アルト リコーダー 運 指 表 わかりやすい。 アルトリコーダーの運指表

アルトリコーダーの運指を教えてください

アルト リコーダー 運 指 表 わかりやすい

恐るな!! 運指は簡単。 とてもメカニックの形をしているサックス。 すごく扱い方が難しい印象を受けますが、実は、管楽器の中でも一番、簡単な指使いです。 なぜなら、小学生の時の音楽の授業で習ったソプラノリコーダーの運指と同じだからです。 まずは、基本的な指の位置から覚えていきましょう。 サックスには、白い貝がついているところがあるのですがそこが指を置く場所です。 まずは左手から左手の親指は裏側の拇指台(ぼしだい)と呼ばれる親指を台とオクターブキーがあります。 写真の様にいつでもオクターブキーを押さえたり、離したりできる位置に親指を置きます。 人差し指、中指、薬指は、白い貝のところに上から順番に置いてください。 人指し指の下にbisキーと呼ばれる小さいキーが付いていますがこのbisキーは飛ばして、大きな貝のところに置きます。 「次に右手です。 右手、の親指は、サムフックと呼ばれるところにかけておきます。 人指し、中指、薬指が白い貝を上から順番に置き小指は、写真にある位置のキーの下部分に置いておきます。 これが基本の指の位置です。 それでは「ドレミファソラシド」の指を覚えていきましょう。 どうですか?下から順番に指を離していくだけで「ドレミファソラシ」が吹けますね。 さらにオクターブ上のドは、左手の中指を押さえるだけ。 これもソプラノリコーダーと同じ運指です。 では、さらに1オクターブ上の「ドレミファソラシド」も覚えていきましょう。 大丈夫です。 オクターブ上もすごく簡単です。 先ほどの運指にオクターブキーを加えるだけです。 これで、2オクターブの「ドレミファソラシド」が完成です。

次の

リコーダーJP

アルト リコーダー 運 指 表 わかりやすい

A ベストアンサー 質問者様の疑問の理由を推測いたしました。 アルトリコーダーは、一般的には、ソプラノリコーダーと違い、実音記譜、つまり「実際に鳴っている音の高さ」で記譜します。 ちなみにソプラノリコーダーは1オクターブ下げて記譜するのが一般的です。 ところが、中学校の音楽の教科書では、ソプラノが1オクターブ下げであると同時に、アルトも1オクターブ下げて記譜するのです。 ですから、教科書におけるアルトは、運指表も、曲も、一般より1オクターブ低く記譜されてあるのです。 ですから、質問者様が教科書で見た第1線のミというのは、「01」のミのことだと思います。 そんなわけで、教科書にはこれより低い音もいっぱい書かれていたと思います。 また、教科書では「01234567」のファは加線3本のファです。 これがアルトの最低音となりますので、これより低い音はありません。 A ベストアンサー こういう注釈でいいでしょうか。 個人的解釈です。 個人的解釈です。 A ベストアンサー 江戸時代の町(チョウ)の税金について最初に上げられるのが地子です。 これは、町屋敷地にかかる税で、農村の年貢に相当しますが、城下町を形成するときに商工業者を集めるためや、為政者の加恩として地子を免除することが多く(城下町の多くや・京・大坂など)、江戸も地子免除(地子免許)でした。 さて、それ以外には小物成りに類する税。 御用金。 人夫役に類する税。 現在の住民税に近い町入用などがあります。 小物成りは高外地に課税される税の総称で、農業以外の産業にかかる税でした。 農村・都市を問わずに、土地収益に関する山手・川手、産物に関する漆年貢・茶畑運上、商工業者に関する問屋運上など、名称・種類が多くあり、町にも関係する小物成りもありました。 その中には分一と呼ばれ売上や収穫の何分の一かの形で税率が決まっていたものが多くあります。 市場の売り上げの1/20もしくは1/30を納めた市売分一のように多くの売上や収穫に薄く、広くかけました。 売家の場合にも分一がかかりました。 小物成りに含まれるものとして、冥加・運上がありました。 後代になると両者は一定の税率(対象により税率が違う)になるなど同じようになります。 冥加は、村の年貢にあたる地子を免除された御恩(冥加)に対して、そのお礼の意味でも冥加の言葉は使われ、最初は自主的な献金の形式をとりますが、その後定率納税の形になります。 町では商工業者の営業免許税の性格が強く、個人上納だけでなく、株仲間上納がありました。 金納なので冥加金と呼ぶこともあります。 運上は農業以外の商工業や林業・漁業などの従事者に、一定の税率をかけた一種の営業税で、金納なので運上金とも呼ばれました。 御用金は、幕府・諸藩などが財政不足を補うために窮民救済などの名目を立てて臨時に御用商人などに臨時の賦課です。 本来は借用の形式ですが、返済されなかったり、利子分は献金に切り替えさせるなど、臨時の課税の性格が強かったものです。 次に労役(夫役)がありました。 近代以前の納税には米などの物納と、労働力提供の形式があり、労役も納税の一種でした(小物成の一種としても考えられていた)。 江戸では町人足役と呼ばれ、町人に課された夫役で、上下水道の整備、城郭や堀の清掃、防火などの都市機能を維持発展させるためや、幕府のために働く人足を出すものがありました。 代銀納されることも多くありました。 夫役の中心的なものは公役(クエキ)で、上記の目的で町人に付加されたものです。 代銀納の場合賦課の基準が定められていました。 土地20坪を一小間とし、日本橋などの中心部では5小間、芝などでは7小間で銀30匁とされ、借家人の分も含め地主が支払いをしました(店賃の中に含まれると考えられた)。 また、夫役の中には国役と呼ばれ、職人が江戸城の建築などに年の数日無償で従事する夫役がありました。 これは戦国時代に大名が必要物資を確保するために職人を集めて大名に奉仕させたことに直接には由来します。 江戸幕府も職人を集め、一定の町(職人町と呼ばれる)に住まわせ、地子を免除するかわりに普請や武具の納入などをさせる夫役です。 後に代銀化し、棟梁などの頭役がまとめて納入するようになります。 最後に、現代の地方税、住民税にあたるとされる町入用があります。 町は商工業者でもある地主・家持の本町人で構成された自治的な組織で、町役人である町名主などの役職や、寄合所・事務所である町会所、町の独自の掟である町法を持つのが普通でした。 この町の町名主などの町役人、木戸番・火消等の人件費。 町内の道路普請費用。 その他町を運営するための運営費、事務費などの使われる費用でした。 これは町名主に納めました。 以上ですが、江戸(他の都市も同じ)では、地借・借家・店借は、地主の町人に地代や店賃を支払うだけで他の負担はなかったが、長の運営には参加できませんでした。 wikipedia. wikipedia. wikipedia. wikipedia. wikipedia. wikipedia. wikipedia. wikipedia. 参考まで。 江戸時代の町(チョウ)の税金について最初に上げられるのが地子です。 これは、町屋敷地にかかる税で、農村の年貢に相当しますが、城下町を形成するときに商工業者を集めるためや、為政者の加恩として地子を免除することが多く(城下町の多くや・京・大坂など)、江戸も地子免除(地子免許)でした。 さて、それ以外には小物成りに類する税。 御用金。 人夫役に類する税。 現在の住民税に近い町入用などがあります。 小物成りは高外地に課税される税の総称で、農業以外の産業にかかる税でした。 農村・都市を問わずに...

次の

リコーダー by.福山楽器センター

アルト リコーダー 運 指 表 わかりやすい

恐るな!! 運指は簡単。 とてもメカニックの形をしているサックス。 すごく扱い方が難しい印象を受けますが、実は、管楽器の中でも一番、簡単な指使いです。 なぜなら、小学生の時の音楽の授業で習ったソプラノリコーダーの運指と同じだからです。 まずは、基本的な指の位置から覚えていきましょう。 サックスには、白い貝がついているところがあるのですがそこが指を置く場所です。 まずは左手から左手の親指は裏側の拇指台(ぼしだい)と呼ばれる親指を台とオクターブキーがあります。 写真の様にいつでもオクターブキーを押さえたり、離したりできる位置に親指を置きます。 人差し指、中指、薬指は、白い貝のところに上から順番に置いてください。 人指し指の下にbisキーと呼ばれる小さいキーが付いていますがこのbisキーは飛ばして、大きな貝のところに置きます。 「次に右手です。 右手、の親指は、サムフックと呼ばれるところにかけておきます。 人指し、中指、薬指が白い貝を上から順番に置き小指は、写真にある位置のキーの下部分に置いておきます。 これが基本の指の位置です。 それでは「ドレミファソラシド」の指を覚えていきましょう。 どうですか?下から順番に指を離していくだけで「ドレミファソラシ」が吹けますね。 さらにオクターブ上のドは、左手の中指を押さえるだけ。 これもソプラノリコーダーと同じ運指です。 では、さらに1オクターブ上の「ドレミファソラシド」も覚えていきましょう。 大丈夫です。 オクターブ上もすごく簡単です。 先ほどの運指にオクターブキーを加えるだけです。 これで、2オクターブの「ドレミファソラシド」が完成です。

次の