アガパンサス 麻倉 も も。 インフォメーション

「LAWSON presents 麻倉もも Live Tour 2020

アガパンサス 麻倉 も も

アガパンサス 科・属名 ユリ科 アガパンサス属 園芸分類 草花 形態 多年草 耐寒性 強 耐暑性 強 アガパンサスの特徴 アガパンサスは青や紫などの花色で、夏に花を咲かせるため、暑い時期を涼しげに飾ってくれる花として人気があります。 水仙のような細長い葉をしており、上へと伸ばした花茎から小さな花が集まって咲きます。 花が集まった部分は、ボールのような形になったり、半円球状になったりと、形はさまざまですが、いずれも大きくボーリュームがあるので華やかです。 また、冬も常緑で越冬するタイプと、落葉して地上部を枯らすタイプがありますが、後者の方が耐寒性が強いとされています。 どちらも植えっぱなしで育てることができますが、寒冷地では常緑のアガパンサスに対しては、室内で越冬させた方が無難でしょう。 アガパンサスの種類 原種は3つの種類がある アガパンサスの原種は、アガパンサス・アフリカヌス、アガパンサス・プラエコクス・オリエンタリス、アガパンサス・イナペルツスの3種類があります。 このうちのプラエコクス・オリエンタリスからは、アガパンサスの多くの種類が生まれており、日本でもたくさん栽培されています。 30〜40cmの小型なタイプや、70cm〜80cmほどに生長する中型タイプ、1mを超える大型の品種など、サイズも種類によって異なるので、植える場所によって草丈を合わせることもできます。 こちらの種類は夏と秋に開花する二季咲き品種。 目を奪われるような花を二度も楽しむことができるので、特におすすめしたい種類です。 アガパンサスの育て方 環境 環境への適応能力が高い花 アガパンサスは、日当たりがよく、水はけのいい場所で育てましょう。 しかし、環境への適応能力が高いので、日陰でも育てることができます。 その分、日向で育てるよりも花付きが若干悪くなりますが、日陰の緑化材料としては貴重な花なので、思い切ってシェードガーデンに植えてみるのもおすすめです。 冬越しの仕方 アガパンサスの種類によっては、冬の間に常緑のまま越冬するタイプがあり、落葉するタイプよりも耐寒性が多少劣るため、少し気になる場合があるでしょう。 霜や寒さで葉が痛むこともあるので、マルチング材を使って冬越しの対策をとると安心です。 マルチング材のバークチップや腐葉土を使って株元に敷き詰めたり、麻布を被せて覆ってあげたりすると、霜除け対策になります。 寒さが厳しい寒冷地では、常緑性のアガパンサスが枯れてしまうこともあるので、鉢植えに植え替えて、室内で冬越しをさせた方がいいケースもあります。 それぞれの地域に合ったタイプのアガパンサスを選ぶと、より育てやすくなるでしょう。 用土 水はけがよければOK アガパンサスは通気性・排水性さえよければ、特に土質を選びません。 地植えにするときは、赤玉土を入れてあげると、水はけがよくなるでしょう。 鉢植えで育てる場合には、市販の培養土を購入して使ったり、基本的な土の配合である赤玉土7:腐葉土3の割合でブレンドしたりして、植え付けてあげましょう。 水やり 鉢植えの水やり 鉢植えは土の表面が乾いてから水やりをします。 鉢底から水が流れ出るまで、十分に水やりを行いましょう。 夏は特に水が乾くのが早いので、気温によっては朝と夕方の1日2回水やりを行うと、水切れを防げます。 冬に地上部の葉を全て枯らしているような落葉性のアガパンサスは、どうしても水やりを忘れがちです。 土の表面が乾いてから3日〜5日してから、水やりを昼間のあたたかいうちに行うようにしましょう。 地植えの水やり 地植えにしたアガパンサスは、降雨だけで育つので、水やりの必要はありません。 夏の高温期に極端に雨が降らない時期が続くようであれば、ホースを使って水を全体にかけてあげるといいでしょう。 ハダニ予防にも効果的です。 肥料 元肥 やせ地でも育つので、肥料を施さなくても問題ありません。 もし、土質が気になるようであれば、腐葉土や堆肥をすき込み、有機物を増やしてあげるといいでしょう。 元肥や腐葉土、堆肥を与えた場合には、追肥は必要ありません。 追肥の仕方 花付きが悪くなったり、生長が衰えたりした時は、液体肥料を希釈して水やりと同時に与えましょう。 鉢植えで育てているアガパンサスは、土の中の養分が次第に失われていくので、春と秋の年に2回緩効性化成肥料を与えてください。 植え付け・植え替え 【地植え】スペースを十分に確保しよう アガパンサスは大株になるので、地植えする場合には十分なスペースが必要となります。 周りとの間隔をあけて、株が密集しないように植え付けましょう。 植え付ける場所は、日当たりと風通しがいい場所を選べば、花付きがよく、元気にアガパンサスが育ちます。 【地植え】根茎・苗の植え付け方法 アガパンサスの根茎や苗を地植えする場合、土に堆肥、腐葉土をすき込み、大きなスコップを使って深く耕しておきます。 水はけが悪い場合は、赤玉土も一緒に混ぜます。 次に、根茎や苗を植え付けます。 浅めに植え付けるのがポイントです。 深植えをしないよう、根茎の先が少し出るようにして植え付けましょう。 すでに緑の芽が出ている場合は、芽を地上部に出して植え付けてください。 植え付けてからしばらくの間は、根がまだ張っていないため、水やりをします。 土の表面が乾いたら水やりをしましょう。 降雨がある場合は様子を見ながら水やりをしてください。 鉢植え】根茎・苗の植え付け方法 アガパンサスは大きくなるので、地植えで育てることが多い花です。 しかし、鉢植えでも育てられるので、アガパンサスが引き立つようなおしゃれな鉢に植えてみましょう。 <準備するもの>• 鉢底石• 割り箸、棒など はじめに、鉢に鉢底石を敷いておきます。 必要であれば、鉢底ネットも敷きましょう。 次に、用土を入れて、アガパンサスの根茎、又は苗を入れ、用土で高さを調節しながら植え付けます。 根茎は先が少し見えるように植え付け、ウォータースペースを確保しておくといいでしょう。 最後に、割り箸や棒を使って土をゆすり、隙間にも土を入れ込んで植え付けの終了です。 植え替えのタイミング アガパンサスは生育が旺盛なので、鉢植えで育てるには植え替えが必要になります。 鉢底から根が飛び出してきたら植え替えのタイミングです。 春か秋に一回り大きな鉢に植え替えましょう。 地植えは数年間植えっぱなしでも問題なく生長します。 アガパンサスが大きくなりすぎた場合には、株分けをして植え替えるといいでしょう。 花をそのままにしておくと、種をつけるために株が弱ってしまうので、早めに行いましょう。 花が終わった後に剪定をすることで、次の花が咲きやすくなります。 増やし方 アガパンサスは株分けで増やそう アガパンサスは種まき、挿し木、株分けで増やすことができます。 もっとも簡単な増やし方は、株分けです。 株が大きくなってきたら、アガパンサスを掘り上げて株分けをするといいでしょう。 株分け時期は、花が咲き終わった頃が適期です。 ぜひ、この時期に株分けをして、アガパンサスを増やしてみましょう。 株分けの方法 アガパンサスを株分けするには、鉢植えであれば鉢から引き抜き、土を落としておきます。 地植えしてあるアガパンサスは、スコップを使い、根を傷めないよう丁寧に掘り上げます。 葉の下には根茎と呼ばれる大きく太い根がついているので、ナイフを使って切り分けていきます。 この時、切り分けた根茎に、根といくつかの芽がつくように切り分けることがポイントです。 株分けをしたアガパンサスを植え替えて、しっかり水やりをしておきましょう。 病気・害虫 アガパンサスは丈夫な花 アガパンサスは病気にかかりにくく、丈夫な花として知られています。 病気にかかることはほとんどありませんが、水はけが悪かったり蒸れたりすると、まれに根腐れやカビが発生することがあります。 日当たりがよく、風通しのいい場所に植え付けるようにして、蒸れを予防するといいでしょう。 アブラムシに気をつけよう 害虫被害もあまりありませんが、花や蕾にアブラムシが付くことがあります。 アブラムシがたくさん発生しないうちに、殺虫剤を使って早めの対策を取りましょう。 アガパンサスを育てよう アガパンサスは一度植え付けてしまえば、植えっぱなしで何年も楽しめるです。 大きな大輪の花はゴージャスで人目を引く美しさ。 育てて切り花にして楽しむのもおすすめです。 初心者でも育てやすい多年草なので、ぜひ庭に植えて綺麗な花を毎年咲かせてみてはいかがでしょうか?.

次の

アガパンサスとは|ヤサシイエンゲイ

アガパンサス 麻倉 も も

収録曲• シュークリーム 作詞:Giz'Mo from Jam9 作曲:YUU for YOU, Giz'Mo from Jam9 編曲:YUU for YOU• トキメキ・シンパシー 作詞:Mahiro 作曲・編曲:宮川 麿 [アルバム新曲]• スマッシュ・ドロップ 作詞:宮嶋淳子 作曲・編曲:川崎智哉• Twinkle Love 作詞:Mahiro 作曲・編曲:KOUTAPAI [アルバム新曲]• 作詞・作曲・編曲:HoneyWorks• 秘密のアフレイド 作詞:月丘りあ子 作曲・編曲:山田竜平 [アルバム新曲]• 妄想メルヘンガール 作詞:松嶋つきほ 作曲・編曲:佐々倉有吾 [アルバム新曲]• Shake it up! 作詞:月丘りあ子 作曲・編曲:アッシュ井上 [アルバム新曲]• ユメシンデレラ 作詞・作曲・編曲:HoneyWorks• 今すぐに 作詞・作曲:藤田麻衣子 編曲:KOUTAPAI [アルバム新曲]• 2ndアルバムは、これまで恋や愛の歌をたくさん作ってきた中で、現時点での集大成にしたいと考えていたので、『 アガパンサス』という名前はピッタリだと思い、提案しました。 それと、最近になって周囲の人から、私にはお花のイメージがあると言われて、意識するようになったこともあるかもしれません。 花柄の服装を着ることが多かったり、ミュージックビデオ(以下、MV)でお花に囲まれて撮影する機会もあったりしたのでそう言われたのかもしれませんが、そういうこともあって、自然とお花について調べるようになったんです。 そういえば、最近撮影したTrySailのMVでも、お花屋さんの役を演じたんですよ(笑)。 『アガパンサス』のMVを拝見したのですが、麻倉さんが着ていた紫色の衣装は、アガパンサスをイメージしているのですか? 麻倉 そうなんです! アガパンサスのイメージやカラーをもとに、上品で可憐な雰囲気の衣装を作ってくださいとお願いしました。 MVの内容も、もとのイメージは麻倉さんが? 麻倉 はい。 私がこういったものを作りたいと提案したものに、スタッフの方たちがいろいろと意見を出してくれて、いまのMVが完成しました。 新曲の『アガパンサス』は、かわいらしくて爽やかでありながら、あまり現実味がないというか、不思議な世界観の曲なんです。 それで、どんなMVがいいんだろうと考えたときに、きれいすぎるよりも、かわいさときれいさを兼ね備えたものにしたいと思いました。 そこからMVのイメージを膨らませていったところ、『アガパンサス』の曲の世界観は、眠った後に夢の中でいろいろな場所を冒険するという『』 のストーリーに似ていると気づいて、異世界というか、現実世界ではない場所を旅する内容にしたいとスタッフさんに伝えました。 そうしてできたのが、絵本の中を旅して、そこに美しいアガパンサス畑が広がっているというMVなんです。 麻倉 そうですね。 現実のセットで撮影したシーンとCGで合成したシーンが半々くらいだったと思います。 CGを使うシーンは、グリーンバックで撮影した後でCGと合成するのですが、完成したシーンがどういう絵になるのか、イメージするのが難しくて(苦笑)。 監督さんの頭の中にあるイメージを聞いて、こんな感じかなと、探り探り撮影を進めていきました。 これまでCGを使ったMVを撮影していなかったこともあって、最初は戸惑いましたけれど、とってもステキな仕上がりでうれしかったです。 ここはCGではなく、実写なんです。 400本のアガパンサスの造花を使って。 麻倉 アルバムのタイトルが『Agapanthus』に決まったときに、MVにはこのお花を絶対に使うだろうからと、スタッフの方が買ってくださっていたそうなんです(笑)。 MVの撮影は1月だったのですが、アガパンサスは日本では5月から6月に咲くので、時期的に生花を集めるのが難しかったのと、生花だと長い撮影のあいだにしおれてしまう可能性があったので、今回は造花で撮影することになりました。 造花とはいえ、生花に負けないくらいきれいでしたし、400本もあると本当に圧巻で、とても楽しかったです。 収録する楽曲は、1曲1曲これを入れたいと選んでいますし、新曲の歌詞も、作詞家の方にイメージを提案していて。 私の意見も取り入れていただきながら、楽曲を作っていただきました。 まずは、『トキメキ・シンパシー』から。 電子音楽系の曲調が印象的でした。 麻倉 『トキメキ・シンパシー』のメロディーを聴いてすぐに、「これだ!」と感じました。 メロディーがいいですし、いままでの私の曲にはなかったピコピコとかわいい電子音楽系の楽曲は、ライブで盛り上がりそうだなと思いまして。 すぐにこれがいいですとお伝えしました。 それで歌詞を考えていったのですが、メロディーを最初に聴いたときのイメージをもとに、作詞家の方にいくつか要望を伝えました。 この曲に登場する女の子は、恋に対してキラキラした憧れを持っている。 つまり、まだ恋で辛い経験をしたことがないんじゃないかと想像しました。 それで歌詞は、恋をして楽しんでいる10代の若い子をイメージして書いてほしいとお願いしました。 歌詞に使う単語も、女の子の年齢に合わせてもらっています。 麻倉 カタカナを多く使ってくださいというのも私からのお願いでした。 若い子のイメージに合っているのと、メロディーがライブでダンスを踊っているようなイメージもあったので、カタカナが合うだろうなと思って。 幼い声色に変えて、しゃべっているように歌っているのですが、「ドキドキがもう 抑えきれない」のところはよりセリフっぽく聴こえるように注意して歌った箇所なので、そこはぜひ聴いてほしいです。 メロディーが渋めと言うか、抑えめな印象の曲に感じました。 僕は大好きです。 麻倉 ありがとうございます。 私も『Twinkle Love』のメロディーを初めて聴いたときに、同じように感じました。 どんな歌詞にしようか考えたときに、夜にベッドで寝る前の雰囲気が思い浮かんだんです。 お付き合いをして幸せなんだけど、ふとしたときに離れている時間が寂しくなる。 そんな幸せな悩みを、寝る前にベッドの上でぽつりぽつりと独り言で話しているイメージですね。 サビは、けっこうリズムが激しくなるので、感情というか、思っていることを爆発させるイメージを持ちました。 そういった登場人物の気持ちや、私のイメージを作詞家さんにお伝えして、歌詞にしていただいています。 それは、独り言や寂しさの表現ですか? 麻倉 はい。 スタッフの方たちと、声はもっと抑えていこうとディスカッションしていまの歌声になりました。 最終的に、ASMR(聴いていて心地のいい音)のような、ささやきみたいな感じにできたかなと思います。 『Twinkle Love』は、ぜひヘッドホンやイヤホンで聴いてもらえるとうれしいです(笑)。 3つ目の新曲『秘密のアフレイド』は、かなり激しい曲に仕上がっています。 麻倉 『秘密のアフレイド』は、アルバムに収録した曲の中で、いちばんかっこいい曲だと思います。 ファンの方から、「かっこいい曲も歌ってほしい」と要望が届いていたこともあって、私自身、いつかこういった曲を歌ってみたいと思っていました。 じつは、この曲とは1年前に出会っていて、歌も収録していたんです。 けれど、なかなか発表する機会がなくて、ずっと眠らせているうちにみんなで存在を忘れてしまっていたんです(苦笑)。 麻倉 でも、今回アルバムを作るにあたって、『秘密のアフレイド』って曲があったねと思い出して、かっこいい曲だし、収録させていただくことになりました。 ただ、歌詞や曲のアレンジはガラッと変えています。 アーティストとして活動する中で、1年前とは意識が変わっていましたし、改めて聴いたときに頭に浮かんだストーリーのイメージも以前から変わりましたので。 過去に辛い恋を経験していて傷ついたという過去があり、もう一歩踏み出す勇気がない姿や、恋に対して臆病になる姿を歌詞で描いてほしいとお伝えしました。 収録はいかがでしたか? 麻倉 私は、年齢が少し下か同じぐらいの女性をイメージして、曲を作ったり、歌ったりすることが多かったので、30代の女性をイメージしたこの曲は、ちょっと難しいかなと思っていました。 ただ、いざ収録してみると、感情を爆発させるような曲だったので、イメージした女性の気持ちにスッと入ることができて、収録はスムーズに進んだと思います。 麻倉 はい。 人生経験が豊富なアーティストの中には、自分の実体験や伝えたい思いを歌にして届けている方もたくさんいると思いますが、私は大好きな少女マンガのような世界観を、みんなに見せたいという気持ちが大きいんです。 ただ、マンガなので体験したことのないエピソードが多くて、実体験をもとに歌うのが難しいんですよ。 ですから、お芝居のように、歌詞の登場人物になりきって歌うようにしています。 こういう曲が入ってくるのは、アルバムならではなのかなと。 麻倉 アルバムだから入れたかったというのもありますが、今回はツアーをやることが決まっていたので、いろいろな場所を巡って公演を重ねるうちに、みんなといっしょに歌って、成長させていく曲もほしいと思ったんです。 この曲は、できあがったメロディを聴いたときに、すごく盛り上がる曲になるという手応えを感じました。 歌詞は、恋に憧れていて、恋が始まるのを待っている妄想しがちな女の子をイメージしながら、みんなといっしょに歌えて、みんなが声を出して楽しくなるようなフレーズを意識して考えています。 麻倉 そうなんです。 ただ、言葉が多くてテンポも速いので、曲自体は難しくて……。 これでも、歌詞で統一するところを決めたり、みんなが歌う場所の量を調整したりするなどして、少しでも歌いやすくなるようにしているのですが、ちょっと難しいので、皆さんがライブのときに歌えるのか不安なところもあります(苦笑)。 ファンの方は喜ぶと思います。 麻倉 盛り上がってくれるとうれしいですね。 ただ、いっしょに歌ってくださいと言いすぎてプレッシャーになってしまうのもいやだなぁ……。 むしろ、「こんなに待つんだ!」という気持ちでした(笑)。 最後の「そんな恋したいです! いつかね」というフレーズは、オチがついている感じがして好きでした。 やっぱり妄想なのかって。 麻倉 そうですよね。 ここは音が消えて印象的なパートにできたと思います。 』もライブで盛り上がりそうですね。 麻倉 『Shake it up! 』もライブを意識した曲になっていて、歌詞もタイトルの通り、「Shake it up(=急いで)してください!」、「もっともっと!」みたいなノリで、盛り上がる内容にしています。 ほかにも、大切な人に会いたい気持ちも込めていて。 私自身、ライブでみんなに会いたかったよという気持ちを乗せています。 聴いた人によって、いろいろな捉えかたができる曲ですね。 麻倉 ライブのフリや演出は、いま決めているところなのですが、「いっせいのーせ ハイジャンプ!」のところは、みんなでいっしょにジャンプしたいな(笑)。 収録時の思い出はありますか? 麻倉 メロディーに対して言葉がかなり詰め込まれていたので、収録は思った以上に苦戦しました。 休むところがないので、けっこう苦労するんです。 いまから体力をつけておかないと、ライブのときに息切れしちゃいそう(苦笑)。 つぎの『今すぐに』は、新曲の中でもゆったりした曲に仕上がっていますよね。 麻倉 『今すぐに』は、私が大好きなシンガーソングライターの藤田麻衣子さんに作詞・作曲をお願いしました。 アルバムを作るときに、「藤田さんに書いてほしいです」と、ダメもとで言ってみたんです。 そしたら、書いてくださることになって。 作業を進めていただく前に、直接お会いする時間も作っていただいて、どういう曲にしてほしいかというイメージを、藤田さんにお伝えしました。 ストレートな歌詞など、藤田さんの曲の好きなところをたくさんお伝えしたうえで、遠距離恋愛の切なさを描いた曲を作ってほしいとお願いしました。 完成した曲を聴いたときは、とってもうれしかったです! そして、ここまで切ないバラード曲は歌ったことがなかったので、私にとって新たな挑戦になる曲だとも感じました。 最初はもっと声を張っていたのですが、切ない気持ちを声に乗せたくて、少しずつ落としながら調整していきました。 とくに、歌い初めの箇所は、試行錯誤をくり返していまの形に落ち着いています。 この曲はやはり、最初に作られたのですか? 麻倉 じつは、そうではないんです。 最初にアルバムのタイトルが『Agapanthus』に決まって、収録曲をどんどん決めていきました。 でも、そこで「表題曲はどうしよう?」となって(笑)。 いまある曲の中から表題曲を選ぶことも考えましたが、すでにできているアルバム用の新曲はそれぞれ新しいことにチャレンジしていて、表題曲として考えたときにしっくりきませんでした。 それで、表題曲を新たに作ることになったのですが……。 これも先ほどと似たような話で、私は渡辺翔さんの曲が大好きなんです。 渡辺さんにいつか作詞・作曲をお願いしたいという思いがあって、「渡辺さんに書いてもらいたいです」と言ったんです。 そうしたらスタッフの方が動いてくれて、渡辺さんも快諾してくださいました。 タイトルが『Agapanthus』に決まっていることと、アガパンサスの花が持つ明るくて爽やかな、上品でかわいらしいイメージを伝えて、恋や愛といったテーマで、渡辺さんの好きなように作ってくださいとお願いしました。 完成した曲を初めて聴いたときの感想は? 麻倉 「さすがです!」と感動しました(笑)。 明るいけど、底抜けに明るいわけじゃなくて、爽やかさとかわいさが絶妙に混じり合っていて、ジャンル分けできない、不思議な楽曲だと思いました。 渡辺さんの世界観もしっかりと表現されていますし、テーマの愛に関しても、押し付けがましくないというか……。 愛とはこういうものなんだよと、ふわっと教えてくれるようなところがいいなぁって。 この曲は、レコーディングに立ち会ってくださった渡辺さんの意見も聞きながら、どのように歌うのか決めていきました。 渡辺さんに、「ふつうに歌うのではなく、しゃべるように歌ってほしい」と言われたので、限界までマイクに近づいて、ささやくように歌っています。 『Agapanthus』も、ヘッドホンやイヤホンを使ってじっくり聴いてほしい曲ですね。 (しばらく考えてから)そもそも声優になったときは、アーティストデビューするとは夢にも思わなくて。 それに私の場合は、ファーストシングルに収録された『』が『』(2016年公開のアニメ映画)の挿入歌として使われることが決まっていたので、じっくりと考える余裕もなくて。 当時は言われるがままにアーティストデビューして、与えられた楽曲を歌うことだけで精一杯でした。 でも、アーティスト活動を続けてファンの方たちの声援をもらううちに、このままではファンの方たちに失礼なんじゃないかと思うようになって。 どんな歌を歌いたいのか、当時はよくわからなかったのですが、わからないなりに自分の伝えたいこととちゃんと向き合って、みんなに見せたいと思うようになったんです。 だんだん考える余裕も生まれて、私自身、自分の歌いたい曲や、やりたいことが少しずつわかるようになってきたので、1年くらい前からは、制作にもしっかりと関わるようにしています。 麻倉 やるからには、楽しんで納得するものを作りたいなって。 ファンの方には男性も多いので、最初は不安もありましたが、とにかくやってみようとこの1年間チャレンジしてみました。 私が心配していたよりも、多くの方が受け入れてくれましたし、最近は女性のファンも増えたので、私が表現したかったものが届いているのかなと手応えを感じています。 なかなかお返事ができなくて申し訳ないのですが、恋愛相談の手紙を送ってくれるファンの方もいるんですよ。 ただ、私のライブは現実を忘れられる、幸せな空間作りを大切にしているので、そこは変えないようにしながらも、よりパワーアップしたライブにしたいと思います。 ライブはもちろん、曲を作るときも、どうすればファンの方たちが喜んでくれるのかつねに考えていて。 私が表現したいものとのバランスを考えながら、新曲を作っています。 2ndアルバムのほうは、1stアルバムよりも曲の幅が広がっていて、私の新たな一面を楽しんでもらえると思いますし、幅が広がったぶん、ライブもメリハリのあるステージにできると思います。 皆さんと楽しい時間を作っていきたいので、ぜひライブに遊びにきてください。 たいへんだとは思いますが、ライブには曲を覚えてきてくれるとうれしいです! 麻倉 そうなんです。 あまりやったことがなくて。 遊んだことがあるゲームの中で、印象に残っているものはありますか? 麻倉 最近のゲームではないのですが、TrySailのメンバーで『』を遊びました。 PSPですか? ニンテンドー3DSですか? 麻倉 3DSでした。 うまくモンスターを狩れましたか? 麻倉 ふたり(雨宮天さん、夏川椎菜さん)は上手にやっていたんですが、私は戦ったりハラハラするようなゲームが得意ではないので、ずっとお肉を焼いていた記憶があります(笑)。 麻倉 はい。 タイミングよくボタンを押すのが、けっこう楽しかったです(笑)。

次の

麻倉もも/Agapanthus [CD+DVD+付属品]<完全生産限定盤>

アガパンサス 麻倉 も も

アガパンサスとは• 基本情報• 特徴 アガパンサスはさわやかな涼感のある花を多数咲かせ、立ち姿が優雅で美しく、厚みのある革質の葉が茂る様子には力強さも感じられます。 南アフリカに10~20種ほどの原種が自生し、交配などにより300以上の園芸品種が育成されています。 性質が強く、植えっぱなしでほとんど手がかからないので、公園などの花壇やコンテナの植え込みに利用され、また切り花としてフラワーアレンジメントにも使われています。 草丈、株張りともに1m以上になる大型種から、小鉢でも育てられる草丈30cmくらいの小型種まであり、花形も花筒の短い盃状のものから細長い花のもの、星形のように切れ込みの深いものや、ラッパ状の花形など、バラエティーに富んでいます。 性質としては、周年葉が茂る常緑性のものと、冬期は地上部の葉が枯れて休眠する落葉種とがあり、その中間のタイプの品種もあります。 基本データ 園芸分類 草花 形態 多年草 原産地 南アフリカ 草丈/樹高 0. 3~1. 5m 開花期 5月下旬~8月上旬 花色 青紫,白,複色 栽培難易度 1~5 耐寒性 落葉種は強い。 常緑種は半耐寒性 耐暑性 強い 特性・用途 常緑性,落葉性,初心者でも育てやすい,グラウンドカバーにできる.

次の