いちじく コンポート レシピ。 【みんなが作ってる】 いちじく コンポート 赤ワインのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

いちじくコンポートの作り方(レシピ)

いちじく コンポート レシピ

カルダモンは包丁の腹で潰し、バニラビーンズは包丁の先で切り込みを入れておく。 レモンは適当な大きさ、いちじくは縦半分にカットする。 赤ワインを鍋に入れ、乾燥いちじく、レモン、スパイス類を加え、火にかける。 沸騰したらアルコール分を飛ばし、火を止める。 きび糖を加えてよく混ぜてから、いちじくを加える。 この時、いちじくが全て赤ワインに漬かるようにする。 《監修》フードスタイリスト 吉田美生(よしだ みお) 1973年東京生まれ。 都内レストラン・カフェで料理人を勤めながら、フードコーディネーターとして、『anan』『VERY』等のレシピ制作で活躍。 有名誌のレシピ制作に加え、2005. 4月~06. 3月 ANA機内誌『翼の王国』Wine & Sweets Road にて菓子制作、レシピ提供も担当。 スタイリッシュでありながらご自宅で簡単に作れ、便秘解消にも役立つレシピをお届けします。 作り方にも色々ありますが、私はいちじくや桃などの柔らかい果物をコンポートにする際は、煮込まず、沸騰させたワインに漬けるだけにします。 そちらの方が果実のフレッシュ感が失われず、さっぱりと仕上がりますよ。 また、レモンやスパイス等もポイント!スパイスを全て必ず入れなければいけないという訳ではありませんが、風味が増し、味のアクセントになりますので、出来れば入れることをおすすめします。 コンポートを作る際に限らず、野菜を煮る時などにも言えることですが、熱いものは冷める間に段々味がしみ込んでいきます。 それはスパイスも一緒。 ですから、コンポートは必ずしっかり冷めてからお召し上がり下さい。 冷蔵庫で2、3日保存すると、果物にさらに味がしみ込み、より美味しく召し上がって頂けると思います。 基本的には保存食ですので、冷蔵庫で1週間程度は保存可能です。 食べきれなくって、悪くなってしまいそうな果物の活用法としても便利な調理法ですね。 他の果物でもOK!アレンジも楽しめる 今回はいちじくをコンポートにしましたが、このレシピをそのまま他の果物でも応用できます。 これからの季節におすすめなのは、洋梨やりんごなど。 コンポートに使用するワインは抜栓してしばらく経った飲み残しでOK。 赤ワインではなく白ワインを使っても美味しく仕上がります。 ワインはしっかり煮立ててアルコールを飛ばしていますが、場合によってアルコールが残ることがありますので、アルコールに弱い方や運転前には注意が必要です。 アルコール分をしっかり飛ばすには、ワインが沸騰してきたらガスの火を強火にし、鍋の上まで回す、もしくは鍋の上に種火をかざし、しっかりフランベ(アルコールを飛ばす調理法のこと)させましょう。 その場合は、鍋の周りに燃えやすいものがないか十分注意して!フランベするのが怖いという方は、無理に火をつける必要はありません。 沸騰したら弱火にし、1分程度沸騰させ続ければ、アルコール分は飛びます。 今回のレシピは、果物やワインの甘さによって、仕上がりの甘みに多少差が出ます。 レシピのお砂糖はかなり控えめにしてありますので、量はお好みで調節して下さい。 コンポートにした果物はそのまま食べるだけでなく、マスカルポーネ等のフレッシュチーズやアイスクリームを添えても美味しく召し上がって頂けます。 また、コンポート液だけが残ってしまった場合でも、そのまま飲んだり、ソーダで割ったりなど、飲み物としても楽しめますよ! 今月のポイント&コラム いちじくの栄養素 晩夏から初秋にかけて旬をむかえるいちじくですが、不老長寿の果物と言われるほど、栄養価の高い果物です。 いちじくはビタミンE、カリウム、カルシウムの他、食物繊維の一種、ペクチンを豊富に含んでいます。 であるペクチンは、腸の活動を促してくれるので、便秘の解消に大変有効です。 また、一緒に加えた乾燥いちじくも栄養価が高いのは同じ。 水分が減った分、ミネラル、食物繊維が増加するので、こちらも便秘解消には効果的と言えるでしょう。 一緒に加えたスパイスも、太古の昔から薬効成分があると考えられているもの。 シナモン、カルダモンには健胃作用、消化促進の効果があるとされています。 簡単に作れるこのコンポート。 さっと作って食後のデザートなどにいかがでしょう? スパイス類が食後の消化を助け、いちじくが便秘解消のお手伝い。 食欲の秋はこれからが本番、上手に食べて、健康管理とともに便秘解消を心掛けましょう。

次の

季節の手作り いちじくのコンポート

いちじく コンポート レシピ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

季節の手作り いちじくのコンポート

いちじく コンポート レシピ

皆様こんにちは。 こんばんは。 随分とお久しぶりになってしまいましたが私は生きております。 仕事でもプライベートでも何かとやることがありまして、 脳内がマルチタスク化されていない私はブログまで手が回らず 更新をお休みさせて頂いておりました。 そしてそれらのやることも落ち着き、 また暇な日常が帰ってきましたので これからはまた少しずつですが更新していこうと思います。 改めましてフランス料理ロドゥラを宜しくお願い致します。 さてさて早速本題へと移りますが、 本日作るのは無花果のコンポートです。 無花果は個体によって味のバラツキが多く、 保存に関しても少々難しいフルーツです。 こういったわがままっ子のフルーツはやはり コンポートにするのが一番だと思います。 コンポートは簡単に言うとシロップ煮みたいな感じですね。 加熱するので保存にも向いていますし、シロップに漬けるので あまり糖度の高くないフルーツでも美味しく食べられます。 では早速作っていきましょう。 無花果以外を鍋に入れて沸かし、グラニュー糖を溶かし さらにアルコールを飛ばす。 半割りの方がシロップが染み込みやすいが崩れやすいので注意。 目安は完熟で8~10分。 未熟なものだと20分ぐらい。 ウマー。 皮の固さが気になる場合は先に剥いてから調理してもいいと思います。 アイスクリームやソースアングレーズなどを添えてどうぞ。 真空パックが無い場合の調理法 上記の方法は、真空パックとウォーターバス 湯煎機 がある前提での調理法ですが、 普通のご家庭にはないと思いますので、鍋で作る場合はどうすればいいのかを綴っていきます。 まずコンポート液のレシピは同じですが、鍋で作る場合は 無花果がコンポート液にしっかりと浸っている状態で 調理する必要があるため倍量で仕込んでおきます。 コンポート液ができたら、そのまま無花果を入れて落し蓋をし、 沸騰直前の状態を保ち煮込んでいきます。 湯煎で作るよりも無花果が崩れやすいので火加減と火入れ時間に気を付けましょう。 好みの固さまで煮込んだら、そのまま火を止めて常温に戻るまで放置します。 この時点で少し火を入れすぎたかな?となったら、これ以上火が入らない様に 氷水にあてて急冷してください。 これは湯煎の時も同様ですね。 終わりに 今回は王道中の王道の無花果のコンポートを作りましたがいかがでしたか? 同じレシピで無花果を刻んで加え、水分が飛ぶまでしっかりと煮詰めれば 無花果と赤ワインのマーマレードが作れたりもします。 冒頭でも触れましたが、無花果は保存が難しいので このようにコンポートやマーマレードにすれば傷むことに怯えずに食べれますね。 ちなみに当店では、この無花果のコンポートに、蜂蜜のアイスクリームと マスカルポーネチーズのムース、カカオとカフェのクランブルを添えて提供しています。 無花果を使ったお肉のソースのレシピも公開しています。 是非そちらもご覧ください。 Twitterで更新情報&お店で出している料理写真などなどを発信しておりますので是非フォローしてください。 宜しくお願い致します。 こちらも是非ご覧ください。 【フランス料理のソースの盛り付け方】.

次の