バチェラー3 衝撃の結末。 『バチェラー・ジャパンシーズン3』友永真也氏が語る、衝撃の結末までの“葛藤”と女性の“本性”(※ネタバレ)(2019/10/30 17:18)|サイゾーウーマン

バチェラー3 衝撃の結末 友永真也がやらかした惨劇

バチェラー3 衝撃の結末

バチェラー3|10話 最終話 のネタバレやあらすじ感想! 残る女性は、岩間さんと水田さんの2人。 前回で友永さんは、岩間恵さんに好意を寄せていることがはっきりと分かりました。 しかし、家族からは水田さんを推され、築いていくことで知ることができる相手の魅力というものにも一種の感動を覚えています。 今回で岩間さんの本心が明かされると思います。 バチェラーの心境はこんなところでしょう! 岩間さんに決めたいが、相手の気持ちがはっきりと分からないし、いまは信じて待つしかない。 もし、恵さんがの心が自分に向いていないと分かったら水田さんに渡すのではないでしょうか。 岩間さんとフランス旅行 いま友永さんが抱える不安は、女性が自分を思ってくれていると信じることでしか払拭できないと語っています。 恵さんについては、運命の人ではないのかと考えていますが、しっかり岩間さんの気持ちを聴いて、岩間さんの心を掴みにいこうとしています。 フランスの広場で待ち合わせします。 最初はパリの街を電動のキックボードで散策します。 あるレストランに向かいます。 初めて2人でご飯をするので、お互いに楽しみにしていましたね! フランス語で注文している友永さんの姿がカッコよかったです! 食の話や好き嫌いの探り合いになり、ちょっとしたイザコザが生じます(笑) 無理して岩間さんの好みに合わせようとしているところが、無理して合わせよとしている印象のようです。 なんだか気まずい雰囲気に? 食後は公園を2人で散歩します。 まだ、岩間さんの気持ちが分からなくてぼんやりしている友永さん。 どうも岩間さんには何か秘めているものがあることを感じているようです。 ベンチで話していますが、ここで友永さんが踏み込みます。 話したい事、聞きたい事があることを仄めかして、友永さんの部屋で気持ちを打ち明けます。 岩間さんは、 友永さんの好きになってもらえるように努力するという言葉が嬉しかったことを告げ、自分も友永さんのことが好きだということを伝えます。 が 「なんだけど・・・これって恋愛感情なのかなって思うと違和感が・・・・」 これを聞いた瞬間、友永さん若干涙目になっています。 それを言わせなかったことに申し訳ない気持ちでいっぱいな様子。 そして、友永さんも正直に伝えます。 「いままで、ずっと恵のこと考えてた。 めっちゃ好きでした」 恵さんは、友永さんのことが好きなのか、恋愛感情ではないことを明かせないでいました。 恵さんが自分を好きでいてくれていることを信じていた友永さんでしたが、とても残念な結果となってしまいました。 水田さんとのフランス旅行 水田さんにとっても最後のデートになります。 とてもテンションが高い水田さん! パリのセーヌ川のクルージングデートから始まりました。 水田さんを見ていると、純粋に友永さんのことを見ていることが分かります。 好きって伝えることを決めている水田さん。 一つ一つの言葉で人の心を掴む水田さんに、友永さんも心を奪われている様子です(笑) クルージングデートを終えて、最後はホテルでゆっくりご飯をしながら過ごします。 これまでのことを思い返しながら、お互いに気持ちを伝えあいます。 友永さんも、たくさん勇気を貰って優しくしてもらって、あゆみの強さも分かって、思う気持ちが強くなっていったことを伝えます。 この場面は、文字だけでは表しきれないですね(笑) 観た方が早いです。 しかし、最後のデートで自分に対して恋愛感情がないことを知ってしまいました。 これまでバチェラーが不利な立場に立つことなんてなかった分、見ている側としては面白い展開になってきたように思います。 岩間さんが選ばれると思われていた最中、最後まで分からなくなってきたこの状況を誰が予想できたでしょうか。 この状況でも岩間さんを選ぶのか、選ばれたとしても岩間さんはバラを受け取るのか。 一方、水田さんの方は、あまり恋愛感情がなかった友永さん。 しかし、過ごしていくたびに水田さんの良さに気付き惹かれていきます。 こんな最後を迎えることを全く予想できなかったと語ります。 最後、友永さんが選んだのは、 「水田あゆみ」さん。 会うたびに気持ちが強くなってきて、その好きというのと、あゆみに惹かれていることを違くて、 「家族のように思えているって、そう思えて、愛してるなって思った」 バチェラーの旅が終わり、2人の旅が始まる。 ポケットから指輪を取り出し、そっと水田さんに指輪をしてあげます。 「これが次の終着点までの切符替わり」 2人はキスを・・ バチェラー3|10話 最終話 の所感 正直にいって、これは予想できませんでした(笑) 岩間、野原さんのどちらかしか考えてませんでしたね(笑)2人じゃなくても田尻さんかなってぐらいでした!水田さんはその次ぐらい。 うーん、なんやかんやで一番バチェラーを思っていたのは、水田さんだなって思いますね。 こればっかりは2人にしか分からない世界ですね。 末永くお幸せになってください! バチェラー3|ファイナルがある? ハッピーエンドで終わりましたが、どうやら続きがあるようです・・・ 「2人の物語は、このフランスから新たスタートを切った!」とナレーションで終わるかと思ったら、そこに続けて 「かと思われたが・・・」 えっ?!?!?! 1か月後 友永さん: 「えーー、すごい突然のことなんだと思うんですけど・・」 衝撃の事実が! これは破局フラグですわ。

次の

バチェラー3の結末に悲鳴。こんな前代未聞のオチ?!<ネタバレあり>

バチェラー3 衝撃の結末

実質のバチェラー覇者・岩間恵はYouTuberに 最終段階でフラれたにも関わらず、なぜかバチェラー・友永真也さんと現在お付き合いをしている岩間恵さん。 番組の撮影終了後にもバチェラーと連絡を取り合っていたり、配信が最終回前にも関わらずSNSへの匂わせネタバレ投稿をするなど掟破りを連発していた彼女。 最近ではバチェラーと共に『しんめぐの日常』というYouTube番組を配信しています。 番組内で行った思い出のグアムでのデートの様子や互いについての本音トークなど、番組を見ていた視聴者としては興味を惹かれるコンテンツが満載。 バチェラーに参加した元メンバーも協力している動画もあり、2人の日常を番組後日談の視点でも楽しませてくれます。 水田あゆみ著『選ばれる理由 』(宝島社、3月16日発売) そんな水田さん、なんと3月に本を出版していたことが判明!その タイトルは『選ばれる理由(わけ)』(宝島社)。 ……正直、このタイトルには度肝を抜かれましたし、「OH……」と声を漏らしてしまいました。 もはや『バチェラー3』の中では伝説ともなった ジンジャーエールテクニックを「愛される人になるための気遣いとポジティブのルール」として大々的にアピールしているあたりも何とも……。 とはいえ、水田さんがこれまでの人生で培ってきたモテ・テクニックはかなり具体的かつ実践的だし、ポジティブな考え方にも勇気づけられる方も多いのではないかと思います。 そして水田さんご本人はただいま絶賛婚活中。 帯に書かれた 「選ばれなくてもあなたの価値は変わらない」の言葉は、なんだかご自身へのエールのように思えました……。 YouTuberになった野原遥は意識高い系の本領を大発揮中 ラストセレモニーの一歩手前で惜しくも破れる形となってしまった野原遥さん。 バチェラーをもってして「完璧すぎる」がゆえに気後れさせてしまうほどの魅力の持ち主でした。 もともと広告代理店で働いていた彼女も、現在は岩間恵さん同様 YouTubeに『野原と遥』というチャンネルを開設し、YouTuberデビューを果たしています。 動画は美容に関することがメイン。 野原流のメイク術やアレンジヘアスタイル、ファッションコーデなど、働く女性に向けた情報が満載。 それ以外にもマナラ化粧品に企業訪問して社長にインタビューをしていたり、同僚とのお泊り女子会の様子をアップしたり、意識高い系のイメージを裏切ることのない多様なコンテンツを配信しています。 女性が憧れる女性としての立ち位置をますます確立していきそうですね。 こうした三者三様の活躍を見る限り、改めてあの『バチェラー3』を勝ち残っただけの強みを感じます。 今後の活躍にも大いに期待したいところです。 (C)2019 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved. <文/もちづき千代子>.

次の

バチェラーシーズン3|最後の2人は誰?最終回の結末とその後は?

バチェラー3 衝撃の結末

バチェラー3 衝撃の結末の内容 衝撃の結末の内容について軽くおさらいしておこう。 バチェラー友永真也はラストローズを水田あゆみに渡した。 しかし、特に終盤から友永真也はファーストインプレッションローズを渡していた岩間恵のことが大好きであることが見え見えになっていた。 友永真也が岩間恵にラストローズを渡さなかった原因は、岩間恵が最終日に「恋愛感情として好きではない」と発言したことである。 エピソード12(バチェラーの旅完結後のスタジオトーク)にて、友永真也は水田あゆみと1か月で破局したこと。 その後すぐに岩間恵と付き合い始めたことを告白する。 バチェラー3 衝撃の結末について思うこと 友永真也はなぜ我慢しなかったのか まず第一に、友永はなぜエピローグの収録まで岩間恵と付き合うことを我慢しなかったのだろうか。 番組の趣旨をぶっ壊して、ラストローズを渡さなかった人と連絡をとって付き合ってしまう。 このこと自体は、人間と人間の関係なので究極的には誰も止められないことなのかもしれない。 しかし、 人として、番組スタッフや番組に出演した他の女性たちへの誠意として、 せめてエピローグの収録のある3か月後までは我慢することくらいはできただろう。 普通の人間なら。 これは、悪い意味で自分の気持ちに正直すぎる友永の性質が本当にリアルに出てしまっている。 周りのことなど何も考えることもできず、自分が岩間のことが好きという気持ちだけが止められなかったのだろう。 あんなことをしたら大炎上することだって、普通に予想できたはずだ。 女性3人と両親を合わせた回で、両親に「正直に話して」と言ったにもかかわらず、両親が自分のお気に入りの岩間ではなく水田のことを良いと言った途端にブチ切れ始めていたあたりを見ると、 友永は本当に自分の思い通りにいかないと気が済まないヤバイ奴であったことが伺い知れる。 これは人間味のある結末なのか MC陣も「ドキュメンタリーですから」「人間やなぁ」と言っていたが、確かに この結末になったことで逆にリアリティはえげつないことになった。 さすがに番組趣旨をぶっ壊して、出演者の人間性が攻撃されるであろうこのような結果を番組サイドが仕組んでいるとは考えられない。 ただ、人間味といっても、あまりにも悪い方の人間性が感じられすぎて胸糞悪すぎるのはいかがなものかとは思うが(笑) やらせを疑う点としては、途中まで(5~6人程度まで)に残す女性はタイプなど関係なく面白そうな奴を残していたのではないか。 ルックスも性格もあまりに酷かった社長令嬢や、意味の分からない金髪女などが後半まで残されていたのには異常な違和感を感じた。 結局、 岩間を選ぶことはほぼ第一印象で決まっていたわけだから、番組サイドから本命数人以外は面白そうな奴を残してくれと言われていたのか、友永本人が遊んで適当に選んでいたのかわからないが、おそらくそのどちらかだろう。 岩間以外の女性からしたら、全部茶番だったのかと思わざるを得ない。 最終的には「恋愛感情としての好きではない」と断言し、そのことによってプライドの高い友永は岩間にラストローズを渡すことをやめてしまった。 スタジオでは、「最終日、カメラが止まったあとの会話で好きになった」と言っていたが、あれは保身のための発言なのだろうか。 自分のことを好き好きと言っていた男が、自分で拒否するような発言をしたとはいえ一度別の女を選んでしまったことで、 「もともと自分のものだったのに、もったいない」という感情が生まれただけにみえる。 SNSでの匂わせ投稿をしていたことからも、 彼女が友永に求めているものは愛ではなく自己顕示欲なのではないだろうか。 こう考えると、友永と岩間がうまく行く未来もみえづらい。 もともと岩間は合わないと感じていたのだから。 ふたりが今後どうなるのかは気になるところだ。 バチェラー3 衝撃の結末による炎上 結末のあまりの衝撃さにTwitterも大荒れだ。 こんな怒りのツイートも大量に。。 友永真也の語彙力。 これは何かもっと楽しめないか。 めっちゃ真剣に考えました。 考え抜いた結果、あるゲームを思いつきました。 語彙力友永な僕の力では伝わらないかもしれません。 でも、精一杯ルールを書きました。 これが僕の誠意です。 ここまで話題をかっさらった友永さん、君はすごいよ。 グッナイ。

次の