ディズニーランド キャスト 給与。 ディズニー休園延長、キャストは悲痛「夢と希望のためだけに働いてるんじゃない」 休業補償はどうなる?(弁護士ドットコム)

気になる!ディズニーキャストのお給料!嬉しい待遇が?

ディズニーランド キャスト 給与

ディズニーリゾートが大好きで、いっそ働きたい!って思う人は多いと思います。 しかし、実際、周りでキャスト経験のある人ってなかなかいないですよね。 競争率が高そうだけれど、ぜひやってみたい!仕事。 いくら大好きなお仕事でも、生活していけないようなお給料では困るし・・・ ディズニーリゾートのキャストという働き方について、 給料面を中心に探っていきたいと思います。 スポンサーリンク ディズニーリゾートの働き方 ディズニーリゾートは夢の国だけに、働き方も違うのではないか?と考えてしまいますよね。 普通に公募とかしてないんじゃないか?とか、一般面接はないんじゃないか?とか。 でも、ディズニーリゾートもある意味、普通の職場。 HPを観れば、ちゃんと公募されていることが分かります。 スポンサーリンク 働く時間帯 フルタイムキャスト フリーターなど、フルタイムで働ける方向けのお仕事 土日含む7日間のうち、5日間働く 平日のみの週5日間働く など、時間や働く日の希望も出せるようです。 パートタイムキャスト 学業の妨げにならないような学生向けの働き方 扶養範囲内での短時間勤務が選べる主婦向けの働き方も提案されています。 学生のパートタイムキャストにとっては、英語・中国語・韓国語の語学クラス コーチングスキルや、ロジカルシンキングを学べる講座が受講できることは、 社会人になってからも大いに役立つ経験となるのではないでしょうか。 特典 働くからには、何らかの特典があればいいのに!と思ってしまうのが人の性。 いくつもある特典の中から、少しご紹介します。 誰よりも早く! 新しいアトラクションのオープンより前に、体験できる! もちろん、内容を外部の人に話すなどはNGだと思いますが、 これはディズニーファンとしてはポイント高いですね! 特別な勲章 勤続時間や年数に応じたネームタグにつけられるピンが贈呈されます。 誇らしい気持ちになれそうですね。 また、リゾート内で使用できるギフト券ももらえるそうです。 社割 その他、商品を割引価格で購入できたり、キャストだけのオリジナルグッズもあります。 また、規定に応じてパスポートも配布されます。 普通の会社のように社員割引制度がディズニーにもあるのですね。 キャストが働くことに対してモチベーションを保てるように、表彰制度なども充実しています。 ディズニーリゾートにはどんなお仕事があるのか? 接客と非接客でHPに明記されているキャスト一覧を紹介します。 職種を見ただけでは、何の仕事かわからないようなものもありますね。 分かりにくいものは、注釈をつけてみました。 職種によって、難しそうなもの、身体がきつそうなもの、 専門知識がいるもの、いろいろあるので、時給も相当違うのだろうと思いますが・・・ 基本自給はすべて 1,000円! さすがに、ナースやソムリエなど、 特別な資格のいる職種は、調整給という時給が加算されます。 ナースで、450円 ソムリエで350円 他も、何種かが50円~200円の調整給があります。 あとは時間帯によって加算されます。 ショー出演者などは明記されていないので、 もっと特別なお給料形態になっていると思われます。 特別な1日!サンクスデー キャストになると、職場になってしまう夢の国。 そうなると、ゲストとしての楽しさを忘れてしまいそうですよね。 ゲスト目線を忘れてはいけない!ということで、サンクスデーがあるのです。 閉演後の貸し切られたパークで、上司がおもてなししてくれる! キャストだけが体験できる特別な1日があるそうです。 ディズニーのキャスト給料まとめ ディズニーのキャストのお給料は、意外にオープンになっていることが分かりました。 そして、ゲストとして行っているだけでは想像できないくらいたくさんのお仕事があるのですね。 また、モチベーションが保てるようしっかりと研修や昇格制度があり、 ゲストとしての楽しみも忘れないように工夫されていることはさすがだと感じました。 憧れの夢の国で働いてみる!というのもいいですね。 この記事も読まれています• スポンサーリンク•

次の

給与明細から見るキャストの待遇と、早く辞めたかった話|あっくんさん|note

ディズニーランド キャスト 給与

憧れのテーマパーク、ディズニーランドで働く人たちの仕事内容は実にさまざま。 看護師さんならご存じかもしれませんが、看護業務をおこなう「ナースキャスト」というスタッフさんもいます。 首都圏など、ディズニーリゾートのお近くにお住まいなら「ぜひともディズニーランドで働いてみたい」と、思ったことがある方も少なくないでしょう。 この記事では、ディズニーランドで働く看護師「ナースキャスト」のお仕事についてくわしくご紹介します。 気になるお給料や待遇についても取りあげますので、ぜひご参考にしてください。 ナースキャストのおもな仕事内容、待遇や給与は? ナースキャストの応募要件、給与・待遇について ディズニーランドの求人を参照すると、ナースキャストの応募資格は以下のとおりとなっています。 ・正看護師の免許を持っていて、かつ病棟で勤務した経験がある ・土日祝日を含めた週5日のシフト制で勤務可能 ・1日あたり実働7時間程度の勤務が可能 上記の3つをクリアできる看護師さんは、かなり多いのではないでしょうか。 次に仕事内容ですが、「パーク内全8か所の救護室を拠点に、怪我や体調不良のゲストやキャストの救護・応急処置をおこなう」ことがメイン。 その他、患者さんを病院へ搬送する際の付き添いや薬・備品などの管理、救護に関するカルテの記録や管理なども含まれます。 基本は1拠点に3~5名のナースキャストが配置され、グループで業務にあたります。 ナースキャストの雇用形態は「準社員」となり、給与は時給制となっています。 時給は勤務する時間帯に応じて変わり、「1,450~2,113円」の範囲内です。 いわゆるの時給とほぼ変わらない給与水準と考えてよいでしょう。 なお、試用期間中の時給は1,350円となります。 また経験に応じて、規定による昇給制度もあります。 その他の待遇としては社会保険、賞与の支給、入園に関する優待パスポートの発行、グッズ販売のキャスト割引などがあります。 また通勤交通費が支給され、着替え手当という手当も付きます。 それらに加え、キャスト専用のパーク貸し切りも年1回おこなわれています。 求人への応募倍率はとても高いように思われますが、応募資格の段階で若干ハードルを上げているためか、実際の倍率はそれほど高くならないようです。 ナースキャストの仕事は忙しい? ナースキャストに「急病人が出たときだけ仕事をすればいいのでは?」というイメージをお持ちの方もいるかもしれません。 しかし、シーズンによっては想像を絶するほどのゲスト数となるときもあります。 すり傷に薬を塗ってほしいだけの人から病院搬送が必要な人まで、実に多くの患者さんを看なければならなくなる日もあるでしょう。 実際に、ナースキャスト経験者さんの感想には「救急外来や病棟勤務のときと同じくらい忙しい日もあった」という意見も。 また、外国人観光客など、日本語以外での対応が必要となることも少なくありません。 救護や応急処置の対応だけでも決して楽な仕事ではないうえに、パーク内には救急車があるため患者さんの搬送もナースキャストがおこなう場合があります。 日によっては、かなり忙しいときもあることを覚悟したほうがよいかもしれません。 でも、「夢の国」であるディズニーランドの安全と安心を支える一員として活躍したい!という強い意志をお持ちなら、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。 ナースキャストに向いている人とは? ディズニーランド自体が楽しむための空間なので、ナースキャストもゲストにできるだけ楽しんでもらえる雰囲気を作ることが求められます。 医療のお仕事ではありますが、サービス業の要素も大きくかかわってくるでしょう。 笑顔でゲストに対応できることや、不安を抱えたゲストにも安心していただける救護ができることなど、接客のお仕事に近い側面も持ち合わせています。 ナースキャストのお仕事には、救護・看護の技能のみならず「誰かを楽しませられる」「人を安心させられる」というヒューマンスキルも必要になってくるでしょう。 ナースキャストとして働くにあたっての注意点 お給料は病院アルバイトのほうが高給なことも 志望する人が多いことで知られるディズニーランドのキャスト業務ですが、給与面での優位性は高くありません。 病院の外来や病棟でアルバイトしたほうが、高いお給料をもらえる場合もあります。 それらの要素を鑑みても、ナースキャストのお仕事は「夢を追い、夢を売る仕事」であるといえます。 お給料より「夢の国づくりにかかわれること」のすばらしさを優先できるかどうかに、ナースキャストとして長く働けるか否かがかかってくるでしょう。 裏方に徹することができるかが大事 ディズニーランドのキャストといっても、終日ゲストと触れ合える場内スタッフやグッズ販売員のような華やかさは、ナースキャストのお仕事にはあまり期待できません。 意外にゲストと交流できる機会は多くありませんし、開催されているイベントやアトラクションの現場を目にする機会も思ったより少ないでしょう。 裏方として縁の下の力持ちになりきれるかどうかが、ナースキャストの心構えとして大切になるはずです。 まとめ 夢の多いナースキャストのお仕事ですが、実際のところ長く続けられる人はそれほど多くありません。 「イメージと違った」と挫折してしまわないためにも、よく考えじっくり検討してから応募することをおすすめします。 ただし、ナースキャストの求人は募集人数の少なさという観点では「レア求人」であることに間違いはありません。 随時募集があったとしても、採用人数はきわめて少ないことが予想されます。 ディズニーリゾート公式の求人サイトを日ごろからまめにチェックして、淡々と応募のタイミングを待ちましょう。

次の

元ディズニーキャストが明かす!キャストの給料事情【裏話】

ディズニーランド キャスト 給与

キャストの役割について 全てのゲストにHappiness ハピネス を提供すること。 それが、ディズニーランドで働くキャストの根幹となる役割です。 また、「SCSE」と呼ばれる、キャストの行動基準もあります。 「S」 Safty 安全に 「C」 Courtesy 礼儀正しく 「S」 Show ショー 「E」 Efficiency 効率 ディズニーランドのキャストはこの4つを基軸として、行動や接客サービスを行います。 キャストの種類について ディズにランドのキャストといっても、ゲストと頻繁に関わる職種から一切接触のない職種まで様々です。 【接客】 ---------------------------------------------------------------------- ・アトラクションキャスト アトラクションでの案内・誘導 ・フードサービスキャスト 飲食施設での接客 ・マーチャンダイズキャスト 商品販売 ・ゲストコントロールキャスト ショー・パレードでの案内・誘導 ・ワールドバザールキャスト チケットの販売・確認など ・ゲストリレーションキャスト ゲストへの案内・誘導など ・メンテナンスキャスト ウエスタンリバー鉄道の運転補助 ・セキュリティオフィサー 園内外・駐車場の警備 ・カストーディアルキャスト 清掃・ゲストの案内 ・ガイドツアーキャスト パークツアーの案内 ・パーキングロットキャスト 車の誘導・料金の受け取り ・ヘアアンドメイクアップキャスト 東京ディズニーランドホテル内でのヘアメイクなど ・ショーキャスト(パレードフロート・出演者・キャラクターの誘導など) ・ナースキャスト 看護師 園内外での応急処置など ・ソムリエキャスト(飲食施設での接客、ワインの選定など) ---------------------------------------------------------------------- 【非接客】 ---------------------------------------------------------------------- ・テラーキャスト チケット・金銭管理 ・マーチャンダイズストックキャスト 商品在庫管理 ・クラークキャスト 一般事務 ・カリナリーキャスト 調理業務・洗い場作業 ・ディストリビューションキャスト 配送・荷物の保管 ・ワークルームキャスト コスチュームの製作・修繕 ・ファシリティキャスト ウィンドウディスプレイ・什器製作/ 園内施設のペイント作業 ・ウイッグキャスト かつらの製作 ---------------------------------------------------------------------- この他にもステージで踊るダンサーや裏方からディズニーを支える様々な職種があります。 ディズニーランドには開演時間、閉園時間がありますが、閉園してからのメンテナンスや清掃などで園内は24時間動き続けています。 【】 ディズニーランドのキャストのなり方・仕事のつき方 ディズニーランドのキャストになるには ディズニーランドのキャストになるには、ディズニーランドに関わりながら働く職種に就くには主に2つのルートがあります。 1.親会社ルート 一つはディズニーランドの運営会社であるの社員になるルートです。 オリエンタルランドでは新卒採用を4年制大学以上を対象に絞って行っているため、こちらのルートを目指すならば、4年制大学進学が必須となります。 オリエンタルランドは人気企業。 毎年、競争倍率はかなり高く入社は難関といえます。 【2019年度 採用ページより】 採用の条件は年度毎に異なりますので、都度ご確認ください。 2.アルバイトルート もうひとつのルートは、東京ディズニーリゾートが募集しているに応募し採用されるルート。 ディズニーランドでは約18000人のキャストが働いていますが、年間約9000人が退職するため、募集は常に行われています。 大きく分けて、接客(アトラクションの案内や販売、看護師など)をする職種と非接客(調理業務や清掃、コスチュームの製作など)の2つの職種があり、週2日勤務から募集がされています。 意外なことに、ディズニーでは基本的に応募者全員を採用する方向で対応が行われています。 もちろん、人として基本的な挨拶ができていなかったり、笑顔で対応できないなど、ディズニーで働くのにふさわしくないと判断されれば採用はされることはありません。 面接ではディズニーの世界をゲストとともに作っていこうという気持ちがあるかどうかが重要視されるようです。 採用後はディズニーの哲学やショービジネスについての様々な研修を受け、キャストとして活躍することになります。 キャストからの社員登用も キャスト 準社員 から社員【テーマパークオペレーション職】に社員登用する制度もあります。 ただ、キャストから社員登用を目指す人が多いため、相当な努力がないとキャストから社員になる事は難しいようです。 ディズニーランドのキャストの年収・収入・給料は? 収入について キャストの時給と年収 ティズニーランドのキャストは時給制になっています。 準社員の時給はおおむね1000円以上。 時間帯によって時給が変更され、最高はナースキャストの2113円。 ボーナスも支給されます。 その他には、3000時間、5000時間など、勤務時間に応じて東京ディズニーランドの記念品がもらえる制度もあります。 上位キャストになるほど責任が増えて時給も高くなります。 Cグレードにもなると、自ら演じながらもチーム全体をとりまとめる高度な業務を担当します。 グレード 基本時給 役割 M 900円 "Make up"(化粧をする) A 1000円 "Action! "(映画や舞台で演技を始めるときの監督のかけ声) G 1020円〜1150円 "Growing up"(成長する) I 1100円~1250円 "Instruct"(教える、指導する) C 1150円~1350円 "Captain"(チームをまとめる) オリエンタルランドの平均年収 は653万円(約40歳)。 誰もが憧れるディズニーランドでのキャスト経験は一種のステイタスとなっていて、別の企業への就職や転職の際には高く評価される事が多いそうです。 金銭的な収入以外の報酬と言えるかもしれません。

次の