ドラブラ 執行 者。 ドラブラ:初心者必見!取り返しのつかない要素まとめ

【コードドラゴンブラッド(ドラブラ)】執行者のスキルと立ち回り

ドラブラ 執行 者

執行者のポジションはメイジ兼近接戦型のアサシン。 2つの形態を持っており、メイジ形態では遠距離攻撃を、形態を切り替えると目標に近距離の奇襲を仕掛けることが可能。 メイジ、近接戦型のアサシン 2. 2つの形態を持っており、メイジ形態は射程が長く、すばしっこく行動できる。 奇襲状態に切り替えるとステルス状態になり、移動速度も速くなるため、目標の隙をついて近距離の奇襲を仕掛けることができ、高いダメージを与える 3. 2つの形態を合理的に切り替えることで、ダメージの最大化を実現できる 弱点分析: 1. 狩猟形態は射程が長く、非怪物目標に対する妨害力は弱い。 爆発的なダメージを与えたい場合は暗影から狩猟形態に切り替えた後の一定時間とマルチストライク:地震の発動に頼らなければならない。 暗影形態は優れた攻撃力と移動能力を持っているが、操作が難しく、ボイドの刻印と狩猟の刻印を合理的に活用する必要がある。 自身を守る能力が低い 3. HPが低いほどダメージ軽減が高くなる 「戦場推薦」:二つの刻印の効果を強化し、範囲攻撃力をアップ。 多人数の戦場環境では高ダメージを与えることができる 「競技推薦」:マルチストライク:地震の効果を強化し、追加ダメージを付与。 目標に対する妨害力も高められる 遊び方 ダンジョン(PVE)攻略: 1. 高い怪物の消滅能力を持つ。 ダンジョン内における自衛力は弱くない。 ダメージ軽減血統「英雄交響曲」を選択し、安全な距離を保ち、緊急時は「水晶の棺」で自分を守ることができると同時に、スキルのCDをリセットさせ、耐力を回復することも可能 3. ダンジョンボスに立ち向かう際は頻繁に状態を切り替える必要がある。 高ダメージを受けない前提で暗影形態を使って攻撃し、スキルがクールダウンに入る、または自分を守らなければいけない場合は「ボイドストーム」で狩猟形態に戻る。 同時に爆発スキルとして使い、ダメージをアップさせることもできる 戦場競技(pvp)攻略: 1. 対戦する際は距離を保ち、狩猟スキルと通常攻撃を循環して攻撃。 血統「魂の響き」、「ニーベルンゲンの唄」などと組み合わせることで、マルチストライク:地震の発動率とダメージをアップ 2. 「暗影狩猟」に切り替えた時はステルス状態になり、妨害耐性効果を獲得する。 それに「暗影奇襲」の突進スキルを加えると、素早く敵との距離を切り離すことができる 3. 「暗影ダーツ」と血統「不協和音」が付与するボイドの刻印が「暗影奇襲」によって消耗されると、スキルのクールタイムがリセットされる。

次の

執行者

ドラブラ 執行 者

ドラブラのジョブ 日本版では最初に 「村雨」「鷹狩」「執行者」「共生」の4つのジョブから自由に選ぶことができます。 レベルを40まで上げるとカッセル学園にある転職サービスからジョブを変更できるのですが、始めてしばらくは変更できません。 そして、転職する際には 大量のゲーム内通貨を使うので、できるだけ変えずに済むように慎重に選んだ方がいいです。 ゲーム内の通貨は不足しがちとの情報も多いので無駄な通貨の消費を抑えるためにも気を付けましょう。 ドラブラの職業 現在、職業は 「料理の道」「スーパーアイドル」の2つです。 レベル40になると選択できるようになるのですが、最初は1つしか選ぶことができません。 それぞれ、料理の道では料理で満足度を上げることができ、 スーパーアイドルでは、グッズを作成して満足度を上げることができます。 作成した料理やグッズは販売も可能です。 60レベルになると2つの職業を同時に選ぶこともできるのですが、 もう一つまだ解放されてない職業もあるので、しっかり選びましょう。 ドラブラのキャラメイク 最初に自由度の高いキャラメイクで自分のお気に入りのキャラを作ってもいざ始めてみると、なんか違う、、、っていう時もあると思います。 一応 キャラメイクを変更することもできるのですが、ダイヤを使う必要があります。 その上、2回目からは課金しないと変更できなくなります。 そのため、キャラメイクにこだわる場合は、 サブ垢を作ってから見た目を確認した上で始めると失敗がなくなります。 同じ名前は使えなくなるので、メインで使う名前は使わないようにしましょう。 保存しておくと、次にキャラを作るときにその見た目のまま使えます。 ドラブラの名前 アプリによっては自由に名前を変えられますがドラブラでは 一度決めた名前は、課金しないと変えられません。 適当に決めてしまうと、無課金だとそのままの名前になってしまうので注意です。

次の

【コードドラゴンブラッド(ドラブラ)】執行者のスキルと立ち回り

ドラブラ 執行 者

85から挑戦できるコード作戦:光明・悪夢 の攻略です。 特に仕掛けもなく倒せます。 これは天秤になっており、チームメンバーが全員乗った際に 両者の重さが同じになっているとクリアとなります。 バランスが取れない場合は傍にある重石を使いましょう。 一見、非常に時間のかかる仕掛けに見えますが 実はこれ律儀にチビチビと進む必要はありません。 1.1個目の仕掛けの手前で『』のスキルであるバリアを張る 2.そこから執行者が空中で2個目の仕掛けに飛び移ります。 3.『執行者』のスキル『ボイド』を使って3個目の仕掛けを通過します。 これで突破できるので後続が続いて行けるように 突破した後はスイッチを踏んで炎を消してあげましょう。 先に突破した人はスイッチを踏んで炎を止めてあげましょう。 《隠し宝箱》 ギミック1を抜けた後、2つの進路があります。 1つは次のボスへと向かう道。 そしてもう1つが隠し宝箱へと続く、宙に浮いている足場の道です。 空中で進んでいけば宝箱へと到達できます。 この後、元の場所へと戻るのですが、律儀にジャンプして戻るのは時間がかかるので 時間短縮のために『バグ脱出』を使用すると良いです。 ボス2 ギミック1を抜けた後は第二のボスです。 ボスは2体の樹人です。 過ぎた力を持つ方であれば2体同時に相手して倒すことも可能ですが、 普通は厳しいので1体ずつ相手することを推奨します。 まず1人がボスを左側にゆっくりと歩いて行きます。 左側のボスだけが動き始めるギリギリの位置まで進みます。 左側のボスを袋叩きにし倒します。 左ボスはHPゲージが4本と3本になったときにHPを持続回復してきます。 気にせず殴りましょう。 そして2本になったとき怒り状態となり、でかい木を手に持ちぶん殴って来ます。 普通に喰らうと痛手ですので『』のバリアを張るなり、背後に回るなりして回避しましょう。 この赤線を越えないように戦いましょう 無事に左ボスを撃破した後は右側のボスを倒しましょう。 右のボスはHP4ゲージのときに木の精霊を召喚します。 これらは接近してきて爆発します。 非常に痛いです。 そのため、執行者であれば無敵を使って免れましょう。 他の職業の人は逃げ回り自然に爆発するのを待ちましょう。 ギミック3 ボスを倒した後、白と黒の猫像とワープゲートがあります。 白が示すゲートは正解。 黒が示すゲートはハズレ 即死 です。 右はハズレ。 残りの選択肢は2択。 後は運です。 ボス3 第三のボスはドです。 HP4ゲージのときに火の種を周囲に出します。 これに当たると爆発します。 そして火の種をを放置すると炎の竜巻となり厄介です。 持続時間は長いですが消えるまで逃げ回りましょう。 それか『 バグ脱出』で猫像の前まで戻り 竜巻が消えるのを待ってから再突撃します。 次にボスは3体のエレメントリーダーを召喚します。 エレメントリーダーは一定時間内に倒さないと分裂します。 しかし割とごり押しでなんとかなるのでボスを叩くのをお勧めします ボスを倒すと4つに分裂して再生しようとするので、その前に倒しましょう。 下矢印で指しているのが火の種です。 火の種は時間経過で炎の竜巻となります。 エレメントリーダーも出現して地獄絵図です。 エレメントリーダーは倒さずに放置しているとこのように分裂します。 ギミック4 赤と青に交互に色が変わる光の橋があります。 青:落っこちます。 赤:渡れます。 赤色の光です。 このときは渡れます。 空中で駆け抜けましょう。 ボス4 ラスボスは風間瑠璃です。 風間瑠璃は6つのスキルを使用してきます。 選ばれた人はご愁傷さまです。 足元に注意して避けましょう。 範囲は狭いです。 近接職は気をつけましょう。 袋叩きにしましょう。 以上です。 追加情報があれば加筆します noise0311.

次の