シロクロ 2話 感想。 シロクロパンダは笑う2話の感想とあらすじ!不正入試問題の疑惑は嘘?

【第2話】シロクロパンダのあらすじと感想をまとめ

シロクロ 2話 感想

シロクロパンダ2話のあらすじ:告発は本当なのか? 現在までの2話のあらすじです! ・今回のMr. ノーコンプライアンスからの案件依頼は、一流大学の東京誠立大学にかかる不正入試問題にシロクロを付けること。 ・東京誠立大学の学長・岸本がナイフを持った男に刺されるが、犯人はこの大学の3浪中の赤嶺だった。 東京誠立大学は直輝の通う大学でもあり、居合わせたレンとともに、二人は事件に巻き込まれる。 赤嶺が岸本を刺してしまった理由、その真相が今回の疑惑を解き明かす鍵である ・全日テレビのディレクターの神代は、この事件の動機が岸本の息子の不正入試の告発が原因ではないかと考えていた。 その疑惑とは、東京誠立大学に入学した岸本の息子の入試の成績がネットに公表されており、それが合格基準に達していなかったため、学長という親の権力で合格させたのでないかというものだ。 ・一体誰が岸本の息子の入試情報を流したのか。 そして、この合格基準を満たしていないという情報は本当のものなのか? この点を解明していくことが今回のグレーゾーンを暴く鍵ではないだろうか? シロクロパンダ2話の感想 ・全日テレビのディレクターの神代が森島直輝の存在に気づきました。 神代は、ミスパンダの正体を暴こうと躍起になっています。 今後は、神代が直輝とミスパンダにどう関わっていくかが気になるところです。 ・パンダのぬいぐるみにはUSBが隠されていましたが、その中には動画が入っていました。 コアラ男が少女を誘拐し1億円を要求しているもの、その娘の父親と思われる人物が泣きながら犯人に娘を返してくれと叫んでいるもの、これらの動画を目にした直輝は父の殺害を謎を解くために、Mr. ノーコンプライアンスで佐島あずさのの父でもある佐島法務大臣に詰め寄っていきます。 徐々に父の真相が暴かれていくことになりますが、こんな緊迫のシーンで、佐藤二朗さんが「どんどん飲め、どうせ割り勘だ」と直輝を演じる横浜さんに言いましたが、これってもしかすると佐藤さんのアドリブかも知れません。 だとしたらさすがの一言です。 ・囲碁喫茶GOBANの店主・加賀と精神科医で直輝の大学の指導教官でもある門田がレンの症状について話しているシーンがありましたが、非常に不自然な内容で怪しさをさらけ出していましたが、門田がレンの過去に、もっと言えば、レンが今のような極端なネガティブな性格になったことに関わっているように感じました。 シロクロパンダ2話の視聴者の反応まとめ シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 の視聴者さんの気になるツイートをまとめてみました。 最後までお読みいただいた方、ありがとうございました。

次の

シロクロの2話ネタバレ考察!レンとリコは入れ替わり?コアラ男は門田?

シロクロ 2話 感想

パッと読める目次• 【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 男は岸本を刺した後、レンに襲い掛かる…。 事件を受けて、東京誠立大学副学長の池渕が記者会見を開く。 池渕は、岸本が意識不明の重体と発表。 犯人は、赤嶺という3浪中の浪人生だった。 東京誠立大学に通う岸本の息子・俊一の入試の成績表がネットに流出。 その得点が大学の合格基準に達していなかったため、俊一は父親の権力によって不正に入学したのではないかと疑われていた。 赤嶺はその疑惑を知り、岸本への怒りから犯行に及んだとみられた。 さらに、第三者委員会を設置して徹底的に調査すると宣言する。 直輝はMr. ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から、不正入試問題にシロクロをつけるようにと告げられる。 レンは直輝に呼び出され、パンケーキの店へ。 パンケーキにかけられるシロップを見つめるうち、レンの意識は遠のいていく…。 そして、ミスパンダが出現。 直輝の指示を受けたミスパンダは行動を開始する。 しかし、チーフプロデューサーの飯田(福田転球)と、プロデューサーの田中(永山たかし)は、取り上げることを渋る。 そんな中、東京誠立大学で第三者委員会が開かれる。 そこにミスパンダが駆け付け…。 シロクロ第1話は、企業に務める社員の自殺の真相にシロクロつけるという少々重めのテーマでした。 アクションシーンだけでなく、ゲスト出演の山口真帆さんの流血シーンもあったりと見所満載だったシロクロ第1話。 そんなシロクロですが、第2話は直輝(横浜流星)の大学が舞台です。 不正入学を巡るトラブルに関する事件を巡って、ミスパンダが飼育員さんに催眠術をかけられ事件を暴くようです! 第1話では面白いという声が多かったシロクロですので、第2話も展開が楽しみです。 【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 】第2話のゲストは誰? シロクロ・第1話では、日曜ドラマで大ヒットした「あなの番です」から、田中圭さんが森島直輝(横浜流星)の父親役で友情出演しました。 学長が、記者会見で不正入学があったことを認めた。 レン(清野菜名)を庇って怪我をした直輝(横浜流星)。 君が無事で本当によかった」と言われて恥ずかしがるレン。 第1話ではドラマ「SPEC」を思わせるシーンもあったシロクロ。 なかなかスキャンダラスで衝撃的な内容やシーンも多そうですが、シロクロ第2話も楽しみです! 【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 】第2話の視聴率 【 2週間無料おためし】での視聴であれば、過去の放送分の動画も見れたり、煩わしいCMもなく快適にドラマを視聴できます。 2週間で【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 】を見終えてを解約すれば、全ての動画が無料視聴できます! 登録は5分で完了します! 手続きも簡単で 安全にドラマが観れますので、ぜひ 無料視聴を試してみてくださいね。 閲覧できる内容についての最新情報は、Huluの公式サイトをご確認ください。 【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 】感想 シロクロ結構面白かった…これは来週からも視聴決定。 パンダ🐼を白黒付けると掛けてるところが新しい。 結構社会風刺もあるし、大人も楽しめる。 今後の展開が楽しみ。 】第2話のあらすじまとめ 今回は【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 】の第2話のあらすじと感想についてまとめてみました! 第3話以降どのようなストーリーで進んでいくのか、など見所はたくさんありそうですね! 次週も放送が楽しみです!.

次の

『シロクロ』6話のあらすじと予告!視聴率と感想は?見逃したら?

シロクロ 2話 感想

シロクロパンダ2話のあらすじ:告発は本当なのか? 現在までの2話のあらすじです! ・今回のMr. ノーコンプライアンスからの案件依頼は、一流大学の東京誠立大学にかかる不正入試問題にシロクロを付けること。 ・東京誠立大学の学長・岸本がナイフを持った男に刺されるが、犯人はこの大学の3浪中の赤嶺だった。 東京誠立大学は直輝の通う大学でもあり、居合わせたレンとともに、二人は事件に巻き込まれる。 赤嶺が岸本を刺してしまった理由、その真相が今回の疑惑を解き明かす鍵である ・全日テレビのディレクターの神代は、この事件の動機が岸本の息子の不正入試の告発が原因ではないかと考えていた。 その疑惑とは、東京誠立大学に入学した岸本の息子の入試の成績がネットに公表されており、それが合格基準に達していなかったため、学長という親の権力で合格させたのでないかというものだ。 ・一体誰が岸本の息子の入試情報を流したのか。 そして、この合格基準を満たしていないという情報は本当のものなのか? この点を解明していくことが今回のグレーゾーンを暴く鍵ではないだろうか? シロクロパンダ2話の感想 ・全日テレビのディレクターの神代が森島直輝の存在に気づきました。 神代は、ミスパンダの正体を暴こうと躍起になっています。 今後は、神代が直輝とミスパンダにどう関わっていくかが気になるところです。 ・パンダのぬいぐるみにはUSBが隠されていましたが、その中には動画が入っていました。 コアラ男が少女を誘拐し1億円を要求しているもの、その娘の父親と思われる人物が泣きながら犯人に娘を返してくれと叫んでいるもの、これらの動画を目にした直輝は父の殺害を謎を解くために、Mr. ノーコンプライアンスで佐島あずさのの父でもある佐島法務大臣に詰め寄っていきます。 徐々に父の真相が暴かれていくことになりますが、こんな緊迫のシーンで、佐藤二朗さんが「どんどん飲め、どうせ割り勘だ」と直輝を演じる横浜さんに言いましたが、これってもしかすると佐藤さんのアドリブかも知れません。 だとしたらさすがの一言です。 ・囲碁喫茶GOBANの店主・加賀と精神科医で直輝の大学の指導教官でもある門田がレンの症状について話しているシーンがありましたが、非常に不自然な内容で怪しさをさらけ出していましたが、門田がレンの過去に、もっと言えば、レンが今のような極端なネガティブな性格になったことに関わっているように感じました。 シロクロパンダ2話の視聴者の反応まとめ シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 の視聴者さんの気になるツイートをまとめてみました。 最後までお読みいただいた方、ありがとうございました。

次の