クラーク 記念 国際 高等 学校 横浜。 宇都宮クラーク高等学院 不登校経験があってもクラークなら大丈夫

横浜キャンパス|通信制高校 クラーク記念国際高等学校

クラーク 記念 国際 高等 学校 横浜

すごく明るく雰囲気のいい学校です! 特に友達、先輩、先生などが皆仲の良いところが、一番のいいところだと思ってます。 皆、良くも悪くも距離が近い人ばかりです。 それをどう思うかは人それぞれかと。 校則は、通信高校にしては厳しい方だと思いますが、苦ではありません。 いじめは一切ありません。 部活は、強さよりも楽しさを重視している感じです。 自分で作ることもできます。 進学は、Sクラスや推薦がすごく力になります。 サポートはしっかりしているので、あとは努力次第かと。 学費はやはり、少し高い方ですね。 施設は、全日制に比べれば教室の数も少ないですが、十分です。 制服は、とても可愛いです。 卒業は、学校に来ていればほとんど大丈夫です。 ただ、学校に来れていないと、単位をとるのは、すごく大変です。

次の

クラーク記念国際高等学校の学費・授業料を調べました!

クラーク 記念 国際 高等 学校 横浜

【総評】 とても居心地がよかったです。 【校則】 横浜キャンパスの場合、特に注意しなければいけないことが職員室がある階は必ずネクタイかリボンを着用し、カーディガンは脱ぐかブレザーを着なければいけないのと、決められた時間以外はエレベーターを使ってはいけない決まりがあります。 【学習意欲】 成績順でクラスが分けられているので、レベルに合わせた勉強ができます。 【いじめの少なさ】 知る限りではありませんでした。 ただ、いじめが発覚すれば加害者が退学処分になるらしいです。 【アクセス】 横浜キャンパスの場合は桜木町駅から徒歩5分ほど。 【学費】 全日制のように通学するキャンパス生だとかなりかかります。 横浜キャンパスだと年間100万程。 キャンパスや通学するコースによって違うようです。 【施設・設備】 横浜キャンパスはみなとみらい地区のすぐ近くのビルが校舎なので、グラウンドと体育館がありません。 なので体育は近隣のスポーツセンターや横浜Fマリノスの練習グラウンドの一部を借りてやってます。 ちなみに校舎に保健室はありません。 【制服】 通信制の高校ですが全日制のように通うコースには制服はあります。 現在は変わってしまったようですが、私がいたときは正装では紺のブレザーに女子は緑のスカートと赤のリボン、男子は灰色のスラックスに青のネクタイでした。 ほかにオプションで緑のリボン1種類と、赤と緑とオレンジの3種類のネクタイがあり女子もネクタイの着用がokでした。

次の

クラーク記念国際高等学校口コミ・評判

クラーク 記念 国際 高等 学校 横浜

Contents• その全日型のコース学費は、決して「 安くはない」です。 キャンパス、コース、専攻によって学費は違ってくるので、必ず資料請求しておきましょう。 クラーク記念国際高校の学費は、同じ地域にある通信制高校はもちろん、私立高校よりも高いと思います。 決して「 安くはない学費」。 でも安くはない学費を払ってでも、子供を通わせたいと思うご家庭が多いのです。 クラーク記念国際高校の人気の理由を確かめるために、資料請求しておきましょう。 クラーク記念国際高等学校の学習コース(特徴) クラーク記念国際高校には、個性豊かなコースが設置されています。 ペット生命科学コース 高校ではめずらしい「ペット生命科学コース」は東京キャンパスに設置されています。 ペットシッターの資格を取得を目指すことができるだけでなく、グルーミング、トレーニングなどの実習が充実しています。 獣医学部だけでなく、医学部、看護学部、薬学部、農学部などの学部への進学を視野に入れた授業を受けることができます。 保育・福祉系コース 幼児教育に関わりたい、そんな夢を持っているならば、柏キャンパスには「幼児教育者養成クラス」、他にも保育、福祉系のコースのあるキャンパスがいくつかあります。 資格を多く取得できることももちろん魅力ではありますが、様々な実習を通して、いち早く、学んだ知識を自分の経験に変えていくことができます。 マンガ・イラスト専攻 秋葉原ITキャンパス他に設置されている「マンガ・イラスト専攻」では、プロの漫画家やクリエーターから直接の指導を受けながら、漫画家やイラストレーターを目指せます。 声優・放送専攻 「声優・放送専攻」も同じキャンパスに設置されています。 こちらは声を使って人の心を動かす仕事を目指します。 食物栄養コース 「食物栄養コース」は東京キャンパスに設置されています。 調理実習を中心に、技術と知識を学びます。 「食べる」ことは「命」に繋がります。 農業、医療、福祉、食品開発、様々な分野での活躍が期待できます。 上記の他にも、 ゲームのプログラミングを学んだり、ロボットについて学ぶコースもありますし、美術、音楽の世界を目指すコースもありますし、 インターナショナルコースでは、英語の授業に特化して、多くの生徒が留学にも参加します。 明確な目標や、具体的にやりたいことが見つかっていなければ、安心して「総合進学コース」を選んでください。 学力をしっかりとつけながら、資格や検定もたくさん受けさせてくれます。 「総合進学コース」は、やりたいことが見つかった時に、その方向へ自信を持って舵を切れるように、力を蓄えるためのコースなのです。 クラーク記念国際高等学校の校風 生徒とコースはどんな感じ? クラーク記念国際高校には、10000人以上の生徒が在籍しています。 通信制高校ではありますが、ほとんどのコースが週5日、毎日登校する全日型です。 普通の高校と学校の雰囲気に差はほとんどありません。 教室の中は明るく、賑やかです。 クラーク記念国際高校には、自分のやりたいことに合わせた多くのコースがあります。 同じコース、同じクラスになった友達は、みんな同じような興味を持っていたり、同じような夢を描いていたり、共感し合える部分が多く、良い友達にも出会えることでしょう。 先生はどんな人? 先生方も、若くて情熱に溢れている先生が多い印象があります。 そのせいでしょうか、 どのキャンパスもエネルギーに溢れています。 様々な思いを抱えて進学してきた生徒達やその家族の思いを受け止め、寄り添ってくれます。 この学校で、夢を叶えてほしい、目標を見つけてほしい、自信をつけて欲しい。 そんな思いが、しっかりと伝わってくるような先生ばかりです。 高校を卒業した後、自分の進路をしっかりと歩んでいけるように、必要な時には厳しく指導をしてくれます。 先生の指導は、かなり「手厚い」です。 学園祭や体育祭、その他の学校行事もたくさんあり、生徒も先生方も一緒に楽しんでいます。 とても楽しい、充実した3年間を過ごせる学校だと思います。 クラーク記念国際高等学校のキャンパス・場所 北海道 北海道本校、旭川、札幌大通り、 東北 仙台、秋田、いわき 関東・甲信越 さいたま、所沢、千葉、柏、東京、秋葉原、、横浜青葉、厚木、前橋、桐生、宇都宮、長野 中部・東海・北陸 静岡、浜松、岐阜駅前、名古屋、掛川、愛知、岐阜、福井 近畿 京都、大阪天王寺、、芦屋、神戸三宮、三田、豊岡、姫路、奈良 中国・四国 広島、岡山、鳥取、米子、、下関、高松 九州・沖縄 福岡、熊本、鹿児島、北九州、久留米、、佐賀、、宮崎、那覇 募集要項を確認しよう! 通信制高校選びに要した時間は「3ヶ月」というアンケート結果があります。 資料請求はお早めに! クラーク記念国際高等学校の部活動 「クラーク高校って、どこかで聞いたことがあるような…」 そう思われた方は、もしかしたら高校野球の話題でこの学校名を耳にしたのかもしれません。 先述しましたが、クラーク記念国際高校には10000人以上の生徒が在籍しています。 彼らの快挙に、先生、生徒、保護者、関係者…全国のキャンパスから甲子園へ駆けつけました。 パフォーマンスコースに在籍する生徒を含むに大応援団に、同じ創志学園に所属するIPU環太平洋大学のブラスバンド。 豪華な応援団が新聞記事にもなったほどです。 創部からわずか3年目のことです。 女子硬式野球部 それから、仙台キャンパスには女子硬式野球部があります。 東北楽天ゴールデンイーグルスと提携して、ハイレベルな指導を受けています。 部員も増え、全国制覇も遠い未来の話ではありません。 どちらも通信制高校という利点を活かし、「野球」という専門分野に集中しながら、高校を卒業するための学習疎かにせず取り組んでいます。 軟式野球部 また硬式野球だけでなく、全国高等学校定時制通信制軟式野球大会の全国大会には、仙台キャンパス、千葉キャンパス、横浜キャンパス、京都キャンパスの軟式野球部が出場しています。 運動部・文化部 各キャンパスでは、野球のほか、バスケ、サッカー、フットサル、卓球などの運動部、演劇、ダンス、軽音などの文化部共に、様々な部活動が行われています。 懸命に練習に取り組み、大会などに参加して大活躍、という部活もあれば、週に1回、気が向いたらのんびりミーティングと、かなりゆったりとした部活まで。 キャンパスによって色々な部活があります。 部活は学習はもちろん、学校生活が安定していることが入部の条件です! コースや学年を超えての部活動は、良い出会いにもなり、刺激にもなり、気分転換にもなり、実りの多い時間となるでしょう。 クラーク記念国際高等学校の偏差値と入学難易度 入学試験は国語・数学・英語3科目と小論文、親子での面接がありますが、学校説明会や個別相談で、どのような準備をすれば良いのかを丁寧に、具体的に教えてくれます。 特別進学コースなどの一部のコースでは合格ラインが設定されていますが、決して難易度が高いものではありません。 ちなみに、通信制高校なので、偏差値という考え方はありません。 最も必要なのは、学校の方針に納得し、この学校で学びたいという考えが、本人と家族とで一致していることです。 こちらの方が、意外と難易度が高いのかもしれません。 「高校で何をしたいのか」 「何を遠ざけたいのか」 「高校を卒業したら何をしたいのか」 「その先、何をしたいのか」 それを自分でもよく考え、家族でよく話し合って、クラーク記念国際高校で学びたい、という決心をすることが、何よりも大切なことなのです。 まずは資料請求して、熟読することが必要です。 制服を着て、週5日登校して、一般的な私立高校よりも高い学費。 普通の高校とどこが違うんだろう? と疑問に思えてきたり、それなら普通の高校に行けば良いのでは?という考えさえも浮かんできてしまいそうになるのも無理はありません。 でも、これから自分の目標を見つけたいと思っている人は、「通信制高校」だからこそ、自分の可能性を見つけ出すことができるはずです。 自分に自信が持てなくても、不安を抱えていても、「通信制高校」なのですから、取り残されてしまうことも、見捨てられてしまうこともありません。 普通の高校と同じような生活と、通信制高校ならではの柔軟なカリキュラム。 だからこそ、クラーク記念国際高校は、「通信制高校」 であることがなによりの魅力なのです。 制服は紺のブレザーに男子はブルーのネクタイ。 女子はピンクのリボン。 パンツとスカートはチェック柄。 とてもスッキリとしたシルエットの制服です。 女子のスカートは、制服にしては丈が少し短めに作られていますが、その丈がちょうどよく、自分で形を崩して短くしたり長くしたりしなくても、とても可愛らしいです。 制服を正しく着る。 当たり前のように思えて、とても大事なことを、クラーク記念国際高校では大切にしています。 それもまた、この学校の大きな魅力です。

次の