ゴールデングラブ賞 予想。 ゴールドグラブ賞

セ・ゴールデングラブ賞を予想

ゴールデングラブ賞 予想

歴代リリーフ 先発登板0 の年間MVP 江夏豊 1981パ 45登 3勝6敗 25S 83. 0回 75奪 防2. 82 最優秀救援投手 郭源治 1988セ 61登 7勝6敗 37S 111. 0回 94奪 防1. 95 最優秀救援投手 日本シリーズ優秀選手賞 佐々木主浩 1998セ 51登 1勝1敗 45S 史上初の40S超え 56. 0回 78奪 防0. 64 最優秀救援投手 ベストナイン 最優秀バッテリー賞 正力松太郎賞 浅尾拓也 2011セ 79登 7勝2敗 10S45H 87. 1回 100奪 防0. 41 最優秀中継ぎ投手 ゴールデングラブ D. サファテ 2017パ 66登 2勝2敗 54S 史上初の50S超え 3H 66. 0回 102奪 防1. 09 ベストナインサファテは全然有りやろ 今年は菊池が良すぎるから微妙やけど.

次の

栄冠は誰の手に?韓国のゴールデングラブ賞 '百想芸術大賞' ドラマ部分 ノミネート一覧

ゴールデングラブ賞 予想

歴代リリーフ 先発登板0 の年間MVP 江夏豊 1981パ 45登 3勝6敗 25S 83. 0回 75奪 防2. 82 最優秀救援投手 郭源治 1988セ 61登 7勝6敗 37S 111. 0回 94奪 防1. 95 最優秀救援投手 日本シリーズ優秀選手賞 佐々木主浩 1998セ 51登 1勝1敗 45S 史上初の40S超え 56. 0回 78奪 防0. 64 最優秀救援投手 ベストナイン 最優秀バッテリー賞 正力松太郎賞 浅尾拓也 2011セ 79登 7勝2敗 10S45H 87. 1回 100奪 防0. 41 最優秀中継ぎ投手 ゴールデングラブ D. サファテ 2017パ 66登 2勝2敗 54S 史上初の50S超え 3H 66. 0回 102奪 防1. 09 ベストナインサファテは全然有りやろ 今年は菊池が良すぎるから微妙やけど.

次の

ベストナインとゴールデングラブ賞を予想する

ゴールデングラブ賞 予想

プロ野球を5年以上担当している、新聞社、通信社、放送局で投票権がある 記者投票で決まる。 守備力に卓越した選手を得票形式で表彰する賞• 投手は規定投球回以上または年間試合数の3分の1以上に登板している者• 野手はチーム試合数の2分の1以上同じポジションで出場している捕手・野手• 原則としては、1ポジション1人で(外野は、左翼手・中堅手・右翼手を同一と考え3人選出する)• 該当者なしの得票が過半数に達した場合「該当者なし」となる場合もある ベストナインとは違い、 規定投球回数や出場数などの規定がありますね。 しかし、守備の場合は、打率やホームランのように、参考になる数字が少ないので、より 印象度が重要であると言えます。 000 0 141 282 11. 9 丸 佳浩 122. 996 1 122 230 -4. 0 平田 良介 134. 996 1 134 217 11. 9 桑原 将志 113. 995 1 113 204 9. 6 野間 峻祥 123. 995 1 123 197 2. 7 鈴木 誠也 116. 979 4 116 180 -5. 2 *UZRはライト・センター・レフトの守備位置別に算出されていますので、別ポジションを数字だけでは比較出来ませんので、ご注意ください。 外野手については、 大島・平田・丸が優位でしょうか。 大島については、 失策0で守備率1. 000なので、文句なしでしょう。 平田についても、大島に次ぐ試合数で、 各数字で高いレベルをマークしています。 丸については、守備率は良いものの、UZRが低いので気になります。 しかし、 守備の印象度は悪くないので、選出される可能性はあるでしょう。 なので、大島・平田・丸が選出されると予想します。 合せて読みたい! 名前 試合数 守備率 失策 刺殺 捕殺 盗塁阻止率 UZR 嶋 基宏 112. 999 1 112 823. 312 1. 7 甲斐 拓也 133. 991 8 133 770. 447 7. 9 田村 龍弘 143. 995 5 143 829. 320 3. 1 捕手については 甲斐が優位でしょうか。 守備率は、他の上位捕手に比べると低くなっていますが、何と言っても 盗塁阻止率No. 1です。 日本シリーズMVPを獲得した 「甲斐キャノン」で、甲斐=強肩というイメージが固まったでしょう。 数字よりも 強烈なイメージで、甲斐が優位でしょうね。 なので、選出は甲斐と予想しました。 2018年ゴールデングラブ賞のパ・リーグ一塁手は? 名前 試合数 守備率 失策 刺殺 捕殺 UZR 上林 誠知 142. 987 3 224 10 14. 0 西川 遥輝 139. 991 3 309 4 6. 2 秋山 翔吾 143. 987 4 289 4 -0. 9 柳田 悠岐 127. 988 3 248 8 2. 1 田中 和基 104. 992 2 243 4 5. 5 大田 泰示 101 1. 000 0 170 2 13. 3 中村 晃 102 1. 000 0 133 2 -0. 2 島内 宏明 102. 995 1 195 6 17. 3 *UZRはライト・センター・レフトの守備位置別に算出されていますので、別ポジションを数字だけでは比較出来ませんので、ご注意ください。 外野手は 上林・秋山・西川が優位でしょうか。 上林については、試合出場数が多く、失策も3つのみです。 さらに 捕殺数が10という素晴らしい記録で、強肩であることをアピール出来ています。 秋山についてはUZRでは良くないものの、 全試合出場しており、刺殺がNo. 2です。 3年連続ゴールデングラブ賞で、 守備が良いイメージも付いています。 西川については、ほぼ全試合出場していることや、 守備率の高さ、センターNo. 1のUZRが示す通り、高い走力の守備範囲があります。 以上から、外野手は上林・秋山・西川と予想しました。 合せて読みたい!.

次の