スーパーアロニア。 スーパーアロニアEX|化粧品・スキンケア・基礎化粧品の通販|オルビス公式オンラインショップ

スーパー・フルーツ「アロニア」

スーパーアロニア

スーパーやカフェで目にする機会が増えた スーパーフード。 何となく体によさそうなイメージはありますが、スーパーフードとは具体的にどの食べ物を指し、どのような効果があるのでしょうか。 代表的なスーパーフードの種類やその食べ方、さらに酵素スムージーなどのおすすめ商品をご紹介します。 スーパーフードとは? 健康やダイエット、美容に効果的な食べ物として話題のスーパーフード。 テレビや雑誌などでも度々特集され、女性を中心に人気です。 栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。 あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。 一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。 日本では、アサイーやチアシードなど、スーパーフード先進国・アメリカにおいて主に認知を得ている食品群を、そのままスーパーフードとして指すことが多いです。 パーフェクトフード(完全食)との違いは? 近年は、パーフェクトフード(完全食)にも注目が集まっています。 スーパーフードが、ある一部の栄養が豊富である食材・食品なのに対して、パーフェクトフードは、厚生労働省の「栄養素等表示基準値」に基づき、人間が生きていくために必要な栄養素を計算して作られた食品です。 パーフェクトフードは、粉末や飲み物、グミ、パスタなど様々な食品で販売されています。 代表的なスーパーフードの種類とその効果 海外で人気を博し、日本でも流行している、代表的なスーパーフードの種類をチェックしてみましょう。 その効果やおすすめの食べ方についてもご紹介します。 アサイー スーパーフードの代表格として知られるアサイーは、ブラジル原産のヤシ科の植物で、見た目はブルーベリーに似ています。 ビタミンCやビタミンB、ビタミンE、鉄分、亜鉛、カルシウムなどが含まれるほか、抗酸化作用を持つアントシアニンが豊富に含まれています。 活性酵素による老化の防止や、貧血、眼精疲労にも効果的です。 肌のハリ・ツヤのアップにも効果が期待できます。 アサイーペーストにバナナやブルーベリーなどをトッピングした「アサイーボウル」はカフェのメニューとして人気です。 家庭でも手軽に作れるので、朝食やおやつとして取り入れるのがおすすめ。 チアシード こちらもスーパーフードの定番・チアシード。 メキシコ原産のシソ科の植物・チアの一種です。 ケシの実ほどの小さな粒状で、プチプチとした食感が特徴です。 オメガ3を豊富に含み、腸の悪玉菌を減らし腸内環境を整える効果があります。 便秘解消や、免疫力が高まることでアトピーやアレルギーの緩和、代謝アップ、がん予防など、効果は多岐にわたります。 また、水分を吸収して膨らむため、腹持ちがよくダイエットにぴったり。 スムージーやヨーグルトに混ぜて食べるのたおすすめです。 ココナッツ 海外モデルがココナッツオイルを愛用していることで、一躍注目を集めたスーパーフード。 オイルだけでなく、フレークやミルク、ウォーターなど、様々な加工方法で商品化されています。 それぞれが異なる特徴を持ち、美容や健康への効果も高いことで知られています。 ココナッツフレークは食物繊維が豊富で便秘解消に効果があり、ココナッツオイルやココナッツミルクに含まれる中鎖脂肪酸は、脂肪の燃焼を促進します。 ココナッツウォーターは電解質やミネラルを多く含み、熱中症対策やデトックスなどに効果的です。 インカ帝国時代から食べられてきた、長い歴史を持つスーパーフードです。 キヌアは、たんぱく質や食物繊維、鉄分、マグネシウム、カリウム、カルシウムなどを含んでいます。 腸内環境を整え、脂質の分解を促し、貧血の解消に役立ちます。 血糖値が上がりにくいので、糖質制限中の主食としてもおすすめです。 キヌアはお米のように炊いて食べることができ、白米と混ぜてして炊く方法があります。 もちろん、サラダやシチュー、パスタソースなどに入れて食べることもできます。 スピルリナ 藻の一種であるスピルリナは、30億年前から存在している植物で、「スーパーフードの王様」とも呼ばれています。 また、抗酸化作用を持つフィコシアニンやクロロフィル、がん予防などの効果で注目を集めるカロテノイドなども含まれています。 老化防止のほか、生活習慣病のリスクを減らし、高血圧・高コレステロール状態を改善する効果が期待されています。 ヨーグルトやスムージー、スープなどに入れて食べるのがおすすめ。 スピルリナのサプリも販売されています。 タイガーナッツ タイガーナッツは、ヨーロッパや北アフリカが原産地のショクヨウガヤツリの茎にできる塊茎です。 塊茎とは、じゃがいもなどをイメージするとわかりやすいでしょう。 ナッツ類の約3倍の食物繊維を含んでおり、整腸作用に優れています。 また、抗酸化作用を持つビタミンEが豊富なので、エイジングケアや生活習慣病のリスクを減らす効果も期待できます。 食前に2~3粒ほどよく噛んで食べると満腹感が得られるため、ダイエットにも向いています。 そのまま食べることもできますが、食感が苦手な人もいるため、粉末を飲み物に混ぜるのがおすすめです。 クコの実(ゴジベリー) 中国原産のクコの実は、杏仁豆腐の上に乗っている赤い実でおなじみのスーパーフードです。 漢方の世界では、滋養強壮や不老長寿の実として知られてきました。 100種類以上のビタミンやミネラル、食物繊維、ポリフェノール、カロテノイド、ベタインなどを含有してます。 クコの実の抗酸化作用は、アサイーよりも高く、エイジングケアに効果を発揮します。 また、女性ホルモンのバランスを整え、冷え性を改善する効果もあるため、女性には特におすすめのスーパーフードだといえるでしょう。 ヨーグルトやゼリーと食べたり、ジャムや果実酒にしたりと、見た目にも映えるため、おしゃれな食卓づくりにも一役買ってくれます。 ビーポーレン みつばちが集めた花粉の塊を乾燥させた食品です。 「ビー(Bee)」はミツバチ、「ポーレン(Pollen)」は花粉を意味します。 ビーポーレンの食品としての歴史は長く、古代エジプトの女王クレオパトラも食べていたとされています。 たんぱく質やアミノ酸、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、マグネシウムなどをはじめとする数多くの栄養素が含まれており、スーパーフードならぬ「パーフェクトフード」とも呼ばれています。 肌の炎症を抑えたり、貧血や便秘などのトラブル改善に効果があるほか、ダイエットにも適しています。 1日にティースプーン1杯分を、シリアルやヨーグルトなどに混ぜて食べる摂り方がおすすめです。 日本産のスーパーフードの種類とその効果 日本で古くから親しまれてきたおなじみの食品の中にも、栄養や健康効果に富んだ「ジャパニーズ・スーパーフード」が数多くあります。 納豆 日本の健康食といえば、すぐに思い浮かぶのが納豆ですよね。 人体によい影響を与えるプロバイオティクス(善玉菌)である納豆菌が、病原性大腸菌などの増殖を抑え、腸内環境を改善します。 下痢や腹痛に効果があるほか、免疫力をアップさせることでも知られています。 また、大豆に含まれるイソフラボンには、女性ホルモンの分泌を促進する効果があります。 味噌 「味噌は医者いらず」ということわざがように、古くから健康食品として親しまれている、ジャパニーズ・スーパーフードの代表格。 必須アミノ酸を全種類含み、ビタミン、ミネラル、食物繊維、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸などの栄養素を総合的に網羅できる優れたスーパーフードです。 がんや生活習慣習慣病のリスクを下げ、抗酸化作用で老化を防止することも知られています。 甘酒 「飲む点滴」として改めて注目を集めている甘酒。 米麹でつくるものと、酒粕でつくるものの2種類があります。 栄養素の高さで話題になっているのは米麹甘酒の方で、お酒が弱い人や子供でも飲むことができます。 甘酒の栄養成分の20%がブドウ糖で、効率的にエネルギー摂取ができる飲み物として、疲労回復や熱中症対策のためにも摂取されています。 また、酵素の働きで代謝がアップし、食物繊維が腸内環境を整えるので、ダイエットや美容にも効果的です。 玄米 主食として白米の代わりに選ぶ人も多い玄米。 食物繊維やビタミンB1、亜鉛などの栄養素を多く含んでいます。 ビタミンB1は糖質の代謝を高めるほか、肝臓の機能を助ける作用もあり、効率的なエネルギー補給と疲労回復に役立ちます。 日常の食事からでは不足しがちな亜鉛は、玄米を主食にすることで効率的に摂ることが可能です。 新陳代謝を促進し免疫力を向上させるほか、男性不妊の改善にも役立ちます。 海苔 日本人の食卓に欠かせない海苔は、ごく少ない分量で多くの栄養素を摂ることができる優れたスーパーフードです。 1帖の焼き海苔には、みかんの1. 5倍のビタミンCが含まれています。 通常のビタミンCと違い、加熱しても壊れにくいので、効率的に体に取り入れることが可能です。 カルシウムや鉄分、食物繊維、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2などに加え、コレステロールの抑制効果を持つタウリンや、生活習慣病予防に効果的なEPAも含有しています。 梅干し 殺菌効果を持つことで有名なスーパーフードの梅干し。 お弁当の定番おかずです。 クエン酸が細菌を増殖を防ぐため、食中毒予防に効果があります。 また、ピロリ菌を抑制し、胃潰瘍や胃がんのリスクを下げることで知られています。 さらに、血圧の上昇を防ぐ、脂肪の燃焼を助ける、疲労回復に役立つなど、様々な効果があります。 はなびらたけ はなびらたけは松やモミなどの針葉樹に寄生するキノコ。 白い花びらのような形で、ワカメのように歯ごたえのある食感が特徴です。 官民共同での研究が進んでおり、日本のスーパーフードとして注目が高まっている食品です。 スーパーフードの上手な摂り方・注意点 食べるだけで健康になる・痩せる訳ではない スーパーフードは、ただ食べていれば、健康になれる、または痩せるという訳ではありません。 まずは、生活習慣を整えバランスのよい食生活を心掛け、そのうえで、スーパーフードで栄養を補うと効果的です。 過剰摂取しない スーパーフードはいくら栄養価が高いとはいえ、食べれば食べるだけ健康になれる訳ではありません。 中には、過剰に摂取することで、健康に害を及ぼす可能性があったり、カロリーが高すぎるなどのスーパーフードもあります。 適量を心掛けることで、健康や美容に適した効果をもたらしてくれるため、摂取する量はほどほどにしておきましょう。 継続する スーパーフードは薬のように即効性のあるものではありません。 無理なく続けられるスーパーフードを選び、まずは1カ月ほど食べてみましょう。 続けることで体調や肌などの改善が徐々に実感にできるようになります。 初心者におすすめのお手軽スーパーフード食品 スーパーフードは粉末や果実、オイルなど、食べ方に合わせたタイプで、通販・スーパー・ドラッグストア等で購入することができます。 ここでは、調理が面倒な場合や何を食べればよいかわからない初心者におすすめの、お手軽スーパーフード食品をご紹介します。 1.Natural Beauty Smoothie FRUVEGEスムージー 出典:www. amazon. jp チアシード、マキベリー、大豆の3種のスーパーフードを配合したスムージー。 ケールや大麦若葉、大葉などの8種の国産野菜を主原料として使用し、172種の食物発酵エキスと植物性乳酸菌、オリゴ糖、ビタミンミネラルを配合しています。 野菜不足な人にもおすすめです。 一番人気のベリー味のほか、キウイ味やアサイー贅沢配合のものなど、5種類展開されています。 1日1~3回を目安に水または牛乳に混ぜて飲みます。 無料でついてくる専用シェイカーに入れて振って混ぜると、よりおいしくできます。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 2.アサイー スムージーパック リオブレンド(加糖) 出典:www. amazon. jp チアシード入りの蒟蒻ゼリーです。 低カロリーで腹持ちがよく、ダイエット中のおやつにぴったり。 食物繊維が豊富に含まれているので、便秘がちな人にもおすすめです。 瀬戸内レモン味、有田みかん味、ぶどう味、もも味、りんご味の5フレーバーがセットされており、味に飽きずに食べられます。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 4.LOHAS(ロハス) 有機JAS認証RAWタイガーナッツ(皮なし) 出典:www. amazon. jp 芸能人がSNSで紹介したことで、人気に火が付いたタイガーナッツ。 有機JAS認証を取得したオーガニック商品です。 加熱処理・薬品処理などはせず、カッターで表面の皮を丁寧に削って剥いています。 皮なしタイプなので、小腹が空いた時にそのままおやつ代わりとして食べることができます。 食前に3粒ほど食べれば満腹感を得られてダイエットにおすすめ。 また、タイガーナッツと水をミキサーにかけてこすと、「オルチャータ」と呼ばれる飲み物になりますよ。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 5.サンフード ベリーアドベンチャー 出典:www. amazon. jp 米と米こうじのでんぷんを分解して、自然な甘みのあるストレートタイプの麹甘酒。 砂糖不使用・アルコール0%で子供も安心して飲めます。 糀甘酒はアレンジレシピも豊富で、スムージーにしたり、砂糖代わりにスイーツや料理に使ったり、ごはんやおかゆに混ぜたり。 夏場は熱中症対策としてもおすすめです。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 スーパーフードの効果で健康・美肌を維持しよう スーパーフードは栄養バランスに優れ、栄養価が高く、効率的に栄養を補給できる食べ物です。 「健康やダイエットにはよくてもおいしくなさそう」とイメージを持つ人もいますが、おやつ感覚でおいしく食べられる種類も豊富にあります。 スムージーやスナックであれば、特別な調理の必要もないので、試してみたいという人におすすめです。 ただし、スーパーフードを食べるだけで健康になれるものではないため、日々の生活習慣や食生活もきちんと見直しましょう。 そのうえで、スーパーフードを補助的に取り入れることで、健康維持や体質改善に役立ちますよ。

次の

美容に健康に驚異のスーパーフルーツ アロニア

スーパーアロニア

年も年ですし食事を制限するだけではなかなか痩せなかったのですが、スーパーアロニアを飲みだしてからは徐々に体重が落ち、1~2年で痩せました。 その時の感想は飲むだけじゃなくその他のダイエットも大事ということでした。 まだまだ太ってはいたのですが痩せて満足したのと、値段の高さで一旦飲むのをやめた頃に、私生活の変化も相まってストレスで食べすぎてしまい…気付けば2年で体重が13kg増に。 その時になってなぜ飲むのをやめたのか後悔。 それからは金銭的に無理のないよう毎朝1粒ずつ飲むようになり、2年前からまた食事制限を始めたら、やっとリバウンドしたのが元に戻りました。 単に食事制限だけではこんなに体重が減ってないと思います。 これからは理想の体重を目指して、しばらく朝晩1粒ずつ飲む予定です。 時には飲む量を調整しつつ、年齢を考えてゆっくりと体重を減らせていけばいいなと考えております。 期待していなかったのに。 それから数年、年々ぼてっと中年太りが止まらず、何をやっても大して痩せずに諦めていたのですが、 ポイントがたまっていたので久しぶりに購入してみました。 お腹を壊しやすい体質なので、念のため半量の1日1粒を2か月ほど。 元々在宅勤務なので、このご時世でも殆ど生活スタイルは変わらず、 むしろ買い物の回数が減って運動不足が増しているのですが、 気づいたら体重が減っていました。 非常に緩やかなので物足りないですが、何もせず減るって初めてなのでびっくり・・・年齢が製品に合ってきたのでしょうか。。。 また、視力も落ちやすいので、ガボール・アイを試していたのですが これもついつい忘れてしまい、気づいたらしばらくやってない!となったのですが、 なぜかテレビの細かい文字がよく見える・・・ということはもしかして?? と、感じています。 これはもうちょっと続けてみたいな・・・と思い、お高いのですが3袋キャンペーンだったので、 リピート購入しました。 次は2粒で続けてみて、ケアできるかを確認してみたいと思います。 めっちゃ汗をかきやすくなりました! このスーパーアロニアEXは、ちょっと高いなと思いましたが、3個セットでお得なこともあり、高い分希望が持てるのではと思い、思い切って買ってみました。 すると1ヶ月飲み始めた頃から実感しました! お風呂上がりや体を動かしたあと、汗がじわじわ出てくるようになったのです! なんとなく体や顔周りもスッキリしてきた感じもあります。 今2袋目に突入中なので、3袋終わる頃にはもっとスッキリできるのではと期待を込めて飲み続けたいと思います! うるおい• ニキビ• UVカット• シミ・ソバカス• くすみ• ハリ・弾力• エイジングケア• 皮脂テカ防止• ナチュラルメイク• カバー力• 頭皮ケア• 汗・ニオイ 満足度• ~10代• 20代前半• 20代後半• 30代前半• 30代後半• 40代前半• 40代後半• 50代前半• 50代後半• 60代~ オルビス歴• ~1年• 2~5年目• 6~10年目• 11年目~ 肌質• 超脂性肌• 脂性肌• 普通肌• 乾性肌• 超乾性肌• 混合肌• 敏感肌 使用シーズン•

次の

スーパーフード、アロニアベリー(チョコベリー)ってどうなの?

スーパーアロニア

アロニアベリーってどんな果物? アロニアベリーは、 ブルーベリーと同じ仲間で、北米原産のベリー系のバラ科の果樹です。 アロニアベリーの花は形がナナカマドに似ているため、ロシアでは「黒い実のナナカマド」と呼ばれています。 また、アロニアベリーを単に 「アロニア」と言ったり、黒い色の実をつける種類は ブラックチョークベリーとも呼ばれます。 東欧では、昔からアロニアベリーが広く食べられており、多くの有用な効能から「メディカルフルーツ」と呼ばれています。 アロニアベリーは耐寒性を有する植物で、主に北米やロシアで栽培されていますが、日本でも1976年にロシア(当時はソビエト連邦)から種子の導入を受けて栽培が開始されています。 寒さに強いことから北海道、岩手、長野、新潟などで栽培されていますが、アロニアベリーの注目度がどんどん上がってきているため、北海道の千歳市では 2015年の苗の供給が間に合わないほどの人気だったそうです! アロニアベリーの成分 アロニアベリーには、ブルーベリーやハスカップなどよりも多くのポリフェノールが含まれており、抗酸化力がとても高く、アサイーに次にくるスーパー食材と言われています。 特に「目にいい成分」として有名なアントシアニンがブルーベリーの2・3倍も豊富に含まれています。 また、アロニアベリーには、 トマトの1.4倍のベータカロテンやバナナの6倍の食物繊維が含まれています。 すごいですよね! アロニアベリーは美容だけではなく、健康の分野でも注目されています。 現在は、アロニアベリーのダイエット効果などを目的としたサプリメントが多いですが、今後はガン予防といった健康面に着目したサプリメントなどもでてきそうですね。 アロニアベリーの効果 アロニアベリーには様々な有効成分が含まれていますが、それらによってどのような効果を期待できるのでしょうか。 1 美肌効果 アロニアベリーには、抗酸化作用や抗菌作用に優れたポリフェノールが豊富に含まれています。 ポリフェノールは、細胞の老化を促進する活性酸素を除去し、シワやたるみ、乾燥肌などを防止してくれます。 また、ポリフェノールは、植物が強い日光から身を守るために備えている成分の1つです。 アロニアベリーを摂取することによって、ポリフェノールがメラニン色素の生成を抑制するため、 シミ・ソバカスを防いで美白効果も期待できます。 2 眼精疲労の予防 アロニアベリーに含まれる豊富なアントシアニンには、 眼精疲労の予防・改善効果や目の機能そのものを守る効能があります。 日本では、「目にいいサプリメント」としてブルーベリーやビルベリーが有名ですよね。 アロニアベリーには、ブルーベリーやビルベリーを超えるアントシアニンが含まれています。 これからはアロニアベリーを含むサプリメントが増えてきそうです。 3 免疫力の向上 アロニアベリーに豊富に含まれている ベータカロテンには、肌や肺の調子を整えたり、粘膜を保護して免疫力を向上させる効果があります。 4 便秘解消 アロニアベリーは食物繊維も豊富です。 ベータカロテンによる免疫力の向上により 腸内環境も改善されるため、便秘解消にも期待できます。 5 ダイエット効果 男性の肥満の原因は内臓周りにつく脂肪「内臓脂肪」ですが、女性の肥満の原因は「皮下脂肪」です。 内臓脂肪は成人病などを引き起こすことがあり、かなり怖いものですが、運動などで比較的簡単に取れやすいと言われています。 健康診断の腹囲測定の基準値は男性の方が女性よりも厳しいですよね。 男性に多い内臓脂肪は早期に対策が必要なため、基準値を厳しくしているのです。 一方、女性に多い皮下脂肪は、健康面ではあまり問題にはならないのですが、一旦つくと運動などをしてもなかなか取れにくい、しつこい脂肪です。 ところが、アロニアベリーには、この しつこい皮下脂肪を減らす効果があることがわかってきました。 アロニアベリーのエキスを12週間摂取すると、皮下脂肪面積が減少することが確認されました。 アロニアベリーによって、脂肪の代謝が促進されます。 アロニアベリーは、代謝が落ちてきて運動してもなかなか痩せにくくなってきた 30代以降の女性のダイエットに特に効果があるのではないかと言われています。 6 脳梗塞・動脈硬化・高血圧・糖尿病の予防、メタボ対策 動物実験によって、アロニアベリーに中性脂肪や 悪玉コレステロールを低減させる機能があることが明らかになってきました。 中性脂肪や悪玉コレステロールは、脳梗塞や動脈硬化、高血圧、糖尿病などの原因となります。 アロニアベリーはこれらを予防する効果が期待されています。 また、アロニアベリーの脂肪燃焼効果は皮下脂肪だけではなく内臓脂肪にも有効です。 男性の肥満やメタボリックシンドロームの改善にも効果的です。 アロニアベリーを育ててみる? 実は、 アロニアベリーはそのまま食べると渋くておいしくない・・・。 北米や北欧、ロシアなどでは、アロニアベリーをジャム、ジュース、果実酒などに加工して食べているようです。 でも、その渋い味の代わりに虫や鳥などによる被害を受けにくく、鳥除けネットなどを特に設置する必要がありません。 また、樹木の高さも人の背丈ほどで収穫作業が楽なため、とても育てやすい植物といえます。 アロニアベリーは梨の花に似たかわいらしい花をつけ、9月には収穫の時期となります。 アロニアベリーの人気はこれからますます急上昇しそうです。 ドリンクやサプリメントなどが人気となっていますが、生の実そのものがスーパーなどで売られるようになるのは難しいかもしれません。 (おいしそうな色なのに渋いので。 知らずに買ってそのまま食べたらショックですよね。 ) アロニアベリーを苗から自分で育てて、オリジナルのジャムや果実酒を作ってみるのもいいですね。 スポンサードリンク アロニアベリーのチョコレート アロニアベリーは脂肪燃焼をサポートしたり、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らすことがわかってきており、ダイエットやメタボ対策に効果的であることはすでに説明しました。 でも、アロニアベリーはおいしそうな名前のわりに生のままでは渋くて食べにくいため、ジャムや果実酒、ジュースなどにして食べることが一般的です。 ダイエットやメタボ対策って、女性だけでなく男性にとってもかなり興味深いですよね。 実は、「脂肪燃焼するチョコレート」として アロニアベリー入りのチョコレート「ショーコラ・アロニア」がちょっとした話題になっています。 ショーコラ・アロニアは、ほろ苦いビターチョコにほのかなベリーの酸味が効いており、 お酒が入ったチョコレート・ボンボンのような風味とのことです。 もちろん、自分へのご褒美やダイエット中にちょっと甘いものがほしくなったときもいいですが、バレンタインデーのプレゼントとしてショーコラ・アロニアはぴったりですよね。 普段はあまり甘いものが苦手な彼も苦味とベリーの酸味の大人の味なら気に入るかも。 もちろん、チョコレート大好きなメタボパパにもぴったりです! ショーコラ・アロニアは期間限定で、「バニラビーンズ」さんと「オルビス」さんがコラボ作成して、販売していましたが、現在は販売していないようです。 とても、人気だったようなので、再度販売してくれるとうれしいですね。 アロニアベリーの口コミ 叶姉妹がオフィシャルブログで「30代以降の代謝アップに効果があるらしい」とアロニアベリーに注目していることを紹介していました。 アロニアベリーは、美容情報に敏感なセレブたちも大注目です。 アロニアベリーのドリンクやサプリメントなどを摂取している方々の口コミを集めてみました。 参考にしてください。 冷え性で代謝が悪いタイプだが、飲み始めて1カ月ほどでお腹の贅肉が減ってきた。 今までより効率よく脂肪が燃焼している予感がする。 軽い運動とアロニアベリーを併用することで、さらに脂肪が燃えやすくなる。 代謝を上げたり、体質改善には効果がある。 卒乳後の体重増加が気になり、アロニアベリーを飲み始めたが、体重をキープできている。 スポンサードリンク•

次の