全 羅 監督 元 ネタ。 実在の人物を出す重み ドラマ「全裸監督」 元AV女優に映像化の同意を得たのか

生ヒップをさらして駅弁プレイ!最新ドラマで見せた山田孝之の「超熱演」中身

全 羅 監督 元 ネタ

アダルトビデオ(AV)界のパイオニアとして、1980年代末には年商100億円を稼ぎ出したが、「空からスケベが降ってくる」と衛星放送事業に進出した結果、50億円もの負債を背負う大失敗を経験。 まさに資本主義の天国から地獄まで味わった男、村西とおる。 6月7日に上梓した著書『裸の資本論 借金返済50億円から学んだおカネの法則41』(双葉社)には、そんな村西のお金にまつわる体験談の数々が収録されている。 絶頂期には10億円の豪邸に暮らし、ロールスロイスやヘリポート付きクルーザーを所有するほど儲けていたにもかかわらず、転落後は子供の学費のために元部下にまで借金を申し込み、債権者からはダムの上で自殺を迫られた。 しかし、普通の人であれば再起不能に感じられるギリギリの状況下で、村西はしぶとく生き残り、何度でも立ち上がってきた。 【村西】いつもそう言われるんですよ。 借金が50億円あって、自己破産も自殺もせずに生きていられたなんてタフですねと。 でも、本当はそんな人間じゃないんです。 死んだら楽になると思ったことは何千回もあります。 ただ、状況が許さなかった。 例えば「空からスケベが降ってくる」を合言葉にアダルト映像の衛星放送事業に注力したとき、私は裏社会のある筋から20億円を借りました。 その保証人になってくれたのは、とある外車ディーラーの経営者でした。 私が自殺したら私は楽になるかもしれないですが、彼は一家心中するしかない。 そんなことはさせられないでしょう? 自己破産だってそうです。 自己破産をした人間をたくさん見ていますが、後に再起できた人を見たことがありません。 自分が自分自身に絶望してしまうからかもしれません。 やっぱりね、「ああ、こいつはいざとなったら自己破産をして逃げるやつだ」と思われて応援してくれる人がいなくなってしまうからです。 借金を返済するってことは、信頼の貯金をするということでもあるのです。 世界で初めて片面二層の4時間16分のDVD作品を5本作ったときは、さっきの20億円を借りた人から、さらに5億円の制作費を借りました。 20億円は返し終えていたとはいえ、最初は私も、いくらなんでも彼らは貸してくれないだろうと思いましたよ。 でも、5割の「ひょっとして……」という気持ちでお願いしてみたら、なんと2秒で「貸してやる」と言われた。 逃げずにコツコツ借金を返していたら、巡り巡って「村西は信用できるやつだ」という評価が生まれたからです。 信頼の貯金とは、こういうことです。 【村西】そもそもね、私が借金を返そうと思ったら、雲隠れせずにメディアに出続けるしかない。 だから逃げも隠れもできないんでございます(笑)。 いろんな状況が重なった中で頑張ろう頑張ろうとやってきたら、「お前はタフだな」とみなさんに言われるようになった。 それだけのことなんですよ。

次の

「全裸監督」ヒットの裏で……なぜ村西とおる本人は隠されているのか

全 羅 監督 元 ネタ

8月に配信され、芸能人から一般男女まで日本中をトリコにしたドラマ「全裸監督」(Netflix)。 注目されたのは、監督・村西とおるを演じた山田孝之だけではない。 80年代のいかがわしき艶ビデオ女優を演じた新進女優の魅力を、映画パーソナリティのコトブキツカサ氏が語る。 生まれたままの姿で浴室に横たわり、ハリのあるみずからの胸と茂みの奥に指をはわせ、熱い息を漏らして体をびくびくと痙攣させる。 また別のシーンでは、思い切り突かれ、「あぁん! あんうぅん!!」と、のアエぐ。 一世を風靡した村西の秘蔵っ子女優・黒木香を演じた森田望智(23)は、その品のある横顔から放たれる下品な匂いで、視聴者の下腹部を熱くさせた。 その一人である有吉弘行も、自身のラジオ番組で「すごいよ。 こういうのが体張って演技するってことなんだなあって思いました」と手放しで絶賛した。 「彼女はオーディションから、他の女優との違いを見せつけていたようです。 参加者で唯一、ワキ毛をサインペンで書いて臨んだといいます」 女優としての意気込みが感じられるが、コトブキ氏が注目するのは、彼女の経歴である。 ベッドシーンの時の彼女の体の柔らかさ、しなやかさがすばらしいなと思っていたというが、 「そのはずで、クラシックバレエやフィギュアスケートの経験者でした。 となると、いい家庭で育ったお嬢さんに間違いありません。 まさに適役だったのだ。 もう一人、村西がデビュー作を撮った新人女優・奈緒子を演じたのが、冨手麻妙(25)だ。 彼女は園子温監督作でもヘアも見せた全脱ぎを披露しているが、「これまでも普通の若い女優がドン引きしてしまうような作品に、みずから『出たい!新しいことをやりたい!』とやる気を見せるような、気概のある女優でした」(コトブキ氏)という。 芸能界入りはAKB48の研究生オーディションに合格したのがキッカケだったが、「奈緒子役に、そんな元アイドルの片鱗は一切なかった」とコトブキ氏は感心する。 冨手演じる奈緒子は、半ば無理やり現場に連れてこられ、村西の話術にやる気を見いだし撮影に挑む。 そして「野球場での野外プレイ」をキメるのだ。 バスの車体に手をつき、後ろから激しくピストンされ、さらにマウンドでは突き上げられ、豊かな胸を揺らしながら嬌声を上げる。 「こんなに肉感的だったのかと驚きました」とするコトブキ氏によれば、まさに、80年代艶ビデオ女優らしい肉質が、彼女に備わっていたという。 「そんなリアリティーあるたたずまいも、オーディションで奈緒子役をゲットした要因ではないでしょうか」(コトブキ氏) 男性の下腹部だけではなく、見る者の人生観すら熱くさせる二人の艶技は要注目だ。

次の

山田孝之が”注意喚起”したドラマ『全裸監督』、過激さ以上に視聴者が驚愕した場面とは?|日刊サイゾー

全 羅 監督 元 ネタ

村西氏は昭和23年生まれ。 その後ビデオ業界に転身し、自ら監督、出演するスタイルを確立。 ドラマ化の経緯を村西氏が話す。 「打診があったのは約2年前。 要望を聞かれ、『村西とおる役は福山雅治さんでお願いします』と(笑)。 失礼ながら山田孝之さんのことは存じあげませんでした。 完成した作品を見て、感動しましたね。 日本にこんな役者がいたのかと」 原作の著者でノンフィクション作家の本橋信宏氏(63)も言う。 「AV監督という役を演じたら今後CMのオファーなどに影響が出るかもしれない。 すると山田さんは『それでも演りたいんです』と言った。 コンプライアンスだらけの現代。 包み隠さず、人間のありのままを描いた作品が求められているのかもしれない」 〈人間まるだし。 〉 こんなキャッチコピーを掲げた同ドラマ。 ドラマ関係者が証言する。

次の