五月雨式とは。 五月雨の意味とは?読み方・季節や「五月雨式」の正しい使い方事例

五月雨の季節や意味、読み方は?俳句の季語やビジネスでの五月雨式の使い方も紹介!

五月雨式とは

五月雨式とは 五月雨式(さみだれしき)とは、 「ものごとがだらだらと断続的に行われること」意味します。 ビジネスシーンにおいて、連絡事項を一度にではなく、追加する形で複数回にわたって連絡することで、 相手の確認回数が多くなる不便さを詫びる表現として使用されます。 「申し訳ございません」や「失礼いたします」といった謝罪を表す言葉の前に挿入し、「五月雨式に申し訳ございません」や「五月雨式に失礼いたします」といったフレーズで使用することが多いです。 ビジネスシーンにおいて、メールだけでなく、会議や報告の際にも活用され、状況を簡潔に相手に伝えることができるビジネス用語です。 また会議やプロジェクトの状況を逐一報告してほしい時、上司から「五月雨式に報告してください」と指示される場合もあります。 五月雨式の正しい使い方と例文 五月雨式の正しい使い方 ビジネスシーンではさまざまプロジェクトが進行し、常に大量の連絡が行き交っています。 そのため、一度にまとめて連絡することがビジネスマナーのひとつでもあります。 しかし、必ずしもすべてのことが一度の連絡でまとまらない場合があります。 そうした場合に、 相手に手間をかけることへのお詫びの意味を込めて、状況を簡潔に説明する「五月雨式」と「謝罪の表現」を合わせて使用します。 また、五月雨式は連絡事項だけでなく、取引内容を説明する際にも使用されます。 例えば、製品・サービスをクライアントへ納品する際、状況によっては一度で納品できず、完成次第随時納品する必要がある場合があります。 こうした場合に「五月雨式に納品させて頂きます」と表現することがあります。 五月雨式の例文.

次の

「五月雨」の意味とは?「五月雨式」やメールでの使い方も解説

五月雨式とは

Contents• 五月雨式の意味は? ではまず、五月雨式の意味について見ていきましょう。 五月雨式は「さみだれしき」と読みます。 ところで五月雨という言葉自体は聞いた事がありますよね。 皆さんも知っている通り「雨」を表す言葉です。 ただ五月雨は字面から考えて、「五月に降る雨」と思われがちです。 ですがそれは違います。 五月雨は6月の梅雨を表す言葉なんです。 ではなぜ6月の言葉なのに5月なんて言葉がついているのかというと、 五月雨は旧暦にできた言葉だからです。 旧暦の5月は、今でいう6月に当たります。 ですから6月でも「五月雨」というんですね。 きっと今その言葉ができたら、 さみだれは「五月雨」ではなく「六月雨」という表記になっていたでしょう。 さて、では五月雨の意味についてですが、 後ろに「雨」とつくからには雨を意味する言葉です。 その中でも五月雨は 「梅雨の時期に断続的に降る、煮え切らないようなしつこい雨」を指します。 確かに梅雨の雨は、一気に降らないでいつまでもいつまでも 降っては止み降っては止みを繰り返しているイメージがありますよね。 例え雨が止んで晴れたとしても、 湿気がすごくてあまり気持ちよくありませんし、 またすぐに曇って雨が降り出してしまう、なんとも嫌な天気です。 そのことから、「五月雨」というのは 「断続的に物事がダラダラと続く状態」を意味します。 ですから、もし「五月雨式ですみません」(五月雨式と謝罪の言葉は大抵セットです) と言われたら ・ 一気に物事を進められず手間をかけさせてしまって申し訳ない。 ・ ゴールが見えないようなダラダラした進め方で申し訳ない。 という風に捉えると良いでしょう。 まさに梅雨の雨のような状態という事ですね。 五月雨式の意味は分かりましたか? 実際の状態としては仕事をする社会人としては中々心苦しい場面ですが、 物事の理由を説明するのに雨の表現を使うなんて、中々風流でステキですよね。 スポンサーリンク 五月雨式の例文は? 五月雨式の意味が分かったところで、 具体的な五月雨式を使った例文を見てみましょう。 例文1. 原稿が締め切り間近なので、五月雨式にデータを渡す事にした。 例文2. 五月雨式の報告になってしまって、相手に申し訳ない。 相手に手間をかけさせて申し訳ない。 五月雨式というのは、とにかく 「悪い意味でダラ~っと続くもの」と考えておけばいいでしょう。 スポンサーリンク 五月雨式はビジネスメールではどう使う? では、五月雨式はビジネスメールではどう使うのでしょうか。 ここではいくつかパターンを挙げて見ましょう。 1.工場の不調で取引先に一気に納品ができず、 できた分からちょこちょこ納品するような状態になった時。 一気に納品ができず、相手に迷惑をかけてしまう事を謝罪する言葉です。 2.取引先が情報を欲しがっているが、何らかの影響で小出しにしか相手に伝えられない時。 少しずつしか情報が出せず、 一気に情報が欲しい相手の意向に沿えない事を謝罪すると共に その事について了解を得ようとする言葉です。 このような使い方ができます。 また、相手に「少し仕事が遅いんじゃない?」「一気に納品できないの?」と 指摘される前にこちら側から「五月雨式で…」という風に切り出す事で、 こちらも申し訳ないと思っているという事を相手に分かってもらう事もできます。 五月雨式はコミュニケーションを円滑するにも中々使い勝手の良い言葉なんですよ。 関連記事: 他にも気になるビジネス語! 五月雨式の他にも、「たまに見るけど意味がよく分からない言葉」 というのはありますよね。 詳しく意味は知らないでも仕事には直接関係ないので 流してしまう事も多いですが、 ここで一旦立ち止まって、意味を確認してみましょう。 仕事には直接影響はなくても、 相手がどんな気持ちでメールを送っているのかは 分かるようになりますよ。 ・ 略儀ながらメールにてご報告申し上げます。 略儀とは略式と同じ意味で、「正式な手続きを略します」 という意味があります。 それを踏まえて上の文をひも解くと、 「本来なら正式な手続き(対面して伝えるなど)でお伝えするところを、 省略して取り急ぎメールでご報告します」という意味になります。 ・ 格別のご高配を賜り、厚くお礼を申し上げます。 ご高配とは、「他人を敬い、その心配りまたは気遣いを伝える言葉」です。 つまり簡単に言うと、 「私めをひいきにしてくださってありがとうございます」 というような意味になります。 特別に気をかけてもらったり、 利益が出るような事をしてもらった時に 伝える一文ですね。 ・ 一報いただけると幸甚に存じます。 字面からなんとなく嬉しいのかな?と予想しますが、あたりです。 幸甚に存じますの意味は、「この上なく幸せです」という意味になります。 それを踏まえると、 上の一文は「一度連絡してくれると、とても嬉しいです」 という意味になります。 幸甚に存じますという言葉は、 目上の人や客に何か頼むごとをする時に便利なビジネス言葉です。 普通でしたら「~していただけたら幸いです」 「~していただきますようお願い致します」 という言葉を使うでしょうが、 少し「お願い感」が強く出てる感じがしますよね。 ですが、「幸甚に存じます」と言葉を結ぶとなんとなく ストンと言葉が落ちてきませんか? 意味としても「この上ない幸せです」という意味になるので、 言われた相手も 「そうか、私がそれをするだけでこの人はそんなに幸せになるのか」と 逆に頼まれた側が恐縮する勢いがあります。 相手に物事を頼むのに何か良い言い回しはないかなと思ったら、 ぜひこの「幸甚に存じます」を使ってみてください。 ・ ビジネスメールマスターを目指して!.

次の

五月雨式の意味や読み方って!?ビジネスシーンやメールでの使い方も!

五月雨式とは

つまり、五月雨とは『 旧暦の5月頃に降る長雨= 梅雨 つゆ 』のことをいいます。 梅雨が5月というのは違和感がありますが、それは旧暦と新暦の関係を考えれば解消します。 旧暦と新暦では、大まかにいえば一カ月位の ずれがあり、旧暦の方が遅れているということができます。 ですから、現在 新暦 の梅雨 つゆ の時期は 6月頃ですが、旧暦で表現すると「 五月」となります。 そして、旧暦が使われていた時代に生まれた「五月雨」という言葉は、当然のことながら旧暦に沿った意味を持っているわけです。 ここで、旧暦の時代から使われてきた言葉を表にまとめてみましょう。 ただし、 五月晴れの意味は従来のものから変化して、新暦5月のことを表わす言葉となっています。 従来の意味で使うのは、俳句などに限られつつあります。 これに対して、五月雨の意味は変化していないので、 「新暦5月の雨」の意味はありません。 五月晴れについては、こちらの別項目をご覧ください。 五月雨式の意味は? 「五月雨」は梅雨の時期の長く続く雨を表現することから、 物事が断続的に続くことのたとえにも使われます。 その代表的なものが「 五月雨式 さみだれしき 」です。 つまり、五月雨式とは「 物事を途切れながらも何度か続けて行なうこと」という意味になります。 具体的には、次のような使い方をします。 五月雨 式 ですみません• 五月雨 式 でお出しします• 五月雨式に納品する 最初の2例のように、「式」を省略した形でも使われます。 また、「五月雨式戦術」といった表現にも用いられます。 スポンサーリンク 五月雨の俳句 五月雨を詠んだ句は多くありますし、使ってみたくなるような魅力を持っています。 五月雨に関する句を、いくつか挙げておきましょう。 五月雨を 集めて早し 最上川 松尾芭蕉 五月雨の 降り残してや 光堂 松尾芭蕉 五月雨の 空吹き落せ 大井川 松尾芭蕉 五月雨や 大河を前に 家二軒 与謝蕪村 五月雨や 隅田を落す 筏舟 正岡子規 五月雨は 杉にかたよる 上野哉 正岡子規 五月雨は 人の涙と 思ふべし 正岡子規 【関連ページ】 五月雨の俳句は、ここに取り上げた以外に 20句を集めましたので、よろしければご覧になってみて下さい。 まとめ• 五月雨とは『 旧暦の5月頃に降る長雨= 梅雨 つゆ 』のことを意味します。 五月雨式とは「 物事を途切れながらも何度か続けて行なうこと」という意味です。

次の