岩屋 神社。 東峰村の岩屋神社・宝珠石・権現岩

石屋神社(いわやじんじゃ)

岩屋 神社

石屋神社 いわやじんじゃ 兵庫県淡路市岩屋字明神799 いざなぎや いざなみ渡る春の日に いかに石屋の神ならば神 式内社 旧郷社 御祭神 淡路島の北端、淡路市(旧淡路町)にある。 神戸淡路鳴門自動車道の淡路I.C.の近く、 岩屋海水浴場に面して、東向きに鎮座。 夜の高速を飛ばして、参拝は、朝の六時前。 上り始めた朝日を受けて、黄金に輝いていた。 道路に面して、かなり横に長い侍長屋形式の門守殿があり、 その中央に入口の鳥居が立つ形式。 鳥居をくぐり、階段を上ると境内。 境内は駐車場になっているようで、数台の車が駐車中。 正面の階段を上ると、社殿がある。 拝殿には、「天地大明神」の扁額。 この文字は、小野道風の書らしい。 拝殿の後方には、周りを板で覆われた本殿。 創祀年代は不詳。 天地大明神とも、岩屋明神、絵島明神とも呼ばれた神社。 三韓征伐のおり、 対岸の明石垂水の浜で風波にあわれ、 渡海に難渋し、風待ちのため、岩屋に着岸。 三対山上の石屋明神に参拝し、戦勝を祈願され、 「いざなぎやいざなみ渡る春の日にいかに石屋の神ならば神」 と詠じ給うと、風波が止み、海上は静まったという。 もとの鎮座地は、現在地の300m北にある三対山(城山)で、 後土御門天皇の御代、大内義興による築城の際に、 現在地に遷座させられた。 絵島明神の絵島とは、三対山の麓、岩屋港にある小島の名前。 三対山の北側にはがかくれ給うた幽宮であると伝承される洞窟があり 小祠が祀られているが、見忘れてしまった。 祭神は、・・の三座。 一説にはとも、とも。 境内の右手には稲荷神社、左手に八百萬神社がある。 社殿外観 社殿 社殿 八百萬社 稲荷社 天地大明神の扁額 本殿 拝殿 御由緒 創立年月不詳なれども伝へいう(第十代天皇)の御代三対山に鎮座せられ絵島明神といい 垂仁天皇(第十一代天皇)の御代石屋明神という(皇紀八百六十年頃)三韓征伐の際対岸 明石郡垂水の浜より当浦に着船せられ三対山の頂上に於て戦勝を祈願せられ凱旋の時又参拝ありて 報賽せらるるという延喜式の制小社に列し白河天皇(第七十二代天皇)承暦四年禍穢によりて使を派し 清祓を科すべき事を卜奏せり二条天皇(第七十八代天皇)長寛元年「天地大明神」と勅定せられ神階を 昇叙し神供田を寄進せらる源平争覇の頃岩屋浦兵火の巷と化せしかば当神社多く什宝古記録の烏有に 帰せしめたり土御門天皇(第八十三代天皇)の御代大内義興将軍義植を奉じて京都に入らんとし当地に 軍を進め三対山に岩屋城を築きし時当神社を海浜なる今の地に遷座せり池田氏淡路を領せし際社殿を再興し 寛政八年領主蜂須賀候親しく参拝し文化十四年又直参を見たり明治六年二月郷社に列せらる。

次の

岩屋神社 〜岩屋神社祇園祭の舞台〜『神社・仏閣』 田川郡福智町 〜福岡よかとこ.com〜

岩屋 神社

岩屋神社 岩屋神社(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。 (2014年末から未更新の場合あり)岩屋神社の奥之院(岩屋殿)とされる本社の後背山の山腹には陰陽1対の両巨岩(磐座)があり、岩屋神社の根源とされています。 なお陰陽の両巨岩の内、陰岩に溜った水は霊水とされています。 【岩屋神社 アクセス・マップ地図】 場所・・・京都府京都市山科区大宅中小路町67 最寄り駅・バス停・・・椥辻駅(徒歩約10分) アクセス路線は次の通りです。 岩屋神社は社伝によると343年(仁徳天皇31年)に造営されたとも言われています。 その後寛平年間に陽岩に天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)、陰岩に栲幡千々姫命(たくはたちぢひめのみこと)、岩前小社に饒速日命(にぎはやひのみこと)を大宅氏の祖神として祀ったと言われています。 治承年間に園城寺(三井寺)の僧徒が社殿を焼いたが、1262年(弘長2年)に社殿が再建されました。 中世には東西上の岩屋三社とも言われ、現在東岩屋が岩屋神社、西岩屋が山科神社になっています。 迷惑になります。 10分ほど散策すれば、山科の自然を感じながら岩屋神社に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。 なお岩屋神社周辺には歓喜光寺などがあるが、あまり観光スポットがない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策した方がいいかもしれません。

次の

観光情報(石屋(いわや)神社)

岩屋 神社

信仰 延喜式内社。 扁額は天地大明神。 国生みの発端の地の気概を感じます。 絵島明神、岩屋明神とも呼ばれました。 ご祭神 國常立尊(くにとこたいのみこと) 伊弉諾尊(いざなぎのみこと) 伊弉冉尊(いざなみのみこと) 概要 岩屋海水浴場に面して鎮座しています。 もともとは、現在地の300mほど北にある三対山(城山)にあったのですが、築城のあおりを受けて現地に遷座。 春分・秋分の日には、社殿で鳥居の中央から昇る日の出を見ることが出来ます。 本殿の天井には淡路に3つしかない、干支をあしらった方位磁石が見られます。 御社殿向かって左側に「八百萬神社」があります。 話題 淡路島の岩屋界隈のパワースポット、スピリチュアルスポットとして雑誌やメディアに取り上げられて有名です。 祭り情報 1 月10日に行なわれます。 十日戎 は多くの人で賑わい、島内一の賑わいをみせます。

次の