にゃんこ大戦争 未来編 1章 敵。 【にゃんこ大戦争】サハラ1章の攻略はクマンチューの撃破が重要

【にゃんこ大戦争】「シャドウボクサー」 敵キャラ情報と倒し方

にゃんこ大戦争 未来編 1章 敵

未来編~レジェンド終盤の概要 覚醒のネコムートを始め 強いキャラが揃ってきていると思われます。 この記事では ・遠方範囲攻撃 ・覚醒のネコムートなどの使用方法 ・欲しいレアガチャ これについて深く解説していきます。 遠方範囲攻撃について 遠方範囲攻撃は 未来編の実装と共に開始された新しい能力です。 ドリュウ キョセーヌ タッチャン ミーニャ・・・・と 厄介な敵が多く出現してきました。 基本的には感覚射程の内側に 入り込めれば攻撃が当たる心配はありません。 その為、 超強力な壁を出すか 素早いネコライオンで止めるか どちらかになります。 因みに最近では ふっとばし能力を持つ敵を 遠方範囲攻撃の後ろにつかせて 合えて当てるように仕向けてくるので おすすめは強い壁キャラをぶっこむ事です。 常連さんのDNAとDHAの前田無し攻略は 本当に頭が下がります!;: 因みに遠方範囲攻撃キャラに対しては 大体が前田慶次第3形態で 攻略できてしまう為に、 非常に手元に置いておきたいキャラです。 覚醒のネコムートって強いの? 未来編から実装された 覚醒のネコムートですが、 突っ込んで倒されてしまう印象が当初はありました。 現在では 取りあえず攻撃を確実に入れてくれる 優秀な1撃必殺キャラと私は考えています。 因みに同じような能力を持つ ・真田幸村(第3形態) ・ネコ超特急 こいつらを併用して使うと 色々なステージが時短できますし、 攻撃速度が遅くて威力が高い敵にも 普通に倒せるようになりますね。 またネコ超特急は 曜日アイテムステージで使用すると 楽しい速度で周回できるので 非常に役に立っています。 スポンサーリンク そろそろ欲しい超激レア ここまで攻略を進めれるプレイヤーさんなら 大半の基本戦術はできていると考えます。 当サイトでは 現時点のにゃんこ大戦争の高難易度ステージは 全て攻略完了しているので、 是非参考にしてもらいたいです。 因みにレジェンド後半は ぶっちゃけ・・ 無いんですよね^^; 当サイトの超激レア無し攻略では この時期は殆どレアキャラ激レアキャラで 攻略を完了できているので、 ゆっくり揃えればいけますよ! 大切なのはニャンピューターですねw 本当に楽に攻略したい方は 当サイトはガチャの当たりを 全てまとめているので、 参考にしてみてください。 当サイトは にゃんこ大戦争のキャラの評価や 日本編攻略から未来編攻略までを 徹底的に公開していくサイトとなります。 王道の戦略は壁で中・遠距離ユニットを守りながら攻撃することだと思いますので、安全圏で攻撃されると敵側もなすすべなく溶けてしまいますからね。 最近の新敵キャラをみていても、特殊能力(停止、ふっとばし)や後方範囲攻撃を持ったキャラが多い気がします。 個人的にはLEGEND後半のスムーズな攻略の一手としては、キャッツアイによる上限解放と第三形態にかかってくると思います。 お勧めは、やはり前田とマキシマムですかね。 次順でねこ菩薩、ねこジュラ、ねこクールあたりでしょうか。 アキラも第三形態実装当時はかなり使えましたが、今では出撃回数が減っちゃいましたからね(前田が優秀すぎる!)。 LEGEND後半はにゃんコンボを駆使すればけっこう変則的な攻略ができるので、王道の布陣で性能フル活用するか、にゃんコンボで超激レアがいない分を補強するかですね。 これからも新たな知見が得られたら、こそこそコメントさせていただきます!• ちなみに覚醒ムートについては、単騎で突っ込んで爆死が多くて使いにくいと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、大狂乱ねこ、大狂乱ライオン、ねこ超特急などをタイミングよく生産してあげれば、覚醒ムートが攻撃して敵がノックバックしている隙にムートよりも早く敵に近づいて敵の攻撃を受けて壁の役割になるという方法をとれば、かなり場持ちよく大ダメージを与え続けることができると思います。 なお、一撃のダメージが大きい敵、覚醒ムートの攻撃でノックバックしにくい又は堅い敵(体力多い敵)、攻撃速度が早い敵などには真っ向から勝負しても勝てないことが多いので、覚醒ムートを活かすためにサポートキャラ(敵の攻撃力を落とす、移動速度をおとす、ふっとばし、停止など)の使い方が重要になってくると思います。

次の

にゃんこ大戦争の未来編は難しい!攻略に詰まった時はアレをしよう

にゃんこ大戦争 未来編 1章 敵

編成(名前は左から右の順番)• 1ページ目:ネコビルダー、ネコカベ、勇者ネコ、美脚ネコ、ネコキリン• 2ページ目:ネコUFO、ネコクジラ、ネコドラゴン、ネコダラボッチ、ネコヴァルキリー・真• にゃんコンボ:にゃんこ軍団• 壁役:ネコビルダー、ネコカベ• 遠距離攻撃:美脚ネコ、ネコドラゴン• ザコ敵処理:ネコUFO、ネコダラボッチ、ネコヴァルキリー・真• この2体以外は、生産コストが高すぎるので、あまり適役ではない。 遠距離攻撃でカーバチャンを倒す:遠距離攻撃系のキャラクターは、働きネコのレベルアップが完了してから生産。 数を重視して、カーバチャンに1発でも多く攻撃を当てられるようにしよう。

次の

にゃんこ大戦争DB ステージデータ 未来編 第1章

にゃんこ大戦争 未来編 1章 敵

未来編~レジェンド終盤の概要 覚醒のネコムートを始め 強いキャラが揃ってきていると思われます。 この記事では ・遠方範囲攻撃 ・覚醒のネコムートなどの使用方法 ・欲しいレアガチャ これについて深く解説していきます。 遠方範囲攻撃について 遠方範囲攻撃は 未来編の実装と共に開始された新しい能力です。 ドリュウ キョセーヌ タッチャン ミーニャ・・・・と 厄介な敵が多く出現してきました。 基本的には感覚射程の内側に 入り込めれば攻撃が当たる心配はありません。 その為、 超強力な壁を出すか 素早いネコライオンで止めるか どちらかになります。 因みに最近では ふっとばし能力を持つ敵を 遠方範囲攻撃の後ろにつかせて 合えて当てるように仕向けてくるので おすすめは強い壁キャラをぶっこむ事です。 常連さんのDNAとDHAの前田無し攻略は 本当に頭が下がります!;: 因みに遠方範囲攻撃キャラに対しては 大体が前田慶次第3形態で 攻略できてしまう為に、 非常に手元に置いておきたいキャラです。 覚醒のネコムートって強いの? 未来編から実装された 覚醒のネコムートですが、 突っ込んで倒されてしまう印象が当初はありました。 現在では 取りあえず攻撃を確実に入れてくれる 優秀な1撃必殺キャラと私は考えています。 因みに同じような能力を持つ ・真田幸村(第3形態) ・ネコ超特急 こいつらを併用して使うと 色々なステージが時短できますし、 攻撃速度が遅くて威力が高い敵にも 普通に倒せるようになりますね。 またネコ超特急は 曜日アイテムステージで使用すると 楽しい速度で周回できるので 非常に役に立っています。 スポンサーリンク そろそろ欲しい超激レア ここまで攻略を進めれるプレイヤーさんなら 大半の基本戦術はできていると考えます。 当サイトでは 現時点のにゃんこ大戦争の高難易度ステージは 全て攻略完了しているので、 是非参考にしてもらいたいです。 因みにレジェンド後半は ぶっちゃけ・・ 無いんですよね^^; 当サイトの超激レア無し攻略では この時期は殆どレアキャラ激レアキャラで 攻略を完了できているので、 ゆっくり揃えればいけますよ! 大切なのはニャンピューターですねw 本当に楽に攻略したい方は 当サイトはガチャの当たりを 全てまとめているので、 参考にしてみてください。 当サイトは にゃんこ大戦争のキャラの評価や 日本編攻略から未来編攻略までを 徹底的に公開していくサイトとなります。 王道の戦略は壁で中・遠距離ユニットを守りながら攻撃することだと思いますので、安全圏で攻撃されると敵側もなすすべなく溶けてしまいますからね。 最近の新敵キャラをみていても、特殊能力(停止、ふっとばし)や後方範囲攻撃を持ったキャラが多い気がします。 個人的にはLEGEND後半のスムーズな攻略の一手としては、キャッツアイによる上限解放と第三形態にかかってくると思います。 お勧めは、やはり前田とマキシマムですかね。 次順でねこ菩薩、ねこジュラ、ねこクールあたりでしょうか。 アキラも第三形態実装当時はかなり使えましたが、今では出撃回数が減っちゃいましたからね(前田が優秀すぎる!)。 LEGEND後半はにゃんコンボを駆使すればけっこう変則的な攻略ができるので、王道の布陣で性能フル活用するか、にゃんコンボで超激レアがいない分を補強するかですね。 これからも新たな知見が得られたら、こそこそコメントさせていただきます!• ちなみに覚醒ムートについては、単騎で突っ込んで爆死が多くて使いにくいと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、大狂乱ねこ、大狂乱ライオン、ねこ超特急などをタイミングよく生産してあげれば、覚醒ムートが攻撃して敵がノックバックしている隙にムートよりも早く敵に近づいて敵の攻撃を受けて壁の役割になるという方法をとれば、かなり場持ちよく大ダメージを与え続けることができると思います。 なお、一撃のダメージが大きい敵、覚醒ムートの攻撃でノックバックしにくい又は堅い敵(体力多い敵)、攻撃速度が早い敵などには真っ向から勝負しても勝てないことが多いので、覚醒ムートを活かすためにサポートキャラ(敵の攻撃力を落とす、移動速度をおとす、ふっとばし、停止など)の使い方が重要になってくると思います。

次の