永江 り の。 永江 玄太

永江孝子

永江 り の

反日、卑劣、心がない。 平気でウソをつき、そして儒教に支配された人びと。 かかわるべきではないけれど、ギャフンと言わせて、黙らせないといけない。 ああ〇〇人に生まれなくてよかったなあ……。 だれもが楽しみと知恵を求めて足を運べるはずの本屋にいつしか、だれかを拒絶するメッセージを発するコーナーが堂々とつくられるようになった。 「ヘイト本」隆盛の理由を求めて書き手、出版社、取次、書店へ取材。 そこから見えてきた核心は出版産業のしくみにあった。 「ああいう本は問題だよね」「あれがダメならこれもダメなのでは」「読者のもとめに応じただけ」と、他人事のような批評に興じるだけで、無為無策のまま放置された「ヘイト本」の15年は書店・出版業界のなにを象徴し、日本社会になにをもたらすのか。 書店・出版業界の大半が見て見ぬふりでつくりあげてきた〝憎悪の棚〟を直視し、熱くもなければ、かっこよくもない、ごく〝普通〟で凡庸な人たちによる、書店と出版の仕事の実像を明らかにする。 ライター。 書籍輸入販売会社のニューアート西武(アールヴィヴァン)を経て、フリーの編集者兼ライターに。 90~93年、「宝島」「別冊宝島」編集部に在籍。 その後はライター専業。 「アサヒ芸能」「週刊朝日」「週刊エコノミスト」などで連載をもつ。 ラジオ「ナルミッツ!!! 永江朗ニューブックワールド」(HBC)、「ラジオ深夜便 やっぱり本が好き」(NHK第一)に出演。 おもな著書に『インタビュー術!』(講談社現代新書)、『本を読むということ』(河出文庫)、『筑摩書房 それからの40年』(筑摩選書)、『「本が売れない」というけれど』(ポプラ新書)、『小さな出版社のつくり方』(猿江商会)など。

次の

永江一石のブログは?経歴や年収を調査!出身大学や高校はどこ?

永江 り の

タイトルは「つくり方」だが、ハウツー書ではない。 私は従業員数名の出版社を、いくつか知っている。 どこも経営は苦しい。 リアル書店はどんどんなくなったり合併したり…… こんなときに出版社をつくるのは、無謀かもしれない。 取次(東販や日販)との契約も厳しい。 最近は、ある企画がヒットすると類書がドッと出る。 類書を越えればいいが、内容的に先行図書に劣るものも多い。 読者として見てみると「作り手」の気持ちが見えない。 本書に登場する11社に共通しているのは「本が好き」ということだ。 だからみんな生き生きしている。 また小さな出版社を始めることで、大手や既存の出版社が抱える問題点だけでなく、 「なぜ本が売れないのか」も明らかになる。 もちろんそんなに甘いものではない。 小さな出版社がヒットを出し、社員が多くなると、 とたんに様々な問題が生まれる。 かといって小さいままでいいと割り切れるか。 また、経営を維持するために「自費出版」の傾く例も少なくない。 本書に登場する出版社のなかには「大きくするつもりはない」と言う経営者もいる。 まさに「手作り」の味である。 ここに、出版のありかたと未来を見る気がする。 作り手が「本好き」でなければ、読者にココロはつたわってこないのだから。 現実は厳しいと言うことは私も知っているつもりだ。 だがエールを送りたくなる良書である。 ひとり出版社、もしくは2、3人というミニマムな組織として、2000年代以降に出版社を興した出版人たち12人に対して、出版ウオッチャー(と言っていいんでしょうか?)である永江朗が取材し、まとめた本。 2010年代のリアリティある記録としても面白いかも。 現時点で、小規模出版社をやってみたいと、ちょっとでも思ったことのある人には参考になること多いはず。 個性も成り立ちも異なる出版社の代表者たちの口から出てくる言葉が当然のことながら具体的で、独立、立ち上げ、いざ出版、そのなかで行き当たる障壁、その障壁を場面に応じた発想や方法で乗り越えてきた、その先にある遠慮がちな喜び。 読みながら、しみじみした。 取材からの考察は意外とあっさりしたもので、生臭いところまで踏み込まない感じが良かったと言えば良かった。 良識派らしい感じと言っていいのだろうか? 表紙の各社ロゴが家紋みたいでかわいい。 各社社名の由来も面白かった。 出版業界にそもそもいた人達の独立起業としてのスモールプレス取材録でもあり、やっぱりこの分野でも分岐点が終わらず続いているんだなあとも感じたけど、分岐点で新たな道を力強く選び取った人達の実録には、なんとも言えない爽快さがあった。 出版は、参入障壁が高そうだと思っていたけど、今や意外とそうでもないかもとも感じた。 著者は左派系ジャーナリスト? ということもあってというか、小さな出版社創業物語といっても左派系出版社が多いかなと思って手にしたが、悟空出版の例なども出てきて、いろいろとおもしろく読んだ。 トランスビューなどの例も出てくるが。 ともあれ、言論出版の自由があるというのはありがたい。 読む本がなくて困るということもないから。 大手出版社などを定年で辞めてから小出版社を立ち上げる例も多い。 定年前に辞めてスタートする例も。 いろんな多様性がある。 これまた結構なこと。 あと、永江朗氏には『「本が売れない」というけれど』 (ポプラ社)という著作もある。 図書館批判派を批判もしている。 ということで、著者に敬意を表して? 、この本 『小さな出版社のつくり方』 は図書館で借りて読んだ。 もちろん、『「本が売れない」というけれど』も図書館で借りて読んだ。

次の

今日好き りの

永江 り の

「その他の人に会ってみた」で、 年商1億円超え社長の女子会に参加していた 凄腕社長は、CA養成学校の理事長の、 永江靜加さんです。 今現在は65歳という還暦を過ぎた年齢なのですが、 年齢よりも若く見えますね^^ 調べたところ、 もともとCAとして勤務されていたようです。 やはり美しい女性は年を重ねても 美しいですね! 年商1億円超えの女子会に参加されている 永江靜加さんの自宅は3つ! ・ 東京の自宅は恵比寿ガーデンプレイス、 ・ 福岡の自宅は高宮の一番高い森の中、 ・ 別荘は愛宕浜の海が眼下に見える場所に あるのだそうです! 羨ましいですね^^ どんな仕事でこのような財を築いてきたのでしょうか? これまでの経歴を調べてみました! 永江靜加の経歴は? 福岡県岡垣町で生まれた永江靜加さんは、 高校生の頃、テレビドラマ『アテンションプリーズ』 に衝撃を受けて、 高校卒業後に専門学校を経て、 スチュワーデスとして全日空に入社されました。 約100倍と言われた 難関を勝ち抜いて夢をつかみ取ったそうですよ! 永江靜加さんの実家付近は、 自衛隊芦屋基地が近かったので、 飛行機といえばジェット戦闘機というイメージ だったのですが、 TVでお客様を乗せて世界を飛び回る職業である CAがとてもカッコよく見えたのでしょうね! しかし、今でこそ颯爽と歩く永江靜さんですが、 当時は猫背で声も小さく、 常に伏し目がちな「コンプレックスの塊」だったそう。 それゆえに、夢を語っても周囲は笑って 取り合ってくれず、 応援してくれたのは、部活の先生と母親だけだったといいます。 「この世でたった1人、やりたいことをやれ」 「人生は一度きりよ」 との言葉に励まされ、 見事合格された永江靜加さんは、 「 諦めなければ夢は叶う。 誰でも無限大の可能性がある」と悟ったといいます。 永江靜加は結婚して子供はいる? 客室乗務員 CA として充実した毎日を送っていた 永江靜加さんは、結婚退職されています。 周りがうらやむ玉の輿婚だったそうですが、 夫の職業などについての情報は見つかりませんでした。 医者やパイロット、実業家などでしょうか? 全日空のCAということで、 高収入の男性との出会いが多そうですね。 今でも若々しくきれいな永江靜加さんですから、 この当時もモテていたのでは? 裕福な夫と結婚し、永江靜加さんは、 二人の娘さんを出産。 写真は娘さんの理恵さん。 自分や家族のためではなく、社会のために 役立つことを何かしているか?と。 自問自答する日々の末、 「スチュワーデスとして培ったサービス学、 心の美学、魅力学で、 21世紀の日本を支える女性教育の学校を作りたい!」 と思い、 わずか1カ月で会社を設立したのだとか! 永江靜加のCA養成学校は? 永江靜加さんは、専業主婦生活を経て 1984年、29歳で インターナショナル スチュワーデス アカデミー (現インターナショナル エア アカデミー) を設立しました。 今よりも働く女性がずっと少ない時代に 一生安泰な生活を投げ打っての起業に 非難の声は多く、 男性社会の中で必死だった永江靜加さん。 さらに30代で離婚を経験され、 二人の娘さんを育てながら会社を経営されています。 あまりの忙しさから精神的にも追い込まれた 永江靜加さんは、 なん と自殺未遂まで起こしたのだそう。 40代になると、会社が軌道にのり、 どんどん事業が成功していきましたが、 娘さんが難病の、 特発性血小板減少性紫斑病にかかってしまいます。 血小板数が減少し、出血しやすくなる病気で、 特効薬無いとのこと。 この娘さんがかかった難病との出会いで、 命の大切さ、生きてることの素晴らしさ、 一度だけの人生を楽しまなきゃもったいないと実感し、 人に夢は叶うと勇気を与えること、 希望を与えることが、 自分の使命だと感じ始めたそうです。 自宅でも養成学校でも、 「あなたは素敵!」「あなたなら大丈夫!」が口癖で、 厳しく言って自信を失わせるのではなく、 人を励ます言葉、喜んでもらえるポジティブな言葉を、 惜しみなく使っているそうです。 というのも、 永江靜加さん自身、親から叱られたことがなく、 ちょっとしたことでも褒めてくれたそうで、 親の物差しで子どもを見ず、 子どもが成長するのを期待しながら育てられたので、 永江靜加さんも生徒を信じて待つ・励ます といった教育をされているそうですよ^^ 福岡の本校に加え、現在、東京、大阪、 広島、長崎で学院長を務めた後、 エアライン業界を目指す人材の育成に 力を注ぐとともに、 大学・短大での講演、国内外の企業の 社員研修や就職セミナー、経営者セミナー、 コンサルティングなど幅広く活躍しています。 著書に『感動』『幸せになる魅力学』などがあります。 今現在、CA養成学校の方は、 二人の娘に会社を後継し、理事長として 娘さんたちを見守もっているそうです。 〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神3-4-5 ピエトロビル10階 エアライン科ハワイ大学短大コース エアライン科短大コース エアライン科留学コース HP: 永江靜加の年収は? CA養成学校は娘さんたちが主に 経営をされていますが、 永江靜加さんはまだまだ大活躍中です! 特に、「幸せになる魅力学」講座は人気で、 全国からファンが受講しているそうです。 また、「JRつばめレディー」や 「タクシーコンシェルジュ」など、 日本初となる新規事業を展開。 女性のあこがれである「ミス日本」をはじめ、 多数のミスコンテストの審査および教育を担当。 さらに、 シンガポール、マレーシア、香港、台湾など、 海外の日系企業ローカルスタッフを対象に ビジネ スマナー研修を行う他、 国際的なイベント ワールドカップ、サミット等 の VIP対応を始め、一流の サービスが求められる 接客現場の教育研修に携わっています。 年間講演回数約300回、 年間総動員数約5万もいるってスゴイです! 講演料の詳細は不明ですが、 一回10万円だとしても、単純に計算して 3000万円ほどの収入ですね! 年商1億円の女子会に参加されていますから、 その他にも収入はあるのでしょう。 それに伴う準備なども大変そうですが、 そんなことよりも全国に夢を与えることが 楽しいのでしょうね!.

次の