ナナフラ ストーリー 特別。 ナナフラ(セブンフラッグス)の弓武器キャラの最強ランキング

キングダムセブンフラッグズ(ナナフラ)のガチャは単発と10連どっちがおすすめ?

ナナフラ ストーリー 特別

この記事では、 キングダムセブンフラッグス ナナフラ のガチャは 単発と10連どっちがおすすめなのかについて解説していきます! キングダムセブンフラッグスことナナフラは、非常に人気の高い歴史漫画である「キングダム」を題材にしたアプリゲームで、人気の高さは40巻を超えても全く落ちないほどであり、幅広い人に愛されています。 しかしながら、ナナフラはアプリゲームであるがゆえにキャラクターを引き当てるにはガチャを引かなければなりません。 序盤に物語から姿を消してなお主人公たちに大きな影響を与え続ける大将軍たちや、最大の敵として立ちはだかる敵キャラクターなどなど、多くのキャラクターたちがナナフラには登場します。 そして、これらのキャラクターを引き当てるためのガチャには単発と10連の2種類が存在しています。 最初はどちらを引けばいいのか迷うと思うので、ここでは単発と10連、どちらがいいのかまとめていきましょう。 それでは早速、キングダムセブンフラッグス ナナフラ のガチャは単発と10連どっちがおすすめなのかについて見ていきましょう。 Contents• キングダムセブンフラッグス ナナフラ 単発ガチャの特徴は? ナナフラにおいては、単発ガチャは特に利点や特徴といったものはありません。 「覇光石」というアイテムを5個消費して1回行います。 たったの5個というと、1回につき数百個を消費するようなガチャと比べると簡単に入手できそうな気がしますが、実際はそうでもありません。 5個といえども、覇光石は非常に貴重で、なかなか引く事ができないでしょう。 とはいえ、5個程度であれば毎日集めるのも難しくはないはず。 つまり、気軽に引けるという点では、ナナフラの単発ガチャには1つの利点があるといえるでしょう。 これに加えて、単発ガチャの利点といえば「目的のキャラクターが当たった瞬間にガチャが辞められる」という点が挙げられます。 10連ガチャでは、目的のキャラクターが最初に当たったとしても残りの回数を引かなければならず、同じく最初の1回で当たったとすると、残りの引かなければならない回数損をするわけですね。 もちろんこれはあくまでも運が絡むものですから、必ずしも恩恵を受けられるわけではありません。 それでは次に、キングダムセブンフラッグス ナナフラ における10連ガチャ特徴について見ていきましょう。 キングダムセブンフラッグス ナナフラ のガチャの10連ガチャの特徴は? ナナフラでは、10連ガチャ1回につき50個の覇光石を消費します。 1回5個のガチャを10回やるのですから、ここには大した利点がないように見えるかもしれません。 しかし、ナナフラには1つの大きな利点が存在しています。 それは10連ガチャ1回につき、 1回分多く引けるというものです。 つまり、覇光石50個で11回引けるというわけですね。 そう考えると、これはかなりお得だといえるのではないでしょうか。 特に複数回引く予定の人にとっては、10連ガチャをN回引く毎に5Nの数だけ得をしていくということになるでしょう。 5個、10個、15個……とお得になっていくことを考えると、これはかなり大きなメリットといえるでしょう。 もちろん途中で止めることはできませんが、単純に抽選回数が増えるだけでもかなり有効なものだといえるでしょう。 では、これらを総合して、キングダムセブンフラッグス ナナフラ におけるガチャでは、単発と10連のどっちを引くのがおすすめだといえるのでしょうか。 キングダムセブンフラッグスのガチャは単発と10連どっちがおすすめ? 両者の利点をつきあわせて考えてみると、やはり 『10連ガチャ』のほうがおすすめだといえるでしょう。 なぜなら、単純に考えても単発ガチャの恩恵を受けることができるのは一部の運が良い人のみだからです。 一方で、10連ガチャの利点は誰でも絶対に受けることができます。 抽選回数も増えるので、目的のキャラクターを手に入れるための試行回数を増やすことができるともいえるでしょう。 総じて両者を比較すれば、やはり確実性を取ったほうがいいということがわかると思います。 まとめ 今回は、キングダムセブンフラッグス ナナフラ のガチャは単発と10連どっちがおすすめなのかについてお伝えしました。 ナナフラのガチャは、単発ガチャに特に利点はありません。 もちろん、当たった瞬間にガチャを辞められるという利点はあります。 しかしながら、この利点は確実に受けられるというわけではありませんし、それどころかレアリティの低いものばかりが当たるということもありえるのです。 そういった点も含めて考えると、イベント終了間際や、端数が余ったというとき以外はナナフラのガチャはほぼ10連を引いたほうがいいと思います。 しかし、キングダムセブンフラッグス ナナフラ における強力な性能を持つ星6はガチャからの排出確率が 約2%と低いので、なかなかゲットするのが難しくなっています。。。 しかも、無課金の場合だとお目当てのキャラをゲットするまでに何度もガチャを引かないといけないので、覇光石があっという間になくなってしまうことでしょう・・・。 そこで、ここまで読んでくれたあなたには特別に覇光石を無課金のまま大量にゲットできる裏ワザを期間限定で公開します!.

次の

ストーリー攻略[特別]第17章 武神 クリア例

ナナフラ ストーリー 特別

この記事では、 キングダムセブンフラッグス ナナフラ のガチャは 単発と10連どっちがおすすめなのかについて解説していきます! キングダムセブンフラッグスことナナフラは、非常に人気の高い歴史漫画である「キングダム」を題材にしたアプリゲームで、人気の高さは40巻を超えても全く落ちないほどであり、幅広い人に愛されています。 しかしながら、ナナフラはアプリゲームであるがゆえにキャラクターを引き当てるにはガチャを引かなければなりません。 序盤に物語から姿を消してなお主人公たちに大きな影響を与え続ける大将軍たちや、最大の敵として立ちはだかる敵キャラクターなどなど、多くのキャラクターたちがナナフラには登場します。 そして、これらのキャラクターを引き当てるためのガチャには単発と10連の2種類が存在しています。 最初はどちらを引けばいいのか迷うと思うので、ここでは単発と10連、どちらがいいのかまとめていきましょう。 それでは早速、キングダムセブンフラッグス ナナフラ のガチャは単発と10連どっちがおすすめなのかについて見ていきましょう。 Contents• キングダムセブンフラッグス ナナフラ 単発ガチャの特徴は? ナナフラにおいては、単発ガチャは特に利点や特徴といったものはありません。 「覇光石」というアイテムを5個消費して1回行います。 たったの5個というと、1回につき数百個を消費するようなガチャと比べると簡単に入手できそうな気がしますが、実際はそうでもありません。 5個といえども、覇光石は非常に貴重で、なかなか引く事ができないでしょう。 とはいえ、5個程度であれば毎日集めるのも難しくはないはず。 つまり、気軽に引けるという点では、ナナフラの単発ガチャには1つの利点があるといえるでしょう。 これに加えて、単発ガチャの利点といえば「目的のキャラクターが当たった瞬間にガチャが辞められる」という点が挙げられます。 10連ガチャでは、目的のキャラクターが最初に当たったとしても残りの回数を引かなければならず、同じく最初の1回で当たったとすると、残りの引かなければならない回数損をするわけですね。 もちろんこれはあくまでも運が絡むものですから、必ずしも恩恵を受けられるわけではありません。 それでは次に、キングダムセブンフラッグス ナナフラ における10連ガチャ特徴について見ていきましょう。 キングダムセブンフラッグス ナナフラ のガチャの10連ガチャの特徴は? ナナフラでは、10連ガチャ1回につき50個の覇光石を消費します。 1回5個のガチャを10回やるのですから、ここには大した利点がないように見えるかもしれません。 しかし、ナナフラには1つの大きな利点が存在しています。 それは10連ガチャ1回につき、 1回分多く引けるというものです。 つまり、覇光石50個で11回引けるというわけですね。 そう考えると、これはかなりお得だといえるのではないでしょうか。 特に複数回引く予定の人にとっては、10連ガチャをN回引く毎に5Nの数だけ得をしていくということになるでしょう。 5個、10個、15個……とお得になっていくことを考えると、これはかなり大きなメリットといえるでしょう。 もちろん途中で止めることはできませんが、単純に抽選回数が増えるだけでもかなり有効なものだといえるでしょう。 では、これらを総合して、キングダムセブンフラッグス ナナフラ におけるガチャでは、単発と10連のどっちを引くのがおすすめだといえるのでしょうか。 キングダムセブンフラッグスのガチャは単発と10連どっちがおすすめ? 両者の利点をつきあわせて考えてみると、やはり 『10連ガチャ』のほうがおすすめだといえるでしょう。 なぜなら、単純に考えても単発ガチャの恩恵を受けることができるのは一部の運が良い人のみだからです。 一方で、10連ガチャの利点は誰でも絶対に受けることができます。 抽選回数も増えるので、目的のキャラクターを手に入れるための試行回数を増やすことができるともいえるでしょう。 総じて両者を比較すれば、やはり確実性を取ったほうがいいということがわかると思います。 まとめ 今回は、キングダムセブンフラッグス ナナフラ のガチャは単発と10連どっちがおすすめなのかについてお伝えしました。 ナナフラのガチャは、単発ガチャに特に利点はありません。 もちろん、当たった瞬間にガチャを辞められるという利点はあります。 しかしながら、この利点は確実に受けられるというわけではありませんし、それどころかレアリティの低いものばかりが当たるということもありえるのです。 そういった点も含めて考えると、イベント終了間際や、端数が余ったというとき以外はナナフラのガチャはほぼ10連を引いたほうがいいと思います。 しかし、キングダムセブンフラッグス ナナフラ における強力な性能を持つ星6はガチャからの排出確率が 約2%と低いので、なかなかゲットするのが難しくなっています。。。 しかも、無課金の場合だとお目当てのキャラをゲットするまでに何度もガチャを引かないといけないので、覇光石があっという間になくなってしまうことでしょう・・・。 そこで、ここまで読んでくれたあなたには特別に覇光石を無課金のまま大量にゲットできる裏ワザを期間限定で公開します!.

次の

セブンフラッグス ストーリー36章その4がクリアできない人へ!白起がいなくてもクリアできる!: セブンフラッグス最速攻略法まとめ(ナナフラ)

ナナフラ ストーリー 特別

Sponsored Links ナナフラのストーリー特別・12章後半は難易度が上がる!? おつかれさまです、フーゴ z()です。 今回はナナフラのストーリー特別・12章攻略の後編です。 この特別12章の敵の特徴やおすすめ武将&副官、 その1~3のクリアパテなどは下記の記事にまとめてあります。 この後編ではその4~6を攻略していきますが、 前編のクエストよりも難易度はグンと上がっています。 敵兵5キャラ全員が苦手属性なので、 ダメージも与えられないし厳しいですね。 今回はそんな第12章「修練の時」の後半(4~6)で おすすめの武将やクリアパテなどをまとめてみました。 もしよかったら何かの参考にしてみてください。 セブンフラッグス(ナナフラ)のストーリー特別・12章(その4)のクリアパテは? ストーリー特別・12章(その4)は、 智属性の3人縛りですね。 その1と違う点は敵が 全員武属性であることです。 前回のパーティ編成でいけるかな、と 挑んでみたんですがダメでしたね。 開眼・黒桜の弓兵に対する混乱付与はいいんですが、 援・河了貂がせっかく必殺技で回避をかけても 拠点をとられて移動封印がかかってダメになります。 これが面倒くさかったんで新たな男を入れました。 智属性のスペシャリスト・鬼の昌文君です。 必殺技で自軍智属性のゲージアップができるし、 さらに智属性の攻撃力をアップすることができます。 0凸:攻撃力30%アップ• 1凸:攻撃力35%アップ• 2凸:攻撃力45%アップ ゲージアップに関しては敵の巻き込み数によって どのくらいアップするかが決まります。 1巻:約10%• 2巻:約20%• 3巻:約30%• 4巻:約40%• 5巻:約45% とはいっても、ここで5巻は絶対に無理ですが、 一応、参考になるかと思って書いておきました。 このメンバーを3人とも最前列に置いて、 それぞれ拠点にタゲをとり序盤から猛攻をしかけ、 なんとかクリアすることができましたー。 セブンフラッグス(ナナフラ)のストーリー特別・12章(その5)のおすすめ武将は? ストーリー特別・12章(その5)は、 武属性の3人縛りという条件があるんですが、 これもけっこう難しかったです。 その2の組み合わせだと太刀打ちできませんでした。 星7龐煖の必殺技でもダメージが2万以下でしたし、 やっぱり全員が苦手属性だとキツイですね。 開眼・輪虎、めっちゃ強いですね。 敵を智属性に属性変化できるの最高!って思いました。 真ん中に星7龐煖をおくと3体巻き込みで 必殺技を撃つことができます。 鬼神・蒙驁には対拠点攻撃力アップをつけておいて、 速攻で目の前の拠点を落としにかかりました。 副官竭氏の効果で星7龐煖の必殺技を撃てるようにして、 輪虎が智属性にした敵キャラに当てると瀕死にできます。 おかげでさっきまでの苦戦がなんだったんだっていうくらい、 あっさりと勝利することができました! 開眼・輪虎は使い方次第で化ける武将ですね。 セブンフラッグス(ナナフラ)のストーリー特別・12章(その6)のクリアパテは? ストーリー特別・12章のラストは、 もっとも難易度が高いステージとなってます。 勇属性の3人縛りなんですが敵が全員智属性の上、 大将がバッファーとして有名な智信です。 これをみた瞬間に現存戦力ではヤバイなと感じました。 鬼神・白起• 鬼神・桓騎• 星7・麃公 この3体のどれかがいれば(できれば白起か麃公) いけるかもしれないんですが、いないので厳しそうです。 ひとまず前回のこのパテでチャレンジしてみます。 やべー、一瞬でボコられた(笑) ここで智信の状態異常耐性をチェック! 毒と燃焼が 0%なんですけど、 その弱点を攻めるキャラがいないので却下。 こうなったら最近ゲットした昭王で勝負! …惨敗。 そんなこんなでチャレンジを繰り返した結果、 最終的にいきついたのがこんなパテでした。 武属性メインの ストレス解消パテですね(目標は無視ww)。 これで肉を5個とスキップ30枚とりにいきます! はぁー、スッキリした(笑) こんなクリアの仕方でも一応「制覇」になって、 覇光石が3つもらえたりするんですよね。 この特別12章(その6)に関しては今度リベンジして、 いつか完全クリアパテをのっけたいと思います。 「自分はこんな編成でクリアしたよー」 「オススメの武将はこれ!」みたいな情報があったら、 コメント欄で教えていただけると嬉しいです。 ということで、今回は第12章の後半(4~6)で おすすめの武将やクリアパテなどをまとめてみました。 もし少しでも参考になったとしたら嬉しいです。 バジオウは移動封印で攻撃不能になりますが必殺技で攻撃しました。 手ごたえ的には攻撃封印されない弓隊が2人いたら、後は誰でも余裕な感じ?でした。 因みに配置は、弓隊も全員最前線で、攻撃封印状態でも攻撃が届くようにしました。 これからもスキカケさんの記事を楽しみにしていますね! ご家族皆様 良いお年を. 子育てをしてたり、無課金だったり共通点が多いですね。 夫婦で一緒にナナフラを楽しんでるのってとても素敵だなーっと思いました。 サブ垢のタイミングも一緒だったんですね。 確かに管理は難しいので、忙しい時はログイン勢になっちゃってます。 ただ最近は星7ガシャを引きたくてついついやっちゃってますね笑 武属性5人のストレス発散アイデアまで一緒だったとは!!苦戦したあと、あれをやると気持ちいいんですよねー笑 クリアパテまで丁寧に教えていただき、ありがとうございます。 こういう情報ってとても参考になるのでありがたいです。 まずご夫婦で2人とも勇姜燕をもってるのが素晴らしいですね。 昌文君は持っていたんですが龐煖に捧げてしまいました(涙) バジオウも桓騎も持ってないんですけど、いつかゲットしたらリベンジしてみますね!ひとまず勇属性の攻撃封印耐性100%のキャラを探してみます。

次の