朝倉 未来 vs シバター。 朝倉未来、シバターを25秒で瞬殺する

シバター VS 朝倉未来の対戦が決定

朝倉 未来 vs シバター

Contents• YouTuberのシバターってどんなひと? 【プロフィール】 本名 :斉藤光 出身地 :神奈川県横浜市 生年月日:1985年10月18日 年齢 :32歳(2019. 12月現在) 身長 :180センチ 体重 :85キロ 活動 :YouTuber&プロレスラー 年収は 4000万円を超えています。 シバターはYouTubeの世界に入る前からニコ生でも動画配信をしていました。 そんな彼の特徴は 【過激発言&喧嘩を売る】スタイルで、いわゆるモノ申す系YouTuberです。 動画ではギャラの高いパチンコ&スロット企画(案件)にも多く出演しており、案件・YouTube・SNSなど やっている事はめちゃくちゃに見えて実はビジネスとしてしっかり考えたキャラクターでもあります。 かなり昔の動画ですが、あるヒップホップのアーティストをdisっていたシバターに恨みを持っていたファンが、パチンコ収録中にも関わらず喧嘩を売りにきていました。 ヒップホップのファンだけに見た目も強面でしたが、シバターは全くビビることなく対応していた記憶があります(笑) シバターは過激な印象だけど本当に強いのか? 過激な動画を投稿できるシバターはYouTubeの世界でも唯一無二の存在です。 YouTuberのほとんどはBANされることを恐れて「過剰な過激動画」は避けていますが、なぜかシバターはお構いなしに投稿し続けていますよね。 YouTuberと言えどもれっきとしたビジネスな訳ですから、本質はお金を稼ぐこと。 彼らにとってアカウントがBANされてしまっては本末転倒。 収入がほとんどゼロになってしまいます。 そんな厳しい現実があるのになぜシバターがBANを恐れずに過激動画を投稿できるのか、 それは、実家が超お金持ちだから! うん。 金持ちに凡人は勝てないのさ(笑) まぁお金持ちの事をとやかく言っても、過激な動画を見てぼくらは楽しんでいる訳だからよしとしましょう(笑) 話が脱線しましたが、シバターは本当に強いのでしょうか? 結論から言ってシバターは強い。 ただ、シロウト相手に限っては! プロレスの前には総合格闘技をやっていた訳ですが、プロ相手の試合を見る限りは強い印象はありませんでした。 (相手を秒殺した事あり) それでもシバターは格闘技を10年以上もやっています。 シロウトの喧嘩ではスタミナや精神面において格闘家に勝つことはできません。 度胸や打たれ強さなども考えると、喧嘩自慢のシロウトであっても格闘経験者のシバターに勝つことは中々難しいでしょう。 朝倉未来はなぜシバターをシバくことにしたのか? シバターは自身のYouTubeチャンネルで朝倉未来に対し 「おい弱虫!」 「体重差が20㎏もあるけど大丈夫か?」 「お遊びじゃ済まないぞ」 と現役バリバリでめちゃくちゃ強い未来選手に対して自殺行為とも言える発言をしちゃっています(笑) まぁこれもコラボ企画みたいな系統なんですが、それでも恐らく未来選手はムカついていた事でしょう。 「なんでアイツの為に愛媛まで行かないかんの?」 「ダルいし気が乗らない」 「それでもスピードが違うし秒殺」 「気が付いたら地面を舐めてる」 といった具合に、余裕しゃくしゃくで試合に挑む朝倉未来選手。 果たしてシバターは異次元の世界にいる「喧嘩の天才」未来選手に勝つことが出来るのでしょうか!? だいたいの検討はつくかもしれませんが、その後の結果は念のため動画で確認して下さいね(笑) 朝倉未来とシバターの試合はこちら.

次の

朝倉未来

朝倉 未来 vs シバター

試合前には「秒殺するかも」 街の喧嘩自慢やYouTuberとのスパーリング動画を何本も投稿している朝倉。 素人とのスパーリングでは、相手を怪我させないように「めちゃめちゃ手加減してる」そうですが、動画を見て「俺もいける」と思い込む人がいるらしく、実際に朝倉のジムには喧嘩を売りに来る視聴者もいるとか。 シバターとの対決は、シバターからの挑発に朝倉が乗ったかたちで実現したものですが、 (関連記事「」) 試合前に、朝倉はこうした状況を踏まえて だから今日言えるのは手加減できんっていうこと。 残念だけど と言い、シバターを「秒殺するかも」と語っていました。 シバター、3000万円で八百長を提案 シバターは試合前の、朝倉未来の控え室でのやりとりを公開。 25秒でシバターを瞬殺 朝倉の動画の方では、このやり取りについて、 「あまりにもしつこいから『OKです』って帰ってもらった」と説明。 シバターに腕十字はわざと入れさせて、その後ボコボコにするつもりだと語りました。 そして、試合開始。 シバターはゴングと同時に朝倉に走り寄り、予告通り飛びつき腕十字を掛けます。 朝倉は倒されますが、予告通りそのままスルリと抜け、逆に仰向けに倒れた状態のシバターの顔面を狙います。 その後、両者立ち上がり、シバターが左ストレートで朝倉の顔面を狙います。 朝倉はこれをかわし、逆に強烈な左フックをシバターにヒット。 会場から大きな歓声が上がります。 よろけるシバターに、朝倉がもう一発、左フックを放ち、これが顎にクリーンヒット。 シバターはリングに倒れると、レフェリーが即座に試合をストップ。 わずか25秒での朝倉未来のTKO勝ちとなりました。 視聴者は「かっこええ、最高だわ」 圧倒的な強さを見せつけた朝倉。 コメント欄では かっこええ、最高だわ。 シバターがこんな綺麗にやられると気持ちいいw ゆーて喧嘩自慢ぐらいの力加減で遊ぶのかと思ってたら割と打ち込んでて笑ったw 「瞬殺」という言葉を初めて理解した気がする など、朝倉未来の強さに目を見張った視聴者が続出したようです。 今度はパチスロ対決? シバターのチャンネルでは、試合後の控え室での両者のやり取りも公開されています。

次の

朝倉未来シバター動画から試合時間と結果まとめ!チケットいくらでテレビ中継放送あった?

朝倉 未来 vs シバター

スポンサーリンク RIZINを主戦場とするプロ格闘家兼YouTuberでもある朝倉未来と、YouTuberであるシバターが、11月24日に愛媛県松山市で対戦しました。 今回対戦することになったきっかけは、シバターが朝倉未来にたいして「おまえは弱い」「素人いじめ」などと煽った動画をYouTubeにあげたことがきっかけでした。 それにたいして朝倉未来は、かなり切れ気味にアンサーを返しています。 しかし、頭の良い朝倉未来のことです。 チャンネル登録者数が100万人を超える人気YouTuberシバターの絡みにたいして、内心は「シメシメ」と思ったに違いありません(笑)。 さて、そんな因縁(?)のある2人が、 2019年11月24日に愛媛県で「試合」を行ったわけですが、その「試合」は「ガチ」だったのでしょうか…それとも「ヤラセ」だったのでしょうか…。 一応格闘技経験のある当サイト管理人が、グレーな部分を検証してみたいと思います。 朝倉未来VSシバターの舞台裏 シバターは、自身のチャンネルで 「今回はスパーリングではなく、試合を行います!」と宣言していました。 しかし朝倉未来は、年末のRIZINで大事な試合を控えている身ですから、今回、私はてっきり「プロレス」をやるのかなと思っていました。 シバターは「試合をする」と言っていましたが、プロレスでも試合は試合ですからね。 というのは、 シバターと朝倉未来の体重差は20Kg以上あり、両者の身長差は10㎝以上もあります。 しかもシバターは、完全なド素人というわけではなく、地下格闘技にも出場したことのあるれっきとした格闘技経験者です。 通常プロの格闘家同士が、体重差20Kg以上、身長差10㎝以上の相手とガチ試合をするのであれば、相当実力差がないと勝ち目がないというのが常識です。 仮に、ガチ試合をしても朝倉未来が余裕で勝つでしょうが、万一怪我をしてしまば年末のRIZINに出場できなくなってしまう可能性も否定できません。 ということで私は、ブックありきの「プロレス」をやるのかな?と思っていました。 多分、ほとんどの人がそう思っていたんじゃないかなと思います。 そして、これぞYouTubeといえるような、とんでもない動画があがっていました。 なんとシバターが、試合当日に朝倉未来の控室まで行き、その場で土下座をして 「今日の試合、負けてください」と頼んでいる動画です。 YouTube動画であげているということは、単純に再生数を稼いで儲けたいからなのか、負けたときの言い訳にしたいのか、朝倉未来の反応が見たいだけなのか…シバターの考えは正直なところよく分かりませんが、それにしてもダサイですね(笑)。 シバターの「今日の試合、負けてください」の問いかけにたいして、朝倉未来は当然「いや、それはない」と断ります。 yahoo. 当然そんなヤラセ試合はしないと、笑いながら断った朝倉未来ですが、実際の試合では、グローブを合わせた瞬間の飛びつき腕十字はやりませんでしたね。 普通に両者コーナーに離れてから試合が始まりますが、 ゴングが鳴った瞬間、シバターは朝倉未来に猛突進し、なんとここで宣言通りの飛びつき腕十字を狙います(笑)。 当然、そんなにわか仕込みの腕十字は、トッププロである朝倉未来に決まるわけもなく…グラウンドに移行した後パウンドを数発打たれます。 その後シバターは立ち上がり、左のジャブを1発放ちますが、朝倉未来にはカスリもせず、豪快な左フックを2発まともに食らいマットに這いつくばります。 ここでちょっと気になったことを一つ。 朝倉未来のパウンドは、試合でもあまり見たことがありませんでしたが、正直パウンドはあまり上手くないかも…と思いました。 朝倉未来の真骨頂といえば、やはりスタンドの打撃ですね。 さて、試合結果は朝倉未来の秒殺KO劇だったわけですが、私の見解では完全な「ガチ試合」だと思いました。 シバターを豪快にKOした朝倉未来の左フックは、スピード、パワー共にガチであることは、動画を見れば誰でも分かると思います。 某巨大掲示板では、「ヤラセ」「プロレス」などと言っている人も多数いますが、これは99. 99%「ガチ」です。 ただし。 シバターは、もしかしたら100%の本気ではなかった・・・かもしれません。 動画の煽りはあくまでもパフォーマンスであり、シバター本人も朝倉未来に勝つ気はなかったでしょうし、本気で勝てるとも思っていなかったはずです。 「いい打撃を食らったら早めに倒れよう…」そんなふうに考えていても何ら不思議ではありません。 真相は本人のみぞ知る…ですね。 世間の反応 しっかりパンチ入ってんのね。 本当に秒殺。 格闘家の正装した朝倉未来はやっぱりいい。 大晦日が楽しみすぎる。 ヤラセかと心配してましたが、 未来さん最高です。 シバ子ちゃんも反省してくれたらいいですね! RIZIN大みそか楽しみにしています。 かっこよすぎか!! 試合中に笑う未来くんめっちゃ好き。 腰お大事に。 まとめ お互いの動画再生数がヤバイくらい伸びていますね。 これは、朝倉未来、シバター、共に「大成功」といえるでしょう。 根っからのYouTuberであるシバターは、負けた罰ゲームで髪の毛を失いましたが、それ以上にお金というありがたいものを得られるわけですからね。 関連記事です。

次の