インスタ ミュート 仕方。 インスタの投稿・ストーリーをミュートする方法!友だちにバレずに非表示できる!

「巨大サイズのアラスカン・マラミュートを室内で飼うと…」→こんなことになる:らばQ

インスタ ミュート 仕方

notitie. このストーリーに「ミュート機能」というのがあるのはご存じでしょうか。 ミュート機能とは「特定ユーザーのストーリーをインスタを開いたときに表示されるストーリー一覧に表示させない機能」です。 これはフォローを外さなくてもストーリーだけを表示させないようにできる機能なんです。 ミュートを非表示にするには? フォローしているユーザーがストーリーを投稿しているときに設定する方法があります。 これでこのユーザーのストーリーをミュート設定することができます。 自分のストーリー一覧から消えるようになりますが、実際はそのユーザーがストーリーを投稿しても一番後ろに表示されるようになるので、最新の投稿でも初めに表示されることがありません。 この方法は、タイムラインから設定ができるので、簡単に操作することができます。 プロフィールからミュート設定 こちらはミュート機能と近い機能で、自分のストーリーを表示させる相手を選択することができる機能です。 自分のストーリーを特定のユーザーに非表示にするには、そのユーザーのプロフィール画面から行います。 ユーザーのプロフィール画面右上にある「…」をタップすると、「ストーリーを非表示にする」というポップアップが表示されますので、これをタップします。 これだけで、あなたのストーリーが特定のユーザーのストーリーに表示されないようになります。 これは特定ユーザーのみに対して非表示にするだけでなく、自分がストーリーを見せたい相手を選ぶことができます。 web版インスタグラムでも写真投稿以外に、ストーリーの投稿や閲覧をすることができるようになりましたが、web版ではアカウント毎にミュートを設定する機能がまだないようです。 ただ、アプリでミュートを設定すればweb版でも反映されていて、ミュート設定がされています。 タイムラインからミュート機能を解除するには、解除したいユーザーのストーリーを長押しします。 これでミュート設定したユーザーのストーリーを解除することができるので、このユーザーがストーリーを投稿すると一覧に表示されるようになります。 また特定のユーザーに対してストーリーを非表示にした場合も、設定と同じように反対の操作をすることで解除することができます。 相手のプロフィール画面右上にある「…」をタップすると、「ストーリーを表示する」というポップアップが表示されますので、これをタップします。 これでミュートしてあったユーザーに対しても、あなたのストーリーが表示されるようになります。 ミュート設定をしても相手にバレることはありませんので安心してください。 ストーリーがミュートされた、というような通知も相手に届くことはありません。 ですから、相手のストーリーをミュートしたり、自分のストーリーを見せたくないユーザーに対してミュート機能を設定したり、解除したりしても相手にバレることなく設定を変更することができます。 リアルな知り合いのストーリーをミュート設定すると、バレたら気まずくなってしまうかも・・と不安になる方もいるかもしれませんが、相手には分かりませんので安心してミュート機能を使うことができます。 インスタグラムでは、ミュート機能やブロック機能など、相手に知られるとちょっと・・というような機能には、基本的には通知が届くことはありません。 ミュートが設定されているかどうかも知る方法はありませんので、安心して使いましょう。 最近では手軽に投稿できるストーリーを投稿する人が増えているので、フォローしているアカウントが多いと、見たいストーリーを見逃す可能性もありますので、そういった時にはミュート機能を活用し整理することで見やすくなります。 tokkoro. ミュート機能を設定しても、ストーリーは確認することができるんです。 自分のタイムラインには表示されなくなりますが、ミュート設定しているユーザーのプロフィール画面からストーリーは閲覧することができます。 もしミュートしているユーザーのストーリーを見たい場合には、まずそのユーザーのプロフィール画面を開きます。 左上にあるプロフィール画像のアイコンをタップします。 ストーリーを投稿しているときには、プロフィール画像の周りが虹色になっています。 これだけで最新のストーリーを見ることができるようになります。 またミュート設定はタイムラインの一番最後には表示されていますから、ストーリーズ画面を一番右にスクロールしていけば、最後にミュートしているユーザーのストーリーを見ることができます。 全く見れなくなることはありませんから、安心してください。 その中でも 「Phonegram」というアプリがおススメです。 こちらのアプリはミュート機能だけというものではありませんが、複数のアカウント管理をすることができたり、タグを登録できたりと色んな機能があり便利なアプリです。 この「Phonegram」を使ってミュート機能を設定する方法をご紹介します。 1.「Phonegram」アプリをダウンロードします。 2.アプリを起動させると画面左上に表示される横三本線のアイコンをタップして、人型アイコンの下にある「ログイン」をタップします。 3.インスタのユーザーネームとパスワードを入力して「ログイン」をタップすると「Phonegram」にログインすることができます。 4.横三本線を再度タップするとメニューが表示されますので、「マイフィード」をタップします。 このアプリは残念ながら、すべての機能を使いたい場合は有料となってしまう点と、ios専用となるため、Androidユーザーは使うことができません。 いかがでしたか。 ミュート機能は相手にバレることもなく簡単に設定することができますので、タイムラインを見やすくすることでますますインスタを楽しく活用できるのではないでしょうか。

次の

インスタのミュートの仕方や解除方法!ミュートが相手にバレる事例も紹介|アプリ村

インスタ ミュート 仕方

Sponsored Link ギターを始めると「余計な音が出てしまう」という悩みに直面します。 これはギターを演奏するうえで、避けては通れない悩みです。 ギターには余計な音を出さない為の技術「ミュート」がありますが、初めの頃はかなり難しいと思います。 初心者や中級者と上級者との大きな違いに「ミュート」が出来ているかどうかがあります。 それぐらいミュートは演奏技術の高さを表しています。 ここでは、なかなか一筋縄ではいかない「ミュート」のやり方を、右手と左手それぞれ解説して行きます。 ミュートとは? ミュートは音を鳴らない状態にすることです。 ギターの場合の「 ミュート」は、右手や左手のそれぞれでミュートする方法があり、種類によっては完全に音を消すもの、少し音が出るような曖昧な表現を使うものなどがあり、必要に応じて使い分けることができます。 なぜミュートは難しいのか? ミュートが難しいと言われるには理由があります。 ギターはコードや複数の音を押さえる時に、構造上の問題で、どうしても不要な音を同時に押さえたり、不要な弦をストロークしたりピッキングする必要が出てきます。 その時に左手の押さえ方や右手を弦に触れ、巧みに音をミュートします。 ミュートは一朝一夕で習得することは難しく、コツとなるポイントはありますが、自分自身の手の形にあったフォームを試行錯誤し確立する必要があります。 これが難しいといわれる所以でしょう。 ただ、ポイントを掴んで練習を積めば必ず出来るようになります。 ミュートのやり方:右手 右手のミュート「 ブリッジ・ミュート」を紹介します。 ブリッジ・ミュートは右手を弦に軽く触れた状態でピッキングをして演奏します。 ロック系の曲には良く出てくるミュート奏法ですね。 上の写真のように手のひらの付け根当たりをブリッジに乗せて、親指の付け根の部分を6弦~4弦に軽く触れて、 アタック音と実音を混ぜたようなエッジの聴いた音を出します。 主に歪系のエフェクターを使っている時に多用されます。 上の写真は「ブリッジ・ミュート」の右手の使う場所を大まかに表しています。 赤色の範囲が6弦~4弦に触れるところ、黄色の範囲がブリッジの上に置く場所のおおよその範囲です。 上の写真のように右手を置き、弾くときは下の写真ようになります。 この時、弦を完全に押さえつけずに軽く触れている状態です。 試す時は歪計の音色で行いましょう。 ピッキングした時にアタック音と実音が混ざったようなエッジの聴いた音を目指してください。 Sponsored Link ミュートのやり方:左手 左手のミュートが難関ですね。 こちらは不要な弦を使用していない指で触れてミュートすることが主な作業です。 コードでミュートを織り交ぜたりする時に多用します。 「カッティング」を使ったリフなどでも多用されます。 パワーコードのミュート パワーコードの6弦ルートと5弦ルートのミュートを見てみましょう。 上の写真は6弦ルートのミュートです。 6弦は人差し指の先を触れる、5弦~1弦までは小指を伸ばして触れます。 左手の場合は音が鳴らないようにすることが目的ですので、ピッキングした時はアタック音のみで実音が鳴らないようにします。 弾く時は6弦人差し指と5弦小指を使って押さえて音を鳴らします。 こちらの上の写真は5弦ルートです。 6弦を中指の先で触れてミュート、5弦は人差し指で4弦から1弦は小指をの伸ばして触れてミュートします。 パワーコードのミュートは比較的やり易いと思いますので、始めはパワーコードから慣れていくのもいいでしょう。 バレーコードのミュート バレーコードの6弦ルートのミュートは通常のコードを押さえる形で弦に触ればミュート可能です。 ただ、3フレット・5フレット・7フレット・10フレットで先に述べたようなミュートをすると、ハーモニクスのような音が出てしまうことがあります。 これを防ぐためのミュート方法を紹介します。 上の写真がハーモニクスを防ぐミュート方法です。 緑の印で囲まれているところが6弦ルートのA7を押さえるポジションです。 赤の印はミュートで完全に音を消すために、小指を伸ばして全弦に触れています。 このようにミュートするとハーモニクスの音はなりません。 音を鳴らす時は以下の写真のように小指を離します。 このパターンは小指を離したり、触れたりする練習が少々必要ですがミュートは確実にできます。 カッティングフレーズでのミュート カッティングを使ったフレーズでのミュートで、握り込むような左手の形になるパターンが良く出てきます。 その時のミュートは非常に難関ですので紹介しておきます。 このようなカッティングのリフが出てくることがあります。 実際にこのパートを弾く際は下の写真のような握り方で、ミュートを巧みに行いながら演奏します。 上の写真が最初の3弦5フレットの握りです。 図の注釈のとおり親指と人差し指の腹使って、5弦4弦3弦をピッキングします。 その後、7フレットをハンマリングです。 上の写真は3弦2弦をミュートで弾いた後、3弦5フレットと2弦5フレットを同時にピッキングします。 その時のミュートは注釈の通りですが、高難易度なミュートになります。 ミュートについては、コードのミュートを先に覚えて慣れていきましょう。 カッティングフレーズのような握り込んだりするパターンでのミュートは非常に難しいです。 他のミュートに慣れてからでも遅くないので、焦らずに手がミュート出来るポジションを完全に覚えて、無意識にでもできるように練習して見て下さい。 こんにちは。 当ブログ「ギターの流儀」運営者です。 中学校3年生の時からギターを始め、ギターのプロ養成学校を卒業しました。 僕が業界で仕事をした経験や、プロのギタリストから学んだ知識と技術を、ギター初心者の方にも分かりやすく伝える事ができたらと考え、「ギターの流儀」の運営を始めました。 もちろん初心者だけではなく、中級者レベルの人にも役立つ内容になっています。 ギターを上達させるには、とにかく練習するしかありません。 ただ、闇雲に練習してもなかなか思うような成果が出ないのが難しいところです。 正しく教えてくれる人が必要です。 そこで、プロの技を身近で見てきた僕が、正しい練習方法や重要なコツ、ちょっとした裏技など、自分が実践して上手くいったことだけを厳選して、この「ギターの流儀」を通じて紹介していきたいと思っています。 あなたのギターライフが楽しく実りあるものになるように、この「ギターの流儀」から有益な情報をバンバン発信していきますね。

次の

インスタでミュート機能の設定方法!解除できない時の対処方法も解説します|インスタグラム使い方

インスタ ミュート 仕方

今日は、ギターでコードを弾く上で欠かせないテクニックである「ミュート」について説明します。 今回と次回の内容は次のとおりです。 [今回] 1:ミュートとは何か? 2:ミュートの基本的なやり方 3:ミュートの実際例:ロー・コード編 4:ミュートの実際例:ハイ・コード編 5:ミュートの実際例:パワー・コード編 [次回:予定] 6:なぜミュートが必要なのか? 付録:コードブックにおけるミュートの表記法、他 1:ミュートとは何か? ミュート(mute)とは日本語で言えば「消音」です。 ただしミュートにもいろいろな意味があり、たとえば次の4つはすべてミュートと呼ばれます。 音を鳴らないようにしておくこと B. すでに鳴っている音を止めること C. 音をごく短く切ること D. 音を弱めること 本講座においては、ミュートという言葉を、A. の「音を鳴らないようにしておくこと」という意味で使います。 またその「音」とは「開放弦の音」に他なりません。 2:ミュートの基本的なやり方 ギターは左手で弦を押さえずに右手で弾くと、開放弦の音が鳴ります。 コードを弾くときはしばしば、鳴らしてはいけない開放弦の音を、左手の指でミュートする必要が生じます。 まず簡単なミュートをやってみましょう。 ミュートの基本 次の写真のように、左手の人差指で6弦の1フレットあたりに軽く触れてください。 弦がフレットにつくほど強く押さえてはいけません。 この状態で右手で6弦を弾くと、音が一瞬「プツッ」と鳴りますが、すぐに止まります。 これがミュートです。 なお、6弦の音が長く鳴ってしまったときは、指の力を少しだけ強めるか、押さえる位置を少し変えてみてください。 また、この6弦をミュートするときの左手の指の状態を、ネックの断面図、(角度の異なる)写真、指板図で表すと次のとおりとなります。 指板図における指の指定はいつもは指番号で書いていますが、今回は都合上、手の絵で示します。 他の弦を押さえながらのミュート さて、1本の弦をミュートするだけなら簡単ですが、コードを弾くときは、複数の弦を押さえながら同時にミュートもしなくてはなりません。 そのためには、弦を押さえるために使っている指をミュートにも使用する必要があります。 1本の指が「一人二役」をこなさなくてはならないわけです。 1本の指で二役こなす方法のひとつは、弦を押さえている指の「頭」の部分を、その上の弦に触れさせるというものです。 次の図のとおりです。 二つ目の方法は、弦を押さえている指の腹をその下の弦に触れさせるというものです。 指の腹で触れる方法では、下側の弦を全部ミュートすることも可能です。 親指を使った低音弦のミュート 6弦を、ネックの上からまわした親指でミュートする方法もあります。 ロー・コードでミュートを行うときは特にこれが重宝します。 手の大きい人ならば、6弦と5弦の両方を親指でミュートすることも可能です。 以上で、主な左手ミュートの仕方を個別に紹介しました。 これら個々のミュート・テクニックを、実際にコードを押さえるときにどう組み合わせて使えばよいのかについて、次項で説明します。 3:ミュートの実際例:ロー・コード編 初心者が最初に練習するのはロー・コードだと思いますので、まずロー・コードにおけるミュートの具体例を紹介します。 これらのコードはダイアトニック・コードと呼ばれるものです。 ミュートの練習をしつつ、コード進行作りの練習なんかもしてみてください。 では、これら7つのコードについて、どの弦をどういった指使いでミュートすれば良いのかを紹介します。 1つのコードについて複数の方法を示しますので、自分にとってやりやすいものを見つけてみてください。 4:ミュートの実際例:ハイ・コード編 次にハイ・コードにおけるミュートの具体例を示します。 またここでは低音弦と同時に高音弦のミュートも必要になるようなフォームをあえて紹介します。 これらはジャズではよく使われます。 初心者にとっては急に難易度が上がりますが、今後のために一度チャレンジしてみてください。 5:ミュートの実際例:パワー・コード編 パワー・コードでのミュートの仕方も紹介しておきましょう。 パワー・コードは低音側の2本もしくは3本の弦だけで弾くことが多いので、右手のコントロールがしっかりしていれば、押さえる弦の両隣さえミュートしておけばすみます。 が、高音弦も含めてミュートすることも容易です。 今日はここまでです。 今日の内容を読んで、そもそもなぜミュートが必要なのか、とか、なぜミュートしなくてもよい場合もあるのか、といった疑問を持った人もいるかと思いますので、次回はそのあたりのことを補足します。

次の