ソニー生命 変額保険 世界株式。 Daily(日次ベース)特別勘定指数値

【ソニー変額保険②】運用先の特徴と我が家の選択

ソニー生命 変額保険 世界株式

世界株式100%がいいですよって勧められたので、そうしています。 投資信託なのですが、保険なので特別勘定という言い方をします。 ソニー生命のホームページを見ると、特別勘定の値動きのデータが載っています。 2019年2月末から2020年2月末までのデータです。 sonylife. pdf 今日現在4月25日なんですけど、ソニー生命のホームページにあったのは3月作成分でした。 2月末までのデータしか載ってませんでしたので、そのデータでお話します。 ソニー生命の変額保険をやってらっしゃる方の運用の中身を見てみると、世界株式100%にしてらっしゃる方が非常に多いです。 たとえば、ソニー生命のライフプランナーさんであったり、保険代理店の方、あるいは、無料のマネーセミナーをやってるFPさんから、 「世界株式100%がいいですよって勧められたので、そうしています。 」 という方がかなり多いです。 そういう事例をたくさん見てまいりました。 そうすうと、どういうことが起こるのか? 今回のコロナショックで世界株式がものすごい下がっています。 sonylife. pdf 国内株も下がってますけどそれ以上に外国株が大きく下がっています。 これは2月末までのデータですが、3月末までの新たなデータに更新されると、もっと下がっているはずです。 このように、世界株式は、下がるとき、ものすごい下がるというリスクがあります。 今は、コロナショックの真っ只中ですけど、もっと前、12年前の2008年には、リーマンショックっていうのがありました。 100年に1度の金融危機と言われたものです。 当時、どれくらい下がったのか、世界株式の成績を見てみましょう。 sonylife. pdf まず2007年はサブプライムローン問題、その後、リーマンショックが2008年、二つ合わせて、世界金融危機と言われています。 2007年にマイナス16%、2008年マイナス35%と、約半分に減っているということが分かります。 50%の下落をイメージできますか? たとえば、ソニー生命の変額保険で、コツコツ積立して、1000万円貯まっていたとしましょう。 それが一気に500万円まで下がってしまう、つまり、500万円も吹っ飛ぶわけです。 これくらい大きなリスクがあるのです。 にもかかわらず世界株式100%にしている人が多いです。 外国株式は下がる時はすごく下がるし、逆に、上がるときはすごく上がるという特徴があります。 ハイリスクハイリターンということです。 契約するときって、増えるイメージばっかりするじゃないですか。 減ることもあるんだよ、いうところも、ちゃんと踏まえておかなきゃいけません。 逆に、世界債券は値上がりしました。 投資の世界では、一番大事なのは、分散投資と言われています。 株だけじゃなくて、もう一つの大きな投資対象市場である、債券にも分散投資をしておくのが投資のセオリーです。 では、世界債券の値動きを見てみましょう。 sonylife. pdf 上がってますよね。 細いことは端折りますが、株と債券は逆の動きをする傾向にあります。 単純に、株が下がったから債券が上がったよということです。 つまり、債券にも分散投資してた人は、債券が値上がりしてくれているので、株の下落を和らげてくれた、リスクを抑えることが出来たわけです。 それから、投資の中で、もうひとつ大事なことがあります。 分散投資をしている人が使える方法です。 リバランスというものです。 今、リバランスをしている人って、何をしているかというと、値上がりしてる債券を一部売却して、利益を確定させ、その利益分で株を買ってます。 株式は値下がりして安いから、たくさん買うことが出来ます。 安く仕込めていますから、今後、株価が回復していけば、利益に非常に貢献してくれます。 逆に、債券が値下がりする可能性もあるわけです。 値下がりする前に、売っておけば、利益確定ということになるわけですからリスクが抑えられます。 こういうのが出来るのは、分散投資をしてる人なのです。 世界株式100%の人って、ひたすら耐えるしかないわけですよね。 途中経過において何も対策が打てなくなるので、やはり、分散することが大切なことが分かります。 ソニー生命の変額保険の中には、選べる商品が8本あります。 どれか1本でもいいし、いくつか組み合わせることも出来ます。 分散投資をしていくことにより、リスクを抑えた、着実な資産形成につなげていくことができます。 ソニー生命の変額保険は、リバランスも出来ます。 もし、世界株式だけを選んでいらっしゃる場合は、分散投資という方法を一度考えてみられると良いかもしれません。 カテゴリー• 247• 123• 145• 101• 240• 101• 143• 283• 40 アーカイブ アーカイブ.

次の

ソニー生命の変額保険のファンドの特徴と分散投資

ソニー生命 変額保険 世界株式

タップできる目次• 個別株をソニー生命が買っている。 他の投資先には、プロに運用を委託するための費用である「信託報酬」の設定がありますが、世界株式型にはありません。 これはつまり運用の委託はしていないということ。 投資信託ではないんです。 ちなみに投資信託としては「グローバルフランチャイズ」という類似する投資先は存在しますが、組み入れの銘柄数や内容が完全に一致するわけではなう、よく見ると若干違うので気をつけてください。 ただし、モルガン・スタンレーが運用しているわけではありません。 あくまで助言をもらって銘柄の選定はソニー生命がしています。 世界株式型の運用方針と運用の利回りは? ソニー生命の世界株式型の細かい情報は「変額保険 特別勘定 の概況」に載っています。 今回の記事では2020年4月を取り上げますが、最新の情報はから取得してください。 過去なので将来を約束するものではありませんが、一つの参考にはなりますね。 ちなみに全銘柄は「 特別勘定のしおり」に載っています。 さて、このように見ると聞いたことのない銘柄も多いでしょうか? でも、実は結構馴染みのある商品やサービスを展開している会社だったりします。 会社名 業種 商品やサービス 補足 ソフトウェア 消費財• ミューズ• クレアラシル• フィニッシュなど 消費財• タバコ• 医薬品 特殊金融• ソフトウェア 企業の基幹システム メディア Googleの親会社 医療機器・装置 透析治療の医療機器など 技術サービス 医療機器・装置 痛くない注射針など 消費財 ヘアカラー剤 といった形でブランド力に着目しているので聞いたことがある会社が多いですよね。 医療機器は、お世話になっていない方は馴染みがないので知らない方も多いかも。 より詳しい情報を知りたい方へ ソニー生命変額年金 完全攻略note「」にまとめました。

次の

ソニー生命の変額保険のファンドの特徴と分散投資

ソニー生命 変額保険 世界株式

Contents• ソニー生命の特別勘定(運用先) ソニー変額保険の特別勘定には8種類あります。 株式型:日本の株式を中心に投資を行う。 日本成長株式型:日本の株式を投資対象とする投資信託「フィデリティ・日本成長株・ファンドVA3」に投資を行う。 世界コア株式型:日本を含む世界の株式を投資対象とする投資信託「ワールドエクイティ・ファンドVL」に投資を行う。 世界株式型:日本を含む世界各国の株式に投資を行う。 債券型:国内の公社債を中心に分散投資を行う。 世界債券型:日本を含む世界各国の債券に投資を行う。 総合型:株式、公社債、短期金融商品をバランスよく組み合わせ安定的な資産の増大を目指す。 短期金融市場型:短期金利程度の運用利回りの確保を目標として運用を行う。 8つの特別勘定の中では、最もローリスクローリターンのファンドらしい。 この8つの特別勘定の中から、自分で好きなものを選ぶことが出来ます。 しかし変額保険終身型は特別勘定のうち、株式の割合を50%以下にしないといけなくなりました。 一方、変額保険有期型と変額個人年金保険は割合制限はありません。 なのでここ数年の契約件数割合は有期型と個人年金が徐々に増えています。 我が家の選択は世界株式型一択 では、我が家の特別勘定の選択についてお話します。 ズバリ、 世界株式一択です。 すっごく攻めてるように感じるかもしれないけど、ある意味守りでもあるんだよ! どういうことでしょう?? 世界株式型で扱っている銘柄は「生活関連株」 世界株式型では、世界各国の有力な無形資産(ブランド)を保有する企業に注目し、運用のプロが保有銘柄を適宜組み替えて運用しています。 運用のプロ…世界株式型の運用助言会社はモルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社です。 私ここはあまり詳しくないのですが、モルガン・スタンレーって聞く人が聞けばめっちゃすごい会社らしいんです。 法人・機関投資家向けの証券業務が事業内容で、個人では関わることが出来ない会社です。 そんなすごい会社が運用助言してくれてるんですよ、すごい安心感。 主な保有銘柄は適宜組み替えてくれていて、ネットなどで確認できます。 ちなみに執筆時(2018年6月末時点)での資料の主な保有銘柄は以下の通りです。 見るとわかると思いますが、マイクロソフトやユニリーバ、VISAなど聞いたことある企業が多いですよね。 業種の割合は以下の通り、ソフトウェア・サービスが30%を占め、家庭用品や食品、飲料、タバコ、ヘルスケア、医薬品など、生活に欠かせないものに関わる銘柄ばかりです。 生活関連株は経済がどう転んでも生活に無くてはならないものばかりなので、景気に大きく影響されないという特徴があるみたいです。 そして運用がうまいからなのか、8つの特別勘定のうち世界株式型の運用実績は断トツで高いです。 過去2002年、2007年、2008年はマイナスでした。 一番ひどくて2008年の-35. 8% (リーマンショック時ですよね)、その時期を含めても平均11%ですからね。 ちなみに世界株式型がマイナスになるときには、他の特別勘定も高い割合でマイナスになります。 きっと変額保険に入っている人でなくても、どの投資家さんもマイナスになってるでしょう。 ちなみに他の運用先の騰落率はこんな感じです。 2018年6月末時点の資料です。 各特別勘定が設定された年はバラバラですが、いずれも1986年~2002年に設定されています。 75%• 28%• 97%• 56%• 10%• 17%• 80%• 13% いかに世界株式型の運用実績がいいかがわかると思います。 断トツなんです。 もちろん毎月変動しているのでマイナスになる月もありますが、これが我が家がこの保険を運用する特別勘定を、世界株式型一択にした理由です。 考え方は長期運用、時間を味方に 変額保険に興味がある方に伝えたいのは、少なくとも 15年以上は解約を考えないでほしいということです。 これは保険ですので、変額終身型・変額有期型には死亡保障があります。 支払金額のうち死亡・高度障害時の基本保証金の準備に充てられる金額と、運用に回る金額があります。 割合は公表されていないはずですが、 短期で解約すると解約返戻金は支払った金額より下回る可能性が高いです。 なので「月々の支払いが厳しくて解約したい…」なんてことにならないように、必ず支払える金額を設定するべきです。 運用があるため、他の積立保険よりは保証金額の割には月々の支払いは安めに設定してあります。 そのため自分で無理ない金額を設定して続けていくことが大切です。 途中世界株式型の運用実績が他の特別勘定よりすごーく悪い場合など、年に12回までは自分で特別勘定割合の組み換えが出来ます! 手数料もなく、自分でネットでポチポチするだけ。 保険で運用はもったいない?? 最近は円建て保険の利率がすごく下がっていて、保険で運用するなら自分で運用を!という流れになっていると思います。 私も毎月つみたてNISAで投資信託をやったり、少しずつ運用はしてみています。 けどやっぱりこのソニー変額保険に勝る運用実績を残せたことはまだありません。 というか一生ないかもしれません。 笑 結果、ソニー変額保険に入ってよかった もともと普通の看護師だし、運用の知識があるわけでもないので自分で運用するには限界があります。 ましてやママナースとして働いてますし(今は産休中)、子育てに手一杯のため投資に向き合う時間はあまりありません。 そんな私には プロがすごい運用利率で運用してくれて、その上もしもの保証もついているこの変額保険は強い味方です。 ほったらかしてるだけなんですもん。 (って運用実績はチェックしちゃってますがw) 自分で年10%くらいの運用が出来る方には興味ない話かもしれませんが、私はこの保険と運用を兼ねたソニー変額保険は本当に入ってよかったと思ってます。 あ、別に勧めてないですよ。 私は納得して入って、良かったよっていう話です。 w 興味がある方はぜひソニー生命の方に直接相談してみてくださいね!前回にも記載しましたが、多くの保険を扱う代理店やFPさんからはちゃんとした説明が聞けないことも多いみたいです。 なのでソニー生命の方に話を聞かれることをお勧めします。

次の