ユニバーサル デザイン 例。 ユニバーサルデザインとは?歴史と身近な事例をご紹介

「みんなのためのデザイン」 ユニバーサルデザインとは?

ユニバーサル デザイン 例

こんにちは。 104号室のカナです。 「ユニバーサルデザイン」という言葉を聞いたことがありますか? 社会には、様々な年齢・性別・国籍・障害の有無、 さらには身長・体重の違い、力が強い・弱い、右利き・左利きなど、多種多様な人がいます。 その全ての人が安心して快適に暮らせる社会を目指すのが、 「ユニバーサルデザイン」の考え方です。 障害者や高齢者など特定の方が困った事例に対して配慮、解決をする 「バリアフリー」に対して、 あらかじめ、すべての方が過ごしやすく配慮されているのが 「ユニバーサルデザイン」です。 暮らしの中に溶け込んでしまっているものが多いですが、 少し意識したら、「この工夫や配慮って考えられているな~助かるな~」という物があります🤔 私は子供と生活するようになってから、意識することが増えました。 目線が増えたんですかね。 「ユニバーサルデザイン」は対象が「全ての人」なので、 もちろん私も対象ですが、子供も対象です。 お皿の内側が湾曲しているのがポイント! この返しのおかげで、スプーンですくいやすく、 フチも広いので、お皿の外へこぼれにくくもなっています! 内側に転がって、ひょいっとすくえます。 自分でやる!自分で食べたい!と主張が激しい息子ですが、 箸はまだ使えないのでスプーン使用、しかし指や手首の使い方が未熟でうまく使えない。 すくったと同時にお皿からフレームアウトしたりで、勝手に怒っています。 やってあげようとしても怒るし、、、、💦 そんな我が家の悩みを解決してくれたのがこの食器。 息子もスムーズに食べられ満足😊 デザインもシンプルだし、食べこぼしの片付けも減り、私も満足😊😊 手が不自由な方や、目が見えない・見えづらい方、 他にも例えば利き手をケガしてしまって慣れない手で食事をする方、 子供を抱きかかえて態勢が悪いまま食事をする方にも使い易いのではないかなと思います。 お皿の底にシリコンのすべり止めが付いている仕様もあるようです。 この表示によりシャンプーの判別がしやすくなっています。 我が家のシャンプーにもありました🙌 元々は、目が見えない方・見えづらい方が触って判別できるように考えられたデザインだそうです。 子供を見ながら手探りだけで進める時とか。 まだ字が読めない息子も「ボコボコ!」と言って、触ってシャンプーを判別しています。 任意表示とのことですが、近所のドラッグストアには、 18種類中15種類のシャンプーに凹凸の表示がありました。 詰め替え用にもついていましたよ。 車いすを使用する方など、 身体に不自由がある方が容易にドアを通ることができます。 両手に荷物をもっていたり、子供を抱えていたりするとき、 自動でドアが開くのは本当に助かっています。 家の玄関も自動ドアならいいのに・・・😂と、良く思います。 笑 私的には、押しボタン式のドアが特に助かります。 子供の背の高さではボタンが押せず勝手に開かないので子供が出て行く心配が少ないので良いです。 開けたい時は手の甲なんかの軽い力で空くのも便利! ちなみに完全に手が塞がっているときは、肩や背中で押したりしています・・・。 笑 軽いタックルです。 笑 2.他にも見つけた、身の回りにあるユニバーサルデザイン 必要としている人には役立ち、 健常者にとっては邪魔にならずに溶け込んでいるデザインがあります。 パックの上部(開け口の反対側)に丸い切り込みが入っています。 この商品が「牛乳」であること、 「開け口」が切り込みの反対側にあることが 触って判別しやすくなっています。 開け口の反対側って綺麗に空かないんですよね。 (表示をよく読まないタイプなのでたまにやらかします。 笑) 息子にも教えてあげたら、切り込みの反対側を指差して「こっちが開く!」と理解してくれました。 任意の表示のようですが、近所のスーパーでは商品13種程中、 全ての牛乳に切り込みが入っていました。 かなり普及している! この切り込みのデザインは、 種類別が「牛乳」の商品のみ・500ml以上の紙パック商品のみです。 他の紙パック製品の、低脂肪乳や無脂肪乳、加工乳や乳飲料には、切り込みは有りません。 (親も同時に改札を抜けなければならないので、ついていくのに必死です。 笑) ICカードを見た息子が「ボコッとしているよ」と気が付いて教えてくれました。 右端の下側が三角に切られていました。 カードをかざすだけで改札を通る事が出来きるシステムもそうですが、 車いすやベビーカー、スーツケースなどが通りやすいような幅の広い通り道の配慮も ユニバーサルデザインの考え方が活かされています。 気にしたことがなかったのですが、カードに切り込みがありました! 右端の下側が丸く、しかも2つ切られていました。 右端が丸く切られています。 これらのカード類の切り込みについて調べてみたとろ、 目が見えない・見えにくい方がカード種類の判別、 そして、差し込む方向の判別ができる用に配慮されたデザインのようです。 交通系カードは三角の切り込み、お買い物系のカードや図書カードは扇状の切り込み の仕様が多いようですが、 発行元によって切り込みの数が違ったり、そもそも無かったりするものもあります。 保険証やクレジットカード、ポイントカードには切り込みは有りませんでした。 カード類は形や大きさでは判別しづらいので、 触って判別しやすい工夫がされている且つ、 健常者の使用にも何の差し支えがないデザインになっています。 冒頭で挙げたように、多種多様な人がいるからこそ「ちょうど良い」って人それぞれ違いますよね。 となると、対象が「全ての人」っていうのは難しい点も出てきそうな気もします。 各々の事情を鑑みず、決められたデザインにはめ込んで対処してしまうのは、本末転倒かなと。 「バリアフリー」や 「ユニバーサルデザイン」のような、 思いやりの心をもって、暮らしやすい世の中にするための考え方はとても大切です。 しかし、それだけでは解決できない事もあるのも理解しておかないとなぁとも思いました。 相手にとって本当に必要な配慮は何なのか、 例えば今の私の状況だったら、子供にとって何が良いのか、などを考えながら 暮らしていきたいと思います😌.

次の

知っておきたい あなたの身近にユニバーサルデザイン

ユニバーサル デザイン 例

こんにちは。 104号室のカナです。 「ユニバーサルデザイン」という言葉を聞いたことがありますか? 社会には、様々な年齢・性別・国籍・障害の有無、 さらには身長・体重の違い、力が強い・弱い、右利き・左利きなど、多種多様な人がいます。 その全ての人が安心して快適に暮らせる社会を目指すのが、 「ユニバーサルデザイン」の考え方です。 障害者や高齢者など特定の方が困った事例に対して配慮、解決をする 「バリアフリー」に対して、 あらかじめ、すべての方が過ごしやすく配慮されているのが 「ユニバーサルデザイン」です。 暮らしの中に溶け込んでしまっているものが多いですが、 少し意識したら、「この工夫や配慮って考えられているな~助かるな~」という物があります🤔 私は子供と生活するようになってから、意識することが増えました。 目線が増えたんですかね。 「ユニバーサルデザイン」は対象が「全ての人」なので、 もちろん私も対象ですが、子供も対象です。 お皿の内側が湾曲しているのがポイント! この返しのおかげで、スプーンですくいやすく、 フチも広いので、お皿の外へこぼれにくくもなっています! 内側に転がって、ひょいっとすくえます。 自分でやる!自分で食べたい!と主張が激しい息子ですが、 箸はまだ使えないのでスプーン使用、しかし指や手首の使い方が未熟でうまく使えない。 すくったと同時にお皿からフレームアウトしたりで、勝手に怒っています。 やってあげようとしても怒るし、、、、💦 そんな我が家の悩みを解決してくれたのがこの食器。 息子もスムーズに食べられ満足😊 デザインもシンプルだし、食べこぼしの片付けも減り、私も満足😊😊 手が不自由な方や、目が見えない・見えづらい方、 他にも例えば利き手をケガしてしまって慣れない手で食事をする方、 子供を抱きかかえて態勢が悪いまま食事をする方にも使い易いのではないかなと思います。 お皿の底にシリコンのすべり止めが付いている仕様もあるようです。 この表示によりシャンプーの判別がしやすくなっています。 我が家のシャンプーにもありました🙌 元々は、目が見えない方・見えづらい方が触って判別できるように考えられたデザインだそうです。 子供を見ながら手探りだけで進める時とか。 まだ字が読めない息子も「ボコボコ!」と言って、触ってシャンプーを判別しています。 任意表示とのことですが、近所のドラッグストアには、 18種類中15種類のシャンプーに凹凸の表示がありました。 詰め替え用にもついていましたよ。 車いすを使用する方など、 身体に不自由がある方が容易にドアを通ることができます。 両手に荷物をもっていたり、子供を抱えていたりするとき、 自動でドアが開くのは本当に助かっています。 家の玄関も自動ドアならいいのに・・・😂と、良く思います。 笑 私的には、押しボタン式のドアが特に助かります。 子供の背の高さではボタンが押せず勝手に開かないので子供が出て行く心配が少ないので良いです。 開けたい時は手の甲なんかの軽い力で空くのも便利! ちなみに完全に手が塞がっているときは、肩や背中で押したりしています・・・。 笑 軽いタックルです。 笑 2.他にも見つけた、身の回りにあるユニバーサルデザイン 必要としている人には役立ち、 健常者にとっては邪魔にならずに溶け込んでいるデザインがあります。 パックの上部(開け口の反対側)に丸い切り込みが入っています。 この商品が「牛乳」であること、 「開け口」が切り込みの反対側にあることが 触って判別しやすくなっています。 開け口の反対側って綺麗に空かないんですよね。 (表示をよく読まないタイプなのでたまにやらかします。 笑) 息子にも教えてあげたら、切り込みの反対側を指差して「こっちが開く!」と理解してくれました。 任意の表示のようですが、近所のスーパーでは商品13種程中、 全ての牛乳に切り込みが入っていました。 かなり普及している! この切り込みのデザインは、 種類別が「牛乳」の商品のみ・500ml以上の紙パック商品のみです。 他の紙パック製品の、低脂肪乳や無脂肪乳、加工乳や乳飲料には、切り込みは有りません。 (親も同時に改札を抜けなければならないので、ついていくのに必死です。 笑) ICカードを見た息子が「ボコッとしているよ」と気が付いて教えてくれました。 右端の下側が三角に切られていました。 カードをかざすだけで改札を通る事が出来きるシステムもそうですが、 車いすやベビーカー、スーツケースなどが通りやすいような幅の広い通り道の配慮も ユニバーサルデザインの考え方が活かされています。 気にしたことがなかったのですが、カードに切り込みがありました! 右端の下側が丸く、しかも2つ切られていました。 右端が丸く切られています。 これらのカード類の切り込みについて調べてみたとろ、 目が見えない・見えにくい方がカード種類の判別、 そして、差し込む方向の判別ができる用に配慮されたデザインのようです。 交通系カードは三角の切り込み、お買い物系のカードや図書カードは扇状の切り込み の仕様が多いようですが、 発行元によって切り込みの数が違ったり、そもそも無かったりするものもあります。 保険証やクレジットカード、ポイントカードには切り込みは有りませんでした。 カード類は形や大きさでは判別しづらいので、 触って判別しやすい工夫がされている且つ、 健常者の使用にも何の差し支えがないデザインになっています。 冒頭で挙げたように、多種多様な人がいるからこそ「ちょうど良い」って人それぞれ違いますよね。 となると、対象が「全ての人」っていうのは難しい点も出てきそうな気もします。 各々の事情を鑑みず、決められたデザインにはめ込んで対処してしまうのは、本末転倒かなと。 「バリアフリー」や 「ユニバーサルデザイン」のような、 思いやりの心をもって、暮らしやすい世の中にするための考え方はとても大切です。 しかし、それだけでは解決できない事もあるのも理解しておかないとなぁとも思いました。 相手にとって本当に必要な配慮は何なのか、 例えば今の私の状況だったら、子供にとって何が良いのか、などを考えながら 暮らしていきたいと思います😌.

次の

知る人ぞ知る「ユニバーサルデザイン」の7原則とは?

ユニバーサル デザイン 例

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。 ユニバーサルデザインとは ユニバーサルデザインという言葉をご存じですか? ユニバーサルデザインとは、年齢、性別、障害や能力の差、また国や文化、言語の差を問わず、誰でもわかりやすく、使いやすい物を作るためのデザインのことです。 たとえば、 ・視覚障害者のための点字 ・車いす利用者や足の不自由な人のためのバリアフリー設計 ・言語が違っても表示がわかるピクトグラム(絵文字) ・パソコン画面の音声案内 ・左右どちらの手でも使えるハサミ ・シャンプーとリンスの違いが突起で分かる仕組み ・背が低くても使える自動販売機 など、あったら便利だなと思うものから、健康な私たちでは気付きにくい、身体的マイノリティの利便性が追求された「すべての人のためのデザイン」を総称して、ユニバーサルデザインと呼びます。 今回は、このユニバーサルデザインの具体例や原則、また、印刷物におけるユニバーサルデザインがどのようなものなのかを解説したいと思います。 ユニバーサルデザイン7原則とは ユニバーサルデザインには、ロナルド・メイス氏が提唱した「ユニバーサルデザイン7原則」という考え方があります。 この7つの原則に従って、ユニバーサルデザインの多くが設計されています。 まずはこの7原則をご紹介します。 ユニバーサルデザイン原則1. 公平性 使う人誰もが、いつでもどこでも、同じように操作できる公平性が必要です。 たとえば、自動ドアは、誰でも自動ドアの前に行くだけで使用することができます。 子供からお年寄りまで、車いすの方にも使える公平性があります。 ユニバーサルデザイン原則2. 自由度 使用にあたって、利用する人の好みや能力に合うように高い自由度が求められます。 たとえば、右ききの人でも、左ききの人でも使えるハサミ、高さの違いで複数ボタンが設置された自動販売機やエレベーターなどが考えられます。 ユニバーサルデザイン原則3. 直感的 ひと目で、使い方が理解できるように、簡単に作られた直感性が求められます。 たとえば、足で踏んで点灯させるライトや開け方が明記してあるプルタブ缶などが考えられます。 ユニバーサルデザイン原則4. 明確性 利用する人の視覚、聴覚などの感覚能力に関係なく使い方がわかる明確性が求められます。 たとえば、文字での説明、電光掲示板、点字での説明などが考えられます。 ユニバーサルデザイン原則5. 安全性 間違った使い方をしてしまっても、危険につながらないよう配慮された安全性が求められます。 たとえば、ロック式の給湯ポットや二重ゲートで事故が起きない考慮がされた新幹線ホームなどが考えられます。 ユニバーサルデザイン原則6. 持続的 長時間使っても疲れないデザイン、体への負担が少ない持続性が求められます。 たとえば、Suicaを使って改札を通過できる仕組みや開けやすい歯磨き粉のフタなどが考えられます。 ユニバーサルデザイン原則7. スペース 使う人の大きさや動きに関係なく使えるためのスペースが求められます。 たとえば、多目的トイレやコイン投入口が大きい自動販売機などが考えられます。 このように、私たちの身の回りにはユニバーサルデザインが溢れています。 ユニバーサルデザインに関して深く学びたいという方は、沢山の本もでていますし、以下のような協会も存在していますので、参考にしてください。 参考: 印刷にもユニバーサルデザインは必須! ユニバーサルデザインは製品だけではなく、存在する商品すべてが対象になる得るため、印刷業界でも対応が進められています。 特に印刷物は、目で見ることが万人に共通した仕様です。 残念ながら、視覚障害で完全に目が見えない方への対応は難しいのですが、それ以外の方には使いやすい、見やすいユニバーサルデザインに基づいた印刷物を作る必要があります。 ) 以上を踏まえ、印刷物を目で見ることに対して、何らかの不利な特徴を持つ人達をピックアップし、その方々にどうやって対応したユニバーサルデザインにすれば良いかを考えていきましょう。 弱視の方に対する印刷物 弱視の方は、周囲の明るさや印刷物のコントラストによって、見え方が異なります。 印刷デザインの注意点 ・デザインを崩さないように大きな文字で作成する ・場合によっては拡大版も用意しておく 色弱の方に対する印刷物 色の見え方が一般的な見え方とは異なります。 色弱の多くの方が赤~緑の波長域で色の差を感じにくいため「赤緑色盲」と言われ、薄い赤はグレーっぽく、濃い赤が黒に見えるなどの特徴があります。 印刷デザインの注意点 ・重要箇所に赤を多用しないようにする ・重要箇所は色以外の別要素でも目を引くようにする ・白黒コピーでも情報を認識できるようにする 高齢者に対する印刷物 高齢者は年を重ねる毎に弱視になっていきます。 また同様に、色覚も低下していくため、色弱者同様に気をつける必要があります。 印刷デザインの注意点 ・デザインを崩さないように大きな文字で作成する ・場合によっては拡大版も用意しておく ・重要箇所に赤を多用しないようにする ・重要箇所は色以外の別要素でも目を引くようにする ・白黒コピーでも情報を認識できるようにする ・カタカナや英語、略語などをなるべく使わないようにする 子どもに対する印刷物 ある程度の年齢であれば、見ることに問題はありませんが、難しい内容を読み取ることはできません。 印刷デザインの注意点 ・イラストや写真を多用し、図版率を意図的に上げる ・わかりやすい言葉、内容で表現する ・漢字を使う場合は、必ずひらがなルビをつける 印刷物のユニバーサルデザインまとめ 製品や立体物に比べると、印刷物のユニバーサルデザインは比較的簡単です。 まとめてしまうと、文字が読みやすいか、色が煩雑でなく見やすいか、重要箇所がわかりやすいか、難解な内容ではないか、効果的に写真や図を使用しているかといった、極めて普通のことを守るだけなのです。 この辺りは別でも解説していますので、以下を参考にしてください。 参考: ただし、見やすさ、読みやすさと優れたデザインは、ややもするとトレードオフになる場合もあります。 そのため、バランスを取ることがなかなか難しいのです。 印刷物のユニバーサルデザインを意識する場合は、誰が対象になるのかをしっかりと見極め、その対象に寄せたデザインを心がける必要があることを認識しておきましょう。 タグ一覧.

次の