多摩川競艇場 特徴。 多摩川競艇場の予想方法と特徴について競艇ファンに話を聞きました!

多摩川競艇場の特徴を活かした予想方法を徹底分析&ご紹介!

多摩川競艇場 特徴

そんな焦らなくてもちゃんと説明するから。 おとなしく俺の話を聞いておけ。 初めに、多摩川競艇は東京都府中市是政に構える競艇場だ。 多摩川土手の北に位置し、かつて多摩川河原の砂利採取場であったところをレース場に転用している。 競争水面は淡水でプール型だ。 水を引き込んでいるのは多摩川からではなく、1マーク側にある井戸の水を使用している。 淡水は一般的に硬いといわれているが、多摩川の淡水は握った時に走りやすい水質だ。 そのため、全速で握って回る傾向にありスピード戦になりやすい。 ここで、見取り図を見てもらいたい。 多摩川競艇の競争水面は全国の中でも広いレイアウトとなっている。 広い分1マークの振りも大きいため、インは斜めに走らなければならず若干不利ではある。 だが、バック側は全力で回れる広さを持つので握っていける。 もちろん思いっきり握っていけるのはインだけではなく全コース同じだ。 これに加えて、多摩川競艇は日本一の静水面と呼ばれている通り、思わぬ波乱が起きにくい。 結果、コース関係なくスタートで先手を取るかどうかが重要となってくる訳だ。 さーっすがタンマくん。 頼りにあるよね。 それじゃ早速教えて〜!! 多摩川競艇の特徴を知らなくても稼げる?? ここまで多摩川競艇の特徴について説明してきた。 だが、結局のところ個人で風の風量や角度、選手の思考やスタートタイミングを予想するのは不可能に近いと判断した。 個人で予想しても得られる情報量には限界があるし、自然の摂理である風を予測するなど至難の技だからな。 では、どんな対策を取れば苦難が強いられる多摩川競艇でいともあっさり的中することができるのか。 答えは簡単・・・ 競艇予想サイトを使うってことだ。 彼らは、競艇で的中する予想を提供する為に日々思考を凝らしている。 何百・何千という競艇予想を提供し続けているから、過去のデータなど膨大な情報も持っているだろう。 予想に関しては、より多くのファクターを通したほうが的中しやすい。 であれば、彼らの予想に乗るほうが圧倒的に高確率で的中をモノにできるよな。 でも、ただ単純に適当な競艇予想サイトを使ったってダメなんだ。 多摩川競艇で見事な結果を残している予想サイトを選ぶことが重要になってくる。 俺が参加してきた数多くの競艇予想サイトの中から、多摩川競艇にめっぽう強いサイトを紹介しよう。 多摩川競艇といえば・・・。 フルスロットルには検証目的で数多くの予想に参加した。 その中で多摩川競艇の予想も提供したのだが結果は共に3戦3勝。 的中率は100%を叩き出している。 まだまだ参加母数が少ないから説得力はないかもしれないが、これ以上の結果を残している競艇予想サイトを他には知らない。 むしろ、フルスロットル以上に結果を残している競艇予想サイトを知っているなら俺が教えて欲しいくらいだ。 参加するのは個人の自由だが、多摩川競艇で稼げる予想を手に入れたいなら試しに参加してみることをオススメする。 今回紹介させてもらったサイトは、いずれもメールアドレス1本で無料予想が手に入る。 非常に簡単なので、空き時間にでもポチっとしてくれ! またフルスロットルは、多摩川競艇以外でも結果を残している競艇予想サイトだ。 合わせて参考にしてくれればと思う。

次の

多摩川競艇場の特徴を活かした予想方法を徹底分析&ご紹介!

多摩川競艇場 特徴

この記事で紹介する内容• 多摩川競艇の水面の特徴• 多摩川競艇の風の特徴• 多摩川競艇のコースの特徴• 多摩川競艇のコース別入着率• 多摩川競艇のコース別決まり手• 多摩川競艇のコース別入着率• 多摩川競艇の企画レース• 多摩川競艇で予想をする際の注意点• 多摩川競艇で予想をする際の攻略法• 多摩川競艇ライブ中継• 多摩川競艇の特徴まとめ 競艇は6艇で着順を競い合う公営競技です。 競馬や競輪と違い出走数が少ないことから的中しやすい一方で、競艇場のコースや季節、そして気候等の条件の影響を受けやすく、とても奥深い競技でもあります。 そんな奥深い競艇ではありますが、知識をつけていくことで的中率のアップに繋がるのもまた事実です。 当記事を読めば多摩川競艇の特徴がわかるようになります。 基本データ• 公式:• 電話番号:042-369-1811• 住所:東京都府中市是政4丁目11• 支部:東京• モーター交換時期:8月 多摩川競艇は東京都府中市にあります。 以下が多摩川競艇を上空から見た図となります。 名前の通り、多摩川競艇は東京都を流れる多摩川沿いに位置していますが、水源については名前とは裏腹に、多摩川水系ではなく実際は近隣の井戸から引き上げたものとされています。 そのため海水ではなく、川の水でもありません。 しかし川の水ではないにせよ、川と同様に淡水であるのがまず特徴として挙げられます。 さらに図のように土手に囲まれたプール水面であることから、海のようなうねりや潮の干満差がないのが特徴です。 また防風林を設置していることで風の影響も緩和されているのも大きな特徴と言えます。 多摩川競艇では、 これら水面や風の特徴を把握した上で予想をする必要があります。 多摩川競艇場の水面の特徴 多摩川競艇の特徴として、井戸水ではあるものの淡水であることから、淡水であることを踏まえて予想をする必要が出てきます。 淡水と言えば海水と違い、塩分濃度が低いため浮力が弱いのが特徴です。 そのため選手の体重差が出やすく、ヘビー級選手と称される体重の重たい選手には不利な水面とされています。 さらに淡水は水質が硬く、モーターの回転が上がりにくいとされています。 そのためモーターの差が出やすいのが特徴で、機力がレースに大きな影響を与えます。 このことから、多摩川競艇で予想をする際には、 前検タイムや直前情報は欠かさずチェックしておくと良いでしょう。 また先の通り体重差が出やすいとなると、不利なのがヘビー級選手である反面、軽いことがアドバンテージとなっている女子選手に有利に働くと言うことになります。 そのため男女の混合戦の際には、実力もさることながら、 女子には特に有利な水面であることを忘れずに予想をすると良いでしょう。 出典: こちらは多摩川競艇の2階一般席となります。 ガラス奥のバックストレッチ側に緑の林が見えていますが、こちらは 防風林と呼ばれるもので、その名の通り風を防ぐためにあえて設けられた林なのです。 この存在のおかげで、多摩川競艇は年を通して比較的穏やかな風の日が多いことで知られています。 競艇は風の影響を受けやすい競技である中、この多摩川競艇では風の影響が少ないことで選手からも走りやすい水面として認識されているのです。 そのため、多摩川競艇では風による影響をそこまで機にすることなくレースに望めることから、選手本来の実力を発揮しやすい水面であると推察出来ます。 先の通り水面の特徴である体重差やモーターの差が出やすいという事実に加え、 本来の実力も出しやすい水面であることを加えて覚えておくと良いでしょう。 出典: まず最初の特徴として挙げられるのが、その広さについてです。 多摩川競艇は 関東圏に設けられている競艇場の中でも随一の広さがあることで知られています。 水面が狭いと選手にとって窮屈感を与えますが、広いとスピードを乗せたターンがしやすくなるため、道中も見所のあるレースが見受けられます。 また、実は多摩川競艇は日本一狭い戸田以上に、 本番ピットから2マークまでの距離が短いのが特徴です。 戸田競艇は距離が120mありますが多摩川競艇は89m。 日本一狭い競艇場よりさらに30m以上も多摩川競艇は狭いのです。 広さについては日本から3番目の広さであることと、関東一大きな水面であるため、その広さが良くクローズアップされがち。 ですが、 多摩川競艇の特徴を最も表現しているのが、その広さにも関わらず、2マーク側に限ってはかなり狭いことであると考えられます。 ピットから2マークまでが狭いと、枠なり進入となりやすくなります。 逆に無理に前付けしてしてしまうことで深イン(進入が深くなり、助走距離が短くなること)となりやすく、荒れる要因となりやすくなるのです。 それだけではありません。 多摩川競艇が広いと言われている中、実は 1マークとスタンドまでの距離 41m は24競艇場の中でも7番目の狭さなのです。 1マークが狭い中でスタートが揃うと艇全体が1マーク付近でも横並びになることとなり窮屈な状態が生まれます。 そうなるとスロットルを握って思い切り旋回しようとする3,5コースに有利となることが多いのが特徴です。 一方窮屈な状態となると差しコースである2,4コースは握ってターンをする艇の引き波にはめられやすく、不利とも言われています。 多摩川競艇の特徴として、その広さはもちろんですが、実は狭い部分もあることを覚えておくと良いでしょう。 コース 1着率 2着率 3着率 4着率 5着率 6着率 1 54. 3 17. 7 7. 7 6. 9 6. 9 6. 2 2 10. 4 24. 5 19. 4 18. 4 14. 0 12. 9 3 13. 9 21. 6 18. 4 18. 6 17. 7 9. 5 4 14. 3 16. 0 17. 9 17. 2 18. 3 16. 0 5 5. 4 14. 7 20. 4 18. 5 22. 3 18. 5 6 2. 1 6. 3 17. 1 21. 3 21. 1 31. 9 集計期間:2020年02月01日~2020年04月30日 全国的にみてもイン逃げ率は平均値に近い値を示していると考えて良いでしょう。 実は多摩川競艇のコース別入着率を確認すると、近年では過去と比較しても 多摩川競艇の逃げ率は上昇傾向にあります。 これはおそらく防風林が設置されて以降、林の木々が成長し、さらなる防風の役目を果たしてくれたおかげで、風の影響がさらに低くなっているためだと推察されます。 例えば日本一広い浜名湖競艇と比較してみると、浜名湖競艇は1. また、日本で2番目に広い蒲郡競艇は3コースと比べて2コースの方が0. なぜ多摩川競艇は広いのにも関わらず2コースの1着率が低く出ているのか、理由として考えられるのは、多摩川競艇はその広さとは裏腹に1マークとスタンドの距離が両者の競艇場よりも短く、差しが不利なな状況が生まれているのではと考えられます。 このことから、多摩川競艇の特徴として、 2コースよりも3コースの方が有利ということを覚えておくといいでしょう。 さらに浜名湖と蒲郡両者との競艇場との違いとして、その 3コースよりも4コースの方が0. このことについては、多摩川が風の影響の少ないきっての静水面であることで握りやすいことに加え、1マークとスタンドの狭さが差しに不利な状況であることから、4コース差しではなく、4カド捲りを狙う選手が増えた結果と推察出来ます。 このことも多摩川競艇の大きな特徴と言えるでしょう。 コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き 恵まれ 1 97. 3 0. 0 0. 0 0. 0 2. 6 0. 0 2 0. 0 28. 0 62. 0 0. 0 8. 0 2. 0 3 0. 0 39. 3 15. 1 34. 8 10. 6 0. 0 4 0. 0 44. 1 11. 7 35. 2 8. 8 0. 0 5 0. 0 11. 5 7. 6 65. 3 11. 5 3. 8 6 0. 0 30. 0 10. 0 60. 0 0. 0 0. 0 集計期間:2020年02月01日~2020年04月30日 多摩川競艇の特徴として、まず第一に3コースの捲り率の高さが挙げられます。 日本一広いとされる浜名湖競艇は、3コースの捲り率が31. つまり 多摩川競艇と浜名湖競艇では逆転現象が発生しているのです。 このことから多摩川競艇は、3コースが本命と判断された際には、捲り差しではなく捲りの可能性が高いということとなり、インや2コースが残しづらくなる状況が発生します。 そのため3コース捲りが敢行されると、買い目にも影響しますので注意が必要です。 第二に、4コースについては浜名湖競艇の捲り率が38. 多摩川競艇と比較し、捲り率が低い分、差し率にそのまま加算されている状況となります。 つまり多摩川競艇場の4コースは、差し率が低く捲り率が高いと言えるのです。 これらのことから、 多摩川競艇のセンター勢は捲り差しや差しよりも、捲りの選択がされる傾向にあることに注意しておくと良いでしょう。 要約まとめ• センター勢は捲り差しや差しより、捲りが選択される傾向にある 多摩川競艇場のコース別入着率の特徴 以下が多摩川競艇の特徴である、季節毎のコース別入着率 1着〜3着率 です。 春季のコース別入着率 3月~5月 コース 1着率 2着率 3着率 1 51. 6 20. 1 8. 5 2 13. 6 24. 2 16. 5 3 13. 3 20. 1 21. 7 4 12. 8 18. 3 20. 9 5 7. 8 12. 7 18. 7 6 1. 9 5. 5 14. 8 集計期間:2019年03月01日~2019年05月31日 多摩川競艇の春季は年を通して最もイン逃げ率が下がることが特徴です。 しかしその分、他季と比較し、最もインの2着率が上昇しています。 加えて、4・5コースの1着率が最も高くなっていることから、 春季は4,5コースの捲り差しが最も高くなる時期と言えるのです。 要因としては気温の上昇に伴い、水温も上昇していることが考えられます。 競艇のモーターは水温が低い方が回転が良くなるように作られています。 そのため、水温が高くなる時期はモーターの回転が上がりにくくなります。 モーターの回転が上がりづらくなると、スロー勢のモーターの回転がスタートの時点で上がりきらず、スピードをつけてきたダッシュ勢を受け止めきれずに捲られてしまうレースが多くなっていることが考えられるのです。 しかしそれだけでは夏季の方が暑いはずですので、夏季は余計に逃げ率が低くなりダッシュ勢の活躍が目立つのではとも思えてしまいます。 それにも関わらず夏季の方が逃げ率がわずかに高いのは、選手も気温の変化に対応してモーターの調整をしているので、夏季は全体的に水温が高いことからそれなりの調整をして選手もレースに臨むことでしょう。 しかし春季は季節の変わり目です。 日や気候、時間帯によって容易に水温も変化することが予測されます。 この変化に対応しきることが出来ず、ダッシュ勢の活躍が夏季と比べてさらに目立ったのではと考えられるのです。 これらのことから、 春季は気温と展示タイムに注意しながらレースを予想することをオススメします。 要約まとめ• 春季は最もイン逃げ率が下がるが、インの2着率は上昇する• 春季は4,5コースの捲り差しが最も高くなる時期 夏季のコース別入着率 6月~8月 コース 1着率 2着率 3着率 1 51. 8 16. 0 9. 5 2 14. 0 22. 4 18. 7 3 13. 7 23. 3 19. 7 4 12. 5 17. 7 21. 2 5 6. 5 14. 8 19. 0 6 2. 2 6. 7 12. 9 集計期間:2019年06月01日~2019年08月31日 夏季は春季に続いて イン逃げ率が下がることが特徴です。 これは春季同様にモーターの回転率による影響が考えられます。 しかも夏季は年で最も暑いことに加え、多摩川競艇の特徴であるプール水面であることと、防風林により風が少ないことから水温が上昇しやすく、選手の調整が及ばないほどの高温がデータに現れているのではと推察出来ます。 しかし、回転が回るように選手もモーターの調整をしたり、時間帯や日を問わず水温が上昇していることで、春季よりも変化が少ないことから逃げ率については春季よりもわずかに上がる結果となった可能性があります。 一方、インの3連対率をトータルでみると、逃げはともかく春季以上にインが絡みにくい時期であるとも言えます。 これは捲り差しではなくインが捲られて引き波に乗り、大きな着順となる率が上がっているのではと考えられます。 このことから、 夏季はインが最も受難に遭いやすい時期として覚えておくと良いでしょう。 要約まとめ• 春季の次のイン逃げ率が下がる時期• 3連対率の場合春季以上にインが絡みにくい特徴• 夏季はインが最も受難 秋季のコース別入着率 9月~11月 コース 1着率 2着率 3着率 1 57. 4 17. 3 6. 7 2 16. 0 22. 6 13. 9 3 9. 2 23. 0 17. 0 4 11. 2 15. 7 23. 1 5 5. 6 12. 2 21. 7 6 2. 1 10. 2 18. 6 集計期間:2019年09月01日~2019年11月30日 秋季は年を通して 冬季に続いてイン逃げ率が上がる時期です。 注目すべきは春夏と比較して、秋季に入って一気にイン逃げ率が上昇しています。 つまり秋季に入って水温が下がりつつあり、スロー勢の受難が減ったと考えられるのです。 ただし秋季も春季同様に季節の変わり目です。 日により気温の上下はありますし、台風の季節でもあることから少なからず風の影響も考えられます。 それでも最もイン逃げ率が上がる冬季と比較しても有意差は感じられず、連対率を見てもさほど変わりありません。 そのため、 秋季は荒れる要素も含んではいますが、全体的には逃げを含めたインが連に絡みやすい時期と覚えておいて頂けると良いでしょう。 要約まとめ• 季節の中で2番目にイン逃げ率が高くなる時期• 予想する際はイン絡みを視野に 冬季のコース別入着率 12月~2月 コース 1着率 2着率 3着率 1 57. 5 16. 0 8. 1 2 12. 6 24. 7 19. 2 3 13. 3 20. 8 20. 7 4 10. 7 18. 7 18. 7 5 5. 4 12. 5 20. 4 6 1. 5 8. 3 13. 9 集計期間:2019年12月01日~2020年2月29日 冬季は最もイン逃げ率が上昇する時期です。 その分、4,5,6コースのいずれもが年を通して1着率が低下する傾向にあります。 先の通り、寒くなるとモーターの回転が上がりやすくなります。 これによりスロースタートで助走距離が短くてもスタートラインまで届きやすく、結果的に内側有利となる体勢が出来上がることとなります。 このことから、 冬季は最も逃げやすい時期であることと、ダッシュ勢の勢いが低下する時期として考えてよいでしょう。 ターゲット9 9レース目に開催。 原則A級の選手が1名で1号艇に配置。 その他をB級選手の5名で構成される。 多摩川競艇は全部で1レースと9レースの計2レースが存在します。 いずれのレースもA級選手をインやカドに配置するレースではあるものの、あくまでA級とされているのみであり、A1級とは言われていません。 特にまつりだoneに関しては、インとカドという一騎打ちを感じさせるような番組構成でもあることから、企画レースといっても的中させやすいレースではないように思えます。 このことから、多摩川競艇の企画レースは他の競艇場によくみられがちな、インに強い選手を配置してイン逃げを促し、予想をしやすくするような企画ではなく、 荒れる要素もたくさん感じられる企画であると捉えておいたほうが賢明です。 多摩川競艇場で予想する際の攻略法 多摩川競艇で予想する際は、以下の点を踏まえて予想をすると攻略しやすいでしょう。 静水面で淡水 静水面であることから選手にとっては乗りやすく実力を発揮しやすい一方、淡水であることから浮力が得られくい水面です。 このことから、 体重の軽い選手で尚且つ実力の高い選手を軸に考えると良いでしょう。 特に混合戦での女子レーサーは票が集まりにくくなることが多いため、思わぬ穴舟券が飛び出す可能性も考えられます。 今一度予想時には体重チェックしてみると良いでしょう。 また、混合戦での不人気の女子選手がさらに機力も十分だった場合には、容易に舟券対象から外す前に今一度考察してみると良いでしょう。 多摩川競艇でインから購入するなら秋冬がおススメ 気温の下がる寒い時期に突入すると、水温が下がりモーターの回転が上がりやすくスタートラインまで届きやすくなり、スタート遅れが減ります。 このことからスロー有利な展開が増えるため、インから購入するならより秋冬の季節の方がより安心できるでしょう。 多摩川競艇で穴を狙うなら夏季の4・5コース 夏季には水温の上昇により、モーターの回転が上がらずスロー勢のスタートが遅れる可能性が高くなります。 むしろ、多摩川競艇ほど季節によるイン逃げ率の違いが露骨に出ている場所も珍しいのではと推察されます。 穴党にはダッシュ勢が頭を獲りやすい夏季での舟券購入をオススメします。 多摩川競艇場で予想する際の注意点 多摩川競艇のレースで予想する際は、以下の点に注意して舟券を購入すると良いでしょう。 多摩川競艇の企画レースではインの信頼度に注意 企画レースの中でも、特にまつりだoneについては、主にインとカドにA級、他をB級という構成です。 インとカドだから1-4 4-1と安易に考えてしまうと、思わぬ目が出る事もあります。 それだけインとカドにバランスが偏っているレースは危険なのです。 カド受けである3コースの選手にもプライドがあるでしょうし、簡単に捲られたくはないでしょう。 5コースの選手はカドの動向をチェックし捲りにいけば付いていこうとしたり、時には2段捲りを敢行しようと画策していることだって考えられます。 これらのことから、企画レースといっても、特にまつりだoneについては注意して予想しましょう。 春季は捲り差し。 夏季は捲り。 春季はイン逃げ率が最も低下するものの、捲りばかりではありません。 インの逃げ率は低い一方、 2 着率は最も高いという特徴から、捲りよりも差しや捲り差し傾向にあると言えるのです。 また夏季は イン逃げ率は春季より若干上昇するだけで、 4,5コースの入着率が最も上昇し、なおかつ 2 着率春季よりも下回ることから、捲り差しではなく、捲りによる決着が増加すると言えます。 多摩川競艇は季節によって決まり手も変わってくる傾向にあり、その結果買い目にも影響が出てくることが考えられますので注意しておくと良いでしょう。 多摩川競艇場ライブ 無料でを視聴する事ができますので、舟券予想をする際はライブ中継を観ながら楽しみましょう。

次の

全国24箇所の競艇場-それぞれの特徴と特化した予想サイト

多摩川競艇場 特徴

多摩川競艇場へのアクセス方法はコチラ アクセス 西武多摩川線「競艇場前駅」から徒歩3分 ライブ配信 有り(PC・スマートフォン)公式から閲覧可。 直近の重賞 特になし Twitter 有り(ボートレース多摩川【公式】 tamagaw70816228) おすすめグルメ 牛炊他 多摩川競艇とはどんな特徴を持つ競艇場か? これまでに多摩川競艇場で予想をした方々ならわかると思いますが、多摩川は「 稼げない」競艇場と言われています。 ボクも何度か勝負した事がありますが、全く当たりませんでした。 そこでネットを使って多摩川競艇の攻略法について調べてみたのですが、必要としない情報が出てきたり、詳しすぎて何を参考にすれば良いかわからなかったり。 ハッキリ言って時間が掛かり過ぎる。 そこで! 競艇戦線の管理人ことボクが、膨大な情報をまとめて極限まで削ぎ落としました。 その情報を元に予想し勝負します! ちなみに、多摩川競艇の3つの攻略ポイントはこちら。 1号艇の勝率が低い• どのコースも期待できる• 左横風では3・4コースの捲くりに期待 他にも「水面が〜」とか「風の影響が〜」という説明もありましたが、多摩川競艇で勝負する際に必要な情報の中で共通していたのは、1号艇の勝率が悪く左横風時の3・4コースに期待出来るということ。 つまり・・・ 左横風の時に3・4コースを中心に選んで買えば当たる! ということになります。 この情報が事実なのか、それとも単なるデマか・・・ 競艇戦線が実践してみましょう。 多摩川競艇の特徴を参考に軍資金3万円で勝てるかやってみる 多摩川競艇の攻略に関するルールは以下を参照してください。 クリア条件は 軍資金3万円を6万円以上にすること。 特徴をしっかり捉えていたとしても3万円すら稼げない。 そんな特徴しかまとめられないなら読む必要はない!と判断します。 そして、普段の検証よりもちょっと少なめの3万円を軍資金にした理由は2つ。 自分で予想できるから買い目を絞ることができる。 3万円あれば最低でも3〜4戦は勝負できる。 競艇予想サイトの提供する予想とは異なり1点あたりの購入金額は自分で決めることができるので、4〜5戦も勝負できれば自ずと結果も残せるでしょう。 ガチで特徴を掴んでいるなら効率は非常に良くなるはず。 一般戦の5R。 天候は晴れ。 左横風の風速2m。 この条件下での1号艇1着率は49. 変わって4号艇は16. これは狙い所! という訳で、ボクの予想はこんな感じ。 前売りオッズを確認するとトリガミはありません。 当たれば勝ち。 貰いましたねw 気になる結果は・・・ マジか・・・ 期待されていない1号艇の選手が逃げ切って終了。 3・4号艇は入着したものの予想はハズレました。 1号艇の勝率は低いんじゃなかったのか・・・ ボクが購入した舟券と残りの軍資金を載せておきます。 残り22,000円。 幸先の悪いスタートを切ってしまいましたが、惜しいとも言える結果です。 日を改めて勝負していきます。 次にボクが参加したレースはこちら。 一般競争最終日の12R。 天候は晴れ。 横風の風速1メートルで前回よりも穏やかな風です。 また、1・2コースにはA2級選手、その他のコースにはA1級選手が入ります。 前回は1号艇が1着になりましたが、今回は大丈夫でしょう。 という訳で、ボクが選んだ買い目は前回と同じでコチラ。 前売りオッズを確認してみたところ、トリガミの心配は全くありません。 当たれば前回の分も取り戻して勝つことが出来ます。 派手に祝杯を上げたいですね! 結果はこちら。 おい!! なんでそうなる・・・ またもや1号艇の逃げで決まりました。 しかも今度は3号艇が入着せず、6着で終了。 特徴通りになってないんだが? ボクが購入した舟券と残りの軍資金を載せておきます。 残り14,000円。 お金がどんどん無くなっていく恐怖感。 一般戦の4日目8R。 天候は晴れ。 風速3mの左横風。 1コースにA1級の選手が入るのが難点。 特徴とは違いますが、今回は1号艇も軸に入れて予想していきます。 3・4号艇が入着すれば特徴とはある程度一致するでしょう! ということで、予想はこんな感じ。 今回ハズレるようなら、多摩川競艇の特徴通りに買っても一切勝てません。 ここが勝負どころ、一発頼みます! 気になる結果は・・・ ちょっ?! なんだこれ・・・ 3・4号艇どちらも入着しないなんてありですか? 酷すぎるだろ。 ボクが購入した舟券と残りの軍資金を載せておきます。 残り2,000円。 全く当てになりません。 結局、 多摩川競艇の特徴を掴んだところで稼げないことがわかりました。 マジで稼げないので、安易に真似して賭けないようにしましょう。 負けは明らかです。 【諦めないで!】多摩川競艇で勝てる唯一の方法を公開 まとめられた特徴を参考に舟券を購入したところで、多摩川競艇で勝てない事はわかってもらえたと思いますが・・・ では、どうすれば多摩川競艇で納得する結果を残せるのか。 一番手っ取り早いのは、多摩川競艇を拠点に稼いでいる人の予想に乗ることだと考えました。 そこで、競艇戦線は「 多摩川競艇を完全に攻略している競艇予想サイト」だけを厳選するために、改めて情報や結果を洗い出したところ・・・ 一つだけ、見つけました。 多摩川競艇の勝率が 60%を超えている競艇予想サイト。 それがです。 直近の結果のみになりますが多摩川競艇の戦績は16戦11勝5敗。 当てることが困難な多摩川競艇で 的中率68%は偶然で残せる結果ではありません。 しかし、実際に参加したらハズレるんじゃないか・・と考えるのが普通なので、ボクは自腹で行列のできる競艇相談所の予想に参加。 予想通り多摩川競艇の予想が提供され、結果を確認してみると・・・ 的中! しかも141,600 円の払い戻しを獲得しました! これでボクの参加を含めた戦績は17戦12勝で・・・ 的中率70. 行列のできる競艇相談所は多摩川競艇を主戦場としている競艇予想サイトと間違いなく言えるでしょう。 レースの注目度や配当によって、多摩川競艇の予想が配信されないこともありますが・・・。 無料で多摩川競艇の予想が提供されたら高い勝率を誇ります! そのタイミングで有料予想に切り替えれば爆発的な配当を出してくれる事間違いなしでしょう。 色々と検証した結果、多摩川競艇で勝ちたいのなら行列のできる競艇相談所が最善の選択なので、みなさんも無料予想からでも参加してみてください。 LINE公式アカウント始動.

次の