ゾム 愛され 小説。 WT/我々詰め

【wrwrd】愛されています/愛しています【ゾム】2

ゾム 愛され 小説

ゾムロボ 食害 ほのぼの ?• こんにちは。 作者です。 だが、1週間ずっと会っていなかったのだ。 今日はバツを与えるためにロボロの家に来た。 普通のトントンとかであればいいのだが、なんせ腹がブラックホールの ロボロなので食害は効かないのだ。 となるとやはり強行行為だな。 くらわせるぜ! 「ロボロ?1週間ほっといてなんか 言うことないん?」 「ゾム…ほっといて悪かったな…」 「ちゃうやん?」 「え?ちゃうん?」 「もっと言うことない?」 「ご、ごめん?」 「何でもしますぐらいいったら どうや?」 「は?はぁ? それはお前…ちょっと… 何されるか分かったもんじゃないしな。 」 「俺の事…嫌いなん?」 そういってゾムは涙目になりながら言う。 「ひぁっ…!? なっ…何すんねんゾムっ!」 「お仕置きって言ったやん。 「入れるでー」 ズブブ… 「あーっ…」 ビュルッ 「うぁっ!? ゾムっやめて…イったばっかやから…」 「中出してええ?」 耳元で囁く。 「ひゃう…ええよ… ゾムの…頂戴…」 「ロボロっ…出すわ…」 ビューッ 「はぅ…」 「一緒にイったなぁ…」 「スゥ…」 「寝てる…」 寝ているロボロを抱えてベッドまで 運ぶ。 「眠…」 そのまま倒れて寝てしまった。 「起きてー…ゾムー…」 「まだ…寝てたい…」 「仕事やぞ?休むん?」 「休みたい…ロボロと居たい…」 「ほんっと…こういう時だけ 可愛く猫かぶりよって…」 そう言って会社に電話を かけてくれるロボロ。 「ロボロ…ありがとう」 ニコッと笑顔でお礼を言うと 「ほんまに可愛ええわ… こういう時だけ…な。 」 と、ベッドに入ってくる。 」 はい。 作者です。 どうでしたかね…? いやっ…ほのぼのじゃないわ… なんかこう…分からないね! ではまた!•

次の

夢小説で【愛され】【逆ハー】【総受け】とありますが、それぞれの...

ゾム 愛され 小説

突然ですが皆さん、モテたいですよね? もう冬です。 これからクリスマスがやってきます。 浮足立った街は孤独感を増長させ、冬の冷たい風が寂しさを運んできます。 この時期必ず思います。 ああ、自分がもう少しモテていればなあ…と。 そんな寂しい冬を、一人で凍えそうになりながら必死に耐えて過ごしているのはきっと私だけではないはず。 そんなあなたにお勧めしたいのがこの作品です。 モテない大学生の小向君は、バイト先で宇宙一モテる男・天谷さん(31歳/フリーター)と出会います。 天谷さんはまったく仕事をしないし将来性もありません。 でもとにかくモテる。 街で一声上げればぞろぞろと女性が寄ってくるし、オーラだけでナンパを成功させかける。 彼のすごいところは、決して選り好みせず、職場の若い子からパートのおばちゃんまですべての女性を平等に扱うところです、いや、平等に雑に扱うところです。 更に男の中にある微量な女心さえも刺激してしまいます。 しかしクリスマスの過ごし方は、モテるがゆえに3日間1人で家にいるという悲しい業も背負っています。 この漫画では、合コンの攻略方法やモテ理論等が数多く語られています。 そこには目指すべき男の姿があります。 モテとはいったい何なのか、異性とはいったい何なのか。 人間の本能とは、生きる目的とは。 天谷さんの語る超絶モテ理論を学び吸収すれば、その多くの謎を解く手掛かりになるでしょう。 これを読めばイルミネーションの人ごみに舌打ちをして、幸せそうなカップルを睨みつける日々とはおさらばです! 光り輝くモテライフを過ごしたい方は是非一度読んでみてはいかがでしょうか。

次の

WT/我々詰め

ゾム 愛され 小説

ゾムロボ 食害 ほのぼの ?• こんにちは。 作者です。 だが、1週間ずっと会っていなかったのだ。 今日はバツを与えるためにロボロの家に来た。 普通のトントンとかであればいいのだが、なんせ腹がブラックホールの ロボロなので食害は効かないのだ。 となるとやはり強行行為だな。 くらわせるぜ! 「ロボロ?1週間ほっといてなんか 言うことないん?」 「ゾム…ほっといて悪かったな…」 「ちゃうやん?」 「え?ちゃうん?」 「もっと言うことない?」 「ご、ごめん?」 「何でもしますぐらいいったら どうや?」 「は?はぁ? それはお前…ちょっと… 何されるか分かったもんじゃないしな。 」 「俺の事…嫌いなん?」 そういってゾムは涙目になりながら言う。 「ひぁっ…!? なっ…何すんねんゾムっ!」 「お仕置きって言ったやん。 「入れるでー」 ズブブ… 「あーっ…」 ビュルッ 「うぁっ!? ゾムっやめて…イったばっかやから…」 「中出してええ?」 耳元で囁く。 「ひゃう…ええよ… ゾムの…頂戴…」 「ロボロっ…出すわ…」 ビューッ 「はぅ…」 「一緒にイったなぁ…」 「スゥ…」 「寝てる…」 寝ているロボロを抱えてベッドまで 運ぶ。 「眠…」 そのまま倒れて寝てしまった。 「起きてー…ゾムー…」 「まだ…寝てたい…」 「仕事やぞ?休むん?」 「休みたい…ロボロと居たい…」 「ほんっと…こういう時だけ 可愛く猫かぶりよって…」 そう言って会社に電話を かけてくれるロボロ。 「ロボロ…ありがとう」 ニコッと笑顔でお礼を言うと 「ほんまに可愛ええわ… こういう時だけ…な。 」 と、ベッドに入ってくる。 」 はい。 作者です。 どうでしたかね…? いやっ…ほのぼのじゃないわ… なんかこう…分からないね! ではまた!•

次の