クラリチン。 パイロットでも飲める!? 眠くなりにくいNO1の花粉症の薬「クラリチン」のすべて

【花粉症の方必見】市販で購入できるクラリチンとアレグラの効果・飲み方と副作用の違い

クラリチン

成人 承認時までの臨床試験で、副作用は1,653例中173例 10. 主なものは、眠気105件 6. また、臨床検査値の異常変動は1,482例中72例 4. 主なものは、ALT GPT 上昇13件 0. 製造販売後調査 使用成績調査及び特別調査 では7,049例中110例 1. 主なものは、眠気52件 0. 製造販売後臨床試験では104例中5例 4. 主なものは、眠気2件 1. 小児 用法・用量の追加承認時までの小児臨床試験で、副作用は197例中10例 5. 主なものは、眠気7件 3. また、臨床検査値の異常変動は197例中6例 3. 主なものは、ALT GPT 上昇2件 1. 特定使用成績調査では774例中6例 0. 主なものは、発疹2件 0. 製造販売後臨床試験では157例中6例 3. 主なものは、白血球増多2件 1. 重大な副作用• ショック、アナフィラキシー 頻度不明 :ショック、アナフィラキシーを起こすことがあるので、チアノーゼ、呼吸困難、血圧低下、血管浮腫等が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 てんかん 頻度不明 :てんかんの既往のある患者で本剤投与後にてんかん発作が現れたとの報告があるので使用に際しては十分な問診を行う。 痙攣 頻度不明 :痙攣が現れることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 その他の副作用:次のような副作用が認められた場合には、必要に応じ、投与中止等の適切な処置を行う。 呼吸器: 0. 消化器: 0. 過敏症: 0. 皮膚: 頻度不明 脱毛。 肝臓: 0. 腎臓: 0. 循環器: 0. 血液: 0. その他: 0. 使用上の注意 禁忌 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 慎重投与• 肝障害のある患者[ロラタジンの血漿中濃度が上昇する恐れがある]。 腎障害のある患者[ロラタジン及び活性代謝物descarboethoxyloratadine DCL の血漿中濃度が上昇する恐れがある]。 高齢者。 重要な基本的注意• 本剤を季節性の患者に投与する場合は、好発季節を考えて、その直前から投与を開始し、好発季節終了時まで続けることが望ましい。 本剤の使用により効果が認められない場合には、漫然と長期にわたり投与しないように注意する。 相互作用 ロラタジンから活性代謝物 DCL への代謝にはCYP3A4及びCYP2D6の関与が確認されている。 併用注意:エリスロマイシン、シメチジン[ロラタジン及び活性代謝物 DCL の血漿中濃度の上昇が認められるので、患者の状態を十分に観察するなど注意する 薬物代謝酵素 CYP3A4、CYP2D6 阻害作用を有する医薬品との併用により、ロラタジンから活性代謝物 DCL への代謝が阻害され、ロラタジンの血漿中濃度が上昇する[活性代謝物 DCL の血漿中濃度が上昇する機序は不明] ]。 高齢者への投与 一般に高齢者では生理機能 肝、腎等 が低下しており、高い血中濃度が持続する恐れがあるので、慎重に投与する。 妊婦・産婦・授乳婦等への投与• 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、投与を避けることが望ましい[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない、また、動物試験 ラット、ウサギ で催奇形性は認められないが、ラットで胎仔への移行が報告されている]。 授乳中の婦人には、投与を避けることが望ましいが、やむを得ず投与する場合は、授乳を避けさせる[ヒト母乳中への移行が報告されている]。 小児等への投与• 低出生体重児、新生児、乳児又は3歳未満の幼児に対する安全性は確立していない[使用経験がない]。 臨床検査結果に及ぼす影響 本剤は、アレルゲン皮内反応を抑制するため、アレルゲン皮内反応検査を実施する3~5日前より本剤の投与を中止する。 過量投与• 徴候、症状:海外において、過量投与 40mgから180mg により眠気、頻脈、頭痛が報告されている。 処置:過量投与時には、一般的な薬物除去法 胃洗浄、活性炭投与等 により、本剤を除去し、また、必要に応じて対症療法を行う なお、本剤は血液透析によって除去できない。 適用上の注意 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている。

次の

クラリチン錠10mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

クラリチン

「現在地で検索」はPCのブラウザが持つ現在位置取得機能を利用して得た現在位置の周辺に存在する施設を検索する機能です。 以下の点をご了承頂いた上でご利用頂けますようお願いいたします。 「現在地で検索」をご利用可能なブラウザは下記の通りです• Firefox最新版及び、一つ前のリリースバージョン• Google Chrome バージョン49以前• その他現在位置取得機能に対応しているブラウザ• ご利用の環境により、実際の現在位置と異なる地点での検索結果となる場合がございます。 PCによる位置情報の判別精度はWEBブラウザ等の外部要因に大きく依存します。 地図の中心が現在地周辺を示していることを必ずご確認頂いた上、検索結果をご利用ください。 log C. theme. geo. taisho. resolve H. modal-backdrop". parent. appendTo document. modal-backdrop". parent. geolocation. resolve C. geolocation. " ;break;case 2:alert "位置情報を受信できませんでした。 " ;break;case 3:alert "位置情報を受信できませんでした。 " ;break;default:alert "位置情報を受信できませんでした。 lon-C. lat-C. lat;return Math. location. indexOf "前"! indexOf "中"! indexOf "後"! format "0,0. format "0,0. split " " ;if B. split " " ;if A. href. split "? search. substring 1. empty ;if L! attr "onclick","gaTrackEvent 'prev-pager', document. addClass "previous-pager" ;I. category. split ". each B. split ". join ". flags;if! each C. code! widget-title". children ;changeToggleIcon A ;if A. hasClass "pkg-icons-arrow-open-down" A. next. removeClass "pkg-icons-arrow-open-down". removeClass "pkg-icons-arrow-open-up". on "click",". parent. find ". checkbox-condition". children ;A. prop "checked",! prop "checked". each navitimeMap. parts. pins. pin. pin. type. extend H. length! length! length! addressList. inArray E,initialList. addressList. inArray E,initialList. addressList. inArray E,initialList. addressList. inArray E,initialList. addressList. inArray E,initialList. addressList. inArray E,initialList. addressList. inArray E,initialList. addressList. inArray E,initialList. addressList. inArray E,initialList. addressList. addressList[E]. existInitials. address. name. substr 0,1. toLowerCase ;A. addressList[E]. each A. existInitials. each A. lang! address. address. navitime. html? text. split " " [0]. facebook. php? text. split " " [0]. facebook. php? text. split " " [0]. facebook. php? subtract parseInt "" ,"days". add parseInt "" ,"days". subtract parseInt "14" ,"days". add parseInt "30" ,"days". page? taisho. limit! code! count. total! items. count. total X. when. all c. merge a. items,f. append Z. render a ;E. append k. render S c,f. code ;g. value,moment. append k. flags;E. each j. indexOf p. append k. append k. each c. each g. each c. each d. taisho. indexOf "? val. C[L] C[L]. type! taisho. param J. val unescapeHtml A. navigator. coord ;window. location. taisho. preventDefault ;A " modal-about". each A. find ". areamap-map". parent. on "click",G. on "mouseover",B. on "mouseout",E. 350544",lat:"43. 743603",lat:"40. 156103",lat:"39. 875725",lat:"38. 105494",lat:"39. 366617",lat:"38. 470783",lat:"37. 450142",lat:"36. 886836",lat:"36. 063597",lat:"36. 652114",lat:"35. 126583",lat:"35. 695047",lat:"35. 645728",lat:"35. 240661",lat:"35. 053217",lat:"35. 936928",lat:"34. 461939",lat:"34. 473089",lat:"34. 562069",lat:"34. 046139",lat:"34. 768364",lat:"33. 533636",lat:"33. 420444",lat:"33. 301631",lat:"33. 869861",lat:"32. 743597",lat:"32. 61485",lat:"33. 426161",lat:"31. 560267",lat:"31. 682944",lat:"26. 026728",lat:"37. 214092",lat:"36. 628511",lat:"36. 224661",lat:"36. 571569",lat:"35. 183981",lat:"36. 725367",lat:"35. 386231",lat:"34. 909503",lat:"35. 511308",lat:"34. 871231",lat:"35. 758189",lat:"35. 522456",lat:"34. 186003",lat:"34. 835644",lat:"34. 170275",lat:"34. name,count:M. find ". code ;O. attr "disabled","disabled" ;D. each O. each A. find " line". each A. find " border". on "mouseover",". on "mouseleave",". on "click",". val ;D ". attr "href". each D this. attr "class". attr "href" ;location. each L. each A. find ". D " ". addClass D N. attr "class". each D N. taisho. split ". render s. append v. W this. find "option:gt 0 ". render y. items ;u. find "option:gt 0 ". remove ;u. val r. substr 0,2 :K;if h. val t ;h. pkg. navitime. pkg. navitime. pkg. navitime. pkg. navitime.

次の

クラリチンは食後服用?

クラリチン

1.クラリチンとアレグラの作用の違い まずは、クラリチンとアレグラの作用について見比べていきます。 1-1. クラリチンの作用 クラリチンの成分名は、「 ロラタジン」となり、医療用医薬品としては、2002年9月に販売されました。 「抗ヒスタミン薬」とよばれるタイプのアレルギー症状を抑えるお薬に分類されます。 花粉症などの季節性のアレルギー性鼻炎や、ハウスダストなどが原因で起こる通年性のアレルギー性鼻炎をはじめ、蕁麻疹などの症状に対して用いられます。 アレルギー症状を引き起こす原因となる体内物質、ヒスタミンの作用を抑えることによって、アレルギー症状を和らげる作用があります。 抗ヒスタミン薬の中でも、 第2世代とよばれる比較的新しいタイプのお薬で、従来のヒスタミン薬で多くあった副作用である、口の渇きや排尿障害、又、眠気症状などが少ないとされています。 作用発現時間が2時間と比較的はやく、作用持続時間が14時間と長く効くため、 1 日1 回の服用となっています。 1-2. アレグラの作用 アレグラの成分名は、「 フェキソフェナジン」となり、医療用医薬品としては、2000年9月より販売されました。 クラリチンと同様に、「抗ヒスタミン薬」であり、第2世代とよばれる比較的新しいお薬です。 同様に副作用が少ないとされており、 作用や効果については、実は、クラリチンと大きな差はありません。 但し、実際の効果の強さや副作用の実感には、個人差があります。 目安として、作用発現時間 Tmax は、2. 6時間となり、クラリチンと比較するとやや短めです。 そのため 1 日2 回の服用となっています。 1-3. まとめ ・クラリチンとアレグラは、同じ第2世代抗ヒスタミン薬になる。 どちらも副作用は少なく、作用や効果については大きな差はない。 ・選ぶ基準としては、まずは飲む回数で、1日1回で済ませたい場合はクラリチン、1日2回でも十分に効果を持続させたい場合はアレグラを選ぶと良い。 ・実際の効果の強さや副作用の実感には、個人差があるので、飲んでみて自分に合わないと感じた場合は、もう一方を再度飲んで試してみるのも良い。 2.クラリチンとアレグラの飲み方の違い 市販薬であるクラリチンEXとアレグラFXの用量・用法を参考に、飲み方の違いを比較してみます。 2-1. クラリチンEXの飲み方 成人(15 才以上)、1回1錠、1日1回 食後に服用してください。 なお、毎回同じ時間帯に服用してください。 「食後」となっていますが、臨床試験の際、すべて食後投与の条件で実施されたために、食後投与と定められています。 実際には、食事の影響は認められなかったという臨床データがあり、食前に服用しても効果に差はないと考えられます。 アレグラFXの飲み方 成人(15 才以上)、1回1錠、1日2 回 朝夕に服用してください。 そのため、飲み方としては、「食後」とは記載されていません。 しかし、実際には、それほど、この差は気にはされず、食後に服用するように指示される場合も多くあります。 まとめ ・クラリチンは1日1回、食後に服用することとなっている。 特に、朝昼夕など飲むタイミングは決まっておらず、毎回同じ時間帯に飲むよう指示されている。 ・アレグラは、1日2回、朝夕に服用することとなっている。 空腹時に服用したほうが効果は若干高いが、実際にはそれほど気にされてはいない。 3.クラリチンとアレグラの市販薬について 3-1. 市販薬では、「クラリチンEX 」が大正製薬から販売されており、ロラタジンを10mg 配合し、医療用のクラリチン錠10mg と同じです。 市販薬として販売されて間もなく、 要指導医薬品に分類され、店頭に薬剤師がいる店舗でしか購入することはできません。 但し、クラリチンEXの場合は、15才未満の方は服用できませんのでご注意ください。 また、蕁麻疹などに対して服用することもできません。 診断やお薬の服用に慎重になるべきで、医師の判断が必要なためです。 水なしの場合は、唾液で飲み込むことが必要です。 3-2. 市販薬である「アレグラ FX 」の成分は、フェキソフェナジン塩酸塩を60mg 含んでおり、医療用のアレグラ錠60mg と同じです。 アレグラFXは、以前まで第1類医薬品でしたが、今は、 第2類医薬品に分類され、ネットでも購入することが可能です。 成分量だけではなく、錠剤の大きさ、剤型、添加物も同じです。 外観を区別できるよう、錠剤の刻印が違っています。 但し、アレグラFXの場合は、15才未満の方は服用できませんのでご注意ください。 また、蕁麻疹などに対して服用することもできません。 診断やお薬の服用に慎重になるべきで、医師の判断が必要なためです。 水なしの場合は、唾液で飲み込むことが必要です。 3-3. まとめ ・市販薬では、クラリチンEX、アレグラFXが販売されており、それぞれ、医療用と同量・同成分が含まれている。 ・現時点(2017. 4)では、クラリチンEXは、、要指導医薬品に分類され、アレグラFXは、第2類医薬品に分類されている。 ・市販薬では、診断やお薬の服用に慎重になったほうが良いため、15才未満は服用できず、蕁麻疹などには使用できないなどの制限がある。 4.クラリチンとアレグラの副作用の違いと注意点 クラリチンとアレグラでは、副作用はほとんど変わりありませんので、共通する副作用として解説します。 4-1. 共通する副作用 クラリチン、アレグラともに第2世代の抗ヒスタミン薬に分類され、眠気などの副作用が従来のお薬と比較すると、ほとんどでません。 但し、個人差があり、下記のような副作用症状が出る可能性もあります。 ・口の渇き ・便秘 ・下痢 ・眠気 ・頭痛 ここで挙げている副作用症状は一例ですので、いつもと違うような気になる症状が出た場合には、医師や薬剤師に早めに相談するようにしましょう。 4-2. 服用上の注意点 市販薬の適応や服用できる年齢に注意しましょう。 市販薬では、クラリチンEX 、アレグラFX ともに15 才未満のお子さんは服用できません。 また、蕁麻疹に対して服用することもできません。 医師の診断と適切な治療が必要となるためです。 勝手な自己判断で服用せず、必ず医療機関を受診するようにしましょう。 授乳中 アレグラ、クラリチンともに、 授乳中は服用しないか、もしくは、服用する場合には、授乳を避けるようにしましょう。 乳汁中にお薬の成分が移行することが報告されています。 飲み合わせに注意しましょう お薬の飲み合わせに注意が必要な場合があります。 副作用が強く出たり、酔いの症状が出やすくなるなどの可能性が高まります。 一緒に飲むと、効果が重複し、副作用のリスクが高まりますので注意しましょう。 購入時には、下記の成分が含まれていないかを確認し、飲み合わせに気をつけましょう。 <市販の風邪薬に含まれている抗ヒスタミン剤の成分例> ・マレイン酸クロルフェニラミン ・フマル酸クレマスチン ・マレイン酸カルビノキサミン ・塩酸ジフェンヒドラミン ・塩酸ジフェニルピラリン ・フマル酸ケトチフェン ・メキタジン など 5.こんなときは病院へ 症状が続く場合には、自己判断で市販薬の使用を続けるのではなく、次のような場合を参考として、早めに病院へ行くようにしましょう。 ・症状が強く出ている ・1週間程度市販薬を飲んでみたが症状が変わっていない、悪化している ・症状が治まらず、長期にわたって市販薬を服用している ・アレルギー性の鼻炎なのか、風邪なのか、他の病気が原因なのかが判断つかない ・発熱、倦怠感、吐き気など全身症状がみられる ・副作用症状がみられる ・妊婦又は妊娠している可能性がある 6.おわりに 今回は、市販で気軽に購入できるようになった、クラリチンとアレグラの作用や効果・副作用の違いなどについて解説しました。 病院に行く時間がない、急に花粉症などのアレルギー症状が出たなどの場合は、市販薬で対処できるのは嬉しいですよね。 クラリチン、アレグラ共に、医療用と同成分・同量のお薬が市販薬で販売されています。 今回の記事を、お薬を選ぶための判断材料として頂ければ幸いです。

次の