ジェットスター 名義変更。 予定が合わなくなった!飛行機に別の人は搭乗できる?

ジェットスターのバウチャーを使って安く航空券を購入する裏技!!

ジェットスター 名義変更

スポンサードリンク ジェットスターでの名義変更の方法 まず、ジェットスターでの名義変更の方法ですが、ネットからの申し込みではできませんでした。 Skypeの音声通話または電話による方法となります。 今回はPCのSkypeの音声通話から名義変更の依頼をしました。 ウェブサイトのにいるジェッ太(問い合わせのためのマスコットキャラクター)で「搭乗者 変更」と検索してください。 ジェットスターでの名義変更の手順 1. Skypeで名義変更の依頼をする 2. 変更となる人の承認が必要 旅行に行けなくなった人、つまりチケットを譲る人の承認が必要になります。 問い合わせした際にそばにいて電話を代われればいいですが、家族でもない場合は難しいでしょう。 そのような場合は、変更となる人(チケットを譲る人)にジェットスターから名義変更のための確認の電話がいきます(こちらとの通話は保留になる)。 変更となる人には、あらかじめ申し込み時の電話番号と申込者の郵便番号を伝えておき、それをもって譲渡人であることが確認されます。 新しい搭乗者の名前を伝える 4. 手数料・差額の決済のためにクレジットカードの番号を口頭で伝える ジェットスターの名義変更はチケットの差額に注意 手続きとしては以上なのですが、無料では搭乗者を変更できません。 ここが一番の注意点です。 今回は国内線でしたが、片道約3,000円、往復で6,000円の手数料が必要です。 さらに、搭乗者変更をした日の料金と、セールで購入した際の料金の差額も必要です。 今回は搭乗者変更をした時点での片道チケット代は約9,000円だったので、購入時の片道チケット約3,000円と差額は約6,000円、往復で合計12,000円が追加料金となりました。 手数料との合計で約18,000円が最終的なプラスとなりました。 結果的に、普通に往復チケットを買っている値段になってしまいました。 名義変更に手数料が必要になっても仕方ないと思っていたのですが、搭乗者変更を申し出た日とセール日との差額も必要になるのは予想外でした。 このあたりはLCCならではの注意点です ジェットスター名義変更の反省点 安いチケットを購入し、もし行けない人がいても名義変更すればいい、くらいに考えていたのですが、いい勉強になりました(そこまでチェックしてなかった自己責任です)。 今後は気をつけたいと思います。 セールで購入するチケットは、何かあったら捨てるくらいの覚悟で購入した方が良いかもしれませんね。 という記事も書いていますので参考にしてください。 >> >> 成田空港第3ターミナルの関連記事 成田空港第3ターミナルへのアクセス、様子、フードコート、保安検査場などに関しては次の記事を参考にしてください。

次の

ジェットスター・オンラインストア

ジェットスター 名義変更

出品されている航空券の説明には 「男性1名女性1名予約しておりますが、搭乗時身分チェックされる事はありません」なんて書いており、約款を読んでいないのがまるわかりですw いや、まあ基本的には身分証明書チェックが無いのは確かなんですが・・・。 丁寧な出品者だと、 「万一名義が違うことや天候不良等の理由により空港で飛行機に乗れないような事態があっても返金できません」と書いているので良心的w まとめ どの航空券も週末や連休で無い限り、かなり安い値段で取引されています。 中には1000円以下で落札された航空券もあり、何度も出品してようやく落札された航空券も・・・・・・。 実際、オークションで購入するのは怖いですよね。 特にジェットスターは怖くて無理。 自分も何度か身分証明書確認されたことがありますから。 3社ではバニラが一番適当じゃないでしょうか。 まだ国内線では一度も身分証明書の確認をしたことが無いと思うので、今度も一度も身分証明書の確認はしないでしょうw 一方、転売目的っぽい航空券がかなり見られます。 売りたい人は売ればいいし、買いたい人は買えば良いと思いますが、身分証明書の確認くらいは徹底しても良いかなと常々感じています。 以前、身分を隠して搭乗した乗客がテロでも起こせばきっと変わるでしょう、なんて書いたら非難のコメントが来ましたw でもそれくらいしないと無理でしょう。 オークションでの売買は今後も行われるはず。 トラブルが起きないことを切に願っております。

次の

格安航空での搭乗者変更について。

ジェットスター 名義変更

ジェットスターのコンビニ支払方法 ウェブサイトでの予約時の決済画面で、「支払い方法」の選択で「ウェルネット」を選択します。 すると確認画面で、「予約番号」が表示されますので、それを控えます。 さらに「決済番号のご確認はこちらから」をクリックすると、ウェルネットの決済画面(お支払い情方法選択)が表示されます。 その画面で、支払うコンビニを選択します。 すると、「お客様番号/オンライン決済番号」や「確認番号」が表示されます。 それをメモして、コンビニ店頭に行くと、端末またはレジで支払い(決済)することができます。 利用限度額は30万円です。 コンビニ店頭での支払時に必要な番号は、「予約番号」ではなく「お客様番号/オンライン決済番号」や「確認番号」ですので、ご注意ください。 画像:ウェルネットより ジェットスターのコンビニ支払期限 予約後、コンビニ支払いを選択できるのは、出発まで3日以降の期間がある場合(中3日)です。 予約した日が「1日」なら、「5日」のフライト以降ならコンビニ支払いを選択できます。 また、予約翌日の23時59分までに支払いが完了していない場合、予約がキャンセルされます。 この場合のキャンセル料は不要です。 ジェットスターのコンビニ支払手数料 ジェットスターでは、コンビニ支払いで国内線1区間650円の手数料がかかります。 長距離国際線は1区間1200円の手数料がかかります。 国内線はクレジットカード支払いより150円高く、国際線はクレジットカード支払いより700円も高くなっています。 ジェットスターのコンビニ支払い扱いのキャンセル 予約後、翌日23時59分までにコンビニで支払いをしていなければ、予約は自動的に取り消されキャンセル料もかかりません。 コンビニで支払いをした後の場合、当該チケットのキャンセル規定によって扱いは異なります。 ジェットスターでは、チケットのオプション種類によっては支払い後のキャンセルは可能ですが、ほとんどの場合、現金払い戻しはできません。 ジェットスターのコンビニ支払いの変更 予約後、コンビニで支払いをしていなければ、予約は翌日23時59分に自動的に取り消されます。 したがって、予約を変更したい場合は、すでに完了した予約を放置して新しく別途予約をすればそれでOKです。 変更に関する手数料はありません。 コンビニで支払いをした後の場合、当該チケットの変更規定によって扱いは異なります。 ジェットスターのコンビニ支払いの取扱いチェーン ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、サークルK サンクス、デイリーヤマザキ、セイコーマート.

次の