イラストレーター 副業。 【年末調整だけではNG!?】副業しているサラリーマンの確定申告【イラストレーター】

【副業】イラストレーター/イラスト製作でお金を稼ぐには?

イラストレーター 副業

それではここからは、日々の現場でサポートさせていただいている中でのプロの目線で、フリーランスに役立つお話をしてまいります。 イラストが描ける!というのは誰でも簡単にできそうでできることではありません。 せっかくの才能を最大限いかそう、とするならイラストレーターという業種で副業を考えるのは当然の流れでしょう。 そう言っても、いざ副業しようと思うと… 「どうやって副業したら良いのだろうか…」 「どんな案件があるんだろう」 など気になりますよね! このぺージでは、皆さんがイラストレーターとしての副業を検討するのに必要な、案件種類や受注方法、実際本当に稼ぐことができるのかを解説していきます。 皆さんのイラストレーターとしてのスキルを有効活用するためにも参考にしてみてくださいね! まず、イラストレーターの副業案件と収入について確認したい方はこちらからどうぞ。 イラストレーターが副業で稼ぐ方法 イラストレーターとして稼ぐ、そのためにはまずどうやって案件をGETするかということが重要になってきます。 まずはイラストレーターとして副業するための方法、案件の受注方法について紹介します。 LINEスタンプを作成・販売• 個人的に直接案件を受注する• クラウドソーシングで案件を受注する• 無料イラストダウンロードサイトにクリエイターとして登録• 有料素材として販売する 素人でもできるものとして知られているLINEスタンプも、プロのイラストレーターだからこそ副業として成功させることもできます。 イラストは色々なところで必要とされるものなので、様々な方法で稼ぐことができます。 1つ1つ、掘り下げていきましょう。 LINEスタンプを作成・販売 稼ぎやすさ 気軽さ LINEスタンプを作成して販売するには最低限スマホ、そしてLINE CreatersStudioというアプリがあれば可能です。 スタンプの販売価格は自分で決めることができます。 気軽にできるが実力次第、そういった意味での評価として参考にしてみてください。 個人的に直接案件を受注する 稼ぎやすさ 気軽さ この評価の理由は、太いツテやコネがあれば稼ぎやすく安定した収入が得られやすい、そうではない場合は厳しい現実が待っているということです。 逆にいうと、この方法で稼ぎたい!と思うのであれば本業をしながらツテ・コネをしっかり築いておく必要があります。 個人的に、というと知人や友人から受注するということも可能ですが、その場合単価が低くなりがち、最悪ただ同然なんていうこともあり得るのでおすすめしません。 クラウドソーシングで案件を受注する 稼ぎやすさ 気軽さ 稼ぎやすいのに気軽さは普通、矛盾に感じてしまわれるかもしれませんが、その理由を解説します。 クラウドソーシングサイトなどを活用して案件を受注する場合には、基本的に初心者ではなく経験者が求めれています。 依頼主も効率的に進めようとしている案件が多いので、「実績の提示」が求められることがほとんどです。 実績があっても求めているテイストと違えば受注の可能性は低くなる、ということからこの評価としています。 クラウドソーシングで安定して受注できるようにするなら、いくつかテイストの異なる実績も提示できるような準備をしておくのがおすすめです。 無料イラストダウンロードサイトにクリエイターとして登録 稼ぎやすさ 気軽さ というサイトに自作のイラストを投稿することでも収入が得られることがあります。 誰かがダウンロードしてくれれば1回につき3. 5円の収入になる、というもの。 利用者は無料でダウンロードできるサイトなので、いかにして利用者の目に留まるようにするかが重要なのです。 気軽に参加できる副業ではありますが、単価も低く人気次第、手持ちのイラストを有効活用しようと考える方のお小遣い稼ぎとしては使える方法ですね。 有料素材として販売する 稼ぎやすさ 気軽さ 無料ダウンロードできるイラストACとは違い、有料で素材販売をしているストックフォトを活動の拠点とする方法です。 自分で営業するのは厳しい、伝手もない、でも実力なら自信がある! という方にとってははまれば稼ぎやすい方法となるでしょう。 実績として提示するにも使えるので、人気が出れば大きなメリットにもなります。 イラストレーターの副業が会社に禁止されている場合はNG? 会社の規定で副業NG、となっている場合には基本的に副業をして収入を得る=解雇につながるリスクもあることを覚えておきましょう。 例えばそれがLINEスタンプの販売、などでも副業としてNG認定されてしまう事もあります。 イラストレーターとして本業とは別に収入を得ようとするなら、事前に会社に確認をしておくのがおすすめです。 会社の規定でNGにはなっているけれど、確認してみた結果OKとなることもあります。 そもそもNGなのに会社に確認すること自体が…と危惧するよりも、まずは確認してみるようにしましょう。 イラストレーターが副業で受託できる案件の種類 さて副業する方法について知っていただいたところで、具体的なイラストレーターとしての案件について紹介していきます。 イラストレーターの副業可能な案件として募集されているものの多くは以下のジャンルです。 ロゴ作成• パンフレットなどの挿絵作成• 広告バナー制作• キャラクター制作 案件規模もそれぞれに異なるので一概に言えるものではありませんが、単価の目安・求められる実力レベル、具体的な案件内容など紹介するので目を通してみてください。 WEBメディアなどに利用するロゴ作成では5,000円前後の案件も多く単価は低く設定されていることも多いです。 単価が高いものはブランドロゴや店舗のロゴ作成などですが、クラウドソーシングでもコンペ方式が採用されているので承認されなければ収入にならないケースも多くあります。 パンフレットなどの挿絵作成 単価目安 5,000円~80,000円前後 必要なレベル 中級から上級 副業案件の具体例 ・ポスターデザイン(フルカラー) ・セミナーの告知広告デザイン ・WEBぺージ掲載用素材イラスト作成 単価に幅がありますが、安いのは素材イラストなど小さなイラスト作成です。 ポスターなどのデザインを含む制作案件ではコンペが多いですが80,000円ほどの案件も多くなっています。 個人的に受注できるような場合にはクラウドソーシングよりも稼ぎやすい場合もあるので受注方法にもよるところがありますね。 広告バナー制作 単価目安 10,000前後 必要なレベル 中級以上 副業案件の具体例 ・WEB広告用バナー作成 ・ダイエットアプリ広告バナー作成 バナーなので作業ボリュームとしては小さい分、クラウドソーシングでは10,000円前後で募集されていることが多いです。 気軽にできる案件でもありますので、まったくの初心者でもデザイン力次第で採用されることもあるでしょう。 キャラクター制作 単価目安 5,000円~300,000円 必要なレベル 中級以上 副業案件の具体例 ・マスコットキャラクターのLive2D作成 ・業務支援システムのマスコット画像作成(3点) ・アニメ系キャラクターイラスト作成 5,000円前後で募集されているのはキャラクターイラスト作成などの案件です。 マスコットキャラクターのLive2D案件では5万円から30万円と高額の募集もされています。 システムで利用するマスコット画像作成はコンペで60,000円前後で募集されているので受注する案件次第で単価は大きく変動することも要チェックポイントです。 クラウドソーシングの場合、依頼主が個人の場合には単価も安く、法人の場合にはコンペで高額、という傾向も見受けられます。 イラストレーターの副業でよくある質問 ここまでイラストレーターだからこそ可能な副業の方法も紹介してきました。 本当に稼げるのか、気になる部分もあるのではないでしょうか。 ここではイラストレーターとして副業を始めるにあたり、気になる質問事項をまとめて紹介するので参考にしてみてください。 副業としてちゃんと収入になる? イラストレーターとしてだからこそ可能な副業もあります。 単価の低いものも紹介しましたが、自分にとってしっかり確実に収入を得る方法を見つけることが副業収入に直結するのは言うまでもありません。 実績がある方は、実績と経験を強みに案件を受注する、実績がない場合は可能な限り実績を積んで案件を受注できるように行動すると確実に収入になります。 無料画像サイトに登録して本当に稼げるの? 無料画像サイトとして紹介した「イラストAC」では、1ダウンロードごとに3. 5円という収入になります。 投稿したイラストが人気になれば当然、ダウンロード数も伸びます。 ダウンロード数が伸びやすいイラストの特徴などを解説しているぺージもあるので参考にしてみるのも良いですね。 有料素材サイトに投稿するのは大変? 有料画像サイトでは利用者に購入されて初めて収入に繋がります。 またこの方法は人気が出れば実績として案件受注時に有利に働く可能性も秘めていますので、実績が少ない方には特におすすめの方法です。 購入してもらえるようになるまでには無料画像サイトに投稿するよりもハードルが高いことは事実ですが、自分らしい作品を作って実績につなげる、ニーズのあるイラストを作れるようになるという目的があるなら積極的に使いたい方法としておすすめします。 まとめ:イラストレーターは副業で稼げる イラストレーターは比較的副業の種類も豊富で、稼ぎやすい業種であるというのはわかっていただけたと思います。 初心者からでもできるものもありますが、「確実に収入につなげる」副業として考えると実績を積んでおくという準備がとても重要ですね。 ある程度実績を詰めたら個人的に案件を受注したり、クラウドソーシングで案件を受注してしっかりとした収入を得ることができます。 案件数も比較的多いので、しっかりアンテナを張って自分にあった案件をGETできるように体制を整えておきましょう! もし、今あなたが ・フリーランスになるか悩んでる ・自分に合った案件があるのか不安 ・そもそも何から始めればいいのか分からない などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!.

次の

サラリーマンの副業でイラストレーターは稼げるの?

イラストレーター 副業

確定申告と聞くと、毎年胃がキリキリしていきますよね。 ですが、クリエイターでご飯を食べていく以上避けては通れません。 今回はドージン・ドット・タックスを展開している Switch税理士法人の水村耕史先生に税金、経費、確定申告について、疑問や不安をお聞きしてきました。 水村耕史先生について 1988年 9月生まれ。 29歳。 Switch税理士法人 代表税理士。 2016年に本サービスを設立。 幼少の頃から競馬の騎手を目指すも高校時代に断念。 18歳から会計事務所でアルバイトを始め、 23歳で税理士試験に合格し都内の大手税理士法人に勤務。 その後 26歳で Switch税理士事務所を開業。 当時所属していた東京税理士会浅草支部で最年少の開業記録を更新。 2016年に同い歳の鈴木雄平税理士とともに Switch税理士法人を設立。 ドージン・ドット・タックスとは? のテーマは 「作家が創作活動にだけ集中できる環境を作ること。 」 作家さんにお願いしていることは、 毎月こちらで用意した専用の封筒に領収書や売上報告書を入れて郵送することだけ。 現在では 200名以上の作家さんが利用している。 うち女性向け作家さんが 6割を占める。 作家に特化した確定申告サービスでは国内最大である。 また士業のつながりで、 若手社労士や弁護士とも連携しており、最近では最適な社会保険への加入のお手伝いや編集者からのパワハラなどの相談も彼らと連携して取り組んでいる。 給与をもらっていない人 フリーランスや同人作家 は年 38万円の所得を超えると申告の必要がある。 学生も所得が年 38万円を超えると申告する必要がある。 会社員、アルバイトなどで給与をもらっている人は副業 同人や絵の仕事 で 20万円の所得を超えると申告の必要がある。 同人作家は印刷費、ゲスト謝礼、売り子代、イベント参加費、交通費、宿泊費を経費にできる。 人を常時雇っていない人はゲスト依頼、売り子代などから源泉徴収しなくてよい。 同人イベントでの売上は単価と販売数などを記録し、申告する必要がある。 フリーランスが税理士に依頼すると、社会的信用度が上がる。 自宅を事務所としている場合、家事按分すれば家賃、電気代、水道代などを経費にして OK• ファミレスや喫茶店で仕事をした場合は、食事代を経費にできる。 レシートをもらい忘れた場合は出金伝票かメモを書けば OK• 取材旅行の旅費は経費になるが、工程表を書くのが望ましい。 pixivFANBOXなどのパトロンサービスのお金は事業所得として申告する必要がある。 目薬やサプリなどは経費にならない。 フリーランスのイラストレーター、コンセプトアーティストとして活動。 ゲーム、アニメ、広告、書籍イラスト、技法書執筆などで様々な作品を手がけています。 関連する記事• 2018. 07 皆さんは健康保険入っていますか?入っていますよね! 日本は国民皆保険制度なので、何かしらの健康保険に入る必要があります。 会社員だと「社会保険」、個人[…]• 2018. 23 そもそも絵描きにとって「クソ案件」とはなにか 報酬が異様に安い 不払い、支払いが遅れる チェックバックが遅すぎる 対応が雑 何度も修正がある 指示内容[…]• 2018. 19 税理士さんに聞いた!クリエイターの税金、経費、確定申告について こちらの記事で様々な質問にお答え頂いた水村耕史先生をはじめとした複数の若[…].

次の

イラストレーターが副業で稼ぐ方法まとめ!会社で禁止されててもバレずにできる?

イラストレーター 副業

CONTENT• コンテンツの急増でイラストレーターの需要が高まっている 近年ではインターネットコンテンツが非常に充実しています。 従来の紙メディアやテレビメディアと比較して、インターネットの最大の特徴はそのスピードです。 刻々と変化をしている状況やさまざまな出来事が起こるたびにアップされてしますし、リアルタイムなニュース以外にもノウハウ系のコンテンツなどは星の数ほど存在しています。 従来のコンテンツは文章だけのものも多かったものですが、近年では写真やイラスト付きで視覚的に分かりやすくイメージしやすいコンテンツが求められています。 特にノウハウ系のコンテンツの場合、文字ばかりで説明するよりも、マンガなどのイラストを使って図解した方が理解させやすいものが多いのです。 また名刺や年賀状、イベントカードなどインターネットを介したデザインサービスを提供している企業も増えているため、作成してくれるイラストレーターはいくらでも欲しいという状況。 こういったことからも個人や企業を問わずにイラストの需要が高まっていて、本業ではなくても副業でも行ってくれるイラストレーターが求められているのです。 副業イラストレーターでどのくらい稼げるの? イラストレーターはバリバリの本業で活躍している「プロ」の方ではなくても、十分に需要が高いことが分かりました。 需要が高いという状況ではあっても、いきなりプロのイラストレーターが稼げるような金額は稼げっこないと思っている方は多いのではないでしょうか。 この想像は当たりです。 プロジェクト内容などによってもまちまちですが、最初は1点のイラストで500円前後の報酬というのが相場になります。 とはいうものの、副業イラストレーターだとしても、知名度や人気があれば単価は上がります。 また内容や掲載されるメディア。 更に使用目的や部数の違いなどによっても値段は変化しますから覚えておきましょう。 ぶっちゃけてイラストレーターのプロとして食べて行けている人間というのは、あまり多くはありません。 プロでも報酬の相場としては、10センチ角くらいに収まる小カットサイズだとしても、モノクロで3000円から5000円。 カラーになって5000円から1万円前後という報酬になっていますから、副業でしかもアマチュアという立場の場合であれば、これ以上の報酬は望めないと言えるでしょう。 フリーのイラストレーターとして独立している方でも、概ね年収が300万円前後いっていれば大成功と評価される職業ですから、副業の場合には月収で5万円前後稼げればまずは大成功と考えましょう。 どうやって仕事を探せばいいのか? イラストを書きたいけれど、依頼がなければ仕事のしようがありませんよね。 副業で稼ぐにしてもどのようにして仕事をとってくればいいのか? 実は現在ではインターネット上でクラウドソーシングサービスを提供している企業が沢山存在しています。 イラストレーターを探している個人や法人と、仕事が欲しい副業イラストレーターを橋渡ししている業者といってもいいでしょう。 こういったものを利用して仕事を見つけていきましょう。 クラウドソーシングを利用するメリットは、本業の支障にならないように働くことができるという点です。 例えば個人的に法人などと契約してしまうと、ノルマを課せられてそれを納期日までに納めなければなりません。 そうなると本業そっちのけで仕事に集中する必要がありますね。 クラウドソーシングサービスなら、都合が悪く時間がなければお断りすることも可能です。 自分が都合の良い時に依頼を受けたり、逆に依頼を募集している案件に自分をプレゼンして仕事を獲得するという方法が取れるのでおすすめなのです。 他にもイラストサイトに自分の作品をアップし、購入してもらっただけ報酬が入るという稼ぎ方もありますから、そういったサービスを利用されると良いでしょう。 身につけておきたいスキル 依頼の形式がどうであれ、クラウドソーシングを使うならパソコンやインターネットの知識が必要になります。 チャットツールなどを使って日々のコミュニケーションを取りたいと望まれるクライアントも多いです。 手書きのイラストよりも、やはり加工などもできるイラストレーターやフォトショップといったデザイン業界ではスタンダードなアドビ社の各ツールが使えないと厳しいかもしれません。 クラウドソーシングサービスでもダウンロードサイトでも、最低限のパソコン捜査や関連ソフトの知識やスキルがないと、イラストレーターを副業にすることは難しいでしょう。 副業でまずは5万円! イラストレーターを副業にすることはおすすめです。 絵を描いてお金になるのだからコストはかかりません。 アマチュアであり知名度も低い状態でもクラウドソーシングサービスやダウンロードサイトを利用すれば、十分に報酬を得ることは可能。 ただしプロでもそこまで報酬を高い方は少ないため、まずは月収5万円を目指して始めてみましょう。 あわせて読みたい副業関連記事•

次の