浅田真央 アンチ。 浅田真央応援スレpart8960

浅田真央

浅田真央 アンチ

真央ちゃんが引退発表をしてからあっという間に時が過ぎ、スケートファンの間でもようやく「、現役引退」の事実を実感できるようになった方も多いことかと思います。 しかし、そんな今回の引退報道。 せっかくの花道になるはずの場面が、何だかモヤモヤとする部分が残って終わってしまったなと感じる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 ブログでの引退発表から会見後までの連日、メディアは真央一色に染まりました。 朝から晩までどの局をつけても「感動をありがとう」と今までの競技人生を振り返る特集が流されていました。 本来なら「お疲れ様!」と次のステップへあたたかく送り出してあげたいところでしたが、世間ではちょうど問題で揺れる中でもあったことから、あまりの引退報道の多さに疑問視する方々も…。 さらにそんな過剰な盛り上がりによってスケートファンの中にも「これはちょっと…」と一歩引いて見ていた方も少なくはありませんでした。 確かに私も今回の報道には違和感を感じましたし、さいごのさいごで「真央ちゃんの報道にはうんざり!」というマイナスなイメージが一般層についてしまったことはとても悲しいです。 また、せっかくの選手としての輝かしい栄光が「真央ちゃんが嫌いな人なんていない!」という一連の流れによって逆にアンチを生み出すきっかけにもなってしまい残念でなりません。 ただ普通に送り出してあげれば良かったのに、あそこまで大騒ぎする必要があったのか?ただただ疑問に思います。 引退するタイミングが悪い こんな騒ぎになったのは引退するタイミングが悪いからだ!とおっしゃる方もいますが、私はアスリートが現役を退くタイミングに関しては本当に自由だと思っていますので、そこには誰も強制する権利はないと思っています。 ただ引退を決意してから、それを発表する時期については肯定的な意見と批判的な意見でわかれてしまうのは仕方ないかなという気がします。 4月に発表を決めた理由 真央ちゃんが引退を決意したのは昨年12月の後。 引退決意後はリンクにも立っていなかったと語っています。 しかし、その決意を発表したのは世界選手権が終わった4月のタイミングでした。 なぜ、数ヶ月経ってからの発表だったのか。 そこについては会見で記者からも質問されていましたが真央ちゃんは「色々とあって…」と濁していました。 会見では他にも「世界選手権の結果 2枠 を見て引退を決意したわけではない」という後輩への気遣いともみれる発言や「平昌まで 現役 続行すると言った以上やめるとは言いづらかった」という真央ちゃんらしいファンへの思いと自身の決意との葛藤も語っていました。 本音は… 私は単に最初は「世界選手権前に自分の報道で騒ぎになるのは現役選手の迷惑になる」と考えて、このタイミングでの発表だったのかな~なんて思ったのですが、その後引退から発表までの間に密着番組の存在があったことを知り、こういったものもあり色々と変な方向に進んでしまったのではないかなと思ってしまいます。 そもそも現役選手たちの試合に考慮しての発表なら、おそらくは国別対抗戦を終えてからの発表ですよね。 世界選手権を終えてからすぐの発表だと世間は「2枠になったからだ」と勘ぐるだろうし…。 それならやはり引退を決意した全日本後に発表した方が本人としても一番理想的だったのではないかなと思います。 それができなかったのは自らが依頼した平昌までの姿を追った「密着番組」への責任感だったのでしょうね。 本人が良かれと思ってしたことが、どんどんとから回ってしまった感…ファンへ、周りへと気遣った結果が不器用に進んでいってしまったのかなと勝手な想像をしてしまいました。 利用する者 この密着番組については、真央ちゃんも平昌までと考えての撮影だったのもあることから、途中でストップしてしまえば中途半端な密着で終わり迷惑がか思ったのでしょう。 せめて番組上すべての段取りを済ませてから発表しなければと考えたのかもしれません。 ただ気になるのが、引退後にすぐ密着番組以外に他局でも特番を組む用意が出来ていたり、新しいスポンサーの仕事が入っていたりしたことです。 本来真央ちゃんが考えていたタイミングで発表したというよりは、ビジネス上の都合に合わせた発表になってしまったのではないかなぁと思うのです。 実際に佐藤コーチに引退を伝えた日はブログで発表をする直前だったのに、ビジネスとして真央ちゃんに取り巻く方々は、用意周到だったんですよね。 もちろん企業関係者には事前に報告が必要ではありますが、私は何だか今回の引退から発表までの動きからはお金のにおいがプンプンしてしまうのと、今後は「真央は金になる!」という悪~い人たちに利用されないか心配です。 諸々の事情を含めてのこのタイミングでの発表は仕方ないと言えば仕方ないのかもしれませんが、ん~できればさいごはテレビでどうのこうのするよりちゃんみたいにリンクで送り出してあげたかったなぁ。 素敵なキャリアであってほしい 私はスケーターとしてのが好きであり、タレントとしての真央ちゃんやプライベートなことには興味がありません。 それでも現役時代はとても素敵な選手で大好きなスケーターのひとりだったので、私は真央ちゃんのこれからの人生が素敵なものであってほしいし、応援したいです。 会見ではまだ今後プロスケーターとして活躍するとはハッキリ言わずに「夏にショーに出るので…」という答え方をしていましたが、もしこの先、プロとしてやっていくのなら真央ちゃんにはショーの数週間前から練習するようなスケーターにはなってほしくないなと思います。 今後、ショーに出演することがあったら、その時にはプロとして技術を維持しながら輝く真央ちゃんがみたい、ファンはそう思っているはずでしょう。 さいごに 今思えばハーフハーフと言い、休養した1年間はとても大きかったなと思います。 ソチからの復帰後は、どうしてもそれ以前の動きよりクオリティが落ちてしまったことは否めませんでした。 それでも表現力は経験を重ねるほど天下一品で唯一無二のスケートでした。 ジュニア時代から現役最後までの演技を見てもその変化は歴然です。 あぁの強みは美しさだな…と改めて思いましたもん。 それと合わせて過去のインタビューを見てると、小さい頃は負けん気の強さを隠さずにいて天真爛漫だったけれど、注目されるに連れて心のうちを隠し、無難なことしか言わなくなったなとも思いました。 きっとそれだけ色々なものを背負って、皆の理想であるように必死にを演じていたんでしょうね。 いつからか…ファンからが最高傑作!あんなプログラムをまた滑ってほしいと噂されると、まるで期待に応えるかのように再度プログラムにを使用したり…わりと周りの声をチェックしているのかな?と思う時が多々ありました。 「ケガがあっても、負けても言い訳しなくて凄いよね!」が逆に本人を苦しめていったようにも最後は感じました。 だからこそ、これからはもっと素で良いと思います。 私は後の世界選手権で真央ちゃんいわく「見返してやる」という強い気持ちでフリーを滑った精神の方が好きです。 鬼になって滑ったそうですからね。 それほど悔しかったんですよ。 なぜあの時に勝ちたかったという真央ちゃんの本心を一部のファンは「真央ちゃんにはこれ以上辛い思いをしてほしくないから引退した方がいい」とか「には世界選手権に出てほしくない」と言ったのか理解できません。 真央ちゃんの勝ちたいという気持ち、悔しいという気持ちを自然に語れる雰囲気があっても良かったんじゃないかと逆に悔しいです。 当時10代の選手に優等生なコメントなんて求めなくても良いし、もっと素を受け入れてあげれれば違ったかもしれないなと思うのです。 "ファンの理想通りの真央ちゃん"になってから、 後は バッシングNGな選手にもなってしまい、普通の選手ならボロボロ言われそうなことも言えない雰囲気が生まれ、それが今回の引退会見まで繋がってしまいスケートファン以外の層からアンチを作っちゃったかなと思います。 でも、もう選手ではなくなったわけですし、今後は優等生を演じる必要もないわけですから「素」の真央ちゃんになってOKなんですよね。 多分素の真央ちゃんを見て「コレじゃない」感を持つ方も出てくるだろうけど 実際既に復帰後の真央ちゃんは苦手という層もいる スケーターとしての真央ちゃんを好きになったのなら、真央ちゃんが素晴らしいスケートを見せてくれる限りはそれで良いんじゃない?という気がします。 まぁ私も真央ちゃんがプロスケーターとしての活躍をしなかったら、もう関心は薄れてしまうと思いますが、真央ちゃんがスケーターであり続ける限りはどんどん新しいプログラムを楽しみたいし、頑張ってほしいです。 長くなりましたが以上になります。 さいごに一言付け加えると、「真央ちゃんのケガってプロとしてやっていけるものなのかな?」という心配ですね。 でもショーをやれるくらいだから大丈夫なのかな?そこら辺が会見でまったく触れられなかったのが気になりました。 今後はそういった部分も語られると良いなと思います。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 goldenretrievers.

次の

StraightlineStepSequence

浅田真央 アンチ

え 大嫌いですけど。。 昔華々しくデビューしたときはファンでした。 ただその後スケートをもっと詳しく見たいと思いジャンプの種類を動画で勉強してたんですけど、浅田真央のジャンプだと見分けがつかない。。。 スケート板の人に勧められて安藤美姫選手の動画で勉強したらすぐにジャンプの種類を覚えることができました。 荒川静香さんも大変わかりやすかった。 後で知ったのですが苦手なジャンプが多く、トゥ系ジャンプが不自然なエッジ使いになっていたり、ジャンプ指導で知られる長久保コーチのとこから逃げたりと苦手なものが多い上に向上心のない選手だと思いそれ以来嫌いです。 内村航平選手のようにどの技もバランスよくいい点が取れるタイプではないので金メダルもとれなかった。 ジャンプも着氷前、後共に流れが悪いから加点がつきづらかった。 ショート、フリー両方揃えることがほぼなかった。 キムヨナ選手に負けた理由は他にもたくさんあります。 佐藤コーチのインタビューを聞いている限り、練習を頑張ってたんだろうとは思うのですが、他にも頑張っていてバランスよく技を習得している優秀な選手はたくさんいます。 担ぎ上げられすぎですね。 明らかに。 小塚選手も「天才タイプは真央ちゃんより美姫ちゃん」と言っていますよ。 とにかくネットがない時代だったら多少疑問があっても調べるのも大変なのでなんとなーく浅田真央のファンだったと思います。 マスコミの作り上げたイメージに騙されてたなあ〜って感じました。

次の

浅田真央

浅田真央 アンチ

今日もご訪問有り難うございまお ー人ー でわでわ。 ヴィジョンがくっきり見えたのは平昌であるものを目たとき。 サンクスツアーが始まりさらに想いは強くなった。 ツアー2年目の今年… プロジェクトを実行するなら今年だと思う。 でも俺に出来るのだろうか… 多くの方の協力が必要。。。 元四大陸チャンピオン 現四大陸銀メダリストトゥルシンバエワ ロシア選手権シニア1位コンスタンティノワ そうそうたる選手らと共に。 信じられないくらい凄いこと。 去年からの成長を見ているともう😭 — 晴夜 azayakanablue 😭😭😭 — 晴夜 azayakanablue 😭😭😭 『ありがとうございました』って日本語で。 89 2A美 1. 32 FSSp4 3F美 x 1. 70 CCoSp4 StSq4 LSp4 ノーミスオールLv4パーソナルベストおおおおおーーーーー もちろん1位!!! 😭😭😭 — 晴夜 azayakanablue でわでわ。 1プロ。 出来ればフリーで。 俺にステップの概念を変えさせたタラソワによる歴史的プロ!! NAMIE AMURO 日本の至宝。 このアルバムをマドンナが出したら確実に全米No. 1なレベル。 YUJI NAKADA 色気過多につきクラクラ注意!!ナニモカモが好き。 とりあえず泣く。 イメージは新宿東口から二丁目方面の空に広がる朝焼け。

次の