季節の挨拶 4月。 7月の時候の挨拶!上旬・中旬・下旬ごとの例文と結び文100選!

4月の時候の挨拶!上旬・中旬・下旬ごとの例文と結び文100選!

季節の挨拶 4月

知人やお知らせなどの一般的な手紙 そんなに親しくない知人や、学校行事のお知らせなどで出す手紙は、一般的な時候の挨拶を使います。 漢語調の時候の挨拶ほど紋切り型ではないですが、やはり定型的な表現が多く見られます。 時候の挨拶の後には、安否のおうかがいを続けますが、「お元気でしょうか」「お変わりありませんか」といった疑問形は親しみのある表現になるので使いません。 7月は、小暑・大暑と「暑中」の時期ですので、暑さに関連する定型表現が多い月です。 冷夏や梅雨明けが遅れているときは、気候にあわせて挨拶を選びましょう。 親しい人に出す手紙 親しい人に出す手紙では、暦の季節だけでなく、その時々の天候や自然、イベントなどを時候の挨拶に盛り込みます。 7月には、 夏バテ、夏休み、蝉、海開き、夏祭り、朝顔市など、夏ならではの事柄がたくさんありますね。 形にとらわれずに、季節感あふれる時候の挨拶を楽しんでみてください。 では、ここまでの7月の季節感や時候の挨拶のTPOルールを踏まえて、7月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶と例文を見ていきましょう。 7月上旬の時候の挨拶 7月の上旬は、 梅雨明け間近で、まだお天気が不安定な時期です。 ですが、梅雨の雨や曇り空よりも、 梅雨明け後にやってくる夏を中心とした時候の挨拶を使います。 七夕や、海開き・山開きなども、7月上旬の時候の挨拶にピッタリです。 また、暦の上では 7月6日前後から「小暑」が始まります。 「小暑」と続く「大暑」を合わせた約1ヶ月は、昔から一年で最も暑い時期として「 暑中」と呼ばれてきました。 暑中見舞いというのは、小暑・大暑の時期に出す夏のご機嫌伺いですね。 そんな7月上旬によく使われる時候の挨拶を手紙のTPO別に整理したものが次の表です。 改まった時候の挨拶• 向暑の候、折、みぎり• 小暑の候、折、みぎり• 盛夏の候、折、みぎり• 仲夏の候、折、みぎり• 七夕の候、折、みぎり 一般的な時候の挨拶• 暦の上では暑中に入り• 長かった梅雨も明け• 梅雨明けの暑さはひとしお 親しい人への時候の挨拶• 長い梅雨がようやく明け• 夏本番を迎え• 本格的な夏を目前に• 七夕、 ビアガーデンなど では、7月上旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 7月上旬の時候の挨拶の例文• 海開き、山開きの時期を迎え、いよいよ本格的な夏の到来となりました。 皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。 暦の上では暑中に入りましたが、本格的な暑さはまだ少し先のようです。 色とりどりの七夕飾りに、夏の訪れを感じる頃になりましたが、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 梅雨明けの暑さはまたひとしおに感じられますが、ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。 戻り梅雨のようで、ここ数日ぐずついた日が続いておりますが、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 梅雨明けを知らせる白南風が吹き抜け、本格的な夏がやってまいりました。 梅雨明けを待たずに暑さが本格的になってい参りました。 ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。 本格的な夏を目前に、いよいよビアガーデンが恋しくなる季節ですね。 お変わりございませんか。 小暑を過ぎ、夏本番を迎えました。 皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 七夕の短冊に願い事をしたことがついこないだのように思い出されます。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。 七夕飾りに、子供たちの願い事を書いた短冊が揺れております。 その後お変わりございませんでしょうか。 梅雨明けと同時の猛暑に早くも少々夏バテ気味です。 ご家族の皆様はお元気でしょうか。 長い梅雨が明けたらと思ったら、早速毎日暑いですね。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気でいらっしゃいますか。 いよいよ梅雨も明け、木立の緑が色濃く感じられるこの頃です。 その後、お変わりございませんか。 7月中旬の時候の挨拶 7月の中旬は、各地で梅雨が明けて、夏の暑さが一気に押し寄せる時期ですね。 暑さに体がまだ慣れていないため、体調管理が難しく、いきなり夏バテという人も多くいらっしゃいます。 7月中旬の手紙では、 暑さに対して体調を気遣う挨拶が定番です。 近年の暑さは本当に厳しく、冷夏ということは少なくなりましたが、梅雨明けが遅れるということはあります。 実際の季節感を表現する挨拶を使う時は、その年の気候にあわせて選んでくださいね。 改まった時候の挨拶• 真夏の候、折、みぎり• 酷暑の候、折、みぎり• 猛暑の候、折、みぎり• 驟雨の候、折、みぎり• 夕立の候、折、みぎり 一般的な時候の挨拶• 暑さ厳しい日々• 連日の猛暑• 酷暑の折がら 親しい人への時候の挨拶• 海や山が恋しい季節• うだるような暑さ• もうすぐ夏休み• 蝉時雨、 風鈴など では、7月中旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 7月中旬の時候の挨拶の例文• 酷暑の折がら、久しぶりの雨に花壇の花も生き返ったかのようです。 皆様お健やかにお過ごしのことと拝察いたします。 夏に入ったとはいえ、ここ数日の暑さは格別です。 ご家族の皆様もお元気と承り何よりと存じます。 時折の驟雨が酷暑の日々に、一時の涼をもたらす昨今、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 蝉の声に暑さを覚える今日この頃、皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 土用の入りとなり日ごとに暑さが増してきましたが、皆様お元気でお過ごしのことと拝察いたします。 うだるような暑さが続いておりますが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 連日の猛暑しのぎがたい昨今、皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 夕顔が白い花を咲かせる季節となりました。 、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます• 夕立の後の涼風が心地よい今日この頃です。 今年も朝顔市の季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 海や山が恋しい季節となりました。 お変わりございませんか。 夏はまだ始まったばかりだというのに、うだるようなこの暑さに早くも音を上げています。 お元気でいらっしゃいますか。 蝉時雨が賑やかに降り注ぐ季節となりました。 ご家族の皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。 蝉の声に暑さもひとしおの今日この頃でございますが、いかがお過ごしでしょうか。 このところ急にお暑くなりましたが、ご体調はいかがでしょうか。 もうすぐ夏休み、子どもの昼ごはんのしたくがたいへんな時期に入りますね。 お元気ですか。 チリンチリンと鳴る風鈴の音に、日本の夏を感じるこの頃です。 お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。 ほおずき市に参りましたところ、たいへんな人出でにぎわっておりました。 いかがお過ごしでしょうか。 外は猛暑、中は冷房と体にこたえる時期です。 皆様お変わりございませんか。 草木も萎れてしまいそうな炎暑が続いております。 ご一同様にはお変わりございませんでしょうか。 炎暑しのぎがたい日々が続いておりますが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 大暑の本日、まさに暑さも絶頂を迎えたような一日でした。 皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 大暑を迎え、暑さもいっそう厳しくなってまいりました。 夏祭りのお囃子がどこからか聞こえてきそうな季節となりました。 ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 寝苦しい熱帯夜が続いております。 皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 エアコンなしでは過ごせない昨今ですが、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 花火が夜空を彩る季節となりました。 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 垣根の朝顔も咲き始め、いよいよ夏本番。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 連日の炎暑でございます。 お変わりなくお過ごしでしょうか。 うだるような暑さが続いておりますが、お変わりございませんか。 暑さ本番、生ビールが美味しい季節がやってきましたね。 ご家族の皆様もその後お元気ですか。 ふるさとの夏祭りが懐かしく思い出される季節となりました。 お変わりございませんか。 夏休みに入り、子どもたちが元気に遊ぶ声が聞こえるようになりました。 皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。 真っ白な入道雲と青空のコントラストが美しい季節になりました。 お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。 花火大会の音に誘われ、川べりまで夜の散歩をしてきました。 いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 炎天下にひまわりの花がたくましく咲いています。 ご一同様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。 今年は冷夏とのことで、例年になく過ごしやすい日々が続いております。 お元気ですか。 上旬は、 梅雨明け間近という気候。 暦の上では 小暑を迎え、 一年で最も暑い時期とされる「暑中」に入ります。 各地で海開きや山開きも相次ぎます• 中旬は、 梅雨明けの頃。 体がまだ暑さに慣れていないため体調管理が難しい時期です。 お相手の健康を気遣う挨拶が定番です。 暑さの最盛期とされる大暑を迎える 下旬、厳しい暑さが続きます。 これらの季節感を表す 7月の代表的な時候の挨拶を整理したものが次の表です。 7月 改まった時候の挨拶 一般的な時候の挨拶 親しい人への時候の挨拶 上旬• 向暑の候、折、みぎり• 小暑の候、折、みぎり• 盛夏の候、折、みぎり• 仲夏の候、折、みぎり• 七夕の候、折、みぎり.

次の

4月の時候の挨拶!上旬・中旬・下旬ごとの例文と結び文100選!

季節の挨拶 4月

Contents• 四月の時候の挨拶・暖かい・うららかな季節を表す言葉と意味 4月は3月の肌寒い時期から少しずつ暖かくなってくる頃ですね。 また、4月の時候の挨拶は時期に応じて季語が変わってきます。 では、 「 時候の挨拶とは?」「 4月(時期別)の季語」「 季語を使った書き出しとその意味」などをご紹介させていただきます。 時候の挨拶とは? 時候の挨拶とは、手紙などの挨拶文のことで最初に季語を含めて書いた文章になります。 拝啓の後に「 〇〇の候」や「 暑中お見舞い申し上げます」などの文章がそれにあたります。 寒い季節や暑い季節など、相手の健康を気遣う文章になるので、挨拶文には欠かせない文章になります。 次は「 うららか」の意味を説明します。 4月の時候の挨拶の季語 4月の時候の挨拶の季語には様々なものがあります。 春暖、春晩、春日、春風、春和、春粧、春眠、春爛漫、陽春、麗春、暮春、惜春、仲春、桜花、清和、温暖、春風駘蕩、桜花爛漫、花冷え とあり、季語の後に「~の候」「~のみぎり」「~の折」と続きます。 うららかなの意味とは? うららかな季節という言葉はみなさんも知っていると思いますが、はたして意味は何でしょうか? 「 うららか」は漢字で「 麗らか」と書きます。 意味は「空が晴れ渡り、日差しが柔らかく照り、のどかな様子の事」を、表す意味があります。 うららかに春を付けたすと、童謡にも流れてくる「 春うらら」と同じ意味になります。 4月の二十四節気の変わり目は?• 春分(しゅんぶん):3月21日頃から4月4日頃(上旬)• 清明(せいめい):4月5日頃から4月19日頃(中旬)• 穀雨(こくう):4月20日頃から5月5日頃(下旬) 手紙の送付日によって使い分けが必要になってきますので、時候の挨拶を書く時は注意しましょう。 暖かい・うららかな季節を表す言葉(書き出し文)と意味 ここからは、4月という時期は暖かくなってくる頃ということで、暖かい・うららかな季節を表すような言葉(書き出し文)と意味などを、二十四節気に分けて何点かご紹介させていただきます。 春分の候:今年もいよいよ春分を迎え…• 春暖の候:春の暖かさを感じる今日この頃…• 春陽の候:春の日差しを感じるこの頃…• 桜花の候:春らしい暖かさに近づく季節…• 春和の候:晴れて暖かく過ごしやすい…• 春風駘蕩の候:暖かい風がこの春に心地よく吹く…• 晩春の候:春もいよいよ終盤に…• 穀雨の候:豊作をもたらすような雨の時期…• 新緑の候:葉が生い茂り始める頃…• 若葉の候:若葉が生い茂る頃… この様に「 春分」・「 清明」・「 穀雨」に分けて、暖かい・うららかな季節を表す言葉(書き出し文)と意味をご紹介させていただきました。 ぜひ参考にして頂ければと思います。 四月の時候の挨拶・あいにくの雨・肌寒い日の言葉と意味 4月とはいえ寒い時もあります。 また、季節の変わり目もあり急な雨が降るような不安定な日もあります。 今までは基本の4月の時候の挨拶の書き出しや意味をお伝えしましたが、ここからは、雨の時や肌寒い日で使える時候の挨拶の一部をご紹介させていただきたいと思います。 あいにくの雨の文の「あいにく」と意味についてもお話させていただきます。 あいにくの雨の「あいにく」とは? 「 あいにくの雨」の「 あいにく」とは漢字でかくと「 生憎」と書きます。 「 あいにく」は「 あやにく」という日本語の古い言葉が語源とされています。 「 あやにく」の「 あや」は「 ああ」「 あら」などの気持ちの高ぶりを表現した感嘆詞が転じたものだそうです。 「 にく」は文字の通り「 憎い」という意味になります。 よって「 あいにくの雨」とは「 雨が憎い」ということになり、「 せっかくお出かけや行事などがあるのに雨なので残念」などといったような意味になります。 肌寒い時に使える時候の挨拶 4月は桜が咲きますが、上旬の間は肌寒い日もあります。 そして、肌寒い時の季語としてあげられるのは「 花冷え」です。 また、「 花冷え」の花は「 桜」のことです。 「 花冷えの候」が使える時期は3月下旬頃から4月上旬頃までです。 花冷えの候の文例と意味 花冷えの候:桜も咲き春になりましたが、まだ寒い日もありますね…。 といった意味になります。 花冷えの候を使った文例 「花冷えの候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます」…個人宛など。 「花冷えの候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」…会社など。 雨の降るときに使える時候の挨拶 4月は桜の花びらがちる頃には天候不順で雨も降ることもあります。 ここからは雨が多い時に使える時候の挨拶をご紹介させ頂ききます。 春雨が音もなく降り続いております。 陽春の候 春雨に野山の草木もすっかり…。 はや穀雨の季節を迎え、今日は静かな午後の雨が降りそそいでおります。 しめやかな雨に、川辺の柳の緑もかすんで見える静かな春の午後となりました。 などといったところでしょうか。 いざ考えるとなると、なかなか難しいですよね。 4月 卯月 に使える!時候の挨拶の意味と使い方のまとめ いかがでしたか? いざ、時候の挨拶の文を考えるとなると、どのように書いたら良いのか悩んでしまうこともあるでしょう。 ぜひ、この記事を読んで頂いて、急に考えなくてはならない時などでもお役に立てたらと思います。 ありがとうございました。

次の

7月の時候の挨拶|ビジネス・結婚式・お手紙に使える例文【上旬・中旬・下旬】 | 時候の挨拶と季節の挨拶

季節の挨拶 4月

春たけなわの好季節となりました• 花冷えの続くこのごろ、お障りなくお過ごしでしょうか• 花吹雪の舞う今日このごろ、お元気でお過ごしでしょうか• 希望にあふれる春を迎え、ますますご壮健のことと存じます• 花の宴たけなわの春を迎え、いよいよご清栄のことと存じます• 桜の花も咲き揃い心華やぐこのごろ、お達者でお暮らしでしょうか• 桜花爛漫の好季節を迎え、ご清適にお過ごしのこととお慶び申し上げます• 春宵一刻直千金の好季節を迎え、ますますご健勝のことと拝察いたします• 春の気配もととのい、皆様にはいよいよご活躍のこととお喜び申し上げます• 各地からの花便りもにぎやかなこのごろ、お健やかにお過ごしのことと思います• 花の香りが春風に乗って運ばれる清明のみぎり、皆様にはお健やかにお暮らしのことと存じます• 輝かしい春を迎え、ますますご活躍のことと存じます• 新年度を迎え、貴社には一層ご隆盛のこととお慶び申し上げます 中旬~下旬• 花の盛りもいつしか過ぎ、葉桜の季節を迎えました• 暖かな春雨の降り続くこのごろ、お変わりありませんでしょうか• 若葉の緑鮮やかな折から、いよいよご壮健のことと存じます• 若草が萌え出す季節を迎え、皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます• 吹く風も爽やかな好季節を迎え、ますますご活躍のこととお慶び申し上げます• 春の光に新緑がまぶしく映えるこのごろ、いよいよご清祥のことと拝察いたします• おぼろ月夜に春の風情が感じられるこのごろ、ご平安にお過ごしのことと存じます• 春も深まり、のどかで過ごしやすい日が続きますが、つつがなくお暮らしでしょうか• うららかな春の日差しが肌に心地よいこのごろ、お健やかにお暮らしのことと存じます• 4月とはいえ、初夏を思わせるような陽気が続くこのごろ、お元気でお過ごしでしょうか• 暖かな南風の心地よい好季節を迎え、皆様におかれましてはますますご活躍のことと存じます• つつじやたんぽぽが色とりどりの花で春の訪れを告げるこのごろ、ますますお元気でご活躍のこととお慶び申し上げます• 桜前線が北上中のこのごろ、御地でも開花の声を聞かれましたでしょうか• 桜前線がようやく北国にも近づいてまいりました• 新年度の慌ただしさも落ち着き、お元気でご活躍のことと拝察いたします• 穀雨のみぎり、お変わりなくお暮らしのことと存じます カジュアルな書き出しの挨拶 気心の知れた相手に送る手紙に適した挨拶文です。 保育園・学校のおたよりや、メールの書き出しなどにもご利用ください。 桜の見ごろが近づいてきましたね• 桜の花が今を盛りとばかりに咲き誇っています• 春たけなわですね。 お花見にはもう行かれましたか• 街中も公園も桜色に染まり、心華やぐ春を迎えました• 桜が満開になり、近所の公園は花見客でにぎわっています• 春爛漫、心浮き立つお花見シーズンですね。 お元気でお過ごしですか• 川面にかわいらしい花筏が流れていきます。 短いお花見シーズンを楽しんでいますか• 公園などではきれいな花吹雪を目にするころとなりました。 みなさんお花見には行きましたか• お元気でご活躍のことと思います• 新年度もスタートし、ますます元気に活躍中のことと思います• 初々しい新入社員たちの姿がほほえましくも、まぶしく感じられるこのごろです• 真新しいランドセルを背負った新一年生たちのかわいらしい姿を見かけるころとなりました• 4月に入っても、暖かかったり寒かったりの日々ですが、風邪などひいていませんか 中旬~下旬• 桜の見ごろも過ぎ、あっという間に葉桜の季節ですね。 お変わりなくお過ごしですか• 春風に誘われて、元気で飛び回っていることと思います• 行楽にはもってこいの春日和が続くこのごろ、今年も春を満喫していますか• 春風が肌に心地よい季節となりました、みなさまお元気でお暮らしでしょうか• 4月とはいえ、汗ばむような陽気の日も多くなってきましたが、お元気でお過ごしでしょうか• 4月も半ばを過ぎましたが、新しい生活にはもう慣れましたか• 新年度の慌ただしさも落ち着いたころでしょうか• 大型連休が待ち遠しいこのごろですが、調子はいかがですか• ゴールデンウイークが近づいてきましたが、ご予定はいかがでしょうか• 桜前線も北上し、そちらはそろそろお花見のシーズンでしょうか。 こちらでは八重桜が今を盛りと咲き誇っています 4月の結びの挨拶 相手を気遣う言葉や、春らしい前向きなメッセージで手紙を締めくくります。 入学、就職、転勤などで環境の変わった人には、新生活への応援や、さらなる活躍を祈る気持ちを伝えましょう。 花冷えの折から、体調には十分ご留意ください• 寒暖定まらぬ折から、どうぞお身体をおいといください• 春とはいえ朝晩はまだ冷え込む日もありますので、お体には十分お気をつけください• 桜花爛漫の好季節に、皆様のご多幸をお祈りいたします• 満開の桜のもと、素晴らしき門出を迎えられますよう、心よりお祈り申し上げます• 今年度も変わらぬご厚誼を、なにとぞお願い申し上げます• 新天地でのこれまで以上のご活躍を、心よりお祈りいたします• 新生活が実り多きものとなるよう祈っています• お花見シーズンですが、飲み過ぎにはご注意ください 中旬~下旬• うららかな春の日差しの下、心地よい春をお過ごしください• 春光あまねく満ちわたる好季節、どうぞお健やかにお過ごしください• 若草の緑まぶしい好季節に、皆様のご多幸をお祈りいたしております• 麗春のみぎり、お健やかな日々を過ごされますようお祈りいたしております• 花々の咲き競う躍動の春に、皆様ますますのご活躍を心よりお祈りいたします• 新年度に入り、何かと慌ただしくなりがちではありますが、どうかご自愛ください• 新たな職務に就かれ、何かとご苦労も多いかと存じますが、どうぞお身体をおいといください• 北国からの花便りもお待ちしております。 どうぞお元気で• ゴールデンウィークには一緒にお出かけできるといいですね。 またご連絡します• よい連休をお過ごしください!• 春風駘蕩(しゅんぷうたいとう):春の風がのどかに吹くこと。 花冷え:桜の咲くころに寒さがもどって冷え込むこと。 花吹雪(はなふぶき):桜の花びらが吹雪のように、風に舞い散る様子を表す言葉。 爛漫(らんまん):花が咲き乱れるさまを表す言葉。 「春爛漫」は桜の花について言う場合が多い。 春宵一刻直千金(しゅんしょういっこくあたいせんきん):「春宵」は春の夜。 春の夜はおもむきが深く、ほんのひと時で千金に値するほどすばらしい、ということ。 花便り:花(とくに桜)の咲いた様子を知らせるたより。 現代では、桜の開花を知らせるニュースなども花便りにあたる。 おぼろ月:ぼんやりとかすんで見える月。 主に春の夜の月を表す。 桜前線:桜(ソメイヨシノ)の開花予想日が同じになる地点を結んだ線。 3月下旬、九州から北上していき、5月上旬に北海道に至る。 花筏(はないかだ):花が散って水面に浮かび流れていくのを筏にたとえた表現。 春日和(はるびより):春の日のおだやかな晴天を表す言葉。 春光(しゅんこう):春の景色。 また、暖かい春の日差し。

次の