる多くの症状や「不調」としてとてもうまく変装し、またそうした症状を作りだす。 現代の人類がかかる病気の大部分は、未解決のトラウマに原因があると推測してよいのかもしれない。 p219 本当は未解決のトラウマ、言い換えれば、身体に刻まれた筋緊張などのパターン 手続き記憶 に原因があるのに、それに気づくことができないがために、表面的な症状に対する対処療法を求めて、延々とドクターショッピングを繰り返すしかなくなるのです。 心と身体は切り離せない このブログの過去記事でも扱ったように、このとき重要な役割を果たしているのが、わたしたちが普段意識することのない 固有感覚や内臓感覚です。 今引用した一連の文章の最初で、 「からだが脳に対して危険信号を送り続けている」ことが原因だとされていましたが、この危険信号は固有感覚や内臓感覚によって伝達されています。 わたしたちが「心」や「感情」とみなしているものは、筋肉や内臓の内側から絶えず発せられている、これらによって形作られています。 身体から始まり、心が後に続きます。 従来「心の病理」とみなされてきたものは、身体の内部の変質から生じたものであり、身体を抜きにした心の病気など存在しないのです。 「ほとんどの人は」とラヴィーンが指摘するように「トラウマを〈精神的な〉問題、さらには〈脳の病気〉だと考えている。 しかし、トラウマはからだの中にも生じる何かなのである」 実際に、トラウマが最初に、真っ先にからだに生じることをピーターは示している。 トラウマに関連している精神状態は重要ではあるけれども、二次的なものである。 からだから始まりこころが後に続くのだ、と彼は言う。 したがって、知性や情動さえも関与させる「対話による療法」では十分に深いところまで到達しないのである。 p xii 興味深いことに、今回のプレスリリースでは、慢性疲労症候群や線維筋痛症は、PTSDなどと同様の疾患カテゴリに含まれるとされています。 そして、慢性疲労症候群、線維筋痛症、過敏性腸症候群、PTSDなどのFSS疾患では、引き金となる体験は違えど、慢性疼痛の生物学的なメカニズムは共通しており、同じ治療法で対象しうる可能性が示唆されていました。 引金は疾患ごとに異なりますが、無意識の筋の過緊張が持続することが、これらの疾患での慢性痛に至る共通のメカニズムである可能性があります。 したがって、FSSなどの患者さんの疼痛を和らげる治療には、脳や脊髄に存在するミクログリアを標的とすることが有効である他、一部の筋の過緊張を解除し、固有感覚ニューロンの活動性抑制を標的とする新たな治療法が考えられます。 このことから、すでにトラウマ疾患において「凍りつき」の治療に用いられている心理療法をはじめ、さまざまな種類のボディーワーク 例えば、マインドフルネス、およびその観点を取り入れたヨーガ、アレクサンダー・テクニーク、フェルデンクライス・メソッド、ソマティック・エクスペリエンスなど が慢性疲労症候群や線維筋痛症の治療にも応用できることが推測できます。 前述のように、たいていの当事者は、自分の凍りつき状態を意識していません。 プレスリリースでは、固有感覚は「通常あまり意識にのぼらない感覚」だと書かれていました。 それに対し、これらのボディーワークはいずれも、固有感覚や内臓感覚に 意識的に気づくよう訓練し、身体が訴えていることに耳を傾けるためのトレーニングであるという共通点があります。 本来意識しないような内なる感覚に耳を澄まし、無意識の身体の凍りつきに気づき、それを溶かしていくためのアプローチなのです。 今回の研究は、これまで異なる分野で研究されてきたPTSDに代表されるトラウマ疾患と、慢性疲労症候群や線維筋痛症のような内科的疾患をつなぐものだと感じます。 これらは同じ身体という舞台で繰り広げられている 全身の病気です。 最近の別のニュースでは、アメリカの研究チームが、ストレスに対する免疫細胞の反応に基づき、慢性疲労症候群を血液診断で同定することに成功したという報告もありました。 生物学者のロン・デイビス氏は「これについてはまだ説明できませんが、この結論は、慢性疲労症候群が患者の想像上の状態ではなく疾患であることを証明しています」と述べた。 慢性疲労症候群や線維筋痛症は、しばしば理解のない医師から「心理的問題」とみなされてきましたが、明確な生物的基盤がある病気です。 というよりも、現代科学からすれば、もう「心理的問題」などというカテゴリは存在しません。 わたしたちは「心の病気」と「身体の病気」を分けて考えるという、デカルトの心身二元論に基づいた非科学的な見方を捨てる必要があります。 科学的事実によれば、心は有機体である肉体から作られており、両者を分けて考えることは一切不可能だからです。 今回の記事で特には触れられていませんが、FSS疾患には過敏性腸症候群に代表されるような胃腸症状が含まれている以上、内臓を介する共通したメカニズムも今後研究される必要があります。

次の