明日葉 苗。 新品種あしたば苗販売

アシタバの育て方と栽培のコツ

明日葉 苗

一、前言 明日葉 原產於日本東京伊豆諸島中之八丈島和三宅島,國內10餘年前自日本引 進「青莖種」和「紅莖種」種植。 日本在江戶時代(1593年)「大和本草」中記載「八丈島居民栽植明日葉作為朝夕糧食」至2001年已有408之久。 在中國歷史上秦始皇在位26年中,尋找長生不老藥,可能就是八丈島的明日葉,而讓該地居民健康長壽與盛產及食用明日葉有相當的關係和淵源。 明日葉為繖形科,多年生粗壯草本植物,與當歸、白芷是近緣。 全世界繖形科200屬3000種,台灣有16屬30種,另引進10餘種。 國內明日葉栽培面積,大約50公頃以上。 明日葉含鍺、維生素B 12 、B 1 、B 2 、B 6 和維生素C以及眾多的元素。 明日葉最大的特徵就是根、莖、葉切口流出黃色汁液以及有獨特的芹菜香味。 病蟲害隨時間及面積的擴大增多,應加強育苗、栽培技術和加工產品管理。 明日葉為國內新興有機蔬菜,可以供生機飲食材料,以及加工成為明日葉茶包、茶粉以及各種之食譜和將根部浸漬於酒,成為明日葉酒等各項產品。 二、神農園成立 西湖鄉青草班種植明日葉數年有成,為了提升休閒觀光品質和農特產品的商品化,讓更多的遊客品嚐西湖鄉特產之一的明日葉,西湖鄉湖東聯合社區合作農場成立(81年11月)神農養生主題園於90年7月2日開始,主打以明日葉菜餚,以推展有機蔬菜明日葉的利用。 合作農場理事主席劉欽輝,也是西湖農會青菜產銷班班長說,明日葉在日本稱為養命草、長壽草和返陽草,是一種功效極佳的健康蔬菜。 三、神農園產品 農場場長吳兆糧說,農場擁有50公頃,其中10公頃為明日葉,其他青草作物有金線蓮、山葡萄、山苦瓜、文旦柚樹、蔬果等。 農場轉型成立神農養生主題園,除了繼續改進栽培管理外,並以明日葉的多元化利用促銷。 目前明日葉相關產品有明日葉茶粉、茶包、青草霜、明日葉禮盒、浸漬明日葉根酒等。 另外也供給為鮮食之用,可煎、炒、煮、炸、燉、榨汁和嫩葉生菜沙拉,與其他魚、肉搭配可中和肉類的酸性,使味道鮮美,對健康有助益。 四、結語 養生園今後將開闢農夫體驗營,供遊客在場方安排下提供遊客參觀有機苗圃、有機蔬果耕作體驗、野炊、品茗、焢窯和營火晚會等活動,讓都市的朋友們享受田園樂趣。

次の

新品種あしたば苗販売

明日葉 苗

明日葉哪裡買? 熱銷品牌-百信度明日葉錠粉. 精力湯,茶包 明日葉哪裡買? 百信度明日葉系列產品,由日本大阪大學與八丈島農協共同開發 百信度明日葉系列產品,風行海內外數十年,在明日葉產地日本八丈島,明日葉製品由日本大阪大學與八丈島農協共同開發的明日葉製品,指定由株式會社八丈島明日葉加工工場,以專利製法 PAT:1419841 製造而成,其產品在製造過程中絲毫沒有損失,破壞任何成份,故稱 Percent 百分之百的意思譯成 中文為「百信度明日葉」。 明日葉嫩芽含豐富植化素Chalcone胺基酸,百信度明日葉只採收日本八丈島四年生原生品種,約30公分的嫩芽做原料,同時採收季節氣溫不能超過23度C,才能獲得最高品質。 百信度明日葉有完整的營養研究資料庫,三十五年來,已有十幾次在日本學界,發表研究報告,向學界報告明日葉對人的食用重要價值,多次獲得學界的肯定及表揚,是目前最具有科學研究的營養食品。 百信度明日葉無農藥、無幅射檢驗、放射能,經嚴格檢測,證實為安全食品 百信度明日葉系列產品接受日本大阪藥科大學技術指導及監督,並通過日本食品分析中心及消費科學研究所,關於無農藥、無幅射檢驗、放射能134、137及咖啡因、重金屬、一般細菌、大腸菌、黴菌、酵母菌、黃色葡萄球菌、耐熱性芽孢菌等檢驗合格。 百信度產品皆經過嚴格檢測測試,證實為安全食品,敬請大家安心食用。 百信度明日葉有完整的營養研究資料庫,三十五年來,已有十幾次在日本學界,發表研究報告,向學界報告明日葉對人的食用重要價值,多次獲得學界的肯定及表揚,是目前最具有科學研究的營養食品。 明日葉哪裡買? 百信度明日葉茶包 百信度明日葉茶,無茶鹼無咖啡因,無刺激性因子,不傷胃不干擾睡眠。 百信度澳洲大麥苗粉 澳洲A級大麥苗初芽,豐富的胺基酸,食物纖維,胡蘿蔔素等營養成分。 百信度藍藻 螺旋藻 錠 百信度藍藻含天然胺基酸、維生素、礦物質、膳食纖維,全方位均衡營養。 我司提供〔黑貓宅急便〕、〔新竹物流〕台灣宅配到府,方便快速。 付款方式包括,銀行轉帳、郵政劃撥、貨到付款等方式,滿額免運費,感謝您的惠顧。

次の

新品種あしたば苗販売

明日葉 苗

商品説明 <明日葉の育て方><適地>露地蒔きの場合は、夏の強い西陽が当たる場所は避けます。 プランターの場合は、夏の期間、半日陰の涼しい場所に置くか、ヨシズなどで半日陰を作ってあげます。 寒冷地の冬の間は室内の窓際など暖かい場所に置きます。 <用土>保水性と排水性を兼ね備えた土。 もし、そのような用土が無い場合はお近くの園芸店でお求め下さい。 元肥は、あえて必要ありませんが、使用する場合は、有機質肥料をおすすめします。 <間引き>本葉が2〜3枚出た頃、粒状の有機質の肥料(油かす等)を1株に対して、5〜6粒程度の置き肥にします。 また、この時点で間引き(5〜10cm間隔にする)をしますが、間引いたものは他へ植え替え、または、間引き菜として食べることが出来ます。 プランターの場合、生育がよく、水の出が悪くなったり、容器内が根詰まり状態になった時は、植え替えが必要です。 <水やり>土の表面から2〜3cm程掘り、その部分が乾いていたなら、水を与えます。 <収穫>播種後、一年程で収穫できます。 主に新芽(葉、茎)を収穫し、おひたしや和え物にしますが、硬めの大きな葉は、天ぷらなどでお召し上がり下さい。 生育不良を起こしますので、1つの株から連続して収穫しないで下さい。 新芽の収穫する部分は、その地際部にある次に出てくる稚芽の膨らみを傷つけないように、2cm程上部から収穫して下さい。 <トウ立ち>明日葉は多年草ですが、気候や環境により2〜4年程でトウ立ちして沢山の白い花傘状の花を付け、それが種になります。 その種が緑色から茶褐色になった頃が採種の時期です。 お支払方法 クレジットカード決済、ソフトバンクまとめて支払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、モバイルSuica、コンビニ払い、ペイジー決済、商品代引き、郵便振替、銀行振込がご利用いただけます。 ギフト対応について ラッピング、のしをご用意しております。 ご注文時の備考欄にご記載ください。 お届け方法 ゆうパック、または、クロネコメール便にてお届けいたします。 Copyright C 2015 SPmarket All Rights Reserved.

次の