おじさん アニメ。 アニメのおじさんキャラランキング|渋くてカッコいいイケてるおじさま

かぐや様は告らせたいで『おじさん』が話題に!

おじさん アニメ

いがらしみきお 漫画家 1955年、宮城県生まれ。 24歳で漫画家デビュー。 1986年に「ぼのぼの」連載開始。 88年に第12回講談社漫画賞受賞。 2019年に漫画家生活40周年を迎えた。 「ぼのぼの」は単行本45巻のほか、映画化2回、アニメシリーズ化2回。 ぼのぼの絵本『しまっちゃうおじさんのこと』などもある。 その他の作品に「ネ暗トピア」「忍ペンまん丸」「誰でもないところからの眺め」「かむろば村へ」「羊の木」(作画)、「I【アイ】」など多数。 しかし、「ぼのぼの」の昔の話なので、そうなると、しまっちゃうおじさんとの馴れ初めというか、発端を描きたいと思いました。 あくまで悪夢のようなキャラかもしれませんね。 こわい考えを止める存在でもあると思います。 ただ、アニメになったら、しまっちゃうおじさんのキャラがいきなり変わってしまったということはありました。 原作のしまっちゃうおじさんが割と淡々としているのに対し、アニメではおどろおどろしい恐怖のキャラになっていて、子どもの頃に見てトラウマになったという人、私の回りにもたくさんいます(笑)。 アニメの最初の打ち合わせの時に「原作は忘れてください」という話をしたんですが、それでああいうキャラになってしまったんだと思います。 ある意味ではなまはげ的な存在でもありますが。 原作とはまた違った世界が出てきたので、それはもうアニメのスタッフの功績だったと思います。 作者もそのひとり」と書かれていました。 何か手応えがあったのでしょうか? 自分で描いた時はそんなに確信めいた自信はなかったんですが、どんどん自分のイメージから離れて、読者やファンの人のイメージとして大きくなってしまいましたね。 だけどそれも、漫画ではいいことなので。 今回だけじゃなくて、いつもですね。 スナドリネコの「それは秘密です」にしても、シマリスくんの「いぢめる?」にしても、もっと広げれば広がったんですが、出し惜しみしてしまい、機会を逃していく。 てらいのようなものがあるというか、恥ずかしいのかもしれませんね。 漫画も月刊誌の連載ですから、月いちのペースでしか進みませんしね。 結局、レアなままなのかな(笑)。 これからも忘れた頃に登場させるかもしれません。 もっと出すことは可能なんですが、どんどん怪物化してしまうかもしれませんね。 または独立してスピンオフで「しまっちゃうおじさん」が主演の漫画を描くしかないでしょう。 シュールな感じでしょうか。 しまっちゃうおじさんは、いちばんシュールなキャラになりましたよね。 不条理なキャラって、そんなに人気が出るものでもないんですが、ある意味では「ぼのぼの」の世界はリアルなので、しまっちゃうおじさんは異色の存在ですね。 それでウケたのかもしれません。 オチが定番なので、「来た来たー!」という、吉本新喜劇のような安心感もあります。 私はあんまり定番的なものは描かないところもあるので、そこは珍しいですね。 胎内回帰というニュアンスは特に意識はしておらず、描いてみたら出てしまいました。 ある意味では、しまっちゃうおじさんがいちばん広げたキャラですね。 不思議ですが、ファンの方が広げてくれたので、私はそれに乗っかっただけかもしれません。 スナドリネコさんとつながるという設定は、後からふくらんでいったのですか? 本編の方でも描きましたが、しまっちゃうおじさんの正体はスナドリネコという裏設定です。 ここまで明確ではなかったですが、しまっちゃうおじさんはスナドリネコだという気持ちはなんとなくありました。 しまっちゃうおじさんは、ぼのぼのの夢の中に出て来たスナドリネコなんだと思います。 スナドリネコの分身というか、ピンクのスナドリネコなんですよ。 ピンクというか、たぶんポップなスナドリネコですね(笑)。 そうです。 赤ちゃん大好きです。 妊婦さんのお腹も好きなんです。 うらやましいとさえ思います。 これから生まれてくるものというか、まだ人間になっていないものに、祝福とあこがれと畏敬を感じるんです。 そうですね。 人になる前の存在のようなものに惹かれます。 動物もそうですが、そういう意味では「ぼのぼの」は、人になる前の存在でもあると思います。 それで動物を主人公にしたのかもしれませんね。 人ではない姿形でやりたかったというのはありましたし。 自分は人間の社会が、好きとも嫌いとも言えないものを抱いていたので、動物だとそうではない世界が描けるかもという気持ちはありましたが、それが哲学的かどうかはわかりません。 最初は哲学とかやるつもりはなくて、あくまで「内容」というか、なにか「中味」がある漫画にしたかったんでしょうね。 それに私の「哲学」というのは、たぶん永島慎二の影響だと思います。 いや、一番影響された方でして、今でもその影響下にあると思います。 もっとも「フーテン」とか「漫画家残酷物語」とかなので、あくまで「柔道一直線」の世界とはちがいます。 もっと言うと、永島慎二が当時住んでいた中央線文化に影響されたのかもしれませんね。 若い頃、東京でフーテンのようなことをやっていたのも、永島慎二の漫画の影響でした。 いつも旅に出ていて、たまに戻ってきてすぐいなくなってしまう、しまっちゃうおじさん以上のレアキャラ。 あんなに自由に生きられたらな、といつも思います。 私のキャラはレアキャラが多いですね(笑)。 アライグマくんのお母さんを見た人は私をフェミニストだと思うかもしれませんが、確かに「自由」ですね。 フーテンですね。 男性はみんなマザコン的なものがありますが、私もマザコンです。 その影響がアライグマくんのお母さんを誕生させたのかもしれませんが。 たぶん自分が男だからだとも思います。 母親を出すと、大概男性よりも強いキャラになってしまうという傾向はあります。 我が家もオヤジがダメなオヤジで、母親がすべて切り盛りしていましたから。 男性は基本ダメダメだと思います。 もちろん私もそうですが、何というか他人とうまくやれない。 女性はどうかというと、社会というものをもっと狭い意味で受け入れていると思います。 男性は広い意味でとらえ過ぎてしまって、結局受け止められなくなっているような気もしますが。 はい、死にそうになったら「ぼのぼの」を描きます(笑)。 私が「ぼのぼの」を描かなくなった時にぼのぼのたちは死んでしまうので。 かわいそうで、やめられない、というのが30年以上やりつづけた理由じゃないでしょうか。 最後はどこで描くのか知りませんが、「ぼのぼの」はネットでも描き続けますよ。 ユーチューバーになってるかもしれませんね(笑)。 やっても懐メロ的にしかならないと思いますが、それもいいですね。 もう最近の漫画界というのは私には理解できなくなっているので、我が道を行くとどんどん懐メロ的になるかもです。 今後はどんな展開を考えていますか? ありがとうございます。 もう我が道を行くしかないので。 ひとまず絵本をやりたいですね。 「ぼのちゃん」の絵本とかでも。 できればまた、しまっちゃうおじさんを出したいと思います。

次の

content.companyspotlight.com: テレビアニメ「 ちいさなおじさん 」DVD: チョー, 古木のぞみ, あさののい: DVD

おじさん アニメ

【おじさん達が選ぶ『はめふら』名シーンは?】 小野瀬:続いてのトークテーマは「おじさん達が選ぶ名シーン」。 お二人はどのシーンを選びましたか? 沖本:百合おじさんのぼくが選んだのは、第3話「麗しの美形兄妹と出会ってしまった…」終盤の舞踏会シーン。 最初は婚約者のジオルド王子や男性キャラ達と踊っていたカタリナですが、その後テラスで休んでいたらメアリとソフィアがやってきて「ずるいですわ、カタリナ様と踊れるのは殿方ばかりで」と不満を漏らすわけです。 それに対してカタリナが一緒に踊ろうと提案したら、メアリは「こんなこともあろうかと、男性パートを練習してきました」と、ソフィアも最近読んだ小説の話を引用して「女性同士でダンスを踊るシーンはロマンティックでしたわ」と。 そして、男性陣が微笑ましく見守る中、カタリナはメアリとソフィアと踊るんですが、作品側が百合おじさん目線でも楽しめるシーンを提示してくれて、嬉しかったですね。 小野瀬:メアリといえば、第2話「王子に勝負を挑まれてしまった…」で、アランと婚約したという話の時に「私も王子の婚約者になりました。 曙:私が選ぶ名シーンは、学園内でいじめられているマリアちゃんを助けるところ。 2回助けますけど、ここは1回目を推したいです。 マリアちゃんって本来、乙女ゲーム『FORTUNE LOVER』の主人公じゃないですか。 アニメで描かれているのはカタリナが主人公の物語で、マリアちゃんはそんなカタリナの存在を脅かすキャラクターなんじゃないかと、このシーンまで敵対視していました。 沖本:僕も同じです。 曙:最初に学園の廊下ですれ違ってスローモーションになるシーンなんて「うわー、ラスボス感半端ないな!」とすごくひやひやしてたんですけど、でも2人はちょっとずつ近づいていって。 そして、裏庭でモブ悪役令嬢達にいじめられている場面を見かけてすぐに助けにいくわけですが、その時のカタリナがカッコよすぎて「キャーーーーッ!」って悲鳴を上げそうでした(笑)。 小野瀬:カタリナは男前ですもんね。 曙:思わず、完全に乙女目線で観ちゃってて。 助けた後に地面に落ちたお菓子を食べて「美味しかったわ」なんて言われたら、もう死んじゃいます。 沖本:分かります。 小野瀬:カタリナって、そのシーンではジオルドのフラグを奪って、その他にもキースやアランのフラグを自然と奪っちゃうじゃないですか。 沖本:僕の中で、転生ものの主人公って斜に構えて達観してるというか、さとり世代的な人が多いイメージなんですが、カタリナって天然だけどすごく真っすぐで、そこが好感持てます。 小野瀬:最後に、私が選ぶ名シーンなのですが、第1話「前世の記憶を思い出してしまった…」ラストの、閉じこもってしまったキースの部屋の扉をこじ開けに行く場面。 ここで掴まれた人って多いと思うんです。 カタリナは、孤独を抱えるキースを構ってあげようと最初から行動していたのに、事故が原因で、キースは原作ゲーム通り部屋に引きこもってしまう。 曙:運命は簡単に変えられない、ということですね。 小野瀬:しかし、カタリナは変えられないと思われた運命と、固く閉ざされた扉をぶち破るわけですよ。 物理で。 そして、キースに向かって「これからもずっと一緒よ」と屈託なく笑いかけて、一人抱えていた孤独を埋めてあげる。 そんなカタリナの天然の優しさに涙が出そうになります。 沖本:あのシーンは、キースの過去のトラウマを破るという心情描写を、ドアを破るというアクションとリンクさせていて、アニメの演出的にも上手いと思いました。

次の

あらゆる作品のあらゆる中年おじさんキャラをまとめた

おじさん アニメ

内容紹介 今日、ちいさな、おじさんを、拾った。 主人公との何気ない日々を描いて、疲れた現代女性を癒す、30秒の短編作品が登場! ひっそりこっそり話題のショートアニメ「ちいさなおじさん」がDVDリリース! 宙出版より出版されている「ちいさいおやじ日記」「ちいさいおやじ日記2」をベースに、原作者・あさののい自らがパラパラ漫画スタイルで 制作した1話30秒のショートアニメーション「ちいさいなおじさん」。 「わたし」が「ちいさなおやじ」を拾ったところから始まるアニメは、 現在チバテレビ「金曜日はミックスフライ」にてひっそりと放送中! 待望のDVD化が決定! ちょっとうざくて、なんか気になり、意外とわがままな、謎なおじさん・・・こっそりとファン増殖中! 2007年「ちょい悪おやじ」、2010年「枯れおやじ」、2011年「おじさん図鑑」 小学館刊 、2014年は「ちいさなおじさん」! いとしき「ちいさなおじさん」は現代社会でひそかなブームに! 2014年は「ちいさなおじさん」がほんの少しだけ席巻していきます! 学生の私は一人暮らしでひきこもりがちだった。 そんな私が夏休み、コンビニに行った帰り道、拾ってしまった・・・ちいさなおじさんっ! ちょっとうざくて、なんか気になり、意外とわがままな、謎なおじさんとわたしたちの、いとしき日々! 夏休みのある日、コンビニからの帰り道で「ちいさなおじさん」を拾った女子学生の何気ない日常を綴る。 全30話を収録。

次の