呪術 廻 戦 96。 呪術廻戦【第96話】最新話ネタバレを紹介!|漫画大陸

呪術廻戦の渋谷事変、さすがに長くないか??

呪術 廻 戦 96

-------------------------------------------------- 呪術廻戦96話ネタバレ展開考察:禪院甚爾に猪野は勝てるのか!? 今回ラストに 呪詛師の老婆が孫に禪院甚爾を降霊させました。 これがオリジナルの禪院甚爾そのものであったら 猪野のレベルでは残念ながら相手にならない気がしますよね。 かつての五条をも追いつめた力を持っていましたし、天逆鉾や武器庫呪霊がいない状態であっても、その 肉体の強さは半端じゃないはずですから。 とはいえ禪院甚爾の力をそのまま再現出来るような降霊術は強すぎますし、 何かしらのリスクはあると考えた方が良さそうです。 今回のラストを見ただけだと、 外見は変わっても内面までが再現される訳では無さそうに見えます。 単純に禪院甚爾の肉体の強さが再現されているだけであれば、猪野であってもまずまず良い勝負になるのではないでしょうか。 もちろん降霊させているのはあくまでも老婆の方。 そちらさえ何とか出来れば猪野にも十分チャンスはあるでしょう。 呪術廻戦96話ネタバレ展開考察:疑似親子対決が始まる!? 猪野にはぜひ格好の良い所を見せて欲しい所ですが、禪院甚爾の姿が現れるとなると、 ただ猪野が倒して終わりとは思いづらいですよね。 わざわざ伏黒の父親である彼が登場した以上、 伏黒と遭遇する可能性の方が高いかもしれません。 猪野があっさりと敗れる、もしくは戦う相手を入れ替えるなどして、 伏黒が父親(の姿をした呪詛師)と戦う事になればそれはかなり面白そうですし。 伏黒がそもそも父親の姿を覚えているのか? そして 父親に対してどういう感情を抱いているのか? バトル部分以外にもそういう所も描かれるかもしれませんし、このパターンは考えられそうです。 -------------------------------------------------- 呪術廻戦96話ネタバレ展開考察:ノーダメージの理由とは!? 虎杖と伏黒が戦っている粟坂。 かなりのベテランであり、しかもフィジカルの強いタイプという事でしたが、 二人の強力な攻撃を食らってもなおノーダメージという事で、そこには何かしら秘密が隠されているはず。 考えられるのは、 ダメージを誰かが肩代わりしているパターン。 もしくは 特定の条件以外ではダメージを受け付けないような術式というパターンくらいでしょうか? ダメージを誰かが肩代わりしている、もしくはダメージを何処かへ飛ばしている。 そういう場合は ダルマ呪詛師の本体と呼べる存在が近くにいるのかもしれません。 そして特定の条件でしかダメージを受け付けないパターン。 これは何気にありそうな気がしていて、 顔がダルマ顔な所に秘密が隠されていたりするんじゃないかとちょっと思っていたりします。 ひっくり返しても同じ様に見える顔ですし、ダメージをひっくり返すという意味合いの術式だったりという事もあり得るかもしれませんね。 ハンタより幽白。 ババア、イタコっぽい格好してるとは思ってたが、やはり降霊術使うか。 猪野さんとは違うガチっぽいやつ。 猪野さんもガチだよ! 禪院甚爾、降臨!降霊術だし、ご本人?え・・・猪野さん、ここでリタイヤ? — 鬼まろ wjyomio どのくらい甚爾さんを引き出せるのかわからいけど呪具が無いってのはデカいすね まぁ猪野くんまだ3と4残してるし 事実に即し己を律するを継承してるし へーきやろ それより伏黒と会ったらどうなっちまうんだ!の方がデカい — たまパーティー iWHkEaYFMt1xtwa 【呪術廻戦】 このまま行けば麒麟がくるよりも先に麒麟がくるぞ — サダール Sata4290 【呪術廻戦】 迷った時七海さんならどうするか考えるから七海さんに認められて一級になりたい。 ナナミン慕われてるねー(きゃー) 猪野さんの術式カッコいい。 麒麟が来ちゃう。 最強の存在である五条悟が爆誕。 その瞬間から呪術の世界は一変していく事に。 そんな中である家庭では、 父親の誕生日を祝おうとする女子高生の姿が。 「 パパ誕生日おめでとう」 そう言って自らの父親に抱きつく女子高生。 そして 抱きついたままで父親の首に何かを突き立てます。 突然の事に驚く父親ですが、その瞬間に 娘だった存在はオガミ婆へと姿を変化させていきます。 父親は薄れゆく意識の中で本物の娘の事を気にしますが、オガミ婆は残酷に言い放ちます。 「 殺した。 降ろして化けるには死体がいるからの」と。 死にゆく父親に対して、 娘が最後に叫んだのは母親の名前だったと言い残してオガミ婆は去っていきます。 一方で今よりも少し若い姿の粟坂も、普通の 人間の顔の皮を剥ぐという残酷な事をさも当然のようにやっていました。 土に埋められながらも助けて欲しいと懇願する人々の声も、粟坂は「うるさい」と一蹴。 「 なんで・・・こんなことするんですかぁ」 まるで遊び半分で人体を弄る粟坂は、その人間の頭にナイフで切り裂きながらも言います。 「 人を殺す仕事なんだ。 人体の仕組みはよーく知っておかないとな」 オガミ婆と粟坂の二人は 呪詛師としてとにかく自由を満喫していました。 年々活発になる呪霊の相手で術師達は手一杯。 上手く立ち回れば 縛られる事もなく自由に、そして我儘に彼らは生きているのでした。 五条悟が生まれた頃のオガミ婆と粟坂の様子が描かれました。 二人とも呪詛師なだけあって本気でエグい殺り方してますね。 特に オガミ婆が女子高生に化けるというのは最悪のやり方だわ(笑) -------------------------------------------------- 呪術廻戦96話ネタバレ:世界の均衡が変わった原因とは!? そんな中で二人の耳に入ってきたのは五条悟の名前。 五条家に生まれた六眼の子供で、既にトータルの賞金が億を超えているのだと。 彼らにその話を持ちかけてきた男は、依頼ではなく早い者勝ちですよと言い残していきます。 当然 自分達の実力には自信がある二人。 すぐさま離れた所から五条悟の様子を伺う事に。 しかし 二人は同時に体を震えを抑える事が出来なくなります。 まだ幼い五条悟に遠くから見つめられただけで。 あまりにも違いすぎる実力差を感じた二人は、その瞬間に気づきます。 年々力を増していく呪霊達の原因となったのが五条悟なのだと。 陸上競技の記録が突如更新されだすように、フィギュアスケーターが次々とジャンプの回転数を上げるように。 「 五条悟が生まれて世界の均衡が変わったんだ!!」 そんなあまりにも規格外の存在によって、 自由だった彼らは晩年の自由を奪われたと感じていたのでした。 その思いを晴らすべく今、 虎杖や伏黒と戦う粟坂。 1対2の状況でありながらも、攻撃を受けても怯まない謎の力で二人を圧倒します。 「 オレは生涯現役!!死ぬまで弱者を蹂躙する!!」 そんな邪悪な感情で粟坂は戦うのでした。 世界の均衡をも変えてしまった五条悟の誕生。 彼によって呪霊が力を増していくという問題はありながらも、 彼の存在によってオガミ婆や粟坂というヤバい呪詛師を止めていられたというのはありがたい事ですね。 しかし人を殺したりという自由を奪われたから怒るって、こいつら本気で何の信念もない奴らなんですね・・・。 呪術廻戦96話ネタバレ:粟坂の術式の秘密とは!? どれだけ攻撃をヒットさせてもダメージがない状況に、流石にタフというレベルでは済まないと焦る虎杖と伏黒。 間違いなく術式がからんでいるとは伏黒は考えますが、そこで一つのアイデアが浮かびます。 「 五条悟が渋谷に来てる!!さっさと帳の基を置いて逃げたらどうだ!!」 そんな伏黒のハッタリでしたが、虎杖が「五条悟が封印された」と叫んだ声を直接聞いていた粟坂は騙されません。 「 つーかだからおれたちがハシャいでんだろ。 五条が元気なら家で寝てるわ」と。 その言葉で、伏黒は目の前の 粟坂が五条先生には勝てない存在だと確信します。 そうだとすれば粟坂の術式は無効化などという大そうなものではないと断定。 「 やる気がないなら、そろそろ殺すが?」 考え込む伏黒に対して強気な姿勢の粟坂。 しかしそこで伏黒は何かに気づきます。 その瞬間に 伏黒が呼び出したのは「脱兎」 影から生まれた大量のウサギ達が粟坂の周りを駆け抜けていきます。 そして粟坂がその ウサギの一匹との衝突を嫌がっている様子を伏黒は見逃しませんでした。 「 一旦退がれ。 やつの術式が分かった」 伏黒は虎杖に対して自信を見せるのでした。 やはり粟坂は 只の肉体派のキャラという訳ではないようです。 五条に勝てないという部分をハッキリとさせる事で敵の術式を考える伏黒は流石に知能派ですね。 力押しだけでは勝てない相手だからこそ虎杖と伏黒がタッグを組む形になったんでしょう。 -------------------------------------------------- 呪術廻戦96話ネタバレまとめ 2つの戦いがそれぞれ描かれた今回。 猪野の術式や虎杖と伏黒のコンビプレイが見られたりと、見たかったものをしっかりと描いてくれていた感じとなっていました。 しかし 結局最後に全部持っていったのは伏黒パパの登場ですけどね。 超ベテランの風格をしているだけに、やはり 単なるカマセではなかった呪詛師3人組。 思いの外苦戦する感じですが、どうやって彼らを攻略していくのかに注目ですね! 個人的には伏黒と伏黒パパが顔を合わせる展開に期待したいです! 次回のを楽しみに待ちましょう! 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

呪術廻戦【第95話】最新話ネタバレを紹介!|漫画大陸

呪術 廻 戦 96

猪野の降霊術「来訪瑞獣」とは? 猪野の術式が明らかになりました! 「 来訪瑞獣 らいほうずいじゅう」という降霊術。 一番 獬豸 カイチ• 二番 霊亀 レイキ• 三番 麒麟 キリン• 四番 竜 リュウ 4種の 瑞獣 ずいじゅうの能力を降ろして使用できる。 瑞獣 ずいじゅうとは古代の中国のおいて動物達の長とされる特別な霊獣。 獬豸 カイチ 中国の想像上の霊獣。 一本の角を持つ一角獣。 人の善悪を見分ける力を持つと言われている。 能力:敵を自動追尾する角を発射する。 追尾性能は高いが、攻撃力は高くない。 霊亀 レイキ 中国神話に伝わる幻獣で超巨大な亀で四霊の1つ。 背中に 蓬莱山 ほうらいさんという仙人が住む山を背負っている。 水神の象徴で、甲羅に水脈が刻まれており治水を助けると言われる。 能力:詳細は不明だが、猪野が霊亀の能力を発動した際は右手や足元にに液体が発現していました。 移動や攻撃を加速・補助するような能力でしょうか? 麒麟 キリン 中国神話に登場する伝説上の霊獣。 鹿に似ており、龍の顔、牛の尾、馬の蹄をもち、背毛は5色で毛は黄色、体に鱗がある。 性格は穏やかで温厚。 角は肉に包まれていて、いかなる殺傷も嫌う。 麒麟を傷つけたりすると不吉なことが起こる。 能力:不明だがカウンター系の能力? 竜 リュウ 中国では皇帝のシンボル。 その鳴き声によって雷雲や嵐を呼ぶ。 鷹のような翼で天を自在に駆け巡ることができる。 喉下には逆鱗があり、顎下に宝珠を持っている。 能力:雷を操る?翼によって空中移動できる能力? まだまだ不明な点だらけな 「来訪瑞獣」。 降霊された 禅院甚爾 ぜんいんとうじとの戦いでどこまで登場するか注目です! オガミ婆と孫も降霊術の使い手!? 猪野は2級術師ですが、すでに準1級術師の実力は持っています。 「七海に認められてから、七海の推薦で一級術師になる」 と言うこだわりから、2級術師として止まっていたようです。 七海への忠誠心の高さが伺えます。 過小評価されがちですが、猪野は間違いなく強いでしょう。 猪野は七海に虎杖たちのことを任されました。 七海の期待に応えたい猪野。 早くオガミ婆と孫を倒して、虎杖たちを輔に向かいたい。 ですが、オガミ婆もまた降霊術の使い手。 猪野と違ってオガミ婆が降霊して、孫に降ろした霊を乗り移らせる。 2人のペアで1人を降霊するようです。 そしてなんと、若き日の五条・夏油を大苦戦させた 禅院甚爾 ぜんいんとうじを降霊。 これはかなりのピンチ。 猪野は強いですが、一人で相手はきつい? でもこの術には、必ず 何らかの制限があるはず。 自由に強い人を降霊できるなら 無敵すぎます。 強い霊を降霊するのと引き換えに、オガミ婆自体は攻撃に弱い? 対策として、オガミ婆を直接倒す方法しか思いつきません。 甚爾を降霊したあと、自身にもさらに別の霊を降霊できる? だとしたら、もう手がつけらません・・・ 孫は、薬のようなカプセルを飲んで自身に降霊しました。 もしかしたら、薬に効果時間があるように、降霊の制限時間があるのかも? また禅院甚爾は 伏黒のお父さん。 虎杖&伏黒が先に爺さんを倒した場合、 伏黒と甚爾の再会もあり得る? 伏黒の親子再会、かなり可能性が高いような気がます。 虎杖&伏黒は爺さんをどう倒す!? 前回予想した通り、爺さんに 全然ダメージが通りません。 異常なタフさ。 間違いなくこれは 術式によるものでしょう。 おそらく何らかの制約はあるはず。 体のどこかに弱点がある• 制限時間がある• 物理以外の攻撃に弱い よくゲームであるのが、物理攻撃に強いキャラは 魔法攻撃に弱いパターン。 ただ、伏黒の玉犬の爪攻撃も効きませんでした。 式神の攻撃は物理扱いなのか?• 物理じゃない攻撃にはどんなものがあるか?• 黒閃ならダメージ無効の術式も貫通する? 色々な疑問が次々と浮かんでくる・・・ 今のところ謎が多すぎてはっきりわかりません。 とにかく、猪野も虎杖も伏黒もピンチ! 七海は要請を終えて戻ってきてくれるでしょうか? 七海は伊地知を殺した呪詛士たちと戦闘になる可能性が高そう。 伏黒親子再会のことも考えると、先に虎杖たちがお爺を倒すか!? 呪術廻戦第96話展開予想まとめ 第96話の展開予想をまとめてみると.

次の

【呪術廻戦】96話のネタバレと考察|呪術廻戦のネタバレ考察

呪術 廻 戦 96

呪術廻戦96話のあらすじ要点• オガミ婆の術式発動条件が判明• 伏黒が新技「脱兎」を顕現 まずは呪術廻戦96話のあらすじをざっくりまとめよう。 今週は呪詛師 オガミ婆と粟坂 に関する深掘り描写が多く、ストーリー上の進展は少ない。 前回孫が飲み込んでいたのは禪院甚爾の肉体だった?過去編で夏油が回収した甚爾の死体が呪詛師の手に渡っていると考えるのが自然か。 ドルオタ関連の服や数珠は術式に必要ないけど相性がいい呪具で呪力の底上げしてるかも。 — 呪術廻戦図書室㊗️テレビアニメ化 jujutsukaisenLB おそらく 飲み込んだカプセルみたいなのに パパ黒の何かが入ってて、そこに降臨させたのではないかな? たぬきは だるま落とし(本体まで何回かダミーがある)か、だるまさんが転んだ理論で正面(で見てる部分)のダメージが無効になるとかじゃないかな? — さかまさ sakamasa009 オガミ婆の術式発動条件が判明• 降霊術で降ろして化けるには死体が必要• 孫が飲み込んだのは禪院甚爾の肉体? 呪術廻戦96話の序盤では呪詛師3人衆の最年長、オガミ婆の術式発動条件が開示された。 いわく「 降ろして化けるには死体が必要」とのこと。 つまり呪術廻戦95話の終盤で孫に飲み込ませたのは、がおっしゃる通りの肉体の一部であった可能性が高い。 ただ、と同じように「 素材にする降霊対象の部位が希少であるほど、またはフルセットに近いほど生前の能力を再現できる」といった縛りも考えられる。 あくまで孫が飲み込んだのは甚爾の一部分であるため、による圧倒的な身体能力の全てを再現することはできないのかもしれない。 伏黒が目を凝らして変化を探ったこと、そして多段ヒットが期待される新技「脱兎」を使用したことから【一定時間の呪力攻撃無効化、使用中は目の色が変化 白っぽくなる 、まばたきで解除】と予想。 冒頭で五条悟 六眼 に触れたことから関連性も垣間見える。 芥見先生は無駄な書き分けはしないタイプだと思うので攻撃の無効化は別角度の解釈があるかもしれないが、眼に関連した能力が濃厚かなと。 あと、脱兎がかわいい🐇 — 呪術廻戦図書室㊗️テレビアニメ化 jujutsukaisenLB 粟坂たぬきジジィの術式推測情報• 嘱託式の帳釘を手元に引き寄せる• 地上41階のタワーから落下しても無傷• 伏黒達の接近を横になって待機していた• 虎杖・伏黒・玉犬・蝦蟇の連続攻撃を受けてもノーダメージ• 伏黒の新技「脱兎」で小ダメージを受ける• 眼の色を白黒反転させる描写多め 粟坂たぬきジジィの術式については呪術廻戦94・95話のネタバレ感想記事で「 劣化五条悟説 引力・斥力 」「 呪力による攻撃のダメージを無効化説」を予想していた。 今回の96話でもさらに情報が開示されたため、考察を深めていきたい。 結論から言えば管理人は「 一定時間の呪力攻撃無効化、使用中は目の色が変化 白っぽくなる 、まばたきで解除」だと考える。 96話の冒頭で五条悟 六眼 を印象付け、粟坂本人の眼が白黒反転する描写を多数確認できることが判断材料だ。 さらに仮説を重ねると、「連続使用が不可能」「まばたきで解除」といった条件も浮かんでくる。 伏黒の脱兎で受けた小ダメージは許容範囲、次なる攻撃へ備えるため、あえて眼の術式を使用しなかったと考えることもできるだろう。 また、伏黒の一時的に距離を取る提案にも納得感が持てる。 距離を取り、長距離から鵺を使った急襲や、粟坂の影からの攻撃など意識の外からの攻撃ならダメージが通るかもしれない。 こちらは来週あたりに答えが出そうなので芥見先生との答え合わせに期待! ハンターハンターのシーハンターさんが浮かんできた人とは楽しく漫画談議できそうw 五条悟の存在が廻り廻って夏油を苦しめていた件 『五条悟の存在で均衡が崩れ呪霊が力を増した』、これどうあっても夏油傑は救われないなぁって… 呪霊が穏やかで死人が出ないような世界ってのは五条が居るとほぼ達成不可で、 呪霊が強くなったからこそ夏油は「最強」の片割れになることが出来たわけで。 — サブロー onoreunei つーか、夏油があれだけ苦しんだ呪霊の脅威やそれによる呪術師の死は、非術師のせいなんかでなく、親友であった五条悟が生まれたのが原因だったという皮肉ですよね、これ。 — ハンセイ 岩代俊明 待望論 neoamakusa.

次の