山本 太郎 得票 数。 比例区 開票速報

山本太郎は何故あんなに票をとったのに落選したんですか?

山本 太郎 得票 数

総務省が22日発表した参院選比例代表の開票結果によると、19議席を獲得した自民党の得票は1771万票で、前回2016年参院選から240万票減った。 自民党の前回の得票数は15年ぶりに2000万票を超える2011万票だった。 今回の得票率は前回より0. 54ポイント低い35. 公明党は653万票で、前回の757万票から100万票以上減った。 得票数が600万票台となるのは1992年以来27年ぶりだ。 獲得議席は前回と同じ7だった。 8議席の立憲民主党は791万票、3議席の国民民主党は348万票だった。 両党の合計は1139万票で、民進党として戦った16年参院選の1175万票に迫った。 得票率の合計は民進党時の前回の20. 日本維新の会は490万票だった。 おおさか維新の会だった前回の515万票より減ったが獲得議席は4から5に増えた。 共産党は前回参院選で安全保障関連法の廃止を掲げて601万票を集めた。 今回は明確な争点がなく448万票にとどまり、獲得議席は4だった。 れいわ新選組では山本太郎代表が他党も含めた比例代表の個人票でトップの99万票を得た。 合計で228万票となり2議席を得たが、特定枠の候補2人が優先して当選するため山本氏は落選した。 社民党は104万票で1議席を守った。 NHKから国民を守る党は98万票を集め、1議席を獲得した。

次の

れいわ新選組

山本 太郎 得票 数

闇のエンターテイナー座間宮ガレイのプロフィールは以下ですよ。 コメントつくと超嬉しいですね。 できるかぎり返事をして楽しんでいます。 驚いたことばかりスムーズに理解してもらえるように書いています。 主に僕の発信へのリアクションを見ています。 僕とやり取りする場合はメンション飛ばしてくれると超喜びます! ・Facebook やり取りがスムーズにやりやすいので、ココが一番コミュニケーション取りやすいかなあ。 ・Facebookページ ・個人アカウント どちらも気軽に登録してね〜。 (スパム以外は承認〜)世界中の人と友だちになりたいですね。 ・オススメ本(随時更新) じゃね〜。 まってるよ!.

次の

山本太郎氏、自身は議席獲得ならず 衆院選で立候補意向

山本 太郎 得票 数

2019年は選挙イヤーの年となりますが、おそらく注目を集めた人物として1位2位として挙げられるのはれいわの党代表である 氏でしょう。 最近ではN国党こともニュースを賑わせていますが、ここでは氏の 挙2019での開票結果速報や得票数、選挙戦における情勢や、投開票前までの当サイト見解での当落予想についてまとめていきます。 氏の掲げる政策主張についても紹介しますので参考にしてください。 氏の挙2019の開票結果速報と得票数 氏の挙2019での開票結果は残念ながら落選となり、得票数は992267. 053票でした。 特定枠で当選した船後氏と木村氏に次いで当選できるかが注目されましたが、あと僅かと言ったところで落選してしまいました。 また氏の次点は氏でした。 このようにれいわも非常に今回の挙で注目を集めた政党の1つでしたが、やはり保守層からの得票が及ばずを大きく確保することは難しかったことが見て取れます。 氏の経歴プロフィールと掲げる政策や主張 次に氏の経歴プロフィールや政策主張についてご紹介します。 俳優としても有名な氏ですが、改めて経歴を振り返ってみましょう。 名前:山本 太郎• 現年齢:44歳• 性別:男• 党派:れいわ• 肩書:れいわ代表• 学歴:高校中退• 職歴:ダンサー、タレント、俳優 1990年ごろからテレビのダンス企画に参加して頭角を現して芸能界デビューを果たし、96年には『』でドラマデビュー。 以後俳優として数多くの作品に出演。 2011年ごろから反運動に参加。 2012年に選に出馬も落選。 2013年で初当選を果たしています。 【主な公約・政策主張】 れいわの党代表ということもあり、氏個人の政策主張というよりも党としてのに近いであろう、彼の掲げる政策主張について以下にご紹介します。 基本政策として以下の3点を掲げています。 「被曝させない 」即時撤退 2. 「TPP入らない」水、食、医療の安全確保 3. 政策的にはのそれに近く、反以外政策一致が見られない氏率いるに所属できたのかは理解に苦しむところではあります。 2019開票結果前の氏の当落予想を考察 挙2019投開票前まで当サイトでは氏の当落について以下のように予想していました。 ---ここからが投開票前までの予想--- 氏率いる「れいわ」は、目新しい新党などのない今回のの中で、一部メディアからは「台風の目」と呼ばれるほどの話題を集めています。 しかし、当選を果たすには、まだまだ越えるべきハードルが高く、今回は落選ではないかと考えます。 理由は、「れいわ」が今回ので使う「特定枠2枠」です。 特定枠とは、政党が名簿の中で、個人得票数に拘らず優先的に当選させることができる候補者枠のことです。 「れいわ」はこれに2人の候補者を氏とは別に指名しています。 つまり氏が当選するには、「れいわ」がで最低でも3以上確保することが必要ですが、ですら確保が危ぶまれる情勢の中では、3確保は厳しいと言わざるを得ません。 ---ここまで--- 結果としては落選してしまった氏ですが、彼自身様々なネットメディアを通して背水の陣と語っていたため、今回の結果を受けてもその政治信念などは曲げてはいません。 もしかすると次回の選挙でも出馬される可能性もあるかもしれません。 総括 残念ながら挙2019では落選となってしまった氏。 でのへの直訴や反運動への傾倒など、氏の政治家としてとのパフォーマンスは賛否両論を巻き起こしていますが、一般紙の紙面を飾れる政治家として、氏の活躍はまだまだ目に留めておきたいものではあります。 「れいわ」のこれからの巻き返しと奇跡に期待したいところです。 k-n-h-k-9215k.

次の