流行 語 大賞 2019 jk。 2019流行語大賞「タピる」「命を守る行動を」など30語のノミネートが決定

『新語・流行語大賞』2019“年間大賞”「ONETEAM」に決定 TOP10は「タピる」「闇営業」「令和」など選出

流行 語 大賞 2019 jk

2019年6月20日、株式会社マイナビが運営する「マイナビティーンズ」が『 2019年上半期ティーンが選ぶトレンドランキング』を発表した。 絶大な発信力を持つ女子中学生・女子高校生が選ぶトレンドランキングだけに注目度は高い。 ・ジャンル別のランキング 流行語ランキングを発表する前に、まずは「ヒト篇」「モノ篇」「コト編」のランキングをそれぞれ3位まで発表しよう。 以下でご覧いただきたい。 ヒト篇 第1位: 横浜流星 第2位: あいみょん 第3位: King & Prince コト篇 第1位: 3年A組「今から皆さんは、人質です」 第2位: 初めて恋をした日に読む話 第3位: 3年A組朝礼体操 モノ篇 第1位: アオハル 第2位: 生タピオカ 第3位: スターバックスストロベリーベリーマッチフラペチーノ ヒト篇の第1位は、ドラマ「初めてをした日に読む話」で髪の毛をピンクに染めた不良高校生役を演じた「 横浜流星」さんが輝いた。 コト篇では人気学園ドラマ「3年A組」のセリフが、そしてモノ篇ではプリントシール機「 アオハル」がそれぞれ1位となっている。 これまでティーンたちが生み出した流行語は数知れず、ここ数年で言えば「 卍(まんじ)」などは世の中的にもかなり知られる言葉となった。 2019年上半期に流行した言葉の中に、卍レベルの逸材は隠されているのか? 以下で「コトバ篇」を10位までご覧いただこう。 コトバ篇 第1位: 令和最初の〇〇 第2位: KP 第3位: JKブランド 第4位: ブックオフなのに本ねぇじゃん 第5位: 怒ったかんな! 許さないかんな! 橋本環奈 第6位: ユリユリ 第7位: 無敵ピンク 第8位: 〇〇説濃厚 第9位: 〇〇案件 第10位: ディズる というわけで第1位は「令和最初の〇〇」であった。 正直に言ってしまえば「それティーンだけじゃないから」といったところだが、それだけ時代の変わり目はインパクトが強いということなのだろう。 言い方を変えれば、 ティーンですら時代の変換期には飲み込まれる、とも言えるかもしれない。 その他4位から7位まではテレビが発祥で流行した言葉であり、 ティーンたちが生み出した言葉でないところがやや残念だ。 また「〇〇説濃厚」や「〇〇案件」も普通に意味がわかってしまうため、卍級のインパクトは感じられない。 とはいえ、今回のランキングはあくまで2019年の上半期だけを対象にしているので、半年後には 我々のド肝を抜く言葉が誕生している可能性も大いにある。 ただ現在のところは「今年は意外と普通」なJCJK流行語ランキングであった。 参照元: 執筆: Photo:RocketNews24.

次の

Yahoo!検索大賞2019

流行 語 大賞 2019 jk

2019年6月20日、株式会社マイナビが運営する「マイナビティーンズ」が『 2019年上半期ティーンが選ぶトレンドランキング』を発表した。 絶大な発信力を持つ女子中学生・女子高校生が選ぶトレンドランキングだけに注目度は高い。 ・ジャンル別のランキング 流行語ランキングを発表する前に、まずは「ヒト篇」「モノ篇」「コト編」のランキングをそれぞれ3位まで発表しよう。 以下でご覧いただきたい。 ヒト篇 第1位: 横浜流星 第2位: あいみょん 第3位: King & Prince コト篇 第1位: 3年A組「今から皆さんは、人質です」 第2位: 初めて恋をした日に読む話 第3位: 3年A組朝礼体操 モノ篇 第1位: アオハル 第2位: 生タピオカ 第3位: スターバックスストロベリーベリーマッチフラペチーノ ヒト篇の第1位は、ドラマ「初めてをした日に読む話」で髪の毛をピンクに染めた不良高校生役を演じた「 横浜流星」さんが輝いた。 コト篇では人気学園ドラマ「3年A組」のセリフが、そしてモノ篇ではプリントシール機「 アオハル」がそれぞれ1位となっている。 これまでティーンたちが生み出した流行語は数知れず、ここ数年で言えば「 卍(まんじ)」などは世の中的にもかなり知られる言葉となった。 2019年上半期に流行した言葉の中に、卍レベルの逸材は隠されているのか? 以下で「コトバ篇」を10位までご覧いただこう。 コトバ篇 第1位: 令和最初の〇〇 第2位: KP 第3位: JKブランド 第4位: ブックオフなのに本ねぇじゃん 第5位: 怒ったかんな! 許さないかんな! 橋本環奈 第6位: ユリユリ 第7位: 無敵ピンク 第8位: 〇〇説濃厚 第9位: 〇〇案件 第10位: ディズる というわけで第1位は「令和最初の〇〇」であった。 正直に言ってしまえば「それティーンだけじゃないから」といったところだが、それだけ時代の変わり目はインパクトが強いということなのだろう。 言い方を変えれば、 ティーンですら時代の変換期には飲み込まれる、とも言えるかもしれない。 その他4位から7位まではテレビが発祥で流行した言葉であり、 ティーンたちが生み出した言葉でないところがやや残念だ。 また「〇〇説濃厚」や「〇〇案件」も普通に意味がわかってしまうため、卍級のインパクトは感じられない。 とはいえ、今回のランキングはあくまで2019年の上半期だけを対象にしているので、半年後には 我々のド肝を抜く言葉が誕生している可能性も大いにある。 ただ現在のところは「今年は意外と普通」なJCJK流行語ランキングであった。 参照元: 執筆: Photo:RocketNews24.

次の

【女子中高生 2020トレンドを予測】JC・JK流行語大賞2019も発表!何が今人気なの?

流行 語 大賞 2019 jk

ヒト部門の1位に輝いたのは、シンガーソングライターの「あいみょん」。 あいみょんの曲は『盛れる』と話題になり、TikTokを通して女子中高生の間で大流行した。 国内配信チャートでも上位を独占し、今年の紅白歌合戦にも初出場が決定している。 学校の先生になってほしいとの意見も見受けられたとしている。 第5位の「けみお」は、今年同社が行った「JCJK流行語大賞2018上半期」でも選出され、年間大賞でもランクインした。 SNSを駆使した情報発信や、独特の言葉選びが話題となり、多くの女子中高生に支持されているとのこと。 コトバ部門の第1位に選ばれたのは「タピる」。 タピオカを飲む時や飲みたい時に使用されているコトバ。 「タピりたい」や「タピった」など、タピオカを動詞として使用し、タピオカ全盛期とも重なり今年多くの女子中高生の会話の中で使用された。 第2位の「あげみざわ」は、同社が「JC・JK流行語大賞2018」で第1位にランクインした言葉。 YouTuberとして活躍する「けみお」の動画内で連発される「あげみざわ」は、多くの女子中高生が真似して、テンションが上がったときや、ふとしたときに一年を通して使用されたとのこと。 第3位の「どこまで行っても渋谷は日本の東京」は、第2位に引き続き「けみお」がYouTube上での発言がきっかけで火がつき、渋谷に来たときはもちろん、プリクラでの落書きやどこまで行ってもと一人が言うと「渋谷は日本の東京と」コール&レスポンスのような形で周りが答えるという現象も見受けられたとのこと。 2019年JCJKトレンド予測のヒト部門の第1位は、日韓合同グループの「IZONE」。 「JC・JK流行語大賞2018」で、モノ部門4位にランクインしたサバイバル番組発のアイドルグループで、世界で話題を呼んでおり、HKT48の宮脇咲良をはじめとした日本人メンバーを中心に日本でも活動予定で、第2のTWICEとなりそうとのこと。 人気インフルエンサーの「にょみ」は、現役医学生でありながら、モデル顔負けの美貌と自己プロデュース力で、こんな女子大生になりたいとの声が続出し、人気が期待されている。 アプリ部門で、これから女子中高生のシェアがさらに伸びると予測されるアプリは「moru」。 自然に盛れるところから、第二のSNOWと言われている。 顔に動物の加工はちょっと古いという女子中高生たちが、撮影する時から加工されているので自然に盛れるとして、 「JC・JK流行語大賞2018」でもランクインした「PINK PINK MONSTER」のような自然さがヒットし人気が出てきているとのこと。 また、学生限定のコミュニティ「ひま部」も密かなブームとなっている。 自分の好きな趣味同士のサークルをっ作ったり、年齢が近い同士気軽に声をかけることができ、コミュニティを広げるきっかけとなっている。 「V live! 」は、BTSやTWICEなど大人気の韓国グループが配信する動画配信アプリ。 スターたちの素の姿を配信で気軽に見られると、日本の女子中高生の間でも人気が出てきている。

次の