ウクレレ アルペジオ。 ウクレレ教室 初心者のためのアルペジオ講座1(アルペジオの種類紹介)ウクレレ教室(ハワイ伝統のウクレレソロ)

ウクレレ初心者におすすめの「アルペジオ練習曲」

ウクレレ アルペジオ

左手は普通にコード(和音)を押さえる• 右手は、ストロークのように一度に複数の弦を鳴らすのではなく、弦を1本1本異なる指で順番に弾く• それぞれの音(弦)の余韻は伸ばしたまま切らずに、次の音と重ねる というのがアルペジオのポイント。 聴いていて魅力的なのはもちろんのこと、実際に弾いてみても楽しい演奏スタイルです。 この記事では初めてアルペジオに挑戦する方に、 アルペジオが簡単になる基本のフォームと、 おすすめの4つの練習パターンを紹介します。 右手のフォーム まずは弾き始める前の段階、右手のフォームについて知っておきましょう。 先に述べたとおり、アルペジオでは右手の複数の指をバラバラに動かしながら、それぞれ違う弦を弾かなければなりません。 こう聞くとなんだかとても難しく思えますが、 どの指でどの弦を弾くかあらかじめ決めておけば意外とすんなり出来ます。 下の写真を見てください。 例えば写真のように、• 指先を少し動かすだけで手や腕は動かす必要がないので、右手全体も安定します。 さらに写真のように小指をボディにあてて支えてあげれば、他の指はもっと動かしやすくなります。 ちなみにこの「どの指でどの弦を弾くか」の組み合わせに決まりはありません。 例えば• どれかに限定する必要は全くなくて、「このフレーズはこの組み合わせのほうが弾きやすいな」とか「自分はこの指使いが苦手だから、この組み合わせはやめておこう」というふうに、柔軟に変えていいものだと思います。 そのほうが演奏の幅も広がりますから。 ただし今回のテーマは「初めてのアルペジオ」。 それほど難しくなく、いろいろなフレーズで応用の効く、• それではもう一度、写真で右手のフォームを確認しておきます。 指の組み合わせ以外のポイントとしては、• 一番音の低い3弦から音が始まるため、コード感がわかりやすいフレーズです。 上のTAB譜でも線の左端にも書いてあるように、• 親指はダウン、そのほかの指はアップで弾いてください。 「指先で弦を少し押そうとしたら、するりと弦の上をすべって離れた」というのが、弦を弾(はじ)くときのイメージです。 アルペジオではそれぞれの音の余韻が美しく重なっていくのが重要。 いちど動かした指が他の弦に触れて、音の余韻が途切れたりしないように注意してください。 このように、フレーズのなかでアクセントを置きたい場所に別の音を重ねて弾くと、リズムが強調されて洗練されたサウンドになります。 親指が4弦と3弦を連続して弾くことになるので、力加減が難しいかもしれません。 指先の動かし方だけでなく、実際に鳴っている音に意識をむけながら練習したほうが上達が早まります。 以上、この3つのパターンでなんとなく右手の動かし方がわかりましたか? 次の章ではコードにもチャレンジしますが、まずは慣れるまで右手だけで練習するのがおすすめです。 1音ごとにどの指を使うかをていねいに書いてくれています。 実際に弾いてみると、指と弦の組み合わせはずっと同じひとつの形、ということがわかりますね。 これは指をアルファベットで記したもので、英語圏の国で使われる表記です。 海外のTAB譜で見かける表記です。 あくまで参考までに。 それでは次はアルペジオでコード演奏にチャレンジしてみましょう! アルペジオでコードを弾いてみる• TAB譜上では単音が連続しているので一見難しそうに見えますが、実際は 小節の最初に左手でコードを押さえてそのまま。 右手は例のポジションにするだけです。 ただし注意点があって、コードの変わるタイミングでは出来るだけ素早く、確実にコードチェンジする必要があります。 くり返しになりますが、アルペジオは1本1本の弦をしっかり鳴らさないといけません。 ストロークでは、ちゃんと鳴らせていない音があっても他の音が鳴っているのである意味ごまかしがきいてしまいます。 でもアルペジオの場合、 左手でしっかり弦を押さえられていないと音が途切れてカッコ悪いことになるのです。 これがなかなか難しい。 ここでちょっとしたコツを紹介します。 アルペジオでは、 コードチェンジの時に左手のすべての指をいちどに移動させる必要はありません。 たとえば上のCとG7のコードフレーズをストロークで弾こうと思うと、小節の最初(コードが変わるところ)で、全ての指を一気に移動させますよね。 そうしないと一つ目の音符がきちんとしたコードの音にならないからです。 でもアルペジオの楽譜をみてください。 小節のはじめに鳴らす音は、CもG7も1弦だけです。 つまりCのはじめには1弦3フレットさえ押さえられていれば他の弦はどうなっていても良いし、G7のはじめには1弦2フレットさえ押さえられていれば、別に2弦や3弦は押さえれていなくたって聴こえる音は変わらないわけです。 むしろ「前の音の余韻を伸ばして、次の音を重ねる」というアルペジオの基本からすれば、一つの弦を押さえたら次にその弦を弾くタイミングぎりぎりまで音を伸ばした方が良い場合もあります。 ここで言っていることをわかりやすく動画にしてみたので、実際に見てみましょう。 【演奏動画】(3:33〜4:24) 2弦・3弦を押さえたり離したりするタイミングが1弦とズレているのがわかりますか?弦を弾く直前に指を動かしていますよね。 こうすると左手の指を3本一気に動かすよりもずっと安定して弦が押さえられるので、動画の後半で弾いているような高速アルペジオでも割と簡単にできてしまうのです。 コードの響きによってはやらない方がいいこともありますが、たいていのアルペジオフレーズはこのテクニックを使うだけで一気に簡単になります。 とくにコードの変わり目が難しいアルペジオフレーズに挑戦するときは、ぜひとも試してみてください。 まとめ アルペジオを弾くときのポイントをおさらいしておきましょう。 右手は、どの指でどの弦を弾くかをあらかじめ決めておく• 音の余韻が美しく重なるように• ひとつひとつの音の大きさは均一に• 正確なリズムで弾くのも大事• 左手の指は使う順に押さえてもよい いかがでしょうか。 ちなみに「ひとつひとつの音の大きさは均一に」とありますが、アルペジオが上達してくれば意図的に音量に差をつけて、演奏に表情を持たせるのももちろんOK。 慣れるまでは頭と指がこんがらがりそうですが、スムーズに弾けるようになるととても心地いい演奏方法です。 まずはここで紹介した右手のパターンを練習してみて、自分の知っている曲や他のコードで試してみるのも良いですね。 慣れてきたら、「【ウクレレ】アルペジオのいろいろなフレーズ(*準備中*)」で他の練習フレーズも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

次の

簡単ウクレレ弾き語り入門曲10選&練習曲11選を公開!

ウクレレ アルペジオ

DIFFICULTY 難易度から探す 詳しく探す• すぐに弾ける!初心者向け• かんたん&カッコいい!• 難しい曲にチャレンジ!• CATEGORY 曲のジャンルから探す 詳しく探す• 季節のおすすめ• 最新のJ-POP• 定番のJ-POP• アニメ・映画• 歌謡曲・演歌• 童謡・唱歌• 家族・親子• ハワイアン• 沖縄の歌・海の歌• ガズレレオリジナル• TYPE 動画の種類から探す 詳しく探す• 新着動画• 弾こう!歌おう!• 初心者さん向け• 翻訳できる字幕つき• リズム&弾き方• ガズレレ必須コード• イベントレポート• ガズトーク• TECHNIQUE 使うテクニックから探す 詳しく探す• 3連の16ビート• 簡単コード4つ以下• スカビート• 8ビート• 16ビート• 8ビートでチャ!• 16ビートでチャ!• アルペジオに挑戦• 16ビートのアルペジオ• 3連のアルペジオ• かっこいいガズペジオ• 疾走ビート• ルンルンビート• レゲエビート• ボサノバ風• カッティング• TAB譜でメロディー• 特殊な弾き方• シャッフルビート• レトロビート• 単音引き• OTHERS ウクレレお役立ち情報 詳しく探す• チューニング&弦の張り方• ウクレレ本体• 知ってると便利• その他• 未分類 詳しく探す•

次の

【ウクレレ】右手の使い方 単音弾き

ウクレレ アルペジオ

ウクレレ初心者でも簡単に弾き語りできる曲 ウクレレ初心者の場合は まずは少ないコードで弾ける 入門曲から取り組んでいきましょう。 上から順番に取り組んでいき 3コードまで覚えてもらえれば ある程度はウクレレで弾き語りを 行うことが出来るようになります。 1-1. 1つのコードだけの簡単な弾き語り曲 カエルの歌 1-2. 2つのコードだけの簡単な弾き語り曲 メリーさんの羊 ぶんぶんぶん 1-3. 3つのコードだけの簡単な弾き語り曲 ジングルベル きよしこの夜 チューリップ 赤鼻のトナカイ HAPPY BIRTHDAY TO YOU 上を向いて歩こう きらきら星 2. ウクレレで簡単に弾き語りできるおすすめ楽曲11選 1〜3コードで弾ける曲が ある程度出来るようになりましたら 徐々にコードの数を増やしていきましょう。 3〜5コードを使った曲で 初心者でも弾きやすい曲を 11曲にまとめて紹介していきます。 2-1. 簡単に弾き語りできるハワイアン曲 9曲目:アロハ・オエ 10曲目:カイマナヒラ 11曲目:ヒイラブェ 3. ウクレレの弾き語りが上達する簡単な練習方法 ウクレレを上達させるには 基本的に毎日練習することが欠かせません。 毎日練習することで指の動きを 自然と覚えるようになるので 上達スピードが加速していきます。 それを踏まえた上で オススメの練習方法としては 5ステップに分かれます。 ・ステップ1:弾きたい曲を決める。 まずは弾きたい曲を決めましょう。 今回お伝えしたコードが少ない曲から 選曲するのがオススメです。 初めはなるべく簡単な曲の方が 演奏できるという自信に繋がるので 今後の事も考えると始めから難しい曲は 避ける方がいいです。 ・ステップ2:曲に出てくるコードを丁寧にチェック。 次に弾きたい曲に出てくるコードを 練習しましょう。 指の配置や動かし方など 1つ1つ丁寧に確認しながら 行っていくようにしましょう。 この段階ではまだ曲に合わせて 演奏することはせずに あくまで1つ1つのコードの 手の動きや指の配置を 覚えることに専念しましょう。 ・ステップ3:コードチェンジを速くする。 次にコードとコードと繋げて 1つの曲にしていきます。 コードチェンジを出来るだけ 早く行えるようになると 演奏中もスムーズに弾けるので コードチェンジの速さを 特に意識して取り組みましょう。 この段階でもまだ曲に合わせて 演奏することはしなくてもかまいません。 ・ステップ4:曲に合わせて演奏する。 1〜3までを一通り行ったら 曲に合わせて演奏してみましょう。 ステップ通りに進めていれば そこまで難しいとは感じないかと思います。 ・ステップ5:自分で歌いながら演奏する。 最後は弾き語りを行いましょう。 演奏している曲に歌声を加え ウクレレで弾き語りを行います。 1〜4までのステップを 問題なく行えれば弾き語りも スムーズに行いやすいです。 まとめ いかがでしたでしょうか? ウクレレの弾き語りというのは ギターと比べると難易度が低く 早い段階で弾くことが可能です。 今回はお伝えした1〜3コードで弾ける 練習曲であれば簡単に覚えることが出来ます。 初めに難易度の低い曲で 練習を重ねていくことで 弾けるという自信も付きます。 まずは1〜3コードの曲を覚えていき 徐々に4〜5コード、それ以上のコードへと 挑戦する曲の難易度を上げていきましょう。

次の