国民 年金 保険 料 免除。 国民健康保険が軽減・免除される年収の条件は?退職や失業も対象に?

国民年金保険料の免除・猶予について|杉並区公式ホームページ

国民 年金 保険 料 免除

国民年金保険料を払わないデメリットや、新型コロナウイルスで年金保険料を払えなくなった人について解説します。 国民年金保険料っていくら?令和2年度の国民年金保険料は月額1万6540円です。 翌月末日までに支払わなければなりません。 この15年間で月額約3000円も上がっています。 会社員と公務員は給料からの天引きになるので、実際に月額1万6540円を支払わなくてはならないのは20歳以上60歳未満の自営業者や退職者、所得の高い主婦(夫)、配偶者が会社員・公務員以外の主婦(夫)等です。 失業中等支払うのが大変な場合は、国民健康保険や住民税の支払いが優先されがちで、国民年金保険料は後回しになることが多いようです。 国民年金保険料を支払わない期間が長期間あるとどうなる?国民年金保険料を支払わない(滞納)期間が長いと、デメリットは10年の期間を満たせず将来老齢年金がもらえないだけではありません。 障害年金でも保険料納付要件を満たせず、請求もできない事態や家族が遺族年金を受けられない事態もあります。 年金保険料を支払うのが大変に感じるときでも「支払わない」だけではダメなのです。 年金保険料免除・猶予、学生特例納付の申請をしましょう。 多種多様な国民年金保険料免除・猶予制度、基準の所得は?年金保険料申請免除や猶予は所得の基準や失業や被災に対しての考慮もあります。 まずは所得による基準を確認してみましょう。 市区町村役場の国民年金課で手続きをしてみましょう。 法定免除生活保護の生活扶助を受けている場合、障害年金1、2級の受給権者は市区町村役場へ「国民年金保険料免除理由該当届」を届け出ると、「全額免除」扱いになります。 申請月から2年1カ月前までの期間について、さかのぼって申請することができます。 前年所得の基準の目安を挙げます。 全額免除が単身で所得57万円以下、妻子1人扶養で所得127万円以下。 半額免除が単身で所得118万円以下、妻子1人扶養で所得188万円以下。 若年者猶予50歳未満で経済的な理由(低所得等)や離職、災害などの特別な理由により保険料が納められないとき。 所得の基準は全額免除と同じです。 学生特例納付20歳以上の学生のための制度です。 経済的な理由(学生本人の所得が118万円以下)、災害などの特別な理由により保険料が納められないとき。 申請免除や若年者猶予よりこちらの手続きが優先です。 国民年金保険料免除や若年者猶予、学生特例納付の申請は原則、毎年行うこと!住所地の市区町村役場に保険料の免除・猶予の申請を毎年行い、「保険料滞納期間」を無くするようにしましょう。 今年度(7月から来年6月)年金保険料の免除・猶予が認められても、来年度(来年7月以降)はわからないので忘れずに毎年7月に、保険料免除・猶予の申請をしておく必要があるので気を付けましょう。 ただし「全額免除」「納付猶予」は申請書に翌年度も同じ申請をする旨を書くと、「全額免除」「納付猶予」が認められた人に対して、翌年度は申請書の提出を省略することができます。 学生は毎年4月に学校が窓口で手続きを行っているので、20歳になったら誕生月に、その後は必ず毎年4月に学生特例納付の手続きを行いましょう。 もちろん市区町村役場でも手続きができます。 今年は新型コロナ拡大防止のため、多くの大学等で休校していることでしょう。 入学直後で学生証が発行されてない等の事情がある場合は、更新前の学生証や仮の学生証を添付すれば市区町村役場で申請手続きができます。 学生証や在学証明書等が添付できなくても学生の身分が確認できれば、添付書類なしでも受付してもらえるとのことです。 新型コロナウイルスによる雇止めや失業、廃業などは所得ゼロとして審査今年に入り、新型コロナ感染拡大を防ぐため、休業をやむなくされた事業所や、雇止めにあったり、失業したりした方も多いことでしょう。 国民年金保険料の支払いですが、通常の状態だと免除申請は、申請者本人、配偶者および世帯主の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が審査の対象になります。 ただし、新型コロナ感染拡大により、失業、事業の廃止(廃業)または休業の届出を行っている場合の免除申請は、失業した方・事業を廃止等された方の所得は、「ゼロ」として審査されるのです。

次の

国民年金保険料免除制度

国民 年金 保険 料 免除

ページ番号1004594 更新日 令和2年5月1日 国民年金第1号被保険者は、加入者自らによって保険料を納めていただくことが原則です。 しかし、経済的な理由等で保険料を納めることが困難な場合には、保険料の納付を免除または猶予する制度があります。 ただし、任意加入中の方は対象外です。 保険料を未納のまま放置すると、将来、年金(老齢・遺族・障害)を受け取ることができなくなる可能性がありますので、保険料の納付が困難な場合には「国民年金保険料免除・納付猶予制度」(学生の方は「学生納付特例制度」)の申請を行ってください。 免除等の審査は、原則として住民税の申告所得により行います。 災害や失業など、その他の状況によって条件が異なりますので、ご希望の方はお問い合わせください。 所得審査基準や申請書など、国民年金保険料の免除・猶予制度の詳細については、以下の日本年金機構のホームページをご覧ください。 新型コロナウイルス感染症の影響による減収を事由とする国民年金保険料免除 令和2年5月1日から、新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少した方に対して保険料免除等に「臨時特例」の措置が設けられました。 申請は、日本年金機構ホームページをご覧の上、郵送でお手続きください。 申請後は日本年金機構で審査し、おおむね2から3カ月後に審査結果が送付されますので、ご確認ください。 学生納付特例 学生納付特例は、収入の少ない学生の保険料の納付を「猶予」し、社会人になってから納めることを期待して設けられた制度です。 対象となるのは、日本国内の大学(大学院)、短期大学、高等学校、専修学校などの対象校に在学している方です。 なお、学生納付特例制度に該当しない学校もありますので、その場合には、申請免除(全額・一部)または納付猶予の申請が可能です。 また、学生納付特例制度は、申請する年度の前年所得による所得審査があります。 本人の所得が一定額以下の場合や失業等の理由がある場合には保険料の納付が猶予されます。 所得基準を超える場合でも、失業等による特例申請があります。 詳しくは、下記の「失業した方や災害にあわれた方の特例」の項目をご覧ください。 申請できる期間• 20歳以降の学生である期間のうち、過去期間は申請が受理された月から2年1カ月前(すでに保険料を納付した月を除く)まで、将来期間は年度末まで申請できます。 申請は毎年度必要です。 1枚の申請書につき申請できるのは1年度分(4月から翌年3月まで)のみです。 過去の年度分も申請する場合は、複数の申請書を提出する必要があります。 手続きに必要なもの• 年金手帳、本人確認書類(下記、「本人確認について」を参照ください。 学生証または在学期間のわかる在学証明書等• 別世帯の方が代理で申請する場合は、委任状、認印、窓口に来る方の本人確認書類 手続き場所 国民年金係(区役所中棟2階) 杉並年金事務所国民年金課(杉並区高円寺南2丁目54番9号) 申請免除(全額免除・4分の1納付・半額納付・4分の3納付) 収入が少なく、本人、配偶者(別居中の配偶者を含む)、世帯主それぞれの前年所得が一定額以下の場合に、申請し承認されると、保険料の全額または一部の納付が免除される制度です。 失業等の理由により特例での申請をご希望の方は、下記の「失業した方や災害にあわれた方の特例」の項目をご覧ください。 なお、学生納付特例の対象となる方は、申請免除を申請することはできません。 申請できる期間• 過去期間は申請が受理された月から2年1カ月前(すでに保険料を納付した月を除く)まで、将来期間は翌年6月(1月から6月に申請するときは、その年の6月)分まで申請できます。 申請は毎年度必要です。 1枚の申請書につき申請できるのは1年度分(7月から翌年6月まで)のみです。 過去の年度分も申請する場合は、複数の申請書を提出する必要があります。 手続きに必要なもの• 年金手帳、本人確認書類(下記、「本人確認について」を参照ください。 別世帯の方が代理で申請する場合は、委任状、認印、窓口に来る方の本人確認書類 手続き場所 国民年金係(区役所中棟2階) 杉並年金事務所国民年金課(2階 杉並区高円寺南2丁目54番9号) 納付猶予 50歳未満の方で、本人、配偶者(別居中の配偶者を含む)それぞれの前年所得が一定額以下の場合に、申請し承認されると保険料の納付が猶予される制度です。 (注意)平成28年7月から対象年齢が拡大されました。 平成28年6月以前の期間については、30歳未満の方に限ります。 失業等の理由により特例での申請をご希望の方は、下記の「失業した方や災害にあわれた方の特例」の項目をご覧ください。 なお、学生納付特例の対象となる方は、申請免除を申請することはできません。 申請できる期間• 過去期間は申請が受理された月から2年1カ月前(すでに保険料を納付した月を除く)まで、将来期間は翌年6月(1月から6月に申請するときは、その年の6月)分まで申請できます。 申請は毎年度必要です。 1枚の申請書につき申請できるのは1年度分(7月から翌年6月まで)のみです。 過去の年度分も申請する場合は、複数の申請書を提出する必要があります。 手続きに必要なもの• 年金手帳、本人確認書類(下記、「本人確認について」を参照ください。 別世帯の方が代理で申請する場合は、委任状、認印、窓口に来る方の本人確認書類 手続き場所 国民年金係(区役所中棟2階) 杉並年金事務所国民年金課(2階 杉並区高円寺南2丁目54番9号) 失業した方や災害にあわれた方の特例 次に該当する方は、学生納付特例、申請免除、納付猶予のいずれの場合も特例による申請ができます。 失業や廃業などにより保険料の支払いが困難になった方• 震災、火災、風水害などの災害で、財産のおおむね2分の1以上の損害を受けた方 必要書類を添付することで、特例に該当する方は所得審査から除外されます。 ただし、それ以外の審査対象となる方の所得審査は通常通り行われますので、その方々の所得が一定額以下でない場合には承認されないことがあります。 申請できる期間 免除等申請期間のうち、失業(退職日の翌日)の前月から翌々年の6月分まで申請することができます。 ただし、学生納付特例の場合は、失業の前月から翌々年の3月分までです。 手続きに必要なもの• 年金手帳、本人確認書類(下記、「本人確認について」を参照ください。 別世帯の方が代理で申請する場合は、委任状、認印、窓口に来る方の本人確認書類• 失業した方の特例 失業を確認できる下記の書類のうちいずれかのもの• 雇用保険被保険者離職票• 雇用保険被保険者資格喪失確認通知書• 雇用保険受給資格者証• 雇用保険被保険者資格取得届出確認照会回答書• 災害にあわれた方の特例• り災証明書 手続き場所 国民年金係(区役所中棟2階) 杉並年金事務所国民年金課(2階 杉並区高円寺南2丁目54番9号) 法定免除 所得にかかわらず、次のいずれかに該当したときは保険料の納付が免除されます。 これを法定免除といい、該当したときには届け出が必要です。 障害基礎年金、障害厚生年金または障害共済年金の1・2級を受給しているとき• 生活保護法による生活扶助を受給しているとき(外国人を除く) 免除該当期間 上記の要件に該当した月の前月から、原則、要件に該当しなくなった月までです。 手続きに必要なもの• 障害年金受給中の方• 年金証書• 生活保護法による生活扶助を受給中の方• 保護証明書• 年金手帳 (注意)別世帯の方が代理で申請する場合は委任状、認印、窓口に来る方の本人確認書類 手続き場所 国民年金係(区役所中棟2階) 杉並年金事務所国民年金課(2階 杉並区高円寺南2丁目54番9号) 産前産後期間の免除 平成31年4月1日から所得の有無にかかわらず、産前産後期間の保険料が免除される制度が始まりました。 この期間は国民年金の保険料納付済み期間に算入されます。 この制度の対象となる国民年金第1号被保険者は平成31年2月1日以降に出産された方です。 (妊娠85日以上で死産・流産・早産・人工妊娠中絶された方も対象です。 )届出は出産予定日の6カ月前から行うことができます。 また、すでに他の免除制度や猶予制度を受けている方も新たに手続きが必要です。 当該期間の保険料をすでに納付されている場合は保険料が還付されますが、この期間の以前に未納があった場合は、未納の期間の保険料に充当されます。 免除該当期間 出産予定日または出産日の属する月の前月(多胎妊娠の場合は3カ月前)から出産予定月の翌々月までの期間(ただし、免除されるのは平成31年4月以降の保険料です)。 手続きに必要なもの 1.年金手帳、母子手帳(死産証明書、死胎埋火葬許可証の写し)、本人確認書類(下記、「本人確認について」を参照ください。 ) 2.別世帯の方が代理で申請する場合は、委任状、認印、窓口に来る方の本人確認書類 手続き場所 国民年金係(区役所中棟2階) 杉並年金事務所国民年金課(2階 杉並区高円寺南2丁目54番9号) 本人確認書類について 窓口では、次のいずれかの方法で本人確認を実施しています。 ご来庁の際には、下記に記載されている証明書等をお持ちください。 1点のご提示で確認させていただくもの 必要な証明書 官公署が発行した証明書などで顔写真があるもの 例として、運転免許証、旅券(パスポート)、マイナンバーカード、住民基本台帳カード(写真あり)、在留カード、特別永住者証明書 など• 2点以上のご提示で確認させていただくもの 必要な証明書 例として、年金手帳、健康保険証、介護保険証、年金証書、住民基本台帳カード(写真なし)、(写真付き)社員証、(写真付き)学生証、預金通帳、キャッシュカード など (注意)本人または同一世帯員でない方からの申請の場合、ご本人が記載した委任状と代理人の本人確認書類をお持ちください。 詳しくは、事前にお問い合わせください。

次の

国民年金が払えない!保険料払わないとどうなるの?(2020年6月13日)|BIGLOBEニュース

国民 年金 保険 料 免除

<国民年金の免除制度 目次>• 老後の年金がなくなるかも! 受給条件は加入期間10年以上 老後に老齢年金を受給するためには、 国民年金や厚生年金などの加入期間が10年以上ないといけません。 つまり9年11カ月の間、年金保険料を納めたとしても、老後の年金額は0円ということになるのです。 平成29年7月までは、加入期間が25年以上という条件でした。 25年以上の加入期間から10年になり、年金が受け取れないという人は減りました。 とはいっても、老齢年金は加入期間によって支給額が変わります。 加入期間が長い方が年金額は多くなります。 このように加入期間は大切。 60歳を過ぎてから「しまった!」と思っても遅いのです。 加入期間は途切れなくしておくのがポイントです。 障害・遺族年金も、もらえなくなる? 年金は老後のためだけではありません。 病気やケガによって法令で定められた障害状態になれば、「障害年金」が支給されます。 また、死亡した場合、18歳以下の子ども(障害がある子は20歳未満)がいる場合は「遺族年金」も支給されます。 国民年金での障害基礎年金は、障害1級で年間99万7125円。 遺族基礎年金は、子が1人と妻の場合は年間100万6600円(令和2年度)。 いずれも、年金がない生活は考えられませんよね。 これらの受給は、きちんと国民年金に加入していないともらえませんよ。 年金は老後のことだけではありません。 条件によっては保険料の免除制度も利用可能 とはいっても、退職後で定職もなく生活をするのがやっと……という状況では、保険料の納付も大変。 国民年金の保険料は月払いで1万6540円(令和2年度)。 家計にかなりの負担になります。 国民年金保険料が免除される所得基準。 前年(もしくは前々年)の所得で判断される。 夫か妻のいずれかのみに所得(収入)がある世帯の場合。 一部免除の目安の所得(収入)は、一定の社会保険料を支払っていることを前提とした場合の目安 上の表は、国民年金保険料の免除制度が利用できる所得基準です。 この免除制度は、 家族構成とその所得によって、免除が受けられるか、受けられるとしたらその範囲が決まります。 例えば、夫婦2人の世帯であれば、92万円の所得で全額が免除、195万円の所得で半額免除が受けられます。 判断基準となる所得ですが、前年(または前々年)のものが対象となりますのでご注意ください。 所得は、収入から扶養親族等控除額や社会保険料控除額などを引いたものです。 およその収入が上の表のカッコ内に記載してありますので、参考にしてください。 夫か妻のみの所得があり、一定の社会保険料を払っていることを仮定しています。 この所得ですが、本人だけでなく、配偶者や世帯主の所得も所得基準の範囲内である必要があります。 自分自身の収入がなくても、他の家族に収入があれば免除が許可されないということです。 全額免除でも、年金額は2分の1もらえる 免除されている間は年金加入期間としてカウントされます。 なので、加入期間が足りなくて老齢年金が受け取れないという事態は少なくなりそうです。 また、将来の老齢年金の受け取れる年金額も少しは増えます。 例えば、全額免除でも、保険料を全額払った場合の2分の1は支給されます(平成21年3月分までは3分の1となります)。 全額免除 年金額1/2(平成21年3月分までは1/3)• 4分の1納付 年金額5/8(平成21年3月分までは1/2)• 2分の1納付 年金額6/8(平成21年3月分までは2/3)• 4分の3納付 年金額7/8(平成21年3月分までは5/6) 基礎年金の国庫負担が平成21年4月より、3分の1から2分の1に引き上げられました。 それにともない、全額免除での年金支給は、3分の1から2分の1に引き上げられました。 さらに、免除の効果が高くなったわけです。 国民年金の免除制度、失業者向け「特例免除」も これらの免除の所得基準は、前年の所得で判断されるものです。 なので、今年になって退職し収入もなくなったのだけど、去年は収入があったという人は、上の免除制度が利用できません。 そんな時は「 失業等による保険料免除」を利用しましょう! 「失業等による保険料免除」は、前年の所得があっても国民年金免除制度が利用できる特例 本来であれば、本人と配偶者、世帯主の所得で免除の審査をされていたのですが、この特例では、 本人の所得を除外して審査がされます。 前年の所得があっても免除制度が利用できるのは、失業者にとってありがたいですよね。 この特例が利用できるのは、その年度または前年度に退職(失業)の事実がある場合です。 この特例も、通常の免除と同様に加入期間にカウントされますし、年金額もアップします。 該当する人はすぐにでも申請をしましょう。 国民年金免除の申請手続きは、自治体窓口か郵送で 免除申請の手続きは、住民登録をしている市区町村役場の国民年金担当窓口へ申請します。 郵送でも申請ができます。 申請用紙は、市区町村の窓口や年金事務所で、もしくはよりダウンロードして入手します。 また、この 申請は毎年行わないといけません。 免除の申請サイクルは7月から6月までです。 7月になったら新たに申請をするようにしましょう。 いかがですか? 年金といえば遠い先のことと思わずに、今できることを対策しておきましょう。 年金不安などといわれていますが、年金が受給できないとなると、安定した生活は難しいかもしれません。 まずは、年金を受けられるように手続きをしておきましょう。 【関連記事】•

次の