アイ クラウド。 人工知能をクラウド化する「クラウドAI」の勝者はどこだ?

人工知能をクラウド化する「クラウドAI」の勝者はどこだ?

アイ クラウド

そもそもクラウドとは? 今日では、「クラウド」という言葉を日ごろより耳にするようになりましたが、「クラウドって何?」と聞かれて明確に答えられる人は限られるのではないでしょうか。 クラウドの定義はとても曖昧です。 本記事では「クラウドとは?」について分かりやすく紹介していきます。 クラウドは、クラウド・コンピューティングと呼ばれることもあります。 クラウドの定義ってなんだか難しそうと思われた方も多いかもしれませんので、もう少し具体的にみていきましょう。 今までは、ハードウェアを購入したり、ソフトウェアをパソコンにインストールしたり、ソフトウェアのライセンスを購入しなければ、サービスが使えないことが一般的でした。 しかし、クラウドの出現によりハードウェアを購入したり、ソフトウェアをインストールしなくても利用できるサービスがたくさん生まれました。 後者の「ハードウェアを購入したり、ソフトウェアをインストールしなくても利用できるサービス」が、クラウドサービスと呼ばれているものです。 なぜクラウドと呼ばれているのかは諸説ありますが、インターネット(雲)の向こう側のサービスを利用していることから、クラウド(cloud=雲)と呼ばれるようになったともいわれています。 この他にもcrowd(クラウド)と書いて、集約したシステムという意味でクラウドと呼ぶようになったともいわれているようです。 まだクラウドサービスのイメージが沸いていない方もより具体的にイメージできるように、どのようなサービスがクラウドサービスと呼ばれるのか、簡単な例をあげてみましょう。 今回は、分かりやすくメールソフト(ソフトウェア)で考えてみます。 【クラウドサービスでない場合】 今までは、OutlookやBecky! などのメールソフトをパソコンにインストールして、メールを送ったりしていました。 会社で利用している場合、何か特別なことをしなくても使えるのが当たり前のように感じるかもしれませんが、利用できるようになるまでに、インストール作業やメールサーバーの構築などが必要になります。 多くの場合、情報システム担当者がこのような作業を担っています。 【クラウドサービスの場合】 クラウドサービスとして提供されている代表的なメールサービスは、GoogleのGmailやMSNのHotmailなどがあげられます。 いずれもパソコンにソフトウェアをインストールしていなくても、クラウドサービスのアカウントさえ持っていれば、Google ChromeやInternet Explorer IE などのブラウザを通してメールを利用することができます。 クラウドの考え方である「ユーザーがソフトウェアを持たなくても、インターネットを通じて、サービスを必要な時に必要な分だけ使える」に照らし合わせて考えるとGmailやHotmailがクラウドサービスであるということは納得がいくはずです。 また、クラウドにはいくつかの種類があり、この例は一番身近な SaaS サースと呼ばれるクラウドサービスに該当します。 SaaSとは、ソフトウェアに特化したクラウドサービスのことです。 クラウドの種類 クラウドには複数種類が存在します。 日ごろからそれらをまとめてクラウドと呼んでいるため定義が曖昧ですが、クラウドの中ではきちんと分類がされていますので、どのように分類されているのか、見ていきましょう。 クラウドの種類が横文字で、難しく感じられる方もいるかと思いますので、簡単に説明していきます。 通常、エンジニアはサーバー(インフラ)上で開発環境を作り、Webサービス(ソフトウェア)を開発し、提供しています。 サーバー(インフラ)や開発環境・ソフトウェアとそれぞれのクラウドには名称があります。 SaaS(Software as a Service) ・・・ ソフトウェアを提供するクラウドサービス• PaaS(Platform as a Service) ・・・ 開発環境を提供するクラウドサービス• IaaS (Infrastructure as a Service) ・・・ サーバー(インフラ)を提供するクラウドサービス SaaS:ソフトウェアの提供 例)Gmailなど PaaS:主に開発環境などの提供 例)Dockerなど IaaS:サーバー、ストレージなどの提供 例)GMOクラウドALTUS、AWSなど 冒頭で例としてあげたGmailは、Webサービス(ソフトウェア)をクラウド化したものですので、SaaSに分類されます。 一般的にSaaSがもっとも身近なものですので、イメージがしやすいと思います。 PaaSやIaaSに関しては、インフラエンジニアや開発エンジニアが利用することがほとんどです。 GMOクラウドでは、ソフトウェアをクラウド化したやサーバー(インフラ)をクラウド化したIaaS()などを提供しています。 ALTUSは、数あるIaaSの中でもコストカットメリットの高いだけでなく、充実のサポート体制でクラウドをはじめて導入される方に高い評価を得ているクラウドサービスです。 しています。 コストカットや業務効率化などに効くクラウドサービスを使ってみたい方は、ぜひ一度お試しください。 なぜクラウドは生まれたのか 「クラウド」すなわち「クラウド・コンピューティング」という言葉は、2006年当時のGoogleのCEOであるエリック・シュミット氏が提唱した言葉といわれていますが、そもそもなぜクラウド・コンピューティングが生まれたのか、コンピューターの歴史を交えて簡単におさらいしていきましょう。 世界初の商用コンピューターとされるUNIVAC Iは1950年頃に登場し、この頃からメインフレーム時代が始まりました。 メインフレームとは、大型コンピューターのことで、当時は非常に高価なものでした。 全ての機能を大型のコンピューター(メインフレーム)が持っており、多くのユーザーが同時に利用するという形式をとっていました。 また、メインフレームでは、GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)での操作ができず、全て文字や数字による操作が必要でした。 この時代では、大型コンピューターではなく、ミニコンピューター(大型コンピューターより小型で安価なコンピューター)が普及しました。 コンピューターの価格が下がったことで、企業は多数のコンピューターを持つことが可能になりました。 この頃からGUIでの操作もできるようになりなりましたが、ネットワークはまだ低速でした。 処理速度を上げるためにクライアント側もコンピューターを持つようになり、一台に「集中」するのではなく、「分散」する傾向が強まりました。 その結果、分散して行われた処理やデータの管理がまた課題となったのです。 1990年代後半には、Webコンピューティング時代と呼ばれる時代が始まります。 この時代では、コンピューターの価格はさらに安くなり、導入のハードルはどんどん低くなっていきます。 今まで課題となっていたネットワークも、価格が下がっただけではなく、速度も改善されていきました。 その結果、コンピューターの利用台数が膨大となり、コンピューター内にアプリケーションやデータを全て配布することが困難となりました。 そして、この問題はWebブラウザによって解消されます。 しかし、サービスがどんどん増えていったことで、多くのサーバーが乱立する事態となり、今度はサーバーをいかに管理・統合していくかが課題となりました。 この課題の解決に必要となった手法が、「クラウド・コンピューティング」です。 なぜクラウド・コンピューティングがサーバーの統合に適しているの?と疑問に思われた方もいるかと思いますので、クラウド・コンピューティングとはどのようなものなのか、もう少し具体的に見ていきましょう。 そもそもクラウド・コンピューティングは、1台の物理サーバーに複数台のサーバーを仮想的に立てることができるハイパーバイザー(仮想化技術)により実現したものです。 このようなサーバーは「仮想サーバー」と呼ばれ、物理サーバーに近い環境が仮想的に作られています。 この仮想サーバーの登場により、スペースは今までと変わらない物理サーバー1台分のスペースで複数の仮想サーバーを運用することができるようになりました。 また仮想化により、サーバー(インフラ)をユーザーが好きなときに好きな分だけ利用できるクラウドサービスの提供も可能になったのです。

次の

株式会社ワンダーアイ

アイ クラウド

今まさに、第四次産業革命の真っただ中に入ろうとしています。 ドイツ政府が主導するインダストリー4. 0は、第四次産業革命を引き起こす取り組みとして「スマートファクトリー」がコンセプトにありました。 これを受けて、現在では内閣府の発表にもある通り(1)財、サービスの生産・提供に際してデーターの解析結果を様々な形で活用する動き、(2)シェアリングエコノミーの勃興、(3)AIやロボットの活用、(4)フィンテックの発展等、具体的な事例がいくつも世に送り出されています。 これらが「超スマート社会」の実現に向けて大きくつながっていくことになると存じます。 このような大きく変貌する時代に、私たちは「クラウド」を事業ドメインとして新たな価値を提供する活動を進めてまいります。 具体的には、防犯、監視カメラをIoTの入口の一つとしてクラウド化し、経営におけるリスクコントロールと効率化を同時に推進することを戦略といたしております。 ビル・施設、ストア、タウン、スクール、ホームあらゆるシーンにおいて、お客様とのコミュニケーションから最適なソリューションを提供し、大切な有形、無形の資産を安全で安心してご活用頂けることを心掛けながら活動する所存でございます。 常に、お客様からご相談頂ける良きパートナーであり、改善、改革、創造で築き上げられる価値を一緒に喜ぶ企業を目指してまいります。 株式会社ワンダーアイをどうか宜しくお願い申し上げます。 代表取締役社長 小川隆義 マルチベンダー対応 通常のクラウド型防犯カメラでは実現しにくい、マルチベンダー対応。 様々なメーカー、機種のカメラに対応することが可能です。 暗号化による高セキュリティ 上り通信においても下り通信においても録画データの暗号化を実施。 経営資産である録画データを外部からの脅威から守ります。 Onvif対応 ネットワークカメラ製品間の共通規格Onvifに対応し、様々な選択肢を持ってカメラをご検討いただけます。 Onvif対応であってもドライバーの開発が必要なケースがございます。 バッファリング対応 カメラが録画したデータをEdge Computerにて一時保存します。 ネットの接続状況に依存するクラウド型カメラの弱点であった、ネット接続が寸断した場合のデータ欠損の防止を実現しました。 帯域制御機能搭載 日中の通信量が多い時間帯はバッファリングにてデータを保存し、少ない帯域でサーバーへ録画データを保存。 夜間の通信量が少ない時間帯にバッファリングした録画データをサーバーにアップすることで、日常業務における通信への負荷を最大限軽減することが可能に。 Edge Computing System 採用 Edge Computingの考えを採用した、エージェントボックスがデータセンターのEdge Computerとしてカメラの録画状況や帯域等を管理します。

次の

【令和版】見積システムのクラウドとインストール型の違いとは?おすすめ13選付き

アイ クラウド

今まさに、第四次産業革命の真っただ中に入ろうとしています。 ドイツ政府が主導するインダストリー4. 0は、第四次産業革命を引き起こす取り組みとして「スマートファクトリー」がコンセプトにありました。 これを受けて、現在では内閣府の発表にもある通り(1)財、サービスの生産・提供に際してデーターの解析結果を様々な形で活用する動き、(2)シェアリングエコノミーの勃興、(3)AIやロボットの活用、(4)フィンテックの発展等、具体的な事例がいくつも世に送り出されています。 これらが「超スマート社会」の実現に向けて大きくつながっていくことになると存じます。 このような大きく変貌する時代に、私たちは「クラウド」を事業ドメインとして新たな価値を提供する活動を進めてまいります。 具体的には、防犯、監視カメラをIoTの入口の一つとしてクラウド化し、経営におけるリスクコントロールと効率化を同時に推進することを戦略といたしております。 ビル・施設、ストア、タウン、スクール、ホームあらゆるシーンにおいて、お客様とのコミュニケーションから最適なソリューションを提供し、大切な有形、無形の資産を安全で安心してご活用頂けることを心掛けながら活動する所存でございます。 常に、お客様からご相談頂ける良きパートナーであり、改善、改革、創造で築き上げられる価値を一緒に喜ぶ企業を目指してまいります。 株式会社ワンダーアイをどうか宜しくお願い申し上げます。 代表取締役社長 小川隆義 マルチベンダー対応 通常のクラウド型防犯カメラでは実現しにくい、マルチベンダー対応。 様々なメーカー、機種のカメラに対応することが可能です。 暗号化による高セキュリティ 上り通信においても下り通信においても録画データの暗号化を実施。 経営資産である録画データを外部からの脅威から守ります。 Onvif対応 ネットワークカメラ製品間の共通規格Onvifに対応し、様々な選択肢を持ってカメラをご検討いただけます。 Onvif対応であってもドライバーの開発が必要なケースがございます。 バッファリング対応 カメラが録画したデータをEdge Computerにて一時保存します。 ネットの接続状況に依存するクラウド型カメラの弱点であった、ネット接続が寸断した場合のデータ欠損の防止を実現しました。 帯域制御機能搭載 日中の通信量が多い時間帯はバッファリングにてデータを保存し、少ない帯域でサーバーへ録画データを保存。 夜間の通信量が少ない時間帯にバッファリングした録画データをサーバーにアップすることで、日常業務における通信への負荷を最大限軽減することが可能に。 Edge Computing System 採用 Edge Computingの考えを採用した、エージェントボックスがデータセンターのEdge Computerとしてカメラの録画状況や帯域等を管理します。

次の