バストアップサプリ 不妊。 バストアップサプリの副作用

バストアップサプリの副作用

バストアップサプリ 不妊

プエラリア・ミリフィカを含むバストアップサプリメントに健康被害の相談が増加していると、2017年7月13日に国民生活センターが発表しました。 それでもあなたはバストアップサプリを使いますか?バストアップの正しい考え方について提唱します。 プエラリアに注意 ついにプエラリア・ミリフィカを含むバストアップサプリメントにが動いてくれました。 プエラリア・ミリフィカとは? プエラリアとはタイで自生している植物です。 簡単に言えば、女性ホルモンに作用する物質を含んでいます。 女性ホルモンと聞くと、美容やバストアップなど良いイメージがあるため、私たち女性は気になってしまいますが、そのホルモン作用が強すぎるあまり、副作用が危惧されています。 プエラリアの副作用として、内分泌系の撹乱を起こすことが挙げられます。 簡単に言えば、自力でホルモンの分泌がしにくい身体になる恐れがあるということです。 女性ホルモンはサプリメントに頼らずとも体内で分泌されます。 それにも関わらず、女性ホルモンを活性化させようと自らの手によってサプリメントなどを摂取し続けていると、体内で女性ホルモンを分泌する力が衰え始めます。 このホルモン分泌の衰えは不妊症の原因にもなると下記サイトでも言及されています。 要するに自力でホルモンの分泌がしにくい身体になる恐れがある ミロエステロールという強力な女性ホルモン活性物質の存在による内分泌撹乱作用である。 植物起源とはいえ、「プエラリア(ガウクルア)」に含まれるミロエステロールやイソフラボンは生体にとっては異質の化学物質 xenobiotic であり、いわゆる環境ホルモンと同様の作用、すなわち内分泌系の撹乱を起こすことに留意する必要がある。 木下武司、、生薬、薬用植物(薬草)と身近な野生植物(野草)のページ 健康被害まとめ プエラリアミリフィカを含むバストアップサプリメントやクリームなどが市場に出回り始め、最近ではあらゆるところで販売されており、バストアップのためにはプエラリアが必要という認識が世に広まりつつありました。 しかし、プエラリアの市場流通が増え始めた2015年から比例して健康被害も増加しています。 女性特有の生理作用に悪影響 プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関する危害情報が 2012年度以降の5年間あまりで209件寄せられており、特に2015年度以降増加しています。 これらの中には消化器障害や皮膚障害といった一般の健康食品でもよくみられる危害事例のほかに、月経不順や不正出血といった、女性特有の生理作用に影響を及ぼしていると考えられる特徴的な危害事例が多く見受けられます。 10代・20代の女性のバストは大人バストへ成長段階であり、思春期ということもあって、十分にホルモン分泌が行われている健康な身体です。 それなのに、プエラリア・ミリフィカを含むバストアップサプリメントを摂取することで、ホルモンの過剰分泌をまねいていしまい、健康被害が増加したと考えられます。 一方で、なかなか理想のバストサイズにならない、バストが大きくならないというコンプレックスが、簡単にすぐにバストアップできるというイメージが先行するバストアップサプリメントの摂取を促進したと考えられます。 健康被害の声 インターネットの口コミを見ると、「バストアップに成功した」という効果を実感された方の声を多数見られれますが、健康被害があり効果もなかったというネガティブな口コミについてはあまり見られません。 健康被害があり効果もなかったという方は果たして本当に少数派なのでしょうか?それとも情報操作があるのでしょうか? 大量の不正出血 通信販売で女性らしい体型になるという健康食品を定期購入し、初回分を飲んでいると大量の不正出血が起こった。 この健康食品が原因とは思わずに飲み続けていたが、病院に行くと、子宮内膜が厚くなっているとのことで、健康食品との因果関係は分からないが飲まないよう言われた。 返品したいと言うとコース代金でなく単品価格で買い取ってもらうと言われたが納得いかない。 福岡県、女性、30歳代、、独立行政法人 国民生活センター 生理が2カ月も遅れている 高校生の娘がモデルのブログを見て、バストアップやダイエットのサプリメントに興味を持ち、定期購入で契約。 サイトには5回目以降は連絡ひとつで休止でき、90日間全額返金保証と書かれているが、契約日から5カ月以上経過している。 生理が2カ月も遅れていて心配。 滋賀県、女性、10歳代、、独立行政法人 国民生活センター サプリメントの服用をやめたら体調は回復 ブログサイトのバナー広告からサプリメント販売サイトにアクセスし、最低購入回数4回の定期コースを申し込んだ。 服用を継続したところ、生理が止まってしまいサプリメントの服用をやめたら体調は回復した。 群馬県、女性、30歳代、、独立行政法人 国民生活センター バストに発疹が出てきた バストUPとスリムUOを同時にかなえるというサプリを定期購入したところ、全部飲み終わらないうちにバストに発疹が出てきた。 医者の治療を受けたが、ホルモンが増え乳腺症が起きているので飲用を止めるよう指示された。 長野県、女性、20歳代、、独立行政法人 国民生活センター 海外でのプエラリア プエラリア・ミリフィカは女性ホルモンに働きかけることはわかっていますが、その安全性については十分な検証データがないのが今、2017年7月14日現在の状況です。 アメリカ 食品として摂取する場合には、十分な安全性データはないものの直ちに危険とはされていない EU 新規食品として未承認であるため販売ができない 韓国 女性ホルモン様作用を持つとの理由から食品への使用が禁止されている 香港 シンガポールで10歳代の女性がプエラリア・ミリフィカを含むクッキーの摂取により腹痛や下痢を起こしたという事例を発端に、注意喚起がなされている タイ 原産国 食品に使用する場合には十分な安全性データはないとされており、健康食品などにより摂取する場合には1日の摂取量がプエラリア・ミリフィカ末として100mgに制限されている 、独立行政法人 国民生活センター お隣の国、韓国ではプエラリア・ミリフィカは禁止されており、原産国のタイでさえ、摂取量についての制限があります。 各国の状況を考慮すると、日本はプエラリア・ミリフィカについては対応が少し遅かったのかもしれませんが、今回の国民生活センターの注意喚起により、消費者の意識が変わったはずです。 これ以上、バストアップに悩む女性に健康被害がでないことを望みます。 なぜバストアップサプリとして使われたのか? そもそも、プエラリア・ミリフィカはなぜバストアップサプリとして使われたのでしょうか? バストアップの仕組み まずはバストアップの仕組みについて解説します。 バストは主に乳腺と脂肪で構成されています。 乳腺とは赤ちゃんに母乳をつっくて飲ませてあげる役割を担っています。 思春期のころから乳腺が発達していくにつれ、乳腺を守るために脂肪がついてきます。 脂肪は乳腺を守るクッションのような役割を担っています。 このように、乳腺が発達して脂肪がついていくことでバストは大きく膨らんでいきます。 乳腺を発達させるために 乳腺の発達にともない、そこに脂肪がつくことでバストアップしていくため、 多くのバストアップサプリメント販売業者は乳腺を発達させることに着目します。 乳腺を発達させるためには女性ホルモンの作用が必要だ、それなら、女性ホルモンに作用する物質を含む、プエラリア・ミリフィカをサプリメントに入れよう、という理論でプエラリア・ミリフィカを含むバストアップサプリメントが誕生したのです。 プエラリア・ミリフィカを含むバストアップサプリメントは芸能人やモデルなどのインフルエンサーを通して、また、テレビやインターネット、雑誌などのマスメディアを通して、瞬く間にバストアップサプリとして拡まっていきました。 結果は健康被害が続出 結果は上述のように、流通数と比例して健康被害が続出しています。 健康的な女性であれば女性ホルモンは正常に分泌されます。 それなのに、プエラリア・ミリフィカの口外摂取により人工的に女性ホルモンを活性化させようとすることでホルモンバランスが乱れ、健康被害が起きてしまったのです。 そもそも、女性ホルモンを活性化させることで乳腺が発達して、脂肪がついて、バストアップする、という医学的見地から立証できるデータは2017年7月13日現在ありません。 バストアップという女性特有のコンプレックスを煽る商材としてプエラリア・ミリフィカが使用されてしまったことはとても残念に思えます。 プエラリアは使い方によっては人類のための自然の恵になる可能性を十分に秘めているからです。 どうすればバストアップする? バストアップに悩む女性は多くいます。 プエラリア・ミリフィカを含むバストアップサプリに健康被害が起きてしまった事実は、希望をもってサプリメントを摂取していた女性をがっかりさせてしまったかもしれません。 そもそも、バストアップについてはこうすればバストアップするという医学的に立証された方法はありません。 バストアップマッサージもかえって、バストを支えるクーパー靭帯を損傷させバスト下垂を促進しかねないと思っています。 バストアップについてこう考えています。 栄養バランスのとれた食事と規則正しい生活、ストレスを溜めない、過度なダイエットをしない、適度な運動をする、ホルモンバランスを整えること、そして身体に合うブラジャーをつけること。 これこそがバストアップ、いわばバストの成長への遠いようで一番の近道であると考えます。 バストは5段階で成長 というイギリス人教授が提唱した タナー段階と呼ばれる、女性の乳房は5段階で成長していくという考えがあります。 第1期:未発達で乳頭のみ突出 第2期:乳房がやや膨らみ乳輪が大ききくなる 第3期:乳房はさらに大きく突出する 第4期:乳房肥大、乳輪と乳頭はさらに乳房から盛り上がってみえる 第5期:成人型となる、乳輪は後退するため乳頭のみ乳房から突出してみえる バストは5段階目まで成長しきれない ジェームス・タナーが提唱するタナー段階のように、5段階でバストは成長、バストアップしていきます。 しかし、現代の日本人女性の多くはこの5段階目まで成長することがなく、バストの成長が途中で止まってしまっている女性が多いと言われています。 現代の日本人女性の多くは、思春期の若い頃からストレスや不摂生、過度なダイエットなどでホルモンバランスが乱れていることが方が多く、また、今回のようなプエラリア・ミリフィカを含むバストアップサプリなど、健康的でいれば体内で自然に分泌されるものを口外摂取することで体内で自然に分泌できない身体になってしまうこともあるため、バストが十分に成長しないで大人になってしまったと言われています。 健康が一番 だからこそ、 栄養バランスのとれた食事と規則正しい生活、ストレスを溜めない、過度なダイエットをしない、適度な運動をする、ホルモンバランスを整えること、そして身体に合うブラジャーをつけることでバストの成長を妨げることなくサポートしていけると言えます。 これ以上、バストの小ささに悩む女性に健康被害がでないことを祈るばかりです。

次の

バストアップ、女性ホルモン注射はできる?

バストアップサプリ 不妊

特に、「不妊治療にも効果があります!」なんて鵜呑みにしちゃダメですよ。 妊娠中や授乳中の使用なんてもってのほかです。 ですが、たまにユイの元にも「妊娠中にバストアップサプリを飲んでもいいですか?」といった質問メールが届くんですよね。 今日は、こういった疑問を持っている方に向けてお話ししたいと思います。 この間いただいた読者さんの質問内容から掲載しますね。 質問:「プエラリアは妊娠中や授乳中に良くないモノですか?」 ユイさん、いつもブログ読ませていただいています。 福原といいます。 妊娠中や授乳中にプエラリアを飲むのはいけないことなのでしょうか? 葉酸サプリはおすすめされているのに、なぜプエラリアサプリはダメなのでしょうか? よくバストアップサプリの注意書きのところに、「妊娠中、授乳中の使用は控えるように」というのが記載されていますが、どのような影響があるのかわかりません。 ホルモンバランスが崩れるからでしょうか? プエラリアサプリは薬品ではなく、サプリメントなので、それほど人体に大きな影響を及ぼすことはなさそうですし。 むしろ女性ホルモンのサプリなので妊娠中には体に良さそうな気すらしませんか? 単に何かあってからじゃ遅いから念のため控えてもらうようにしよう。 という考えなのでしょうか? ちなみに私はプエラリアもマッサージもいろいろ試してきましたが、どれも中途半端ですぐに挫折してしまうせいか、皆さんのように効果が出ません。 でもサプリの選択肢も捨てきれないので…。 ユイさんのブログを読ませていただいて、ユイさんはプエラリアサプリを否定されていたので、他の人が教えてくれないこともはっきり教えてくれそうだなと思って質問してみました。 福原さん、ご質問ありがとうございました。 妊娠中や授乳中にサプリを飲んではいけない理由は、福原さんがおっしゃるように、ホルモンバランスが崩れてしまうからです。 特に、妊娠中は女性ホルモンの分泌バランスが急激に変化する時期です。 妊娠初期は胎盤を守るためにプロゲステロンが多く分泌されるようになったり、安定期を過ぎるとエストロゲンの量が多くなって母乳を出す準備を始めたりと。 母体のホルモン分泌の増減は、実はとっても大切な働きがあったりします。 そのバランスを崩したらどうなるか?想像がつきますよね。 アロマやハーブティーだって、妊娠中は使ってはいけないものがあるのですから。 特に、プエラリアのような植物性エストロゲンは、カラダに悪影響を及ぼすほどの毒性があります。 それは他の植物性エストロゲンとは比べ物にならないくらいの作用なんです。 以前にも、プエラリアを含むバストアップサプリによる健康被害の実態について記事にしたことがありますのでこちらの記事も読んでみてください。 また、授乳中にバストアップサプリを服用すると、そのサプリの成分が母乳を通じて赤ちゃんの栄養分になってしまう危険性があります…。 母乳というのは、お母さんが摂取した栄養素から作られるので当たり前の話ですよね。 そういえば。 昨年、2017年7月時点で発売されていた12銘柄のバストアップサプリメントの抜き打ち調査があったそうですが、12銘柄のうち、10銘柄に非常に強いエストロゲン性を持つ有害な成分が含まれていたそうです。 怖いですよね…。 一体、この調査が何を教えてくれているのか? それは、ネットにあふれるバストアップサプリの情報はウソばっかり!ってこと。 もう何年も前からこのブログでサプリについて注意喚起し続けてきましたが、ユイの本心を言えば、ユイが教えている読者さんにさえ伝わっていればそれでいいと思っています。 バストのことで悩んでいる全ての女性に伝わるとは思っていません。 でも、せっかくこれを読んでくださっている方には、これを機にサプリについて考えてほしいと思います。 厚生労働省のホームページにも「プエラリアの有効性について十分な情報は見当たらない」と書かれています。

次の

バストアップのサプリメント

バストアップサプリ 不妊

では プエラリアの危険性について記述のあるサイトをご紹介しました。 その中にも頻繁に出て来ていた イソフラボンですが 数年前、某味噌メーカーが イソフラボン含有量を増やしたした味噌 イソフラボン強化味噌 の トクホ 特定保健用食品 表示許可を申請し、 結果 「安全性確認できず」という理由で 却下されたお話しは記憶に新しいかと思います。 また、 「イソフラボンの1日摂取上限量に関する報道」や 「イソフラボンの摂取上限量に関する注意・喚起」ですが 下記サイトをご覧頂ければと思います。 fsc. html 抜粋 大豆イソフラボンは、 大豆に含まれるたん白質、ミネラル等とは異なり、 現在、 ヒトの体に必須の栄養素とはされていません。 米国心臓協会 American Heart Association では、 大豆イソフラボンについては、 更年期の症状に対して低減効果は見られず、 また、 乳がん及び前立腺がん等の予防と治療に対する 効果と安全性については確立していないこと、 臨床報告の結果が乏しく、 副作用の可能性もあることから、 大豆イソフラボンを含む食品や錠剤の摂取は推奨できないと結論しています。 妊娠動物を用いて、 高濃度の大豆イソフラボンを投与した試験において、 胎児の生殖機能への影響等を示唆する報告がありました。 新生児動物または未成熟動物を用いて、 高濃度の大豆イソフラボンを投与した試験において、 生殖機能への影響等を示唆する報告がありました。 maff. html 抜粋 骨粗しょう症、乳がんや前立腺がん等の予防効果が期待されるが、 一方、乳がん発症や再発のリスクを高める可能性も考えられる。 しかし未だ実際に多くの研究が行われている段階にあり、 ヒトにおける大豆イソフラボンの 有効性と安全性についての議論は確立していない。 天然由来の食品成分はいくら食べても大丈夫、 という考え方は正しくありません。 例えば、セレンは魚介類や海草類、穀類に比較的多く含まれる 微量栄養素であり、人の健康の維持に必須なもので、 不足すると心筋障害、発育不全や老化、消化器の病気など欠乏症が起きます。 しかし、セレンを サプリメントなどにより過剰摂取すると 爪の変形や脱毛、胃腸障害、下痢、神経障害など 過剰症が起きることが知られています。 このように、 天然の食品成分であっても、 摂り過ぎると健康を害する可能性があります。 大豆イソフラボンは、 ヒトの健康に有益な効果があると 想定されていますが、 有害性側に働く可能性も指摘されています。 なお、大豆イソフラボンは、 人の健康の維持に必須の栄養素とされていません。 妊婦及び胎児においては、 動物実験において 有害作用が報告されていること、 大豆イソフラボンのトポイソメラーゼII阻害作用を鑑みると、 特定保健用食品として日常的な 食生活に上乗せして摂取することは、推奨できない 大豆イソフラボンをはじめとする天然の食品成分に、 様々な生理機能があることが明らかになりました。 近年多数の「機能性食品」が開発されています。 しかし、食品の機能性の 「有効性」のみを強調した製品が市場に見受けられるようになり、 さらに機能性成分も 摂り過ぎるとヒトの体に悪影響を及ぼすことがわかってきました。 今回書きたかったのは イソフラボン過剰摂取の危険性ではありません。 イソフラボンの過剰摂取については これだけ詳しく公表してあるのに それよりも強い成分のプエラリア摂取については 何故注意、喚起がなされないのか。 それが疑問でした。 プエラリアは何故? イソフラボンより危険だと言われているのにおかしい。 そう思い調べると イソフラボンと同じようにプエラリアも 食品健康影響評価の 候補に挙がっていました。 ただ理由があって見送られているようです。 見送りになった理由は抜粋しておりますが 宜しかったら直接見て頂ければと思います。 fsc. pdf 抜粋 15ページ 「海外におけるリスク評価」ですけれども プエラリアの有効性について ヒト試験が実施されておりまして 閉経期及び閉経後女性37人を対象とした 第二相試験、6か月間の摂取によりまして 更年期症状が相対的に緩和されたが 血中エストラジオールの変動が認められ 一部の被験者で貧血、肝機能検査値の変動が報告されております。 規制に係るリスク管理措置は行われていないが 独立行政法人国立健康・栄養研究所は、 プエラリア・ミリフィカの安全性、有効性等に関する情報を ホームページで公表しておりまして、 安易に利用せず、特に妊娠中、授乳中、小児の利用は 避けるべきとしております。 抜粋 20ページ それでは、これはしょうゆの消費量も多いし、 一般的に影響が大きいかもしれませんから、 一応残すことにしたいと思います。 その次は6番のプエラリア・ミリフィカに関する食品健康影響評価。 特に植物性エストロゲンに関連したものでございますけれども これはどうしましょうか。 もともとこの種類の成分は 特定の消費者が特定の目的に使われるわけですね。 一般国民消費者が常時摂取する可能性は本来ないはずだと思うんです。 しかも、いずれも国立健康・栄養研究所の方で 既に情報がきちんと公開されていますし、 そこで かなりリスクは表明されているわけですね。 これはほかの一般の食品の成分と比べて、 食品安全委員会でリスク評価するほど重要性はないんだと思います。 よろしいですか。 では、プエラリア・ミリフィカはパス。 議事録を読む限り 消費量が多いものは 影響が大きいのでリスク評価をする。 プエラリアは 特定の消費者が特定の目的に使うものだから。 既に国立健康・栄養研究所の方で かなりリスクは表明しているから リスク評価しない。 体に良いと信じられて来たイソフラボンと 元々リスクを公表してあるプエラリアでは こうも扱いが違うのかと驚いたのが正直な気持ちです。 国立健康・栄養研究所で 既に リスクを表明してあったとしても 果たしてどれだけの人が その存在をご存知なのでしょうか。 nih. ここの情報は データの無断転用、引用、商用目的の利用は厳禁 と書いてあります。 「同意する」ボタンを押すと全情報がご覧になれます。 fsc. kokusen. html 何度もしつこくて申し訳ありませんが ネット上の情報の取捨選択は個人の自由です。 プエラリアを摂取し続けるのも 止めるのも個人の自由だと思います。 個人のBLOGやサイト、ショップ以外の 信頼出来ると思われるサイト情報掲載に留めますので サイトを直接ご覧になって、読んで、ご自身で判断して頂ければと思います。

次の