ズーム テレビ 電話。 【楽天市場】★[送料無料]≪SMILE≫リピーター続出最大500万画素の高画質WEBカメラ GSOU B18S (ウェブカメラ PCカメラ USBカメラ) USB接続 マイク内蔵 Zoom(ズーム)skype(スカイプ) やmsnメッセンジャー オンラインテレビ電話Webテレビ会議在宅テレワーク業務ミーティング対応:Candy 楽天市場店

いつでも孫に会える!シニアも簡単に楽しめるおすすめテレビ電話3種

ズーム テレビ 電話

気になるところから読む• ZOOM ズームとは) 一言で言っちゃうと、 WEB会議室のこと。 ネット上で音声と映像を使って、遠方の人とコミュニケーションをとることが出来ます。 参加者側には費用も手間も特にかかりません 主催者は、無料版と有料版を選べます)。 必要なものといえば、• インターネット接続環境• パソコン・モバイル端末(スマホやタブレット)• カメラやマイク これさえあれば、世界中どこからでもコミュニケーションをとることが出来ます。 私は別にZOOM(ズーム)の回し者じゃないけど、これはすごい! ZOOMで出来ること 入れないんすけど! 問題が起こりそうだなーと思いました。 だけどZOOM(ズーム)なら、そんな問題、ヘソで茶を沸かしちゃうよー ウェ~イ なんと・・・ 1クリックでございます!!! あなたがすることは、送られてきたURLをクリックするだけざますっっ!!嬉しくて、キャラが「スネチャマ」のママになっております!! これ、重要なポイント! 主催者側・参加者側の手間を最大限におさえてるこの感じ!! ZOOM(ズーム)って気が利くね! 将来絶対いいお母さんになるパターンのやーつ!!! ZOOMで出来ること2:接続が超安定、50人同時通話も可能 私は気分屋さんって苦手!一緒にいると疲れちゃうよね! それよりも、心穏やかに。 いつも笑顔で笑っている、そんな君が大好きだ!!というわけで、 ZOOM(ズーム)は接続が安定しております! 上記でも通信料について図を載せましたが、これってかなり重要なポイントです。 話してる最中に途切れたりしちゃったら、泣きたくなるもんね! ZOOM(ズーム)は50人同時通話でも安定しているって書いてありました! 他のサイトに書いてありました!!! 実体験じゃないから、ほかのサイトを見てきました!! 企業のリモートワークには、『ZOOM』よりも『Remo』(バーチャルオフィス)の方が使いやすいかもしれません。 そう、めんどくさそうな感じでした! ですが ZOOM(ズーム)は1クリック! レコーディングボタンには、 『このコンピュータにレコーディング』と『クラウドにレコディング』の2種類あります。 このコンピュータにレコーディングとは パソコン上で再生できる録画ファイルに変換されます。 最大のデメリットは、パソコンの容量が重たくなってしまうことです。 そして時間がかかります。 ミーティングが終了すると、画像をMP4という動画フォーマットに変換する作業をパソコン上で行う為、完了するまでパソコンをつなぎっぱなしにしておかなければいけません。 そして、動画をアップするにはYOTUBEに上げたり、ファイルをそのまま送ったりと、手間も容量もかかります。 ZOOMで出来ること4:ZOOM(ズーム)には、ブレークアウトルームというものがある 参加者多数のWEB会議の場合 「では、3~5人のグループで話し合って下さい」という場面もあるかと思います。 そんな時にブレークアウトルームという機能を使えば、グループでの話し合いも可能になります。 これもすごいね!(たぶん私は使わない機能だけど)大勢のWEB会議の場合だとこれは色々活用できそう! ZOOMで出来ること5:ZOOM(ズーム)なら、ホワイトボードの共有が出来る! この機能を使えば、ホワイトボードを共有して、図やイラストで説明したりテキストを打ち込んだりして説明することも可能です。 Skypeでは「画面共有」という機能はありますが(画面共有はZOOMにもあります)、このホワイトボード機能はありません。 使い方次第で、よりわかりやすく参加者さんと話し合うことが出来ますね! いらないかな?って思ったのですが、私もテストでちょっとホワイトボードを使ってみました。 アンアンアン!とっても大好き ドラちゃんです!!!(私的にはかなり上手に描けた) とにかく出来ることが豊富!!素敵! ZOOMで出来ること6:モバイル端末からも接続可能! 今はスマホがかなり普及しているので、これは重要なポイントではないでしょうか。 別にこれ、ZOOMに限ったことじゃなくて、スカイプでもハングアウトでもモバイル対応はしているのですが、 注目しているのはデータ通信料の軽さ! 私のスマホは格安スマホなのですぐに制限かかっちゃうから、通信料の大きさって結構ポイントが高いです。 スマホからの場合はあらかじめアプリをインストールしておく必要があるのですが、インストールさえしちゃえば後は会議に参加するだけなので便利ですよね^^ ZOOMで出来ること7:スクリーンシェア(画面共有)出来る これも、Skype・ハングアウトなどでも出来ますが、念のために書いておきます。 ZOOM(ズーム)は画面共有も出来ます。 画面共有って、もう当たり前!みたいなところあるので、書かなくても分かるかなーって思ったのですが、念のため書きました。 もちろんリモートコントロールのリクエストを送って、承認されないと遠隔での操作は出来ませんが、これ技術的なセミナーや会議の場合すごく役に立ちそうですよね! ZOOM唯一のデメリットとは ZOOM最大のメリットは、表記が英語なんですよね。 でも、翻訳機能を使えば特に問題ないかな?だから デメリットって、私は思いつく限り、今のところありません!! まとめ 頑張って使いこなせるようになりたいので、当分ZOOMの記事が続きます(アウトプットしていきます)!今後は、• 参加者さんがZOOMに参加出来る方法• 録画方法あれこれ• ZOOM(ズーム)の機能説明• ZOOM(ズーム)会議室の作り方• 3人育てているけれど、育児についてはよく分からず、聞かれても「忘れた」としか答えられない役立たず。 大阪に35年間住んでいるけれど、一人で心斎橋に行けない方向音痴。 ライター歴9年。 「納期」という言葉が嫌い。 ブログ歴5年。

次の

ズームカウンセリング・心理セラピー

ズーム テレビ 電話

スポンサーリンク Zoom無料版で出来ることは? テレビ電話ソフトとして今後主流となりそうなツールのZoom。 非常に使いやすい上にパソコンの負荷も低く、相手のパソコンのスペックを気にすることなく、スマホやタブレットとも通話ができるのが大きな魅力でしょう。 ただ、 「無料で一体どこまで使えるんだ…?」 と疑問に感じられる方もいらっしゃることでしょう。 私もそうでした。 ということで、改めておさらいしていくことにします。 アカウントの取得は無料・有効期間は無制限 Zoomを始めるためには無料アカウントの申請が必要になりますが、基本的にアカウントの取得は無料となっております。 そのため、一度アカウントを登録したら、無料版の機能であればずっと使い続けることができるようになっています。 通話は1対1であれば時間無制限 無料アカウントの大きなネックとしては、3人以上のグループ通話を利用した場合には40分の時間制限がある点にあります。 ところが1対1の通話であれば、基本的に無制限で通話を利用することができるようになっています。 つまり、 1人に対して音声をするような現場であれば、長時間の通話も無料でできる、という事になりますね。 通話音声やカメラ、画面共有の録画 Zoom無料版には、他の動画キャプチャソフトを立ち上げる必要もなく、ソフトに附属している機能で録画・録音をスタートすることができます。 ボタン一つで録画を開始し、音声終了時にパソコン上(ローカル)で自動的に動画のエンコードが進むというスグレモノでもあります。 ちなみに、 この機能が有料版になるとネット上(クラウド)で動画をエンコード・保存することができるようになり、パスワードでロックをかけるようにすることも可能になります。 なので、ネット上で動画を録画したらYoutubeなどにアップロードすることなくセミナーの動画を共有できるようになる、という事ですね。 スポンサーリンク 無料版Zoomの効果的な使い方は? このように、基本的な機能は一通り無料版で使うことのできるZoom。 使い方は本当に様々で通信も安定性があるため、今まではスカイプなど他の通話ソフトで諦めていた機能なんかも使えるようになっているので、非常にスグレモノといえるでしょう。 ただ、唯一の弱点をあげるとするならば 「3人以上のグループになると40分で通話を一旦切らなければならない」 という点があるのだと思います。 しかしながら、お金をとって実施するようなWebセミナーでなければ一度かけなおせばすぐに通話をはじめられますし、このやり方を実施すれば実質無料で使うことができてしまうのは魅力的ですね。 無料版であれば1対1の通話では基本的に無制限ですし、録画や録音もボタン一つで始めることができます。 また、試用期間もないため、実質1対1のコンサルティングやサポートをする場合であれば、ずっと無料のまま使っても大きな支障がないのが大きな魅力だといえるでしょう。 ぜひ、このメリットを活用して今日からZoom無料版を使い倒し、必要に応じて有料アカウントに乗り換えていきましょう! まとめ Zoom無料版については、• アカウント取得は無料• 試用期間は無しで、有料と無料の切り替えは任意の期間で変更できる• 時間制限を除けば、基本的にどの機能も一通り利用できる といった魅力があることがおわかりいただけたと思います。 もしもネット関係でコンサルティングをパソコンを使っているようなお仕事をしている場合、ぜひ使ってみるといいですね。 きっと、今までのネット電話では考えられなかった自由度の高さにびっくりすることになると思いますので。 関連記事: スマホ版Zoomの登録方法を解説!ログインや通話までのやり方も紹介.

次の

【楽天市場】★[送料無料]≪SMILE≫リピーター続出最大500万画素の高画質WEBカメラ GSOU B18S (ウェブカメラ PCカメラ USBカメラ) USB接続 マイク内蔵 Zoom(ズーム)skype(スカイプ) やmsnメッセンジャー オンラインテレビ電話Webテレビ会議在宅テレワーク業務ミーティング対応:Candy 楽天市場店

ズーム テレビ 電話

スポンサーリンク Web会議ソフト、テレビ電話ソフトに求められる条件 テレビ会議を使う時のシチュエーションとしては、• 異なる支店間同士での会議• セミナーのオンライン受講• 1対多数の定例ミーティング などなどがあると思います。 お互いの距離が離れている場合、リアルタイムに会話ができるわけではないため、通信の安定性や利便性というのは少しでも追求したいところです。 ことにビジネスの現場である以上、タイムラグがあったり、通信が安定していないような状況が発生すると時間が非常にもったいないですからね。 私もパソコンを使って人にブログの書き方を教えていたりするものですが、「ここをあーしてこーして…」という事をやるのには、音声やチャットだけで伝えるには時間もかかります。 クライアントさんにとっても自分にとっても、ジレンマが生まれ続けるわけです。 そんな、1分も無駄にできないようなビジネスの現場で使っていくテレビ電話ソフトを選ぶ場合、Zoomは特にオススメの選択であるといえます。 では、Zoomがどのような点で他のテレビ電話ソフトに勝っているのか?という点を紹介していきたいと思います。 Zoomのネット会議ソフトがオススメな理由 ネット会議ソフト・テレビ電話ソフトの代表格としては、以下のようなものがあるわけですが、どれも一長一短なところがあるのも事実です。 たとえば、• 「通信が不安定になる」• 「特定の環境を用意する必要がある」• 「参加人数の制限がある」 など、会議をスムーズに行うための妨げとなる要因が結構多いのです。 たとえば、 私が今までに使用してきた通話のできるテレビ電話ソフトのひとつひとつを振り返ってみると、これらのようなものがありますが、どれも一つはテレビ電話をする上で欠点が存在したのです。 たとえばこのようなものです。 スカイプ: グループ通話だと通信が不安定、セキュリティ面でビジネス利用には不向き• ハングアウト: Googleアカウントとブラウザが必要、最大10名まで• appear: ブラウザが必要、ちょっと昔のパソコンだと使えない• チャットワーク: ブラウザが必要、ビジネス契約プランでも最大14名まで• Bizmee: ブラウザが必要、最大8名まで また、上に挙げたソフトの大きな特徴としては、 「パソコン経由でないとアクセスできない」 といった問題もあります。 ところがテレビ電話ソフトのZoomではこういったデメリットがほぼなく、1クリックで通話開始できるので非常に便利なソフトだと言っても過言ではありません。 スポンサーリンク Zoomを選ぶ7つの理由 テレビ電話ソフトにオススメなZoomですが、機能面をチェックすると「7つの大きな特徴」というのがあるわけです。 大きく以下のような特徴があります。 専用ソフトが必要ない• 維持・管理コストが無料・安い• 双方感のパソコン環境などに左右されない• とにかく動作が軽い• 参加人数が50名まで招待できる• 通話環境が安定している• パソコン以外でも通信に対応している 改めてメリットを見てみると、オフィスの支店間同士でのミーティングはもちろん、セミナーや部署間のミーティングなどでも大人数に対応しやすく、かつ管理のコストも大幅に省力化できるなどのメリットがありますね。 では、順番により細かい特徴を見ていきましょう。 スポンサーリンク 専用ソフトが必要ない Zoomの魅力はなんといっても専用ソフトが必要ない所です。 ホスト(発信者)のアカウントだけあればクリック一つでミーティングが始められるんですね。 最初のアカウント登録も非常に簡単で、メールアドレス一つあれば、あとはパソコンでもスマホでも、タブレットでもテレビ電話に出ることができます。 維持・管理コストが無料・安い Zoomは基本的に無料でも十分使えます。 連続で40分以上の通話をしたり、一部の特殊な機能の利用をする場合には有料版への登録が必要になりますが、それでも月間で1400円程度の投資ですでに役不足なほど便利に使うことができます。 双方間のパソコン環境に左右されない テレビ電話ソフトで、通話環境が安定しない意外と多い原因が、「パソコンスペックが双方で異なる」という問題です。 パソコンスペックが低いとまともに通話ができず時間も無駄に消費してしまいますし、必要の無いことでストレスをためる羽目になり、会議のパフォーマンスが落ちてしまいますから、意外と侮れません。 とにかく動作が軽い パソコンのスペックが比較的低かったとしても、動作が鈍ければ意味がありまん。 ところがZoomはメモリやデータ通信量がほかのテレビ電話ソフトよりも圧倒的に少なく、CPUも余分に使うことがありません。 動作が軽ければロード立ち上がりの時間もすくなく、会議スタートまでの時間も短縮できますし魅力的ですね。 参加人数が50名まで招待できる 参加人数がなんと50名まで対応しています(しかも無料プランの時点で!)。 これは他のテレビ電話ソフトを比較してみても一目瞭然ですね。 通常のオンラインミーティングのような現場ではもちろん、リアルタイムのWebセミナーのようなことも簡単にできてしまいます。 通話環境が安定している これも、非常に強みだといってもいいでしょう。 オンラインの通信量が他のテレビ電話ソフトよりも圧倒的に少なく、たとえ格安スマホのデザリングをしたとしても非常に通信量を抑えた状態で会議に参加することが出来るのがZoomの特徴でもあります。 パソコンでの少通信料はいわずもがな、通話品質が安定しやすい要因となるので、会話の途切れがないスムーズなオンライン会議に貢献できることでしょう。 細かい機能がとにかく豊富 こちらも、他のテレビ会議ソフトではないような機能です。 ホワイトボード機能• リモート操作機能• 画面共有機能• チャットでのテロップ機能• ブレークアウトルーム(分室化)機能 などなど、細かい便利な機能を挙げたらキリがありません。 どれも会議では欠かせないものですし、一度活用したら、「今まで使ってきたテレビ電話ソフトはなんだったんだ…。 」と思ってしまうに違いありません。 むろん私もそうでした。 パソコン以外でも通信に対応している ここも大きなポイントですね。 シチュエーションは限られますが、その限られたシチュエーションでも柔軟に対応できるのはさすがZoomといったところです。 スマホやタブレットでも、パソコンでも会議やテレビ電話に参加ができるので、万が一パソコンが使用できないような状況でも融通が聞くのは助かります。 有料版に登録すれば会議ではほぼ完璧 ここまでさまざまなZoomの特徴や機能を紹介していきましたが、 「どれも基本的には無料」 という点は何よりの魅力でしょう。 テレビ電話ソフトはピンからキリまでありますし、最初から有料というのもなんだか気が引ける選択ですから。 私もZoom無料版で今は事足りていますし、1対1の会話であればなにも言うことはありません。 有料プランに移行すると、連続通話時間が無制限になったり、Web上で録画した会議中の音声と動画をエンコードできたりと、とにかく便利すぎる機能が使い放題になります。 有料版があればWebセミナー・ネット会議・テレビ電話の面に関してはZoomは無敵だと思いますので、ぜひ無料版を活用してみてください。 まとめ オンライン会議ソフト・テレビ電話の決定版のZoomについてでした。 私も今まで通話が安定しないソフトを使っていて「どうにかならないものか」とやきもきしていた所だったのですが、知人に教えていただけて非常に運が良かったと思います。 というか、まだまだ認知度が低いと思いますので、これからますます要チェック!ですね。 私もいずれ有料版を使って見たいと思っております。 Zoom無料でもとにかくミーティングをやる場合であったり、Web会議でテレビ電話をやりたい時には非常に便利なソフトであると断言できますね。

次の