イレーナ センド ラー。 ビンの中の命 / Irena Sendler (Fuji TV)

第2次大戦時、ナチスから2500人の子どもを救った女性

イレーナ センド ラー

2008年10月、「ビンの中の命」という演劇の上演回数が280回を迎えました。 とあるポーランド人女性のなしとげた偉業をテーマにしたこの演劇は、アメリカ・カンザス州にあるちいさな町の女子高生4人が作り上げたものでした。 少女たちは社会科の先生の勧めで出ることになった全米歴史コンテストのテーマを選ぶうち、第2次世界大戦時のポーランドで2500人ものユダヤ人の子供達を助けたイレーナ・センドラーという女性がいたという記事を目にします。 この女性をテーマにしようと思い立った彼女達は必死でこの女性について調べますが、インターネットで探しても図書館で文献を読んでもそのようなものは一向に見当たりません。 こんなに助けていたのなら絶対になにか情報は出てくるはず、やはりデマだったのかとあきらめかけたその時、あの戦争を生き延びたユダヤ人の連絡先を手に入れます。 少女達の真摯な気持ちに心打たれたユダヤ人たちは当時について語り始めました。 戦前のイレーナ・センドラーさんはワルシャワの社会福祉局に勤務し、お年寄りや孤児達に食事と生活用品を援助していました。 その中には貧しいユダヤ人も多く含まれていました。 1939年にドイツ軍がワルシャワに侵攻し町を占領すると、ユダヤ人を隔離するためのゲットーを作りました。 センドラーさんは看護婦としてゲットーに入る許可を得、彼らのために救援物資を運んでいました。 しかしドイツ軍はユダヤ人絶滅の決定し、たくさんのユダヤ人たちが絶滅収容所に送られるようになりました。 大人は無理かもしれない、でも子供ならなんとかなるのではと思ったセンドラーさんは子供を持つユダヤ人の大人たちを説得し、子供達を孤児として修道院や教会へ連れて行き匿いました。 子供達には出生がばれないようにいままでと違う名前が与えられましたが、センドラーさんは戦争が終わったら子供達が自分の親と会えるようにひとりひとりの本名と親の名前を書き記し、それをビンの中に入れてリンゴの木の下に埋めて隠しました。 書き記された書類は2500人分にもなったそうです。 やがてセンドラーさんがしていることはドイツ軍の知ることとなり、子供達の行方を口にしなかった彼女は死刑に処されることになりました。 2001年5月、カンザスの4人の少女たちは始めてポーランドを訪れました。 彼女達の目的はイレーナ・センドラーさんに会うことでした。 なんと彼女は生きていたのです。 死刑執行の前日、彼女の知り合いがドイツ軍に賄賂を渡したおかげで彼女は逃げることが出来たのでした。 少女達がセンドラーさんを訪れたことにより、今までポーランド国内でもまったく知られていなかったセンドラーさんの偉業が知られるようになりました。 2007年にはノーベル平和賞候補に選出されました。 彼女たちはこれからもセンドラーさんの心を受け継いでいこうと、このひとりの女性が成し遂げた偉業について語り続けていこうと思っているそうです。

次の

イレーナ・センドラー

イレーナ センド ラー

第二次大戦中、多くのユダヤ人児童を救出し「2500人の子どもの母」と称えらえたイレーナ・センドラーさん(Mariusz Kubik提供) 第2次大戦時、ナチスから2500人の子どもを救った女性 【大紀元日本5月9日】米コロンビアテレビ局(CBS)は先月19日、「The Courageous Heart of Irena Sendler(イレーナ・センドラーの勇気ある心)」というドラマを放送した。 これは、第2次世界大戦時、ドイツ支配下にあったポーランドで慈善活動家だったイレーナ・センドラーさんが2500人のユダヤ人児童をゲットー(ユダヤ人集中キャンプ)から救出した真実の物語である。 ドイツ人のオスカー・シンドラーがドイツ国内で多くのユダヤ人を救ったことは、スピルバーグ監督の映画「シンドラーのリスト」によって世界的に有名となったが、イレーナさんの物語はいまだによく知られていない。 イレーナ・センドラーさんの名が世に出たきっかけは、1999年、米カンザス州の学生たちが高校の教師の勧めで、彼女のことを調べたことがきっかけだった。 その後彼らはイレーナさんの半生を「Life in a Jar 瓶の中のいのち 」という題名で脚本化し、全米、カナダ、ヨーロッパなどで公演を行ううちに、徐々に注目が集まるようになっていった。 1910年2月生まれのイレーナさんは、第2次世界大戦時、ポーランド・カトリック教会のソーシャル・ワーカーで、ユダヤ人に協力する地下組織ジェゴタ(Zegota)のメンバーだった。 イレーナさんの父親は、ユダヤ人をはじめとする貧しい人々の治療にあたる医師だったが、当時流行していたチフスに罹り、彼女が7歳のときに亡くなった。 父親の心を受け継ぎ、幼い頃からユダヤ人に対して同情的だったイレーナさんは、一部の大学がユダヤ人に対して行った座席隔離政策に反対したため、ワルシャワ大学から3年間の停学処分を受けた。 1939年、ナチス・ドイツがポーランドへ侵入したとき、彼女は人の協力を得て約3千枚の偽造証明書を作り、多くのユダヤ人を救出した。 当時は、ユダヤ人を匿ったことが知られると、家族全員が処分されるという非常に危険な時代だった。 1942年、ジェゴタが設立された時、イレーナさんは児童部門の担当になった。 当時、ユダヤ人のゲットーで発生していたチフスの感染を恐れて、ナチス兵士らは同地区への接近を避けていたが、社会福祉課に勤務していたイレーナさんは、「チフス感染の状況を見るため」という名目でワルシャワのゲットーに自由に出入りすることができた。 彼女はこの機会を利用して、箱やスーツケース、手押し車などにユダヤ人の子供や乳幼児を隠して、彼らをゲットーから脱出させた。 時には子供たちを「荷物」に見せかけ、彼らを救急車や路面電車で運び出し、2,500人にも上る幼い命を救った。 彼女は子供たちを、ポーランド人の家族や孤児院、神父の家などに預け、将来子供たちが家族の元へ戻れるように、子供の身元などが書かれたメモを瓶の中に隠して埋めた。 1943年、イレーナさんはナチスに拘束された。 手足を骨折させられるなどのひどい拷問を受けながらも、ジェゴタのメンバーに関する自白を拒否したイレーナさんは、死刑を言い渡されたが、ジェゴタのメンバーはナチス警察を買収し、イレーナさんが処刑場に向かう途中で救出することに成功した。 九死に一生を得たイレーナさんはその後、身を隠しながらユダヤ人の子供たちを援助する活動を続け、リストが入った瓶を掘り出して子供たちを親元に送り返そうとしたが、殆どの親は集中キャンプで死亡、あるいは行方不明になっていた。 2003年、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世は自らイレーナさんに手紙を宛て、第2次世界大戦時下における彼女の功績を称えた。 さらに、彼女はポーランド最高の栄誉であるホワイト・イーグル勲章を含むその他の賞を受賞し、2007年3月、ポーランド上院がイレーナさんを称え、ポーランドのレフ・カチニスキ大統領は97歳のイレーナさんを「ノーベル平和賞にノミネートすべきだ」と称賛した。 同年4月、イレーナさんは子供たちへの慈愛を表彰され、「微笑み勲章」を授与された。 2008年、イレーナさんは享年98歳でこの世を去った。

次の

イレーナ・センドラーとは

イレーナ センド ラー

のブリリアントな仲間• [ Brilliant Bloggers ]• サンノゼ ジーニアス通信 rararaのNY感動フォト帖 Valenyのちょっといい話 正統日本の襟を正す! 良書満載! 知の本棚 爆笑!中国現地事情 meixi の英&中に挑戦! 勇気ある女性イレーナ・センドラー 先週、いつもお邪魔する で、第一次大戦中にロシア赤軍の手から逃れたポーランド人の孤児たちがシベリアから日本へ脱出し、日本で手厚い保護を受けた話を読んだ。 Kazuさんの熱い語りとあいまって、読んでいる間に何度も涙がこぼれた。 ひとの命を大事に思い気づかうこころに国境は無い……どうしてこういう良い話を教科書にのせないのだろうと思うほど、心を打つ実話であった。 たまたま同じポーランドのこちらは第二次大戦中の戦争秘話である。 ワルソーゲットーに隔離されたユダヤ人の子供たちを密かに連れ出しかくまって、国外へと逃亡させた組織の話である。 それは当時まだ20代のうら若いポーランド人の女性の元に、敬虔なカソリック教徒のワルシャワ市民が人道的立場から集まって行動した、ユダヤ人救援のための地下組織だった。 その間1940年から43年までに救ったユダヤ人の子供たちの命は、2500人にものぼる。 このナチスドイツに対する不屈の抵抗の物語は、戦後もポーランド国内で語り継がれ、特にソ連から解放された80年代に入ってからは、数々の国家の英雄に贈られる勲章を、ポーランド、イスラエルの両国政府から授与されている。 最近ではアメリカ、カンサス州の一女子学生がこの話題を歴史の研究テーマとして取り上げて話題を集め、その結果財団が出来るほどまでになっている。 この組織の運動は『 』と呼ばれ、当時のエピソードを再現した演劇を全米各地で公演するなどして、多くの反響を呼んでいる。 ナチスドイツ軍に抗して人間性を貫く活動を止めなかった闘士。 しかし彼女はひとりの子供の母親としてこの行動への道を選んだにすぎないと謙遜する。 この女性の名前は。 そう、あのホロコーストの名画『シンドラーのリスト』を彷彿とさせる姓である。 やはり、事実は小説よりも奇にして、まごうかたなき真実なり、である。 ナチスドイツのワルソーゲットーから救出した2500人ユダヤ人児童の命の恩人 97才のイレーナ・センドラーさん、ポーランド政府から国の英雄として表彰さる 2007年3月14日 ポーランド・ワルシャワ発 | 第二次大戦中ナチスドイツのホロコースト(ユダヤ人大虐殺)から2500人のユダヤ人の命を救った、現在97才のポーランド女性が、ポーランド政府によって表彰された。 その顕彰式において、ポーランド大統領は「彼女はノーベル平和賞にふさわしい」と、その勇気ある行動を讃えた。 左:1983年 ヤドヴァシェム・ホロコースト財団から授勲されイスラエルを訪れたイレーナ 中:1997年 ポーランド政府から英雄として最高の勲章「総司令官十字勲章」を授与される 右:2004年 命を助けた孤児のひとり、マルガリータ・ツルコウさんと60年ぶりに涙の対面 'Polish underground Council for Assisting Jews' Irena Sendler, who lives in a nursing home in Warsaw, was too frail to attend the special session in which members of the Senate unanimously approved a resolution honoring her and the Polish underground Council for Assisting Jews. The group's members, mostly Roman Catholics, risked their own lives to save Jews from the Holocaust in Nazi-occupied Poland. ポーランド人のユダヤ人救援地下組織リーダー 首都ワルシャワの養老院に住むイレーナ・センドラーさんは、ご老体のため出席することはできなかったが、当時の彼女を含むポーランド人で構成された「ユダヤ人救援地下組織」を表彰する特例議会で、ポーランド上院議員全員が無記名投票で決議承認した。 この地下組織のメンバーはほとんどがローマンカソリック教徒であったが、ナチスドイツ軍占領下のポーランドで進行したホロコーストから、自らの命の危険もかえりみずユダヤ人を救出したと記録されている。 Rescue of the most defenseless victims of the Nazis Sendler was cited for organizing the "rescue of the most defenseless victims of the Nazi ideology — the Jewish children. " President Lech Kacyzinski said in an address to senators that Sendler is a "great hero who can be justly named for the Nobel Peace Prize. " Sendler led about 20 helpers who smuggled Jewish children out of the Warsaw Ghetto to safety between 1940 and 1943, placing them in Polish families, convents or orphanages. ワルソーゲットーからユダヤ人の子供を救出 センドラーさん顕彰の対象は「ナチ思想に対して最も無防備な犠牲者、ユダヤ人の子供たちを救うために組織をつくったこと」と明記されている。 レーヒ・カチンスキー大統領は、上院議員を前にした演説の中でこう述べている。 「センドラーさんは、まさしくノーベル平和賞にふさわしい偉大な英雄である。 彼女は1940年から1943年までのドイツ軍占領下のワルシャワで、ユダヤ人地区『ワルソーゲットー』からユダヤ人の子供たちを密かに脱出させ、ポーランド人の家庭や修道院、孤児院にかくまうため、およそ20人のポーランド人を組織指導した」というものである。 左:1948年 占領から解放された戦後初のメーデーでトラックを運転するイレーナ 中:1951年 母親イレーナと娘のヤンカ、息子のアダムはまだ赤ん坊で乳母車の中 右:1958年 当時の国家主席から英雄的行為を讃える栄誉賞で表彰されるイレーナ Survived Nazis' arrest, tortures She wrote the children's names on slips of paper and buried them in jars in a neighbor's yard as a record that could help locate their parents after the war. The Nazis arrested her in 1943, but she refused — despite repeated torture — to reveal their names. Anyone caught helping Jews in Nazi-occupied Poland risked being summarily shot, along with family members. "I think she's a great lady, very courageous, and I think she's a model for the whole international community," Israeli Ambassador David Peleg said after the ceremony. "I think that her courage is a very special one. この直後父親が戦死。 中:脱出後のフランスの里親宅で/右:戦後フランスに里親の家族を訪ねて再会したルネ(左から二人目) ゲシュタポの逮捕、拷問を生き抜く 彼女は救出した子供たちの名前を紙に書いたあと、瓶に隠して隣家の庭に埋めたが、それは戦争が終わったあとで子供たちの親がどこに居るかすぐわかるようにするための記録だったと言う。 ナチスドイツ軍は1943年に彼女を逮捕したが、自白を強要する拷問が繰り返されても彼女は口を割らず、子供たちの名前を明かさなかった。 当時のナチス占領下のポーランドでは、ユダヤ人救援で捕まった者は家族もろともただちに射殺される重罪であり、まさに命がけの危険に身をさらした訳である。 「彼女は非常に勇気のある偉大な女性です。 国際社会全体にとってヒューマニズムのいいお手本だと思います。 当時の状況下で自分の身の危険も省みない彼女の勇気は、とりわけ特別なものに思えます。 」ポーランド駐在のイスラエル大使デーヴィッド・ペレグ氏は、顕彰式のあとこのように語った。 結婚して一家の主となり、現在はセンドラー財団活動の部長。 Israel's Holocaust Memorial awarded in '65 In 1965, Israel's Yad Vashem Holocaust Memorial awarded Sendler one of its first medals given to people who saved Jews, the so-called "Righteous Among the Nations. " She was given the honor in 1983, after Poland's Communist authorities finally agreed to allow her to travel abroad. 1965年にもホロコースト記念財団から顕彰 1965年、イスラエルのヤド・ヴァシェム・ホロコースト記念財団は「Righteous Among the Nations=国を超えた正義」と通称されるユダヤ人を救った人々に与えられる勲章の、最初のひとつをセンドラーさんに授与している。 しかし、彼女がこの勲章を初めて自分の手にしたのは、1983年にポーランド共産党首脳部が彼女に海外渡航を許可したあとのことだった。

次の