反 重力 生命 体。 【反重力生命体】Mr 都市伝説 関暁夫さんのメッセージ5月21日に世界が変わった?裏側で。4次元以上。超弦理論

アグル・反重力生命体の正体【Mr.関暁夫さんからのメッセージ考察】

反 重力 生命 体

みなさんこんにちは ナティの考察牧場へ すっかり暖かくなった今日この頃いかがおすごしですか? 御機嫌うるわしゅうござでしょうか? いつも動画を見てくれてる人は本当にありがとうございます。 最近さんのおっしゃた反重力生命体、アンチグラビティ の英語のスペルを省略してアグルについて夢中になっています。 ナティは点と点がつながっていってます。 みなさんもいっしょにつなげていきませんか? 先日の動画ではの名前は反重力生命体に由来すると仮説を立てましたが、 ナティそこからさらに点と点をつなげてしまったんです。 何かというと、大統領の暴露です。 みなさん大統領暗殺についてご存知ですか? 1963年11月22日、ダラスで遊説のため市内をパレード中に暗殺された事件です。 この事件にはたくさんの噂がありますが、その一つにはUFOの秘密を暴露したんじゃないかっていうのがあるんですね。 これって、ナティは反重力生命体、アグルのフリーエネルギーを活用しようという発表でアグルを進めようとしてたんじゃないかって思ったんですよね。 石油メジャーはフリーエネルギーに反対すると思うんですよね。 そうしたいざこざからあの事件が起こったのではないでしょうか また何か気づいたら伝えます。 最後までありがとうございました。

次の

【公開済】反重力技術の三角型UFO「TR

反 重力 生命 体

都市伝説 関暁夫さん反重力生命体・表には出なかったニュース動画の感想と検証 Mr. 都市伝説 関暁夫から皆さんへ【反重力生命体】決して表には出なかったニュース 今置かれている現状は、人間が次なるステージに行くための新システム これから 人間は時空を超えて存在することになっていくから、いい? 宇宙とのゲートが開いていくからね。 本格的に 時空が歪むよ、空間が開く 2020521、2020年5月21日という日に一体何が起きていたのか キリストの昇天日とされる日、 日本でもロケットが宇宙に飛んで行った日、 宇宙と繋がる次元上昇の中に我々日本人もいたよね。 でも、そのキリストの昇天日とされる、 その日の裏で一体何が行われていたのか 実は 人間が人間から離れるきっかけとなる新たな生命体が作り出された日なんだ それが、 反重力生命体 人が作ったロボットなんかじゃないよ。 反重力生命体はエネルギーや兵器としても使われるからね また生命体において 重力に背き、浮くことも形を変形して 大きさを変えることができるから 今後、 UFOとしてや未確認飛行人間として、多くの人に目撃されていくからね。 いい?これから 人間は反重力生命体を身体に入れることで 時空を超えて存在していくことになるから。 まずは後ろに細かく英文がタイプされています。 何か所か静止して確認しましたが、両端が切れているので文章をつなぎ合わせるのは難しそうです。 しかし、書いてある内容が動画後半に挟まれる こちらの画像に関する内容ということはわかりました。 この3人の羊飼いの子供は、 ファティマの聖母に会った3人で、左から ルシア、フランシスコ、ジャシンタです。 ファティマの聖母は、ポルトガルの小さな町ファティマで起きた、 カトリック教会が公認している、聖母の出現の一つ。 ローマ教皇庁は奇跡として公に認めたが、 第三の予言は長年にわたり秘匿した。 1916年春頃、 ファティマに住むルシア、フランシスコ、ジャシンタら3人の子供の前に平和の天使とする14-15歳位の若者が現れ、祈りの言葉と額が地につくように身をかがめる祈り方を教えた。 その後も天使の訪問は続いた。 1917年5月13日、 ファティマの3人の子供たちの前に聖母マリアが現れて毎月13日に同じ場所へ会いに来るように言った。 子供たちは様々な妨害に遭いながらも、聖母に会い続けて 様々なメッセージを託された (Wikipediaより) 1917年5月13日、聖母が出現して、子供たちに、毎月13日に同じ場所に会いに来るように言ったそうです。 そして、 「人類の未来にかかわる3つのメッセージ」を託されたが、その内容が大きく分けて3つあり、1つは公開されてないとされます。 というのも、公開されましたが、真実と異なるのではないかと言われていて、3つ目は謎に包まれ、 ファティマ第3の秘密とされています。 ちなみに公開されている第一と第二のメッセージ(預言)は、 25年後の1942年にバチカンから発表されました。 第一次世界大戦の終結と 第二次世界大戦の勃発に関するもので、いずれも細部にいたることまであまりにもピタリと的中していたそうです。 3つ目は 1960年まで秘密にするということになっていました。 しかし、内容があまりにも恐ろしいということで、1960年になっても公表されなかったのです。 そして、 200年5月にようやく発表されました。 内容は 1981年5月13日に、ヨハネ・パウロ2世がバチカンのサン・ピエトロ広場にて銃撃を受ける「教皇暗殺未遂」のことだったと発表しましたが、 第三の預言を読んだ法王パウロ六世が、内容の重大さにショックを受けて卒倒し、 「これは人の目に絶対に触れさせてはならない。 私が墓の中まで持っていく」といって、発表を差し止めてしまったから1960年に公表されなかったことや、 公表されている2つの内容と比べて、教皇庁の発表は虚偽、あるいは全文ではなく一部分に過ぎないのではないかとする主張において、 第三の秘密は、未だ本格的には未公開とされています。 また、 「第三の預言」の内容を知っているルシアが、「 それはほんの一部で、バチカンは嘘をついている」と司法省に提訴したそうです。 そのことからも、発表された第三の預言の虚偽は明らかですが、 内容を知るルシアは2005年に97歳で死去しました。 この第三の秘密の内容が、 宇宙人に関することなのではないかという情報があります。 2015年6月に、 フランシスコ法王は宇宙人の存在を明らかにする予定だったという噂があったようです。 関さんの言葉の中にも、「今後、 UFOとしてや未確認飛行人間として、多くの人に目撃されていくからね。 」とありますね。 UFOの存在を認めるニュースが公表されたり、近年、今までタブーのような存在だった宇宙人に関して、少しずつベールがはがれてきたように感じます。 このファティマ第三の預言の内容が地球外生命体に関するものであり、今後、その目撃談が、タブーのような形ではなく、事実として報道されていくのではないでしょうか。 そしてDNAと思われる画像が表示されましたね。 こちらは三色になっていることから、 三重らせん構造を表していると思われます。 DNAに突然変異が生じ、三重らせんのDNAを持つ子供が生まれてきているらしいのです。

次の

人造UFO?反重力飞行器!!_超导体

反 重力 生命 体

まずはサムネイルから 2020年5月21日 何が起きましてか?SNSでは地震がくるのではないかと言われていましたが、実際はどうだったでしょうか? 実は5月21日は何の日だろうか?と悩んでいたら 僕のYoutubeの視聴者でドイツ在中の方が 「5月21日はキリストの昇天の日で祝日ですよ」 と教えていただいて、Youtubeの動画でも少し取り上げましたが、もうちょっとひねった感じのことを伝えているのかなと思いきや視聴者さんの言う通りで関暁夫さんは昇天の日を表していたみたいです。 キリストの昇天(キリストのしょうてん)はの教義で、したが天にあげられたこと、またそれを記念するキリスト教の祝日。 「イエスの昇天」はやにも含まれている。 と連動する移動祭日でもある。 そして緑! これは宇宙人を表しているのでしょうか。 我々はいつの間に緑だと宇宙人というイメージを持ってしまったのだろうか。 そんなことよりも本題に移っていきたいと思います。 マーフィーブログはYoutubeもやってるよ!チャンネルも登録してね! 全文公開 では、動画の後ろで流れてた英語をメモしたのでこちらを公開します。 途中で途切れたり、FatimaをF timaと表してたので、もうFatimaと書いてしまっているところや調べて補完しているところもあります。 英語とポルトガル語が混じっている 全体的にポルトガル語と英語が混じっています。 そしてこれは ファティマの聖母を表しています。 日本語については続けて紹介していきます。 ぶっちゃけ、ここは英語がわかる人でも動画の通りで途中できれていて意味が通らないところもあるので何となくで読んでください。 詳細に知りたい人は読むことをおすすめします。 英語・ポルトガル語MEMOour lady of F tima from wipedia, the free encyclopedeiaJump to navi gationJump to searchFor other uses, see Our Lady of F tima disambiguation. Our Lady of F tima Our Lady of the Holy Rosary of F tima fatima 0752 19796283042 cropped. jpg The canonically crowned image enshrined within the Chapel the Apparitions278px-Po-map fatima. pngLocation of F tima in Centuga location Fatima, PortugalDate 13 May to 13 October 1917with SantosFrancisco and Jacinta Marto Type Marian apparition approve[2]Bishop jos Alves Correia da Silva Diocese of Leiria Shrine Sano Cova da iria. Fatima, Portugal Patronage Roman Catholic Diocese May 13 MAyOur Lady of F tima Portuguese: Nossa Senhora de fatima rosary of Fatima, European Portuguese:[? n s? fatima im? ] ] , is a Catholic title of the Blessed Virgin Mary based on the children at the Cova da Iria, in F tima, Portugal The three children and Jacinta Marto. The children 13 October that year the Lady would reveal her identity and perform many pilgrims began visiting the area. A provincial administrator briefly took the children First Portuguese Republic established in 1910. [7] earlier said that the three should keep this experience private were politically disruptive in the conservative country. She said these had been entrusted to the children during the apparition of 13 July 1917. [35]souls and bring peace to the world. It predicted an end to the Great War, but predicted a worse one if people did not cease offending God. To avert this, Mary would return to ask for the consecration of Russia to the Immaculate Heart, and the establishment of the First Saturdays Devotion. If her requests were heeded, Russia would be converted, and there would be peace; if not, Russia would spread her errors[36]throughout the world, causing wars and persecutions of the Church. The Holy Father would consecrate Russia to Mary, and a period of peace would be granted to the world. [38] It was the widest occurrence of the aurora since 1709 and people in Paris and elsewhere believed a great fire was burning and notified fire departments. [39][40] Second secret This was a recommendation for devotion to the Immaculate Heart of Mary as a way to save. [38] Just over a month later, Hitler seized Austria and eight months later invaded Czechoslovakia. [8] At the time the supposed request for the consecration of Russia was made, however, the Bolsheviks had not yet taken control of Russia. Pope Pius XII, in his Apostolic Letter Sacro Vergente of 7 July 1952, consecrated Russia to the Blessed Virgin Mary. She is the good mother, the mother of all, and it has never been heard, that those who seek her protection, will not receive it. With this certainty, the Pope dedicates all people of Russia to the immaculate heart of the Virgin. She will help! Error and atheism will be overcome with her assistance and divine grace. Pope John Paul II again consecrated the entire world to the Virgin Mary in 1984, without explicitly mentioning Russia. いかがですか? ちょっと、わかりづらいですよね。 日本語訳 原文が原文なので、日本語もおかしい部分は多々あります。 ファティマで起きた奇跡や3人の子供達。 預言について書いてます。 日本語MEMOウィペディアより自由百科事典ナビへジャンプ検索へジャンプ他の用途では、Our Lady of F tima disambiguation を参照してください。 Fティマの聖母 Fティマ・ファティマの聖母 0752 19796283042 cropped. jpg 礼拝堂内に安置されている聖冠像278px-Po-mapファティマ。 png場所CentugaのFティマの場所ファティマ、ポルトガル日付13 5月から13 10月1917with SantosFranciscoとJacinta Martoタイプマリア人の apparition approve[2]司教ジョスアルベスCorreia da Silva教区Leiria神社Sano Cova da iria。 ポルトガル、ファティマ 守護ローマ・カトリック教区 5月13日 マユールの聖母(ポルトガル語。 Nossa Senhora de fatima rosary of Fatima, European Portuguese:[? n s? fatima im? ]])は、ポルトガルのF timaのCova da Iriaの子供たちに基づく聖母マリアのカトリックの称号である。 3人の子供たちとジャシンタ・マルト。 司教ヨス・アルベス・コレイア・ダ・シルバは、1946年5月、教皇プラス13世は、彼の使徒的な公使節であるベネデット・アロイジ・マセラ枢機卿を介して、ファティマの聖域に正統な戴冠式を与えたと宣言し、1954年11月11日には、彼はファティマの聖域を彼の教皇のブリーフLucer supernaによって小聖堂の地位に引き上げた。 1930年代に発表されたルシア・ドス・サントスの回想録では、ファティマでの2つの秘密の出来事が明らかになった。 子供たち13 10月その年のレディは彼女のアイデンティティを明らかにし、多くの巡礼者が地域を訪れ始めた実行するだろう。 子供たちのアカウント当局。 地方の管理者は、簡単に1910年に設立された子供たちの最初のポルトガル共和国を取った。 13]聖母マリアは、記者やカメラマンを含む最後の奇跡を約束していた、集められた様々な主張は、実際に見たものとして行われているファティマの聖母は、見て報告された ファティマの3つの秘密 メイン記事 F timaの3つの秘密 1941年の彼女の3番目の回顧録では、シスター・ルシアは3つの秘密を説明しています。 彼女は、これらは1917年7月13日の出現の間に子供たちに託されたと述べています。 最初の秘密 これは地獄の幻であり、ルシアは1917年7月13日に体験したと述べている[35]魂と世界に平和をもたらす。 それは大戦争の終結を予言していたが、人々が神を冒涜するのを止めなければ、さらに悪い戦争が起こると予言していた。 この第二の戦争は、懲らしめの時が近づいていることを示す「偉大なしるし」として、未知の光に照らされた夜によって予言されていたのです。 これを回避するために、マリアはロシアを無原罪の心に奉献し、第一土曜日の献身を確立するように要求するために戻ってくるだろう。 もし彼女の要求が受け入れられれば、ロシアは改宗し、平和が訪れるでしょう。 そうでなければ、ロシアは自分の誤り[36]を世界中に広め、教会に戦争と迫害を引き起こすでしょう。 このビジョンは、最後には「無原罪の御心が勝利する」という約束で締めくくられました。 聖父はロシアをマリアに奉献し、世界に平和の期間が与えられるだろう」[37]。 1938年1月25日に(太陽周期17の間に)、明るい光、オーロラは、北アフリカ、バミューダ、カリフォルニア州などのはるか南の場所を含む、北半球上に現れた[38]。 それは1709年以来、オーロラの最も広い発生であり、パリや他の場所の人々は、大火が燃えていたと信じて消防署に通知[39][40]。 第二の秘密 これは、救いの方法として、無原罪のマリアへの献身を勧めるものでした。 38] ちょうど1ヶ月後、ヒトラーはオーストリアを押収し、8ヶ月後にチェコスロバキアに侵攻した[38][41]。 ロシアへの奉献 主な記事。 ロシアの奉献、教皇ピウス12世の奉献 教皇ピウス12世の無原罪のマリアへの奉献とサクロ・ヴェルジェンテ ポルトガルのファティマにある教皇ピウス12世の像 シスター・ルシアによると、聖母マリアはロシアの奉献がロシアの改宗と平和の時代につながると約束しました。 しかし、ロシアの奉献の要請がなされたとされる時点では、ボリシェヴィキはまだロシアを支配していませんでした。 教皇ピウス12世は、1952年7月7日の使徒的書簡『Sacro Vergente』の中で、ロシアを聖母マリアに奉献しました。 ピウス12世は書いている。 彼女は善良な母であり、すべての人の母であり、彼女の保護を求める者がそれを受けないことは聞いたことがありません。 この確信を持って、教皇はロシアのすべての人々に聖母の無垢な心を捧げます。 彼女は助けるだろう! 教皇ピウス12世とヨハネ・パウロ2世は、ともにファティマの聖母と特別な関係を持っていました。 教皇ベネディクト15世はパチェッリの教会でのキャリアを始め、1917年5月13日にシスティーナ礼拝堂で大司教に昇格させました。 ピウス12世は、1958年10月13日、ファティマの聖母の祭日に、サンピエトロ大聖堂の地下室に安置されました。 教皇ヨハネ・パウロ二世は、1984年に再び全世界を聖母マリアに奉献しましたが、ロシアについては言及しませんでした。 2001年、タルシシオ・ベルトーネ大司教はシスター・ルシアと面会し、シスター・ルシアは「聖母マリアが望んでいた奉献は1984年に行われたものであり、天に受け入れられたものであることはすでに述べた」[45]シスター・ルシアは2005年2月13日に亡くなりましたが、それ以上のことは公表されていませんでした。 これをコピーするときは連絡してください ここら辺はあえて切り抜きで表現している可能性もあります。 なので、動画をちゃんと理解したい人はぜひメモをみてください。 これを書き起こしていて途中から 「これ全部検索してみよ。 」 と検索してみたら出てきたのが 結局何を表しているかと言うと これを検索して出てきたのがこちらでした。 日本語で言う所のファティマの聖母です。 は奇跡として公に認めたが、第三の予言は長年にわたり秘匿した。 これと結局、動画はどんな繋がりが出てくるのでしょうか? 動画についても振り返っていきましょう。 関さんの言うこれからの未来がすごい 今回はなんか未来チックというか不思議感がある短めの動画です。 関暁夫さんは 「これからの未来は時空を超えて存在する生き物になる」と下記の画像と共に音声が流れます。 さらに 「宇宙のゲートが開いてるからね。 本格的に時空が歪むよ」と言っています。 ここら辺は考察と紹介したOur Lady Fatimaに繋がってくるので覚えておいてください。 2020年5月21日 「2020年5月21日一体何が起きていたのか?」と関暁夫さんは言っています。 「キリストの昇天日とされる日。 日本もロケットが宇宙に飛んでいった日」と続けて言います。 キリストの昇天は視聴者さんから聞いていたのでわかったのですが、ロケットも飛ばされてたんですね。 スペースXとかの方に気を取られてました。 三菱重工業とJAXA(宇宙航空研究開発機構)は5月21日、ISS(国際宇宙ステーション)補給機「こうのとり」9号機(HTV9)を搭載した、H-IIBロケット9号機を、予定どおり5月21日2時31分00秒に、種子島宇宙センターから打ち上げた。 宇宙アバター事業とメディア事業というのがあるのですね。 アバター事業は何となくわかりました。 ここら辺はYoutubeで解説していこうかなと思います。 ここで少しお伝えするとアバターは各フェーズに別れています。 全部で4つのフェーズに別れています。 メディア事業は双方向での連携になってくるみたいです。 がどんな目的かはわかりませんが、双方向の必要性があるのか?とか覇権争いもすごそうだなと感じることがあります。 どちらにせよ。 一般の我々に宇宙がとても身近に感じることができるツールになるということですね。 5月21日に裏で起きていたこと 「キリストの昇天日とされる、その日の裏で一体何が行われていたのか?人間が人間から離れるキッカケとなる新たな生命体が作り出された日なの。 それが反重力生命体」と関暁夫さんはいっています。 ここが一番恐ろしいですね。 機械でもなく、大きさも形も変えることができるみたいです。 この 反重力生命体を検索してみたのですが、もうたくさん考察の画像や動画が出てくるのであんまり深掘りません笑 UFOは身近になる 「これからUFOや未確認飛行人間(ここインゲンって聞こえたような気もします。 )として確認されていくからね。 」と関暁夫さんは言います。 未確認飛行インゲンってやばいので人間が一番近いのかなと思います笑 これから反重力生命体を体に入れることで次元を超えていくから と最後締めくくられます。 なんかすごいですね!宇宙系にいきましたね! 動画の解説と考察はYoutubeと後半でしていきますね! 実はファティマにもUFOらしき存在も出てくる 実はファティマの聖母にはあまり詳しく書いていないですが、Our Lady of Fatimaでは少し触れています。 聖母マリアが10月13日に最後の出現の奇跡を約束したと報じた後、おそらく3万人から10万人の間の大勢の群衆が集まりました。 これが太陽の奇跡です。 報告によると、雨が降った後、暗い雲が割れ、太陽は不透明な回転する円盤として空に現れた。 通常よりもかなり鈍く、風景、人々、周囲の雲に色とりどりの光を当てると言われています。 太陽はその後、通常の位置にジグザグに戻る前に地球に向かって注意を払っていたと報告されました。 目撃者は、以前に濡れていた衣服が「突然完全に乾き、雨が降っていたために以前は湿っていた泥だらけの地面」になったと報告しました。 乱舞する太陽と円盤のようなものが空に現れて群衆の前でとんでもない奇跡を起こすわけです。 このファティマに関わる奇跡はローマ教皇も認めている奇跡です。 ここがもしかしたらUFOと繋がっている可能性があります。 最初にWikipediaを参照と書いているので気づいた人は気づいたでしょう。 今回は関さんの言うことは宇宙に間することが多かったのでファティマに関連付けた宇宙とか反重力と言う点でいくと群衆がいる中で起きた奇跡と言うのが繋がるかなと思います。 7万人と言われてますが、7万人もみていたらすごいですよね。 反重力を体内に入れて次元を超えると言うのはわからないんですけど、自分の動きがリアルタイムで反映される宇宙アバターはとても楽しみです。 ここの領域の会社の社長はよく見るので楽しみではあります。 全てを理解するためにまず大事なこと 関さんは 「まずは本を見ることから初めてください。 」と言っていました。 本を買うのは無駄と考えがちですが、読まないと損をしてしまうこともあります。 あらゆる著名人が人生をかけて書き上げた本を1000円以下で購入できて、今後のことを予測することができるなら。 多くの知識を蓄えることができるのなら、 かなりお得なかなと思います。 気軽に簡単に詳しく知りたい人はこちら 「本、読むのめんどくさい」 「そもそもそんな時間ないよ」などなど 様々な制約がかかって時間をかけれない人もいると思います。 そこで記事では書けない内容を喋ったり、簡単に解説しているのが僕のYoutubeチャンネルです。 ブログでは書けないようなことを喋ったり、解説しています。 ラジオや音楽代わりに 何か他の家事などしながら聞くだけでたくさんの情報を受け取ることが無料でできちゃいます。 こんなの聞いていいの?ってことも話していきます笑.

次の