児島 マスク。 デニムマスク倉敷児島総社から販売!通販&販売所や効果を調べてみた!|情報屋ピッピ通信

【倉敷市】児島に布製夏マスクの自動販売機登場!注目を集めています。

児島 マスク

私どもは、 「 フィールソーイージーグッドシングスフォーリラクシング 」というアパレル 服 のブランドを運営しております。 社会的に困難な状態が続いていて、様々な影響が広がるなか、衣料品の生産・販売に携わるものとして 何かできることはないか? と、 今回、 服の生地を使用したマスクのプロジェクトを発信させていただくことになりました。 今回のプロジェクトは、岡山県にある協力工場「田中繊維」と連携して進めております。 マスクに使用する生地は、伝統のある 日本製で縫製まですべて国内でまかなう純国産品となります。 一部、プロジェクト終了を待たずにいち早くお届けできるリターンを設定するなど、 できるだけ早く商品をお届けできるよう準備をはじめています。 〈マスクの効果とは?〉 このマスクのプロジェクトをはじめるにあたって、当初は特殊な機能を持った素材を用意できないと製品化は難しいのではないか? と、考えていました。 また 、 「のどを保湿する」ということが、マスクの一番の予防効果 だということもわかりました。 充分、私たちが普段扱っている「服」の素材でも対応可能ではないか? と、 服のようにマスクを着る 「 着るマスク!」 の企画をスタートいたしました。 毎日、服を着替えるように「マスクを着る」という新しい感覚をつくり出したい、そして、憂鬱な日常に少しでも楽しみが見いだせるように! と、考えました。 その今治タオル生地を使い確かな質感のマスクを作成しました。 文字どおり帆船の帆として開発された生地は丈夫で耐久性があり、現在もトートバッグなどに使われています。 長時間着けていても立体形状が崩れない丈夫さを持ったマスクになりました。 児島デニムは、高品質なデニムとして世界的にも認められています。 繰り返し洗うことで経年変化も楽しめ、愛着の湧くマスクになるでしょう。 〈スタイリッシュなデザイン〉 機能的で安定感のある着け心地をめざし立体型を採用しました。 〈サイズスペック〉 大人サイズでややゆったり顔をカバーできるサイズ感、男女兼用です。 マスクは、今後ファッションアイコンになっていくものと考えられます。 漂白剤や漂白剤の入った洗剤は使用しないでください。 引っ掛かりで飛び出した糸は根元で切って処理してください。 タオル織りの特性上、根元でカットすることで、ほつれがそれ以上進むことはありませんし、目立たず、ほつれがあった状態のものとはわからないようになります。 洗って何度も繰り返し使用するのは、経済的にも環境にもスマートです。 本プロジェクトのリターン品は、2枚組セットでのお届けとなりますので、1枚使用ごとに洗濯していただき、ぜひ繰り返しご使用いただきたいです。 気に入ったものに囲まれて、のんびりゆったりした気持ちでいられる。 そんなライフスタイルを提案できるブランドでありたいと願っています。 そして、 ただアイテムを提供するだけではなく、 関わるすべての人がハッピーになることをめざして、、、。 ・類似製品が存在する可能性がありますので、ご自身の判断でご支援ください。 ・製造スケジュールについては、現在、プロジェクト成功を想定した数量を考慮しておりますが、ご支援の数が想定を上回った場合、製造工程上の都合や配送作業に伴う事情により、お届けが遅れる場合も考えられます。 上記のようにプロジェクトページに記載している内容に変更がある場合は、できるだけ早く活動レポート等でお知らせしていく予定です。 最後に、 本商品を手にとったみなさまに喜んでいただけるよう、精一杯、心を込めて対応して行きますので、応援よろしくお願いいたします。

次の

渋谷商店のマスクの通販サイトや口コミは?岡山の自販機でも冷やして人気!

児島 マスク

蒸れにくく、着けて涼しい夏用マスクの自動販売機が、岡山県倉敷市の「児島ジーンズストリート」の一角に登場し、人気を呼んでいる。 販売するのは、自動車シートの縫製を手がける「渋谷商店」(倉敷市児島下の町)。 マスク不足を受け、3月下旬に渋谷敏夫社長(62)自ら製造。 4月からインターネット上で販売し始めた。 5月に入り、従業員から「今のマスクだと夏は暑い」と声が上がり、夏用を開発した。 100種類以上の試作を経て完成。 メッシュ生地を綿と、口に直接当たるシルクで挟み、蒸れを少なくした。 せっかくだから冷やして売ろうと考え、飲料用の自動販売機を新たに購入。 多い日だと150枚以上売れ、生産が追いつかないこともあるという。 サイズは幼児用(縦9センチ、横13センチ)から大人用(縦14センチ、横21センチ)まで4タイプで400~850円。 青やピンクなどカラーは5種類あり、手染めで仕上げている。 手洗いすれば繰り返し使える。 渋谷さんは「コロナ禍で減った観光客の呼び水にもなれば」と話す。 (田辺拓也).

次の

【ベティスミス デニムマスク】オンライン販売《マスク情報》

児島 マスク

蒸れにくく、着けて涼しい夏用マスクの自動販売機が、岡山県倉敷市の「児島ジーンズストリート」の一角に登場し、人気を呼んでいる。 販売するのは、自動車シートの縫製を手がける「渋谷商店」(倉敷市児島下の町)。 マスク不足を受け、3月下旬に渋谷敏夫社長(62)自ら製造。 4月からインターネット上で販売し始めた。 5月に入り、従業員から「今のマスクだと夏は暑い」と声が上がり、夏用を開発した。 100種類以上の試作を経て完成。 メッシュ生地を綿と、口に直接当たるシルクで挟み、蒸れを少なくした。 せっかくだから冷やして売ろうと考え、飲料用の自動販売機を新たに購入。 多い日だと150枚以上売れ、生産が追いつかないこともあるという。 サイズは幼児用(縦9センチ、横13センチ)から大人用(縦14センチ、横21センチ)まで4タイプで400~850円。 青やピンクなどカラーは5種類あり、手染めで仕上げている。 手洗いすれば繰り返し使える。 渋谷さんは「コロナ禍で減った観光客の呼び水にもなれば」と話す。 (田辺拓也).

次の