俳優 岡山天音。 岡山天音の父親は俳優で二世タレントなのか調査!本名や熱愛彼女も調べてみた! | コトログ

「ビビを見た!」 |KAAT 神奈川芸術劇場

俳優 岡山天音

名前:岡山 天音 おかやま あまね 生年月日:1994年6月17日 年齢:25歳 2020年3月時点 出身地:東京都国立市 血液型:AB型 身長:175㎝ 特技:絵を描くこと 趣味:ダンス ヒップホップ ・歌 所属事務所:ユマニテ 父親と噂されているのは俳優の「きたろう」さんですが、 似ているという理由だけで、親子ではありません。 岡山天音さんの中学生時代は引きこもりで、当時は漫画家を目指していたとのこと。 ドラマ「中学生日記」が大好きで、オーディションを受けると見事に合格し、中学3年生の時に同作の主役として俳優デビューされました。 その後は俳優業に専念するべく、高校・大学へは進学されていないようです。 岡山天音さんの所属事務所「ユマニテ」には、東出昌大さんや門脇麦さん等も所属されています。 仲の良い友人には「菅田将暉 すだまさき 」さん、「山崎賢人 やまざきけんと 」さんがいらっしゃるようです。 菅田将暉くんの口から岡山天音くんの名前が — きつね yocoyah InstagramやTwitterには公式アカウントが見当たらなかったですが、「岡山天音」という名前でのアカウントが存在しています。 ただし、そちらは偽の可能性が高いので注意。 経歴 2009年に、「中学生日記 シリーズ・転校生 1 〜少年は天の音を聴く〜岡山天音 役」で俳優デビューし、その後は映画やテレビ、CMなど数多くの作品に出演。 2011年には「いぬのえいが」にて、映画初主演をはたします。 同年にはフジテレビ「大切なことはすべて君が教えてくれた」に連続ドラマ初出演 桃井天音 役。 他にもドラマではTBS「半沢直樹」や「黒の女教師」等、映画では「黒崎くんの言いなりになんてならない」や「セトウツミ」、「帝一の國」等の話題作に出演されています。 代表作は以下のとおり。 2017年の「ポエトリーエンジェル」では映画初主演 岡田玲奈さんとW主演 をはたし、 第32回高崎映画祭最優秀新人男優賞を受賞。 [映画ニュース] 「ポエトリーエンジェル」岡山天音が第32回高崎映画祭最優秀新進男優賞を受賞 — 映画. com eigacom 同年にはNHK連続テレビ小説「ひよっこ 新田啓輔役 」として出演。 さらに2019年、「翔んで埼玉」、そして同年の3月「きばいやんせ!私」にも出演しており、映画界において欠かせない存在になってきています。 ドラマにおいても、日本テレビ「同期のサクラ 土井蓮太郎役 」として出演。

次の

「ビビを見た!」 |KAAT 神奈川芸術劇場

俳優 岡山天音

岡山天音の父親や本名は? 高校や大学,似てる俳優が話題に!熱愛彼女はあの女優だった!? こんにちは! 中学生日記シリーズでデビュー後、「大切なことは君がすべて教えてくれた」などの話題のドラマにも出演し脚光をあびた俳優、岡山天音さん。 昨年公開された初の主演映画「ポエトリーエンジェル」では高崎映画祭にて最優秀男優賞を受賞するなど、現在24歳とまだまだ若くこれからの活躍もますます期待される注目の若手俳優さんのひとりですね。 見た目クールな印象なイケメン俳優さんですが、プライベートでは絵を描いたり、歌やヒップホップダンスをされるなど、意外にも多趣味な一面も垣間見せています。 そんな注目の若手俳優、岡山天音さんについて今回は父親や本名などのパーソナルな情報に加え、熱愛報道など様々な近況について調べてみましたので、いくつかご紹介していきたいと思います。 岡山天音の父親がきたろうって本当? まずは岡山さんのご家族についての話題から。 父親が俳優の「きたろう」さんではないか?ということがネットで話題になっていましたので調べてみました。 岡山さんと顔が似ているという点から実のお父さんではないかという噂が浮上していました。 最近は2世タレントとして活躍されているタレントや俳優の方が多い時代なので、普通にありえるお話しではあるかと思います。 しかし実際にはまったく赤の他人であり、血縁関係はないとのこと。 単に似ているというだけで父親である噂はどうやらデマだったみたいです。 ちなみに岡山さんの父親は一般人の方のようで詳しい情報はありませんでした! 岡山天音は芸名?それとも本名? 続いては岡山さんのお名前についての話題から。 岡山天音というお名前、珍しいですよね。 いかにも芸名っぽい名前ですが実際のところどうなんでしょうか? 調べてみますと、どうやら芸名ではなく本名そのままのお名前だそうです。 だとすると、中々かっこいい本名ですよね! この年代の方たちではキラキラネームだったり、当て字っぽい変わった名前を付けられている方も多い世代ですから、ご両親もネーミングセンスがおしゃれな方だったのかもしれませんね。 芸名としても充分インパクトがありますし、とてもおしゃれな名前だと思います。 それにしても最近は本名のまま活躍されている芸能人が増えているので、それほどネーミングセンスのある名前が多くなったのかもしれませんね! 岡山天音の高校や大学の偏差値はどれくらい? 続きまして岡山さんの出身校についても話題になっていましたので調べてみました。 なんと彼は中学卒業後に高校には進学していないみたいです。 ちなみに出身中学については公開されていないため不明となっていますが、出身地が東京都国立市ということで、校区内にある中学で考えると国立市立第1~3中学校のうちのどれかではないかと考えられています。 中学在学中の15歳の時に俳優としてデビューされ、そのまま俳優の世界にのめり込んだということもあり、高校へは進学せずに俳優一本でここまで来られてきたということみたいです。 なのでもちろん大学にも進学されていません。 若手俳優ではありますが意外にも芸歴は10年と長く、すでに数々の映画、ドラマに出演されていました。 門脇さんと岡山さんの出会いは映画「合葬」という作品での共演がきっかけとされています。 また同じ年に公開された短編映画「死と恋と波と」でも共演し、お二人のW主演もかさなったこともありより親密な関係になったとか。 ただ共演が多くあったことだけの憶測にすぎないようで、お二人が交際しているという事実関係は現時点では何も確証がありません。 ちなみに門脇さんは岡山さんではなく、他の男性との熱愛をスクープされたこともあるようで、どうやら真実としては交際相手は別にいるのでは?という推測が有力視されているみたいですね。 岡山天音と似てる俳優が次々に浮上中! 続いて岡山さんと似ている俳優さんが多いということが話題になっていましたので、どういった方たちが取り上げられているのか調べてみました。 まずもっとも意見が多く挙げられていたのが濱田岳さん。 ベビーフェイスでやわらかい印象の目元なんかが特に似ていますね。 他には森山未来さんもあげられています。 岡山さんを少しきつくしたような印象でしょうか?他には渋谷翔太さんや窪田正孝さんなども挙げられています。 皆さん共通して似ている特徴はやはり目元の印象が強いみたいですね。 トロンとした感じでひらべったい顔の印象というところでしょうか。 俳優さんだけではなく、歌手の三浦大知さんにも似ているという声もあがっていました。 今後も似てる芸能人がたくさん出てきそうですね! 岡山天音のインスタ、CMが話題に! A post shared by tsubasamania on Dec 3, 2018 at 1:42am PST 最後に岡山さんがインスタグラムをされているかどうかを調べてみました。 多くの著名人も日常的に投稿されているインスタですが、岡山さんの公式アカウントはなさそうです。 一緒に共演された俳優さんや女優さんの投稿に登場されている岡山さんの画像はハッシュタグが付けられており、そちらからオフショットなどを見る事はできるものもいくつかありますので、気になった方はぜひチェックしてみてください。 また、出演されていたauのCMなども話題になっていました! 雰囲気がある俳優さんなので今後の活躍に注目です! 以上、貴重なお時間を割き最後までご高覧いただきまして有難うございました。 若くして俳優一筋で頑張っている姿は素晴らしいと思いますし、同年代の若手俳優や先輩俳優さんからも一目おかれるほどの存在であり、実力もたしかな正統派な俳優さんということで、今後の彼の活躍からも目が離せません。

次の

岡山天音の本名!窪田正孝など似てる芸能人が多すぎるのはなぜ?

俳優 岡山天音

僕は撮影現場において、テイクを多く重ねることがあったりするのですが、真之助とエミコの数ある大変なシーンにおいては、ほとんどテイクを重ねる必要がありませんでした。 僕がテイクを重ねる必要があると思うときは、役者自身が役にまだ感情として追いついていないと思った時がほとんどです。 少々荒い演出ではあるのですが、テイクを重ねることによって、登場人物の台詞やバックボーンを血肉化する作業をし、役者さん自身が役を役と思わず自分自身のこととして捉えられるようにしてもらいます。 役者さんが役にリアリティを持って演じるために今まで幾度となくこの演出をやってきたのですが、「愛の病」の現場ではそれをする必要がなかったのです。 真之助を演じる岡山さんは、撮影開始時から既に役を体に入れることが出来ていたからであります。 それが出来てしまうのは、岡山さんの持つ優れた感受性と、それを磨き続けられる才能の故だと思いました。 岡山さんは、今まで様々な役を映画やドラマで演じてこられました。 「愛の病」の撮影当時もまだ23歳だったと思うのですが、その若さで真之助のような、愚かで少々狂った役をすぐに体に入れることが出来るというのは、本当に凄いです。 撮影現場では僕はほとんど何も心配をせず、ただ彼の芝居を見て楽しんでいればいいだけでした。 誤解を恐れずに言うと、岡山さんも所謂「イケメン」という訳ではなく、非常に個性的な顔立ちをされています。 この顔立ちが非常にいいのです。 「イケメン」という枠組みだけで映画を語りたくないとき、岡山さんのような個性的な顔立ちのキャラクターは、クリエイターの中では非常に大切になります。 若い個性派俳優は、実はものすごく少ないのです。 そういった意味においても、芝居がきちんとできる個性的な俳優は、今後、必ず重宝されるようになります。 今の若手俳優においては、その非イケメン的立ち位置を岡山天音さんが先導しているのではないでしょうか。 このサイトをご覧になっている方で、個性的な顔立ちを活かしたい方、個性派の役者を目指す方は、岡山さんの活動を参考に出来るのではないかと思います。 「愛の病」は現在DVDセル・レンタル中ですので、今回のコラムで興味をもたれた方は是非ご覧になって頂ければ幸いです。 関連記事 ・ ・ ・.

次の