契約 社員 派遣 社員 違い。 【図解付き】派遣契約・請負契約の違いをわかりやすく解説

準社員、契約社員、派遣社員、正社員の違いは?将来一番得とする雇用形態とは

契約 社員 派遣 社員 違い

目次 派遣社員と契約社員の違い まず、派遣社員と契約社員の一番の違いは、「誰に雇われているのか」という点です。 派遣社員の雇い主は派遣会社であり、契約社員の雇い主は就業先企業です。 一般派遣の場合、派遣社員と派遣会社との雇用関係は、就業先(派遣先企業)が決まった時点で発生します。 それに対して、就業先の企業と直接雇用契約を結ぶのは、正社員、パート、アルバイトなどにも共通する「直接雇用」という形態になります。 続いて、派遣社員と契約社員に関する基本的な知識や、それぞれの違いを比較してみましょう。 まずは、派遣社員のメリット・デメリットをご紹介します。 どちらの働き方が自分のライフスタイルに合っているかをイメージしながら、読み進めてくださいね。 メリット 派遣会社がお仕事を案内してくれる 派遣登録時に、経験職種やスキル、お仕事への希望をヒアリングしたうえで、その方の能力を活かせるようなお仕事を案内してもらえます。 さらに、契約終了後も派遣会社が次のお仕事の案内やキャリアの相談に乗ってくれます。 ライフステージに合わせて自由な働き方を選択できる 結婚、出産などのライフイベントを経験する女性にとって、環境やライフステージに合わせて柔軟に働き方を変えられるのは大きなメリット。 これまでのキャリアを活かしながら、子どもが小さいうちは時短勤務にして、子育てが落ち着いてからフルタイムに戻すなど、フレキシブルな選択ができます。 求人状況にもよりますが、家から近い就業先や時間・曜日などの希望からお仕事を選ぶこともできます。 派遣会社の営業担当が就業先(派遣先企業)と交渉してくれる 仕事の悩みや待遇面の希望など、派遣先企業に直接言いにくいことがあれば、派遣会社の営業担当が間に入って、やり取りをしてくれます。 時給アップを実現したいときも、更新時などの適切なタイミングで営業担当に相談すれば、交渉がスムーズに進むことも。 もちろん、就業環境次第で、業務範囲の幅を広げることも可能。 その場合は、契約を取り直します。 職種や業務に特化して働くことで、それだけ、専門性を活かしたプロフェッショナルとして成長することが可能です。 ひとつの会社で経歴を深めていけない 有期雇用である以上仕方がありませんが、契約期間が決まっている働き方なので、ひとつの会社だけでキャリアを深めたい場合は、別の働き方が向いているでしょう。 ただ、言い換えればたくさんの会社を経験し、柔軟な対応力を身に着けられるということ。 実務スキルの専門性を上げながら、どんな企業でも対応できる人材に成長できる可能性が高まります。 高時給のお仕事は、専門性やスキルが必要になる スペシャリストである派遣社員には、即戦力としての活躍が期待されています。 より市場ニーズが高い、高度な経験やスキル、資格等が求められる仕事ほど、時給が高くなる傾向があります。 もちろん、未経験からチャレンジできるお仕事もありますが、「その分野で長く働きたい」「キャリアアップを目指したい」という場合は、自己学習などでもスキルを磨いていく必要があります。 契約社員のメリット・デメリット 次に、契約社員のメリット・デメリットについてもご紹介します。 派遣社員の特徴と比較しながら、自分にはどちらが合っているのか考えてみましょう。 メリット ひとつの会社でさまざまな仕事を経験できる 直接雇用であるために、汎用性の高いスキルを持つ人材として育成されることが多く、幅広い仕事を任される可能性が高いのが特徴です。 正規雇用のチャンスがあることも 契約社員として一定期間就業した後に正社員となるケースもあり、優秀な人材を積極的に正社員登用している企業もあります。 将来的に正社員を希望している場合は、これまでの正社員登用実績など、会社の状況も調べておくとよいでしょう。 デメリット 転職活動の労力が大きい 人材紹介会社などでサポートしてもらえるケースもありますが、求人情報の比較・検討、応募書類の作成、面接対策など、契約満了時の転職活動はすべて自分で行う必要があります。 契約更新時の条件交渉などは自分で行う必要がある 契約社員は、直接雇用かつ契約期間の定めがある雇用形態です。 よって、一定期間ごとに就業先企業と雇用される人が、双方の意向のもとに契約更新を行います。 契約更新のタイミングで、就業先企業との条件交渉などは、すべて自分で行う必要があります。 ライフスタイルにあわせた働き方をしたいなら派遣社員がオススメ 派遣社員と契約社員の違いをふまえて、どちらが自分に向いているのか、イメージは掴めましたか?ライフスタイルが多様化するなかで、これからの時代はそれぞれの雇用形態のメリット・デメリットを理解し、自分に合った働き方を選ぶことが大切です。 「結婚・出産など、それぞれのライフステージにあわせて柔軟に働きたい」「専門性を高めてキャリアアップしたい」という希望がある方は、派遣という選択肢を検討してみるのもオススメです。 また、派遣会社が派遣先企業と派遣スタッフの間に入って、さまざまなフォローしてくれることも、働きやすさの面での大きなメリット。 今後のお仕事探しの際は、ぜひ「派遣」という選択肢も加えてみてはいかかがでしょう。 参考サイト•

次の

正社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトの違いは?|メディプラお仕事さがし

契約 社員 派遣 社員 違い

契約社員とは? 契約社員の働き方や特徴を解説 契約社員とは、働く期間の決まっている従業員のことをいいます。 他の働き方とは違い、契約時に3ヶ月や1年など、期間を定めて雇用されるのが最大の特徴です。 契約期間は3年(高度専門職・60歳以上の高齢者は5年)が上限で、契約が満了になると契約を更新するか、更新せず退社するか、どちらかの対応を取ります。 職種や業務内容は様々で、会社によっては正社員登用制度があったり、「契約社員」ではなく「準社員」「臨時社員」などの呼び方をされていたりする場合もあります。 契約社員と正社員の違いは? 契約社員と正社員で共通している部分 契約社員と正社員で共通しているのは、会社に直接雇用されているという部分です。 そのため給与は雇用されている会社から直接支払われます。 契約途中での解雇は「やむを得ない事由」がないとできない点も、正社員と同様です。 社会保険や有給休暇についても、雇用期間や勤務時間などの条件を満たせば雇用形態によって差はありませんので、正社員と同様の待遇を受けることができます。 契約社員と正社員で異なる部分 正社員 契約社員 雇用期間 決まっていない 契約時に決める 福利厚生 比較的充実している 正社員より充実していない 退職金 ある場合が多い ない場合が多い 社会的信用 高い 正社員より低い 契約社員と正社員で異なるのは、まずは雇用期間が決まっているかどうかです。 正社員は一度働き始めると、ほとんどの場合定年まで働き続けることができます。 正社員をクビにするためには、労働契約法で定められた条件を満たす必要があるからです。 一方契約社員は、期間が満了した時に自分はまだ働きたいと思っていても、会社側に契約更新を断られてしまう場合があるのです。 参照:.

次の

契約社員と派遣社員の仕組みの違い

契約 社員 派遣 社員 違い

【このページのまとめ】• ・派遣社員は派遣会社と契約をするが、契約社員は就業先と直接契約を結ぶのが特徴 ・派遣社員と契約社員はどちらも契約期間が決まっていて、それ以上は会社の判断次第 ・派遣社員と契約社員のどちらがいいかは、将来のキャリアプランや希望する働き方による ・派遣社員から契約社員への切り替えをする場合は、契約書の確認を入念に行うべき 派遣社員と契約社員はどちらの方が良いのか悩んでいる人もいるでしょう。 派遣社員と契約社員は雇用主が異なりますが、大きな優劣はありません。 「どんな仕事をしたいか」「明確なキャリアプランがあるか」など、希望によって適性が分かれます。 派遣社員と契約社員の異なる点だけでなく、向き・不向きについても解説しますので、雇用形態に迷っている方は参考にしてください。 コンテンツ目次• 派遣社員と契約社員の違いとは? 派遣社員と契約社員の大きな違いは「雇用主」です。 契約社員は就業先の会社と直接雇用契約を結びます。 一方、派遣社員が雇用契約を結ぶのは就業先ではなく、派遣会社です。 派遣社員の働き方 派遣社員は時給制であることがほとんど。 派遣社員が同じ会社に勤められるのは3年以内と定められており、それ以上働き続ける場合は正社員登用をしてもらわなくてはいけません。 また、派遣社員は多くの場合、3ヶ月くらいを目安に都度契約更新をする必要があります。 契約期間が短いことが、「派遣社員=不安定」というイメージにつながっているようです。 契約社員の働き方 契約社員は就業先によって給与形態が異なります。 正社員と同様、月給制としている会社もあれば、アルバイトのように時給制を採用しているところも。 なかには、契約社員もボーナスの支給対象とされていることもあり、会社によってさまざまです。 契約社員も派遣社員と同じく、働き続けられるのは原則3年までとされています。 ただし、更新は可能であり、改めて契約をすれば3年以上勤められるのが契約社員の特徴です。 また、会社によっては出勤時間を自由に選べたり、副業が許可されていたりするなど、正社員よりもやや自由な働き方ができることもあります。 正社員やパートとの違い 派遣社員と契約社員はよく混同される雇用形態ですが、正社員やパートとの違いについても詳しく解説します。 より多くの経験を積める「正社員」 正社員は、ほかの雇用形態よりも裁量の大きい仕事に関われます。 場合によっては、管理者などの役職を任されることも。 責任のある仕事の経験を積むことで、スキルアップができるだけでなく、活躍の幅もどんどん広がっていくでしょう。 勤務時間に融通が利く「パート」 パートは「パートタイム」の略であり、派遣社員や契約社員よりも勤務時間や日数に融通が利くのが特徴です。 契約期間は会社によって異なり、特に期間の定めがない場合もあります。 <関連記事>• 派遣社員のメリット・デメリット 派遣社員として働くメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。 派遣社員のメリット 派遣社員は不安定というイメージを持っている方も多いようですが、派遣ならではのメリットもあります。 契約社員より時給が高いことが多い 派遣社員の時給は契約社員やパートと比較すると、高めに設定されていることもしばしば。 派遣社員を募集している会社は人材の確保に急いでいる場合も多く、少しでも興味を持ってもらえるように高めの時給を設定しているのです。 次の会社を自分で探す必要がない 就業先との契約期間が終了したら次の就業先を探さなくてはいけませんが、派遣社員の場合は派遣会社が行ってくれます。 「また仕事を探さないと……」という不安を感じることなく働き続けられるのは大きなメリットでしょう。 条件の交渉を自分でしなくて済む 派遣社員は派遣会社を通して就業するので、就業時間や給与などの交渉も代わりに行ってくれます。 素直な希望はなかなか会社に伝えづらいもの。 派遣会社の人であれば、気負いすぎずに伝えられるでしょう。 さまざまな会社で働くことでスキルアップできる 派遣先によって異なったスキルを身につけられるのも、派遣社員ならではのメリットです。 派遣会社で扱っている求人は事務職から専門職までさまざま。 未経験でも就業可能な求人も多いので、多種多様な分野に積極的にチャレンジできます。 派遣社員のデメリット 派遣社員のデメリットについても解説します。 時給が高めでも、交通費の支給がない 先述のとおり、時給が高めに設定されているのが派遣の特徴ですが、交通費の支給はないことがほとんど。 時給が高いからと遠い場所の就業先を選ぶと、損をしてしまう可能性もあります。 就業先は自宅からさほど離れていない会社、もしくは交通費が支給されるところを選ぶようにすると良いでしょう。 ボーナスの支給はないことが多い 派遣社員は就業先の会社と直接雇用契約をしているわけではないため、基本的にボーナスの支給対象にはなりません。 また、福利厚生についても適用されない場合があるので、契約の際にはよく確認する必要があります。 評価が給与に反映されにくい 派遣社員は正社員と違い、業務での成果が給与に反映されにくいと言われています。 派遣社員は契約期間に定めがあることもあり、評価につながるほど大きなプロジェクトを任される機会が少ないのが現実。 評価を仕事のモチベーションにして働きたいと考えている方には、デメリットに感じるポイントでしょう。 雇用主と上司が違うことで、トラブルの解決に時間がかかる 派遣社員と就業先の会社とのやりとりは基本的に派遣会社を通して行うので、問題の解決に時間がかかる場合があります。 派遣会社に仲介をしてもらえるのはメリットですが、人によっては直接伝えられないことがデメリットに感じるかもしれません。 <関連記事>• 契約社員のメリット・デメリット 契約社員のメリットとデメリットについても解説します。 契約社員のメリット 派遣社員よりも安定しているイメージを持たれる契約社員のメリットについて詳しくご紹介します。 交通費が別途支給されることが多い 契約社員は給与とは別に交通費が支給される場合が多いとされています。 交通費が支給されることで、勤務地の選択肢が増えるのは大きなメリットでしょう。 正社員になれる可能性がある 契約社員は就業先の会社と直接雇用契約を結んでいるので、状況によっては正社員に登用してもらえる可能性もあります。 正社員を目指す場合は、就業先の会社に正社員登用制度があるかどうか確認しておきましょう。 やりがいのある業務に関われることが多い 会社と直接雇用関係にある契約社員は、正社員のようにやりがいのある業務を任せられることもあります。 会社によってはサポート業務へまわるよう指示される場合もありますが、成果を出せばしっかり評価してもらえるでしょう。 退職を切り出しやすい 契約社員は契約に限りのある雇用形態なので、更新をしなければ退職することとなります。 将来やりたいことが別にある場合や、事情によって長年働き続けるのが難しい人でも気兼ねなく働けるでしょう。 契約社員のデメリット 契約社員のデメリットについて紹介します。 契約期間に定めがある 契約社員は正社員とは違って期間に定めがある雇用契約です。 雇用期間は原則3~5年とされています。 「」が適用された場合は働き続けられますが、最終的な判断をするのは会社側です。 また、「無期契約雇用制度」が適用されたからといって、自分にとって良い条件で働けるとも限りません。 人によっては「期間に定めがあること」をデメリットに感じる場合もあるでしょう。 場合によっては契約が切られることも 会社側に契約更新を提案された場合はそのまま働き続けられますが、ときには逆のパターンも。 会社側に仕事のレベルが不足していると捉えられた場合や、経営不振によって契約が切られてしまうこともあります。 安定性を重視したいという方は、できるだけ正社員を目指すのがおすすめです。 契約満了後は再び就職活動をしなくてはならない 派遣会社が仲介をする派遣社員とは違い、契約社員は契約終了後の就業先を自分で探す必要があります。 雇用形態を考える際は、契約終了後のことも頭に入れておきましょう。 正社員に比べるとキャリアを積みにくい 派遣社員と比較するとやりがいのある仕事に関われますが、正社員のようにプロジェクトの中枢に携われる機会は少なめ。 将来のキャリアプランがある場合や、スキルアップを望む場合は、業務内容についてしっかり確認しておくことが大切です。 派遣社員と契約社員、向き不向きはある? 派遣社員と契約社員、それぞれのメリットとデメリットをご紹介しましたが、どちらのほうがいいかは、向き・不向きによります。 雇用形態それぞれの特徴から向いているタイプについて紹介するので、働き方に迷っている方は参考にしてみてください。 派遣社員に向いているタイプ 派遣社員に向いている人のタイプは以下のとおりです。 ・労働条件について自分で交渉するのが苦手 ・決まった範囲内の業務だけ関わりたい ・さまざまな会社で業務を経験したい ・大手企業で働きたい 業務の中でのスキルアップが求められにくい派遣社員は、決まった範囲の仕事をしたい方に向いているでしょう。 また、大手企業では派遣社員の募集をしていることが多いので、憧れの会社に勤めたいという人にもおすすめです。 契約社員に向いているタイプ 契約社員に向いている人のタイプは以下のとおりです。 ・第三者を介さずに自分で企業と交渉したい ・将来的に正社員雇用の道も考えておきたい ・より業務の中枢に関わりたい 雇用主と働く職場が違うという仕組みに抵抗がある人は契約社員向きです。 また、業務へのやりがいを重視している人や、正社員の道も視野に入れている人は契約社員のほうが将来の幅が広がるでしょう。 <関連記事>• 派遣社員から契約社員に切り替えるときの注意点 人によっては派遣先の会社から直接雇用の声がかかることも。 直接雇用に切り替える際は、雇用契約書にしっかり目を通すことが大切です。 直接雇用に切り替えたからといって、必ずしも自分にとって希望の働き方ができるとは限りません。 契約を変更するときは慎重に判断しましょう。 「正社員の経験がないから不安」という方は、若年層の就職支援に特化したハタラクティブをご利用ください。 ハタラクティブでは正社員経験のない人の悩みや不安をヒアリングし、個人の適性や希望に合った求人紹介を行っています。 また、専任の就活アドバイザーがマンツーマンで、応募書類の添削や面接対策、選考のスケジュール調整、入社後のフォローなどを行い、就職活動をフルサポート。 1人での就職活動に不安を感じている方や雇用形態に迷っている方は、お気軽にご相談ください!.

次の