日大藤沢。 日大藤沢・牧原、相模にリベンジだ!強肩強打の捕手、進路はプロ一本

日大藤沢中学は偏差値はいくつなのでしょうか?見るものによって違いがありま...

日大藤沢

地産地消をテーマに、日本大学生物資源科学部(亀井野)の学生が考案したレシピで作った料理が、藤沢市役所分庁舎1階の福祉喫茶「らいく・みーこむ」で提供される。 市内で採れた旬の野菜を取り入れた、1年分約50種類のレシピが完成。 7月中旬から提供開始を予定している。 分庁舎の福祉喫茶で提供へ 考案したのは食品ビジネス学科のフードコーディネート研究室の学生たち。 同研究室は、ジェイコム湘南で放送中の市の広報番組「ふじさわごはん」のコーナーで、8年前から地産地消レシピを提案するなどしている。 リーダーを務める川原かりんさん(21)は「自分たちが考えたレシピで作られた料理を提供する場ができてうれしい。 たくさんの人に美味しく楽しく食べてほしい」と期待を込める。 レシピは、1カ月ごとに更新。 7月は「牛肉とごろごろ野菜のガーリックトマト煮込み」や「彩り野菜衣の唐揚げ」、「さっぱり梅ナムル」、「茄子と鶏肉のみぞれ煮」など主菜と副菜の計8品を用意した。 ナスやジャガイモ、ニンジンなど、野菜はどれも藤沢産のものを使用。 考案者の中山亜美さん(21)は「誰もが作りやすいように工程を少なくして簡単に作れるようにした」、川島菜摘さん(22)は「市役所の職員や訪れる人を想像して栄養バランスはもちろん、皆が好きそうなメニューにした」と話した。 学生らは地元農家を訪れ収穫体験をしたり、店へ見学に行くなど約3カ月かけてレシピを作成。 川原さんは「農家の方とお話しをして、天候などに左右される収穫の苦労も知った。 藤沢の野菜を多くの人に知ってもらえれば」と話した。 同店は障害者の就労や自立を支援する、同校の近くに事業所を構える社会福祉法人ひばり(善行)が運営。 2月末まで藤沢市民会館敷地内の旧近藤邸で「すかいはーと」として喫茶店を開いていたが、分庁舎完成に伴い4月に移転した。 営業時間は午前11時30分から午後3時(土日・祝日を除く)。

次の

下地 滉太(日大藤沢)

日大藤沢

水泳の全国高校総体(インターハイ)が8月20日まで、熊本市総合屋内プールなどで行われ、日大藤沢水泳部は、女子団体で239・0点を獲得し総合2連覇を飾った。 日大藤沢は、男子団体も初めて準優勝した。 昨年、初の総合優勝に輝き、全国で「旋風」を巻き起こした女子団体。 今年はキャプテンを務める大内紗雪さん(3年)が50m・100m自由形で2連覇を飾り、リレー3種目と合わせ5冠を達成。 チームの大黒柱として見事な活躍を見せた。 他にも100m背泳ぎで泉原凪沙さん(2年)と200m個人メドレーで川口茉美さん(同)が3位で表彰台に上り、100m平泳ぎで吉田杏子さん(3年)が5位入賞。 9から16位までのB決勝にも多くの選手が出場するなど、選手層の厚さを見せる戦いとなった。 植村弘顧問は「最終日まで厳しい優勝争いだった。 キャプテンの大内を中心に選手やサポートメンバーなど、チーム一丸となって頑張ってくれた結果」と選手を称えた。 日大藤沢は今大会、リレー3種目制覇という大会史上初の快挙も成し遂げた。 大会を締めくくった400mメドレーリレーでは、第3泳者までで3番手だったが、アンカーの大内が一気にトップに躍り出た。 第1泳者の泉原はレース後に「支えてくれている同学年のマネージャーの誕生日だったので、メダルをプレゼントしたかった」と勝利を喜んだ。 また大内も「最後は根性ふり絞って」とチーム一丸となって戦う姿勢に、日大藤沢の強さがうかがい知れた。 男子は初の準優勝 今大会では、女子に続こうと男子団体も157・0点で初めて準優勝に輝いた。 男子はこれまで県大会でも優勝した経験はなく、全国では無名の存在だったが、今大会は100m背泳ぎで栁川大樹さん(2年)が優勝、同種目200mでも2位、また、400m個人メドレーでは田渕海斗さん(同)が3位と活躍した。 植村顧問によると、男子チームは、世界ジュニア出場中のため欠場した本多灯さん(3年)を筆頭に、チーム内での競争は激しく、選手たちは同じ藤沢の強豪・湘南工科大附属高校打倒を目標に練習に励んでいたという。 環境を変えエース復活 2連覇の立役者となった大内さん。 これまで競泳単距離界のホープとして期待されていたが、最近ではタイムが伸び悩んでいた。 大内さんは今年6月、練習拠点をクラブから学校に移し、その変化が良い効果を生んだ。 同大会では5冠を達成。 また、26日に行われた全国JOCジュニアオリンピックカップでは50m自由形で大会新を樹立した。

次の

日大藤沢・牧原、相模にリベンジだ!強肩強打の捕手、進路はプロ一本(スポニチアネックス)

日大藤沢

金子一輝 内野手 日大藤沢高-西武 2013年 ドラフト4位 神奈川県藤沢市出身。 右投右打。 日大藤沢高では1年春にベンチ入りすると秋には正遊撃手になり、この年に4番も経験。 主将として迎えた3年春の神奈川県大会の準決勝で桐光学園高と対戦、松井裕樹から適時二塁打を放った。 甲子園出場経験はなし。 2013年10月に行われたプロ野球ドラフト会議で埼玉西武ライオンズに4巡目で指名され、契約金4,000万円、年俸600万円で入団合意。 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 2014 西武 — — — — — — — — 2015 — — — — — — — — 2016 — — — — — — — — 2017 — — — — — — — — 2018 6 14 5 1 2 0 3. 000 2009 10 10 1 0 0 0 3. 100 2010 17 27 5 0 2 0 4. 185 2011 45 97 17 1 5 0 27. 175 2012 61 112 14 0 5 0 26. 125 2013 30 60 16 2 5 0 16. 266 2014 109 326 86 2 24 1 78. 264 2015 63 129 23 1 7 0 32. 178 2016 — — — — — — — — 2017 日本ハム 19 29 8 0 1 0 6. 276 2018 2 2 0 0 0 0 1. 250 2005 47 198 60 6 21 9 44. 303 2006 — — — — — — — — 2007 46 70 15 2 3 0 24. 214 2008 — — — — — — — — 2009 1 1 0 0 0 0 1. 000 通算6年 147 477 127 12 42 13 125. 266 館山昌平 最多勝 投手 日大藤沢高-日本大-ヤクルト 2002年 ドラフト3位 年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率 2003 ヤクルト 10 0 3 0 — 50. 1 37 5. 19 2004 — — — — — — — — 2005 25 10 6 0 0 150. 1 105 3. 95 2006 44 2 5 5 16 79. 2 61 3. 95 2007 45 3 12 5 5 127. 2 115 3. 17 2008 24 12 3 0 0 153. 1 99 2. 99 2009 27 16 6 0 0 188. 1 126 3. 39 2010 21 12 7 0 0 147. 2 112 2. 93 2011 26 11 5 0 1 180. 2 130 2. 04 2012 25 12 8 0 1 168. 1 119 2. 25 2013 2 0 0 0 0 8. 1 6 3. 24 2014 — — — — — — — — 2015 11 6 3 0 0 62. 1 36 2. 89 2016 10 1 4 0 1 46. 0 33 7. 24 2017 2 0 1 0 0 6. 0 3 12. 00 2018 5 0 4 0 0 19. 2 13 6. 250 1997 34 52 18 0 4 0 8. 346 1998 3 3 0 0 0 0 2. 000 1999 81 89 25 1 16 2 16. 281 2000 76 102 26 0 16 0 20. 255 2001 53 55 11 0 3 0 8. 200 2002 110 167 45 4 17 0 27. 269 2003 114 188 51 2 17 1 30. 271 2004 124 290 83 2 22 1 44. 286 2005 104 81 22 1 10 1 19. 272 2006 103 111 28 1 16 0 21. 252 2007 53 23 3 0 0 0 7. 130 通算12年 859 1165 313 11 123 5 202. 269 山本昌広 沢村賞 最多勝 最優秀防御率 最多奪三振 投手 日大藤沢高-中日 1983年 ドラフト5位 年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率 1984 中日 — — — — — — — — 1985 — — — — — — — — 1986 1 0 0 0 — 0. 2 2 27. 00 1987 3 0 0 0 — 1. 2 1 16. 20 1988 8 5 0 0 — 48. 2 35 0. 55 1989 35 9 9 1 — 181. 0 108 2. 93 1990 26 10 7 0 — 152. 0 77 3. 55 1991 33 6 8 1 — 144. 0 96 3. 63 1992 30 13 10 0 — 170. 2 135 3. 43 1993 27 17 5 0 — 188. 1 132 2. 05 1994 29 19 8 0 — 214. 0 148 3. 49 1995 12 2 5 0 — 74. 2 61 4. 82 1996 26 7 9 1 — 154. 2 119 3. 67 1997 29 18 7 1 — 206. 2 159 2. 92 1998 28 9 9 0 — 182. 0 131 3. 66 1999 25 8 5 0 — 158. 1 116 2. 96 2000 28 11 9 0 — 151. 2 104 2. 61 2001 28 10 13 0 — 163. 2 98 3. 63 2002 21 7 6 0 — 86. 1 67 3. 96 2003 26 9 7 0 — 156. 0 121 3. 58 2004 27 13 6 0 — 157. 0 120 3. 15 2005 22 7 8 0 0 116. 0 69 4. 89 2006 27 11 7 1 0 170. 2 124 3. 32 2007 19 2 10 0 0 108. 1 71 5. 07 2008 23 11 7 0 0 133. 2 84 3. 16 2009 6 1 4 0 0 27. 0 14 10. 67 2010 8 5 1 0 0 47. 2 28 3. 21 2011 — — — — — — — — 2012 13 3 2 0 0 67. 1 40 2. 94 2013 16 5 2 0 0 70. 2 39 4. 46 2014 3 1 1 0 0 14. 0 9 4. 50 2015 2 0 0 0 0 1. 1 2 6. 75 通算32年 581 219 165 5 0 3348. 2 2310 3. 45 豊原経久 投手 日大藤沢高-阪神 1977年 ドラフト6位 年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率 1978 阪神 — — — — — — — — 1979 — — — — — — — — 1980 — — — — — — — — 1981 — — — — — — — — 1982 大洋 — — — — — — — — 1983 — — — — — — — — 1984 — — — — — — — — 1985 — — — — — — — — 通算8年 一軍公式戦出場なし 鎌野裕 投手 日大藤沢高-関東学院大-日本楽器-東映 1971年 ドラフト6位 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 1972 東映 1 0 0 0 0 0 0 — 1973 日拓 — — — — — — — — 通算2年 1 0 0 0 0 0 0 —.

次の