古河電気工業。 古河電気工業の企業研究

古河電気工業の年収&給料|手取りはいくら?住宅ローンも徹底計算【2020年版】|サラリーマンの年収分析ブログ

古河電気工業

精銅と電線から始まった事業領域は、時代のニーズに応え続ける中で拡大し、現在では、情報通信やエネルギーといったインフラ関連製品とインフラを支える部品群、自動車部品、電子部品、新素材分野など広範囲に拡がり、社会を土台から支える事業を展開しています。 新興国などを含めた「成長市場の開拓」と「グローバル生産体制の強化」、そして強みである「光(通信)技術」と「電気(エネルギー)」技術をコアに、グループがもつ特徴ある技術を融合して新たなソリューションを提供する「研究開発力の高度化」の3つの戦略により、グローバルスケールで「世界を明るくする」ことをめざしています。 社員同士の連携が新製品を生み出しますので、コミュニケーション能力を身につけることが大切です。 自ら進んで考え、周りを巻き込んで新しいことにねばり強く挑戦する人を求めています。 メーカーというと理系の人たちが研究開発、製造を行っている会社と思われがちですが、生産管理、経理、営業、法務、人事総務など様々な仕事があり、文系出身者があらゆる分野で活躍しています。 理系においても同様に、幅広い事業分野の中で、機械、電気、情報、物理、化学、素材、生物等、様々な専門分野の人にとって、自分を発揮する場が必ずあります。 様々な価値観を持った人が集まることで、創造が生まれます。 グローバルな視野で世の中に貢献したい方を求めています。 プロフィール 古河電工は「世紀を超えて培ってきた素材力を核として、絶え間ない技術革新により、真に豊かで持続可能な社会の実現に貢献すること」を基本理念に、1884年の創業から今日まで135年にわたり、常に社会・産業の基盤技術とともに歩んできました。 電線・精銅から始まった当社の事業領域は、時代のニーズに応え続ける中で拡大し、現在では情報通信・エネルギーインフラ、電子部品、自動車部品、金属材料などに拡がっています。 これらの事業は、100社以上からなる古河電工グループの関係会社とともに推進しており、事業は世界中に拡がっています。 これからも古河電工グループは、絶え間ない技術革新によって、当社グル-プの理念として掲げた持続可能な社会の実現に貢献していきます。 本社郵便番号 100-8322 本社所在地 東京都千代田区丸の内2-2-3 本社電話番号 03-3286-3333 創業 1884年 設立 1896年6月25日 資本金 693億9,500万円(2017年3月末) 従業員 5万1,925名(連結) 2018年3月末) 売上高 9,673億円(連結)(2018年3月期) 沿革• 1884年• 本所鎔銅所開設 山田電線製造所開設。 当社の母胎事業発祥をもって当社創業の年とする。 1896年• 横浜電線製造 株 設立(資本金5万円)• 1906年• 日光電気精銅所開設• 1920年• 横浜電線製造 株 と古河鉱業 株 の所属工場であった日光電気精銅所を合併し、古河電気工業 株 を設立(資本金2,000万円)• 1952年• デミング賞受賞• 1955年• NHK殿(東京タワー)にアンテナ納入• 1969年• 我が国最大規模(当時)の海底ケーブルを中国電力殿に納入• 1974年• 光ファイバケーブルの製造に世界で初めて成功• 1998年• 欧州巨大加速器プロジェクトに超電導線材を納入• 2001年• 米国ルーセントテクノロジーズ社の光ファイバケーブル部門を買収• 2001年• チェコに自動車部品の新会社設立• 2001年• 光ファイバケーブル合弁会社をインドネシアに設立• 2002年• 中国無錫市に伸銅品製品の製造販売会社を設立、中国江蘇省に光ファイバ複合地線(OPGW)の合弁会社を設立• 2003年• 自動車用ワイヤーハーネスで仏ヴァレオ社と協業• 2005年• 架橋発泡ポリオレフィン業界大手ドイツ・トロセレン社を買収することで合意• 2007年• インド・ミンダグループと自動車部品合弁会社を設立• 2009年• ロシア・ウンコムテックグループと110kV高圧電ケーブルの製造に関する技術援助 マレーシア・パーミンテックス インダストリーの所有株式出資比率を引き上げ、経営権を取得 インドに光ファイバ製造会社を設立• 2010年• 次世代パワーデバイス技術研究組合設立• 2011年• 世界最高電圧の275kV超電導ケーブルを開発 【火力発電所1基分の電力を超電導ケーブル1回線で送電可能】• 2012年• 第2世代高温超電導線材メーカー、米 スーパーパワー社を買収 経済産業省の委託事業である「浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業」に参加 大容量光通信に対応するマルチコアファイバ用光増幅器を開発 【7コアの光ファイバに一括励起で増幅し、大幅な省電力化を実現】• 2013年• 100Gbps光デジタルコヒーレントシステム向け小型ITLAを開発• 2014年• ITER(国際核融合実験炉)向け超電導ケーブルを受注• 2015年• 2016年• 「えるぼし」最高評価を非鉄業界で初めて取得 ~女性活躍推進法に基づく「基準適合認定一般事業主」の最高認定を取得~• 2017年• 世界トップレベルの検知性能、車載用新型「周辺監視レーダ」の本格量産を開始 平均勤続勤務年数• 2019年• 8年 平均有給休暇取得日数(前年度実績)• 2019年•

次の

古河電気工業の年収&給料|手取りはいくら?住宅ローンも徹底計算【2020年版】|サラリーマンの年収分析ブログ

古河電気工業

決算年月日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 2020年3月31日 現預金等 52,504 47,165 50,635 44,628 54,357 その他流動資産 現預金等以外の流動資産。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 311,526 335,233 365,556 375,885 331,822 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 196,544 205,490 216,728 229,360 254,219 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 8,516 9,742 11,304 12,204 16,095 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 136,635 152,496 164,409 155,944 138,123 総資産 資産合計。 705,725 750,126 808,632 818,021 794,616 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 395,760 391,179 429,886 431,064 428,763 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 136,802 152,234 142,227 139,298 125,573 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 173,163 206,713 236,519 247,659 240,280 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 375,885 361,662 345,958 359,329 331,822 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 229,360 - - - 254,219 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 12,204 12,401 13,376 14,070 16,095 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 155,944 394,660 398,626 402,756 138,123 総資産 資産合計。 818,021 811,873 798,041 814,162 794,616 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 431,064 327,119 322,618 335,594 428,763 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 139,298 209,172 198,179 195,933 125,573 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 247,659 275,582 277,244 282,635 240,280 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 733,943 689,160 801,411 824,481 764,200 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 212,081 190,249 190,886 183,689 199,376 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 42,588 41,542 38,833 46,683 42,434 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 1,947 -36,361 -34,319 -31,042 -33,119 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 -20,942 -10,378 -1,943 -19,414 -171 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 31,754 - 15,553 - 26,881 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -16,840 - -20,278 - -12,841 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 -17,334 - -977 - 806 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 277位 288位 287位 250位 総資産 資産合計。 309位 308位 301位 308位 現預金等 400位 466位 456位 510位 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 393位 368位 346位 341位 現預金等増減 133位 3,482位 521位 3,279位 292位 1959年6月24日生 1985年4月 当社入社 2012年4月 当社電装・エレクトロニクスカンパニー巻線事業部長 2013年4月 当社巻線事業部門長 2014年2月 当社銅条・高機能材事業部門長兼巻線事業部門長 2014年4月 当社執行役員、銅条・高機能材事業部門長 2015年4月 当社執行役員常務、自動車・エレクトロニクス材料系事業部門管掌兼銅条・高機能材事業部門長 2015年6月 当社取締役兼執行役員常務、自動車・エレクトロニクス材料系事業部門管掌兼銅条・高機能材事業部門長 2016年4月 当社代表取締役兼執行役員専務、グローバルマーケティングセールス部門長 2017年4月 当社代表取締役社長 現 1942年12月24日生 1965年4月 伊藤忠商事株式会社入社 1995年6月 同社取締役業務部長 1997年4月 同社常務取締役、経営企画担当役員補佐 1998年4月 同社代表取締役常務取締役、経営企画担当役員 1998年7月 同社代表取締役常務取締役、財務・経理担当役員 1999年4月 同社代表取締役専務取締役、チーフフィナンシャルオフィサー 2001年4月 同社代表取締役副社長、チーフフィナンシャルオフィサー兼経営企画・財務・経理・審査担当役員 2003年4月 同社代表取締役副社長、社長補佐、職能管掌兼チーフフィナンシャルオフィサー兼チーフコンプライアンスオフィサー 2006年4月 同社代表取締役副会長、社長補佐 2006年6月 同社取締役副会長、社長補佐 2008年6月 同社相談役 2011年7月 伊藤忠商事株式会社理事 現 重要な兼職 伊藤忠商事株式会社理事オリンパス株式会社社外取締役 1952年12月28日生 1975年4月 山之内製薬株式会社入社 現アステラス製薬株式会社 2003年1月 同社業務改革推進部長 2004年9月 同社グループ戦略企画部合併準備委員会統括事務局リーダー 2005年4月 同社統合推進部長 2005年9月 同社執行役員、ビジネスイノベーション部長 2006年4月 同社執行役員、経営管理本部人事部長 2008年4月 同社執行役員、経営管理担当 2008年6月 同社上席執行役員、経営管理担当 2011年6月 同社副社長執行役員、経営管理担当 2013年6月 同社代表取締役副社長、経営管理・コンプライアンス担当 2017年6月 同社退任 2019年6月 当社社外取締役 現 1958年6月23日生 1981年4月 松下電器産業株式会社入社 現パナソニック株式会社 2006年1月 同社ホームアプライアンス社技術本部くらし研究所長 2011年1月 同社コーポレートブランドストラテジー本部グローバルコンシューマーリサーチセンター所長・理事 2012年4月 同社グローバルコンシューマーマーケティング部門直轄コンシューマーリサーチセンター所長・理事 2013年4月 同社アプライアンス社グローバルマーケティングプランニングセンターコンシューマーリサーチ担当理事兼グループマネージャー 2014年3月 同社退社 2014年6月 株式会社ダスキン社外取締役 2015年6月 宝ホールディングス株式会社社外取締役 2016年6月 大和ハウス工業株式会社社外取締役 現 2017年6月 株式会社ダスキン社外取締役退任 2018年6月 宝ホールディングス株式会社社外取締役退任 2019年6月 当社社外取締役 現 重要な兼職 大和ハウス工業株式会社社外取締役 1961年2月18日生 1983年4月 当社入社 2003年12月 OFSFitel ,LLCVice Presidentand Chief Financial Officer 2005年11月 当社経理部会計第二課長 2009年6月 当社経理部長 2013年4月 当社財務・調達本部経理部長 2014年4月 当社執行役員、財務・調達本部長 2014年6月 当社取締役兼執行役員、財務・調達本部長 2016年4月 当社取締役兼執行役員常務、財務・調達本部長兼グループ・グローバル経営推進本部長 2017年4月 当社取締役兼執行役員専務、財務・調達本部長兼グループ・グローバル経営推進本部長 2018年4月 当社取締役兼執行役員専務、財務・調達本部長 2019年4月 当社代表取締役兼執行役員副社長、グループ変革本部長 現 1959年7月21日生 1983年4月 当社入社 2007年4月 当社情報通信カンパニー通信営業部長 2009年12月 当社経営企画室主査 2010年4月 当社グループ会社統括部長 2012年4月 当社電装・エレクトロニクスカンパニー主査 2013年4月 当社セールス・マーケティング部門営業企画部長 2015年4月 当社執行役員、セールス・マーケティング部門関西支社長 2016年4月 当社執行役員、グローバルマーケティングセールス部門副部門長兼関西支社長 2017年4月 当社執行役員常務、グローバルマーケティングセールス部門長 2017年6月 当社取締役兼執行役員常務、グローバルマーケティングセールス部門長 現 1962年2月20日生 1984年4月 通商産業省入省 現経済産業省 1999年7月 同省大臣官房政策評価広報課情報公開推進室長 2001年6月 特殊法人日本貿易振興会 現独立行政法人日本貿易振興機構 ニューヨーク事務所次長 2004年6月 経済産業省商務情報政策局商務課長 2006年4月 キヤノン株式会社 官民人事交流法派遣 2010年6月 経済産業省中小企業庁長官官房参事官 2011年4月 同省大臣官房政策評価審議官 2012年2月 同省大臣官房審議官 製造産業局担当 2013年6月 独立行政法人日本貿易振興機構副理事長 2015年10月 経済産業省中小企業庁次長 2016年6月 同省中小企業庁長官 2017年7月 同省退官 2017年11月 当社顧問 2018年4月 当社執行役員、総務・CSR本部長 2019年4月 当社執行役員常務、総務・CSR本部長 2019年6月 当社取締役兼執行役員常務、総務・CSR本部長 現 1964年1月29日生 1986年4月 当社入社 2005年11月 OFSFitel ,LLCSenior Vice President 兼Chief Financial Officer 2009年8月 当社経理部会計第二課長 2011年8月 当社経理部会計第一課長 2013年6月 当社財務・調達本部経理部経理統括課長 2013年11月 当社グループ・グローバル経営推進本部グループ・グローバル経営推進室長 2016年4月 当社財務・調達本部経理部長 2018年4月 当社執行役員、グローバルマネジメント推進本部長 2019年4月 当社執行役員、財務・グローバルマネジメント本部長 2019年6月 当社取締役兼執行役員、財務・グローバルマネジメント本部長 現 1959年4月1日 1983年4月 当社入社 2001年9月 当社オプトコム事業部千葉通信製造部長 2002年6月 当社オプトコム事業部三重通信製造部長 2003年10月 当社情報通信カンパニー三重通信製造部長 2006年3月 当社情報通信カンパニー技術開発部長 2007年3月 当社情報通信カンパニーファイバ・ケーブル製品部長 2010年8月 OFSFitel ,LLC取締役兼Senior Vice President 2011年4月 当社執行役員、OFSFitel ,LLC取締役兼Senior Vice President 2012年4月 当社執行役員、情報通信カンパニーファイバ・ケーブル事業部門長 2013年4月 当社執行役員、ファイバ・ケーブル事業部門長兼電子線事業部門長 2015年4月 当社執行役員、生産技術本部長 2017年4月 当社執行役員、ものづくり改革本部長 2018年4月 当社執行役員常務、ものづくり改革本部長 2019年4月 当社ものづくり改革本部アドバイザー 2019年6月 当社監査役 常勤 現 1950年8月2日生 1974年4月 株式会社第一勧業銀行入行 現株式会社みずほ銀行 2002年4月 株式会社みずほコーポレート銀行執行役員人事部長 現株式会社みずほ銀行 2003年3月 株式会社みずほフィナンシャルグループ常務執行役員リスク管理グループ長兼人事グループ長 2004年4月 株式会社みずほコーポレート銀行常務執行役員欧州地域統括役員 2006年3月 同行常務取締役企画グループ統括役員兼財務・主計グループ統括役員 2007年4月 同行取締役副頭取 2008年4月 株式会社みずほフィナンシャルグループ副社長執行役員財務・主計グループ長 2008年6月 株式会社みずほフィナンシャルグループ取締役副社長財務・主計グループ長 2009年4月 株式会社みずほフィナンシャルグループ取締役社長 2011年6月 株式会社みずほフィナンシャルグループ取締役会長兼株式会社みずほ銀行取締役頭取 2013年7月 株式会社みずほフィナンシャルグループ取締役会長兼株式会社みずほ銀行取締役会長 2013年11月 株式会社みずほフィナンシャルグループ取締役会長 2014年4月 みずほフィナンシャルグループ常任顧問 2017年4月 みずほフィナンシャルグループ名誉顧問 現 2017年6月 当社社外監査役 現 重要な兼職 みずほフィナンシャルグループ名誉顧問 朝日生命保険相互会社社外取締役 イオン株式会社社外取締役 株式会社インターネットイニシアティブ社外取締役 1954年3月4日生 1979年4月 東京地方検察庁検事 1998年7月 法務大臣官房参事官 2000年4月 東京高等検察庁検事兼東京地検副部長 2002年4月 国際連合アジア極東犯罪防止研修所長 2005年7月 東京高等検察庁公判部長 2006年7月 最高検察庁検事 2007年6月 奈良地方検察庁検事正 2008年7月 最高検察庁総務部長 2010年6月 裁判員公判部長 2010年10月 名古屋地方検察庁検事正 2012年6月 法務総合研究所長 2014年7月 高松高等検察庁検事長 2016年9月 広島高等検察庁検事長 2017年3月 同退官 2017年4月 TMI総合法律事務所顧問弁護士 現 2018年6月 当社社外監査役 現 2019年6月 本田技研工業株式会社社外取締役 監査等委員 現 重要な兼職 TMI総合法律事務所顧問弁護士 本田技研工業株式会社社外取締役 監査等委員 決算年月日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 2020年3月31日 従業員数(単独) 3,232人 3,657人 3,704人 3,816人 -人 従業員数(連結) 49,826人 52,254人 51,925人 52,215人 -人 平均年齢(単独) 44. 1歳 44. 4歳 44. 5歳 44. 2歳 -歳 平均勤続年数(単独) 21. 1年 20. 1年 20年 19. すべて• powered by 訂正有価証券報告書や大量保有報告書等の内容を確認するにあたっては、当サイト内の「EDINET提出書類一覧」ページ、あるいはをご参照頂きますようお願い致します。 『Ullet』では投資に関連する情報を提供しておりますが、投資の勧誘を目的とするものではありません。 当サイトを利用しての情報収集・投資判断は、利用者ご自身の責任において行なって頂きますようにお願いいたします。 また、当サイトは、相応の注意を払って運営されておりますが、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いかねます。

次の

電気 【通販モノタロウ】

古河電気工業

00 00 [0]00. 重要 Oracleでは、IPSec VPN接続を構成する複数のトンネル間で非対称ルーティングが使用されます。 あるトンネルをプライマリとして、別のトンネルをバックアップとして構成した場合でも、VCNからオンプレミス・ネットワークへのトラフィックは、デバイス上で稼働している任意のトンネルを使用できます。 適切にファイアウォールを構成してください。 そうしないと、接続間でのpingテストまたはアプリケーション・トラフィックが確実に動作しません。 開始する前に CPEを構成する前に、次を確認してください:• インターネット・プロバイダ設定を構成します。 UDPポート500、UDPポート4500およびESPをオープンするようにファイアウォール・ルールを構成します。 サポートされている暗号化ドメインまたはプロキシID 暗号化ドメインの値 プロキシID、セキュリティ・パラメータ・インデックス SPI またはトラフィック・セレクタとも呼ばれます は、CPEがルートベース・トンネルとポリシーベース・トンネルのどちらをサポートしているかによって異なります。 使用する適切な暗号化ドメイン値の詳細は、を参照してください。 APIまたはコンソールからのパラメータ Oracle Cloud Infrastructure ConsoleまたはAPIから次のパラメータを取得します。 Oracle VPNヘッドエンドのIPSecトンネル・エンドポイント。 トンネルごとに1つの値があります。 値の例: 129. 146. 52、129. 146. IPSec ISAKMP事前共有キー。 トンネルごとに1つの値があります。 CPEのパブリックIPアドレス 前に コンソールを介してOracleで使用できるようになりました。 VCNを作成する際、すべてのVCNホストのIP集約ネットワークを表すように会社でこのCIDRを選択しました。 値の例: 10. 特定のトンネルを識別するためのインタフェース番号。 トンネルごとに、未使用のユニット番号が1つ必要になります。 ISAKMPポリシー名。 IPSecポリシー名。 ISAKMPプロファイル名。 トンネルごとに、未使用のISAKMPプロファイル名が1つ必要になります。 セレクタ名。 マップ名。 トンネルごとに、未使用のマップ名が1つ必要になります。 BGP ASN。 OracleのBGP ASN。 CPEのトンネル内インタフェース。 値の例: 10. ORACLEのトンネル内インタフェース。 値の例: 10. BGPルーターID。 値の例: 10. 16 構成テンプレート・パラメータのサマリー 各リージョンには複数のOracle IPSecヘッドエンドがあります。 次のテンプレートにより、それぞれ対応するヘッドエンドに対して、CPEに複数のトンネルを設定できます。 次の表で、「ユーザー」は、ユーザー自身またはユーザーの会社です。 146. 146. 113. 16 重要 次のISAKMPおよびIPSecポリシー・パラメータの値は商用クラウドの VPN接続に適用できます。 の場合は、にリストされている値を使用する必要があります。 address-family ipv4 unicast redistribute connected exit コピー.

次の