ストライカー ドラゴン。 『ストライカードラゴン』でこっそり強化『エンディミオンルパン三世?』

【《ストライカー・ドラゴン》はいくら?】初動相場,買取価格まとめ

ストライカー ドラゴン

1 :このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「リボルブート・セクター」1枚を手札に加える。 2 :自分フィールドの表側表示モンスター1体と自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。 対象のフィールドのモンスターを破壊し、対象の墓地のモンスターを手札に加える。 まず 「ストライカー・ドラゴン」とはどんなカードなのかについておさらいをしていきます。 レベル 4以下のドラゴン族モンスター 1体を素材にして出せるリンク 1モンスターであり、リンク召喚時に 「リボルブート・セクター」をサーチする効果、自分フィールドの表側表示モンスター 1体を破壊して墓地の 「ヴァレット」モンスターをサルベージする効果を持っています。 サーチできる 「リボルブート・セクター」とは、 2種類の効果によって 「ヴァレット」モンスターを蘇生または手札から特殊召喚できる効果を持つ 「ヴァレット」専用で展開力向上が出来るフィールド魔法カードです。 1ターンにどちらか片方しか使えませんが、手札の 「ヴァレット」モンスターや相手フィールドのモンスターと自分フィールドのモンスターの数等によって使い分けることで安定したアドバンテージを稼ぐことが出来ます。 また自分フィールドのモンスターを対象に取る効果を持つリンクモンスターであるため、 「ヴァレット・ドラゴン」モンスターの共通効果のトリガーとしても利用できます。 「ヴァレット・ドラゴン」モンスターを対象に取る場合、 「ストライカー・ドラゴン」の効果を優先して 「ヴァレット」モンスターのサルベージをするか 「ヴァレット・ドラゴン」モンスターの誘発効果を優先して固有効果を使うかのどちらか 1つを選ぶことになります。 「ヴァレット・ドラゴン」モンスターも固有効果によっては除去や妨害などが出来るので状況の打破に繋げられます。 どちらを優先しても破壊したのが 「ヴァレット・ドラゴン」モンスターである以上エンドフェイズの後続を出す効果を使えますので、状況によって使い分けられることは間違いなくメリットになっています。 「ストライカー・ドラゴン」の 2つの効果は 「ヴァレット」デッキでは非常に使い勝手が良く、デュエル序盤に使いたいカードとしてはトップレベルになります。 「リボルブート・セクター」による展開が安定して狙うことが出来れば 「ヴァレット・ドラゴン」モンスターが持つ後続展開効果も相まって切り返しや場面の維持がしやすくなるため強力です。 また 「ヴァレット」デッキはエースにリンク 4 「ヴァレル」モンスターを据えていることもあり、 1ターンで状況を覆すことも比較的容易に狙える点も強力な要素になっています。 スポンサーリンク 「ストライカー・ドラゴン」の現在の相場は? 「ストライカー・ドラゴン」の現在の 買取価格は 約 400~ 600円、 相場価格は 約 700~ 1000円ほどになっています。 Vジャンプの定価が 580円(税込)であることを踏まえるとどれほど需要が高いのか分かるかと思います。 その翌日に 「ヴァレット」デッキを大幅に強化できるストラクチャーデッキ-リボルバー-が発売するということもあり、これまで 「ヴァレット」デッキを作っていなかった人も 「ヴァレット」デッキを使えるようになるということも 「ストライカー・ドラゴン」の価格高騰に影響しています。 実際にストラクチャーデッキ-リボルバー-は新規も再録も優秀なラインナップをしていたこともあり、購入を考える人も多かったようです。 そしてストラクチャーデッキ-リボルバー-を買うなら併せたい 「ストライカー・ドラゴン」も買っておきたいというのが当然かとも思います。 そういった経緯もあり、 「ストライカー・ドラゴン」すでに Vジャンプの定価を越えた価格で取引されています。 「ストライカー・ドラゴン」は今後高騰するのか?まとめ! アニメの展開次第とも言えますが、十中八九 「ヴァレット」テーマ関連の新規カードは今後も登場するかと思います。 それらの性能は未知数ではあるものの、 「ヴァレット」テーマが更に強化されるようであれば 「ヴァレット」デッキは今以上に注目を集める可能性も十分あります。 「ストライカー・ドラゴン」は Vジャンプ付録カードだったこともあって希少性もありますし、 再録も当分は無さそうです。 以上のことから考えると、今後 「ストライカー・ドラゴン」の相場価格が高騰するのは十分あり得ることだと予想します。 「ヴァレット」デッキを作りたいという人は今の内に購入しておくのが良いのかもしれません。 またこちらでは今回紹介した「ストライカー・ドラゴン」についてより詳しく紹介しております! 登録していただけると最新情報がいち早く手に入ったり、LINEでしか聞けない情報が手にはいつかも!! そしてLINEアット登録者様限定で「こんな記事があったら嬉しい」という声や「こんな記事を書いてくれ!」と言う声を送って頂ければ、内容次第では記事になるかも知れません!! 例「現在の「シーラカンス」を使ったデッキを紹介して!」 「昔のカードの考察をして欲しい!」 「遊戯王のこのネタについて記事にして!」 と言う声を気軽に送ってください!! こちらの企画はLINEアット登録者様限定で行なっていくつもりなので、その様な要望がある方は是非是非登録よろしくお願いします! 最近の投稿• 今週の人気記事一覧!!•

次の

ストライカー・ドラゴン【素材の緩いリンク1】

ストライカー ドラゴン

1 :このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「リボルブート・セクター」1枚を手札に加える。 2 :自分フィールドの表側表示モンスター1体と自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。 対象のフィールドのモンスターを破壊し、対象の墓地のモンスターを手札に加える。 ヴァレット強化につながる優秀な効果を持っています。 発売前から効果が注目されていました。 気になる相場と買取価格を見てみましょう。 このカードの相場と買取価格は? 2019年6月21日時点での相場は600円くらいです。 Vジャンプの定価より少し高いくらいです。 この価格であればシングル購入よりも、Vジャンプを入手する方が良いでしょう。 まだ通販では送料無料で買えるようです。 現在のところSNSでの買取告知は見つかりませんでした。 Vジャンプの定価くらいで買取をするところが出てきそうです。 600円を超えるところも出てくるかもしれません。 通販ショップカーナベルでは350円買取でした。 買取告知を見かけたら、また追記する予定です。 Vジャンプ2019年8月号について 発売日:2019年6月21日 定価:税込570円 遊戯王付録:ストライカー・ドラゴン 先月号よりも定価はやや安くなりました。 先月号は590円 通販サイトのお取り扱いについてもまとめておきます。 送料無料で買えるアマゾンで一番お得ですね。 今後使う予定のある方は、定価で買えるうちにゲットしておいた方が良いでしょう。 万が一、高騰してしまっては困ってしまいますからね・・・。 Vジャンプ2019年8月号付録のストライカー・ドラゴンの相場情報でした。 最近のコメント• に 名無しさん より• に アフィリ8 より• に アフェり8 より• に あ より• に 名無しさん より アーカイブ• 2 カテゴリー• 総合ランキング• 16,252 views• 12,980 views• 12,678 views• 11,825 views• 10,309 views.

次の

VJMP

ストライカー ドラゴン

こんにちは~ 先月のVジャンプに『ストライカードラゴン』が付録と付きました。 デッキから「リボルブート・セクター」を1枚手札に加える。 対象のフィールドモンスターを破壊し、対象の墓地のモンスターを手札に加える。 やはりリンク1モンスターにハズレ無し! リンク召喚しただけでデッキから「ヴァレット」専用のフィールド魔法である『リボルブートセクター』をサーチできる。 さらに、ヴァレット専用ではあるものの場と墓地のモンスターを入れ替えることができる。 はい、強い!!. ただ、「ヴァレット」デッキなら激強カードなのは明白だけども、それ以外なら使いにくいんじゃないのか?という点ですが、「エンディミオン」デッキなら輝きます。 今日はそれを紹介していこうと思います。 リミットレギュレーション2019年7月対応です。 ということで、先にメインギミックの方を紹介していこうと思います。 必要な手札・墓地リソースは以下の通りです。 エレクトラムのefでコスト用Pカード破壊し、EXデッキからエキストラを回収し、1ドロー。 また、efで手札からヴァレットシンクロン1体をSS。 ㉑ピスティのefで自身と神楽イヴのリンク先に墓地からラルバウールをSSし、efでエレクトラムのefでドローしたカードをコストに、キュリオスと同属性・同種族の「未来サムライ」をサーチ。 ㉒ピスティとキュリオスで「鎖龍蛇スカルデット」を左側EXモンスターゾーンにSS。 ㉓ラルバウール1体で「守護竜エルピィ」を右端にSS。 ㉔エルピィのefでスカルデットと神楽イヴのリンク先にデッキから「魔装邪龍イーサルウェポン」をSS。 ㉕エルピィとスカルデットで「守護竜アガーペイン」を右側EXモンスターゾーンにSS。 ㉖アガーペインのefで自身と神楽イヴのリンク先にEXデッキから「スターヴヴェネミーリーサルドーズドラゴン」をSS。 ㉘アガーペインと神楽イヴとマギステルで再びスカルデットをSSし、イヴのefで手札から星杯に誘われし者をSS。 ㉙天穹のefで、空いているスカルデットのリンク先に自身をSS。 ㉚天穹と星杯に誘われし者でxyz「ガガガガンマン次元」SS。 ㉛スカルデットのefで手札から未来ゴエモンをSSし、さらにマイクスのef マイクスが場にいなくてもOK裁定です。 でデュアル。 ㉜星遺物を継ぐものを発動、墓地から棘のミーネ不二子をSS。 ㉝スターヴヴェノムのefで墓地のルパンを選択し、「俺の名は『世紀の大泥棒』!」と宣言して完成!! まとめ 「ストライカードラゴン」が出る前は「マギステルエンディミオン」の魔力カウンター3つ目の調達方法が「ボウテンコウ」を使うというルートがありましたが、あまりにギミックパーツが増えるということで実用的には厳しい感じでした。 ところが、このストライカードラゴンのおかげで実質リボルブートセクター1枚分のデッキ圧縮だけでギミックが動かせるようになりました。 ただ以前に紹介した、「音響戦士ギータス」を使うデッキと比べてメリット少ないことがネックです。 少しまとめてみると. 《エンディミオンギミック型メリット》 ・レベル7までP召喚できる ギータス型はレベル6まで 《デメリット》 ・メインデッキのギミックパーツが1枚分多い ・スタートパーツの『魔力統轄』のサーチ手段が無い ・ギータス型の方はまだ改良の余地があるが、こちらは現状無い こんなところです。 もう少し、勝てる点を見つけて実用的に回せるようにしたいところです。

次の