顔バレしたバーチャルyoutuber。 のらきゃっとの顔バレ事故!中身はおっさんで男だと炎上【バーチャルYouTuber】

バーチャルyoutuber、次々中身が特定されてオワコンと囁かれる

顔バレしたバーチャルyoutuber

名前:静凛 読み方:シズカリン 愛称:しずりん、りんりん、りんちゃん チャンネル名;Shizuka Rin Official 誕生日:不明 年齢:17歳 高校3年生 身長:158㎝ 性格:穏やか 好きなタイプ:ガタイのいい人 好きな小説:「殺人鬼」 イラスト絵師:竹花ノート チャンネル開設日:2018年2月1日 動画初投稿日;2018年2月10日 動画投稿本数:66本 2018年5月8日時点 チャンネル登録者数:101,306人 2018年5月8日時点 運営会社:いちから株式会社 公式アカウント:/ 静凛はいちから株式会社の「にじさんじ」の公式キャラクターです。 公式バーチャルライバーとも呼ばれています。 にじさんじとは誰でもバーチャルアイドルになってライブ配信が出来るアプリの名前です。 静凛はその第1期生として選ばれました。 一期生は全員で8人おり、他のメンバーには ・月ノ美兎 つきの みと ・樋口楓 ひぐち かえで ・モイラ Moira ・エルフのえる Elu ・勇気ちひろ ゆうき ちひろ ・鈴谷アキ すずや あき ・渋谷ハジメ しぶや はじめ がいます。 これらの公式バーチャルライバーは一般公募で選ばれました。 月ノ美兎、静凛、樋口楓は「にじさんじJK組」と呼ばれており、静凛はこの3人の中で一番年上で頼れるお姉さん的な立ち位置となっています。 自分自身のことを一番普通だと語る静凛ですが、「にじさんじのエロ担当」とも呼ばれているようです。 好きな小説である「殺人鬼」はかなりのグロ小説。 また、かなりモテるようで色んな学校の男子生徒から告白もされているようですが、すべて断っているそうです。 このかわいらしいキャラクターのイラストは「竹花ノート」さんという絵師の方が担当しています。 竹花ノートさんは綺麗で可愛らしいイラストを他にもたくさん書かれています。 「声がいいからチャンネル登録した」という人も多くいるようです。 確かに綺麗な声で聞きやすく、聞いていて落ち着く声をされています。 そしてその中でも静凛がカウントダウンする動画が人気のようです。 ただカウントダウンしてるだけの動画ですが催眠音声とも言われているようです。 その動画がこちらです。 なぜこのカウントダウンの動画がそこまで人気で催眠音声と呼ばれているのか・・・ 催眠音声という言葉を初めて知り、意味がわからなかったので調べてみましたがかなり下方面の意味でここでは書けないような内容でした!気になる方は自分で調べてみてください。 いや〜いろんな世界があるんですね。 笑 カウントダウンを言い終えた後本人は「え、なんで?なんで?」と意味がわからないといったリアクションをしていますが絶対わかってやってますよね!笑 「にじさんじのエロ担当」と呼ばれているのも納得できます。 一部からは「バーチャルサキュバス」「いかがわしずりん」なんて呼ばれ方もされているようです。 静凛 シズカリン の中の人が顔バレ?【画像】は次のページへ.

次の

富士葵の中身が顔バレ?小林美晴・鈴木たかこ説!富士葵の事務所

顔バレしたバーチャルyoutuber

バーチャルYouTuber『のらきゃっと』とは?• 名前:のらきゃっと• 誕生日:4月15日• 身長:約150cm(ヒール抜き)• 体重:41. 5kg 『のらきゃっと』はかつてニコニコ動画でも活躍していた特異なYouTuberです。 活動開始は2017年4月頃からであり、非常に早い段階より現在のような活動を行っているため、かなり古参のVTuberです。 VTuber初期組と呼ばれている「電脳少女シロ」より早い時期から活躍しており、実質VTuberの走りなのではないでしょうか。 その後VTuber人気に乗るような形でYouTubeに進出し、現在まで活動を続けています。 普通VTuberといえば企業などが数人のスタッフを使って運用するのが普通なのですが、『のらきゃっと』は「ねこます」のように個人が出来得る限りの技術を投入して運用しています。 3DCGモデルの動きや動画編集、台本、果ては声まで自分でつけています。 しかし、声を中の人本人がつけていると言っても、「ねこます」のようにボイスチェンジャーを使わず、肉声である自らのオッサン…男性声を使用しているわけではなく、『のらきゃっと』は音声認識ソフトである「VOICEROID」を使用しています。 そのため、声は機械音声丸出しのたどたどしい物となっていますが、女性の声をつけることに成功しています。 「ご認識」がご愛敬? 尚、この「VOICEROID」の仕様により音声認識の「誤認識」(動画内では音声認識の仕様で「ご認識」となっている)が非常に多く、その「誤認識」によるトンデモ発言が視聴者の腹筋を度々崩壊させています。 (例:好きな食べ物を「紅茶」と言おうとしたところ、音声認識が「校舎」と誤認、鉄筋コンクリートをバリバリ食べるといった突飛なキャラクター付けをすることになる。 ) (例:自己紹介で『のらきゃっと』と言おうとしたところ、『のらきゃっと』が認識されず「奈良キャット」やら「村(そん)キャット」やらと妙な名前を喋り続け、なかなか自己紹介出来なかった。 ) 外見は白髪のロングヘアーに猫耳、ゴスロリ衣装を身にまとった女性であり、ハイライトの無い赤い目が特徴的です。 個人製作のポリゴンモデルであるが故に表情パターンは非常に少ないのですが、無表情からの薄ら笑いが妖艶だと特に評判が高く、表情の少なさを魅惑的な動作で補っているような状態です。 設定は「元戦闘用アンドロイド」であり、戦闘力が高い設定ではあるのですが、前述の誤認識のせいで「ポンコツ」扱いされてしまうこともしばしばです。 ちなみに2018年3月末に3Dモデルを一新し、猫耳がメカっぽくなったり、尻尾が追加されたりなどの外見の変更が行われました。 必殺技は「クラリキャットカッター」。 本来は逸れてしまった話題を無理矢理本来の話題に戻すため、強制的に話題を切るように使われる「髭男爵」の「ひぐちくん」が使用していたギャグ「ひぐちカッター」が元ネタの「のらきゃっとカッター」だったのですが、誤認識でこのような形となりました。 その後、語感がカッコよく、中の人が気に入ったためにそのまま使用されています。 尚、『のらきゃっと』のファンは「 ねずみさん」と呼ばれ、動画内でも『のらきゃっと』が視聴者をそう呼称するようです。 『のらきゃっと』の中の人「ノラネコP」が顔バレする放送事故 『のらきゃっと』は運用から声付けまで全てプロデューサーである ノラネコPが行っています。 そのため、言動の数々は基本的に ノラネコPが喋っていることはほぼ周知の事実でした。 ですが ノラネコPは自身をあくまで『のらきゃっと』のプロデューサーとして位置付けており、『のらきゃっと』と自分が二人三脚で動画を作っているのだと設定していました。 そのため、 ノラネコPという男性の背後がありながらも、『のらきゃっと』には彼女に恋をしてしまう程に熱狂的なねずみさんである「ガチ恋勢」が存在していました。 しかしある日、そんなねずみさんたちの愛を試すような事件が生放送中に起こってしまったのです。 生放送で「ノラネコP」の素顔が流出した事件 その事件が起きたのは去る2018年2月4日。 YouTubeにて生放送を行っていた『のらきゃっと』。 普段通りに動画は進み、放送機材のトラブルも無く、そのまま放送は終了すると思われていました。 そもそも、トラブルなど、最初から誰も想定していません。 だからこそ、誰もが楽しく『のらきゃっと』の動画を視聴していました。 そんな中、唐突に事件が起こりました。 『のらきゃっと』の3DCGが剥がれ、 ノラネコPの姿が丸出しになってしまったのです。 ノラネコPが『のらきゃっと』を操作する際に使用していたソフト「フェイスリグ」が不具合を起こして外れてしまったが故に起きた事件です。 バーチャル美少女の中身が男だと判明して炎上 バーチャル美少女の中身が男だと判明したこの事件は視聴者に衝撃を与えるのには十分すぎるものでした。 いくら ノラネコPが個人的に操作し、一人だけで『のらきゃっと』という存在を作り上げているのだとしても、可愛い『のらきゃっと』を見に来ていたねずみさんたちの百年の恋を冷ますには一撃必殺と言っても良い程の威力があるものです。 当然、Twitterでは炎上する騒動に。 のらきゃっと側はツイッターで言及 そんな中、2018年2月6日に『のらきゃっと』のTwitterに投稿されたのがこのツイートです。 おはきゃーっと。 ……一晩起きて状況を見てみると、なんだか小さな悪戯とか、する必要がないような? 単に普通に純粋に、いつものわたしで配信するのが一番の気がしてきました。 「ノラネコP」としてもこのようなツイートが投稿されました。 ニコ生で顔出しをしていたこともあるから、自分個人についてはひたすら今更な話だけれど。 申し訳ないのはとにかく「のらきゃっと」を好きになってくれた方々に。 貰った言葉は優しいものばかりだが、はっきり言ってキャラクターとしての魅力を自分で損なってしまったことには変わりない。 ツイッターでの活動は、しばらくキャラクター同士の絡みを自粛する必要はあると思う。 交流して頂いた相手に迷惑をかけるのが最もいけない。 個人的には、こうなればオープンにして構わない情報はある程度オープンにして「ノラネコ」という存在をあって当たり前の存在にすべき、と思う。 影が見えてしまったなら、いっそ切り離して実体にしてしまった方がいい。 そもそも『のらきゃっと』は、 ノラネコPが「誰でも可愛い女の子になれる」という理論を見せるために活動をしてきたものです。 そのために作成されたアバターがキャラ付けされ、一人のキャラクターとなったのが『のらきゃっと』なのです。 なので、応えていないのも当然というか、自分の顔がバレてもあまり問題が無いとも言えるでしょう。 ねずみさんたちの反応 それでは、この事件を受けて、ねずみさんたちはどう思っているのでしょうか。 Twitter上ではこのような発言が見られました。 そして、『のらきゃっと』にガチの恋をする「ガチ恋勢」のねずみさんたちはこのように言っています。 立てばがに股 座ればおっさん 聞こえる声はおっさん でもかわいい! — 「コアクマン」 koakuma1020 改めて思った。 おっさんだからこそのらきゃっとにガチ恋出来る。 それでいいのだ。 わかりきったことだろう?おっさんだってことは。 最初から。 顔バレしてもライブの人数6000人オーバーなのはみんなガチ恋してるからだ。 間違いない。 — かりた syabyss かなり逞しいもので、こちらも全く応えていません。 むしろ「オッサンだからこそセクハラ紛いの発言も大丈夫」「オッサンだからこそ背後の存在を気にせず安心してガチ恋出来る」「むしろ目覚めた」などの意見を見ることも出来ました。 この程度では『のらきゃっと』への恋は揺るがず、今まで通りに応援していくような様相を見せています。 ハッキリ言ってしまうと、この事件で騒いでいるのは、ねずみさんたち以外の部外者であることがわかります。 現在は炎上騒動は収まっている 現在、『のらきゃっと』と ノラネコPに関する炎上騒動は収束を見せています。 本当に『のらきゃっと』の中身がオッサンであることが嫌だった視聴者は現在動画視聴をしていないでしょうし、逆にオッサンでも大丈夫なねずみさんたちは今でも動画視聴を続けていると思います。 そして、本人たちはこの事件に関して前向きな姿勢を見せています。 そのため、事件に関してはもう蒸し返す必要はありませんし、必要以上に対立を煽る必要は無いと思われます。 動画視聴の際は「ネタにする」以上に過剰な反応をすることは避けた方が得策だと思われます。 まとめ VTuber『のらきゃっと』についてまとめると、• 戦闘用アンドロイド設定のVTuber• 中の人もといプロデューサーはノラネコP• 得意技は音声認識の誤認識• 過去に一度中の人の顔が流出したことがある とのことでした! 事件が起きた後も人気を集めているということから、中の人が男だろうと何だろうと「のらきゃっと」の魅力は変わらないことが伺えますね。

次の

のらきゃっと(バーチャル美少女)の顔バレ事故!中身が男で炎上まとめ

顔バレしたバーチャルyoutuber

バーチャルYouTuber『のらきゃっと』とは?• 名前:のらきゃっと• 誕生日:4月15日• 身長:約150cm(ヒール抜き)• 体重:41. 5kg 『のらきゃっと』はかつてニコニコ動画でも活躍していた特異なYouTuberです。 活動開始は2017年4月頃からであり、非常に早い段階より現在のような活動を行っているため、かなり古参のVTuberです。 VTuber初期組と呼ばれている「電脳少女シロ」より早い時期から活躍しており、実質VTuberの走りなのではないでしょうか。 その後VTuber人気に乗るような形でYouTubeに進出し、現在まで活動を続けています。 普通VTuberといえば企業などが数人のスタッフを使って運用するのが普通なのですが、『のらきゃっと』は「ねこます」のように個人が出来得る限りの技術を投入して運用しています。 3DCGモデルの動きや動画編集、台本、果ては声まで自分でつけています。 しかし、声を中の人本人がつけていると言っても、「ねこます」のようにボイスチェンジャーを使わず、肉声である自らのオッサン…男性声を使用しているわけではなく、『のらきゃっと』は音声認識ソフトである「VOICEROID」を使用しています。 そのため、声は機械音声丸出しのたどたどしい物となっていますが、女性の声をつけることに成功しています。 「ご認識」がご愛敬? 尚、この「VOICEROID」の仕様により音声認識の「誤認識」(動画内では音声認識の仕様で「ご認識」となっている)が非常に多く、その「誤認識」によるトンデモ発言が視聴者の腹筋を度々崩壊させています。 (例:好きな食べ物を「紅茶」と言おうとしたところ、音声認識が「校舎」と誤認、鉄筋コンクリートをバリバリ食べるといった突飛なキャラクター付けをすることになる。 ) (例:自己紹介で『のらきゃっと』と言おうとしたところ、『のらきゃっと』が認識されず「奈良キャット」やら「村(そん)キャット」やらと妙な名前を喋り続け、なかなか自己紹介出来なかった。 ) 外見は白髪のロングヘアーに猫耳、ゴスロリ衣装を身にまとった女性であり、ハイライトの無い赤い目が特徴的です。 個人製作のポリゴンモデルであるが故に表情パターンは非常に少ないのですが、無表情からの薄ら笑いが妖艶だと特に評判が高く、表情の少なさを魅惑的な動作で補っているような状態です。 設定は「元戦闘用アンドロイド」であり、戦闘力が高い設定ではあるのですが、前述の誤認識のせいで「ポンコツ」扱いされてしまうこともしばしばです。 ちなみに2018年3月末に3Dモデルを一新し、猫耳がメカっぽくなったり、尻尾が追加されたりなどの外見の変更が行われました。 必殺技は「クラリキャットカッター」。 本来は逸れてしまった話題を無理矢理本来の話題に戻すため、強制的に話題を切るように使われる「髭男爵」の「ひぐちくん」が使用していたギャグ「ひぐちカッター」が元ネタの「のらきゃっとカッター」だったのですが、誤認識でこのような形となりました。 その後、語感がカッコよく、中の人が気に入ったためにそのまま使用されています。 尚、『のらきゃっと』のファンは「 ねずみさん」と呼ばれ、動画内でも『のらきゃっと』が視聴者をそう呼称するようです。 『のらきゃっと』の中の人「ノラネコP」が顔バレする放送事故 『のらきゃっと』は運用から声付けまで全てプロデューサーである ノラネコPが行っています。 そのため、言動の数々は基本的に ノラネコPが喋っていることはほぼ周知の事実でした。 ですが ノラネコPは自身をあくまで『のらきゃっと』のプロデューサーとして位置付けており、『のらきゃっと』と自分が二人三脚で動画を作っているのだと設定していました。 そのため、 ノラネコPという男性の背後がありながらも、『のらきゃっと』には彼女に恋をしてしまう程に熱狂的なねずみさんである「ガチ恋勢」が存在していました。 しかしある日、そんなねずみさんたちの愛を試すような事件が生放送中に起こってしまったのです。 生放送で「ノラネコP」の素顔が流出した事件 その事件が起きたのは去る2018年2月4日。 YouTubeにて生放送を行っていた『のらきゃっと』。 普段通りに動画は進み、放送機材のトラブルも無く、そのまま放送は終了すると思われていました。 そもそも、トラブルなど、最初から誰も想定していません。 だからこそ、誰もが楽しく『のらきゃっと』の動画を視聴していました。 そんな中、唐突に事件が起こりました。 『のらきゃっと』の3DCGが剥がれ、 ノラネコPの姿が丸出しになってしまったのです。 ノラネコPが『のらきゃっと』を操作する際に使用していたソフト「フェイスリグ」が不具合を起こして外れてしまったが故に起きた事件です。 バーチャル美少女の中身が男だと判明して炎上 バーチャル美少女の中身が男だと判明したこの事件は視聴者に衝撃を与えるのには十分すぎるものでした。 いくら ノラネコPが個人的に操作し、一人だけで『のらきゃっと』という存在を作り上げているのだとしても、可愛い『のらきゃっと』を見に来ていたねずみさんたちの百年の恋を冷ますには一撃必殺と言っても良い程の威力があるものです。 当然、Twitterでは炎上する騒動に。 のらきゃっと側はツイッターで言及 そんな中、2018年2月6日に『のらきゃっと』のTwitterに投稿されたのがこのツイートです。 おはきゃーっと。 ……一晩起きて状況を見てみると、なんだか小さな悪戯とか、する必要がないような? 単に普通に純粋に、いつものわたしで配信するのが一番の気がしてきました。 「ノラネコP」としてもこのようなツイートが投稿されました。 ニコ生で顔出しをしていたこともあるから、自分個人についてはひたすら今更な話だけれど。 申し訳ないのはとにかく「のらきゃっと」を好きになってくれた方々に。 貰った言葉は優しいものばかりだが、はっきり言ってキャラクターとしての魅力を自分で損なってしまったことには変わりない。 ツイッターでの活動は、しばらくキャラクター同士の絡みを自粛する必要はあると思う。 交流して頂いた相手に迷惑をかけるのが最もいけない。 個人的には、こうなればオープンにして構わない情報はある程度オープンにして「ノラネコ」という存在をあって当たり前の存在にすべき、と思う。 影が見えてしまったなら、いっそ切り離して実体にしてしまった方がいい。 そもそも『のらきゃっと』は、 ノラネコPが「誰でも可愛い女の子になれる」という理論を見せるために活動をしてきたものです。 そのために作成されたアバターがキャラ付けされ、一人のキャラクターとなったのが『のらきゃっと』なのです。 なので、応えていないのも当然というか、自分の顔がバレてもあまり問題が無いとも言えるでしょう。 ねずみさんたちの反応 それでは、この事件を受けて、ねずみさんたちはどう思っているのでしょうか。 Twitter上ではこのような発言が見られました。 そして、『のらきゃっと』にガチの恋をする「ガチ恋勢」のねずみさんたちはこのように言っています。 立てばがに股 座ればおっさん 聞こえる声はおっさん でもかわいい! — 「コアクマン」 koakuma1020 改めて思った。 おっさんだからこそのらきゃっとにガチ恋出来る。 それでいいのだ。 わかりきったことだろう?おっさんだってことは。 最初から。 顔バレしてもライブの人数6000人オーバーなのはみんなガチ恋してるからだ。 間違いない。 — かりた syabyss かなり逞しいもので、こちらも全く応えていません。 むしろ「オッサンだからこそセクハラ紛いの発言も大丈夫」「オッサンだからこそ背後の存在を気にせず安心してガチ恋出来る」「むしろ目覚めた」などの意見を見ることも出来ました。 この程度では『のらきゃっと』への恋は揺るがず、今まで通りに応援していくような様相を見せています。 ハッキリ言ってしまうと、この事件で騒いでいるのは、ねずみさんたち以外の部外者であることがわかります。 現在は炎上騒動は収まっている 現在、『のらきゃっと』と ノラネコPに関する炎上騒動は収束を見せています。 本当に『のらきゃっと』の中身がオッサンであることが嫌だった視聴者は現在動画視聴をしていないでしょうし、逆にオッサンでも大丈夫なねずみさんたちは今でも動画視聴を続けていると思います。 そして、本人たちはこの事件に関して前向きな姿勢を見せています。 そのため、事件に関してはもう蒸し返す必要はありませんし、必要以上に対立を煽る必要は無いと思われます。 動画視聴の際は「ネタにする」以上に過剰な反応をすることは避けた方が得策だと思われます。 まとめ VTuber『のらきゃっと』についてまとめると、• 戦闘用アンドロイド設定のVTuber• 中の人もといプロデューサーはノラネコP• 得意技は音声認識の誤認識• 過去に一度中の人の顔が流出したことがある とのことでした! 事件が起きた後も人気を集めているということから、中の人が男だろうと何だろうと「のらきゃっと」の魅力は変わらないことが伺えますね。

次の