ノストラダムス。 ”トランプ大統領”の誕生を予言!?ノストラダムスの大予言 第三弾

ノストラダムスとは (ノストラダムスとは) [単語記事]

ノストラダムス

画像は「 」より 中国を中心に世界中で感染が拡大している新型コロナウイルス。 すでに中国全土で2700人以上が感染、80人以上の死亡が確認されている。 春節で日本に訪れる中国観光客が増える中、日本国内での感染拡大も懸念されるが、実はもう我々は絶滅のとば口に立っているのかもしれない。 英紙「Express」(1月24日付)によると、なんと世界最高の予言者ノストラダムスが世界の終末に伴う感染病のパンデミックを予言していたというのだ。 1999年人類滅亡予言を外したことで、世間から顧みられることが少なくなったノストラダムスであるが、人類滅亡予言には異論もあり、決して予言が外れたわけではないと解釈する者もいる。 また、彼の予言は最近でも的中している。 たとえば、ドナルド・トランプ米大統領の出現、ノートルダム大聖堂火災などだ。 今回の新型コロナウイルスのことを指しているとされるノストラダムスの予言は、『百詩篇』第2巻第53節のものだ。 (「ノストラダムスwiki」より) 画像は「getty images」より 「ペスト」と訳されている部分は英語訳では「plague(疫病)」となっているため、いわゆるペストだけでなく伝染性の病気を指していると考えて良いだろう。 この予言は2002年11月にアウトブレイクしたSARSコロナウイルスの時にも言及されたことがあり、海辺の都市は香港、偉大な夫人はSARS予防部総指揮の呉儀(ごぎ)氏を指すとされた。 一方、「International Business Times」(1月27日付)によると、今回のウイルスは反トランプ派の影の政府が人為的に作り出したものだという陰謀論も囁かれているという。 特にトランプ政権に通じている人物だとされる匿名投稿者Qアノンは同説の熱心な支持者であり、その証拠として2015年にイギリスの研究所が取得したコロナウイルスに人為的な操作を加える特許を挙げているそうだ。

次の

【話題】あのノストラダムスが「新型コロナウイルスの流行」を予言していた!?(2020年3月17日)|BIGLOBEニュース

ノストラダムス

この記事を読まれる前に、もしも未来の夢を見た方がいらっしゃいましたら内容をコメントいただければ幸いです。 予知夢と確信していなくても構いません。 「こんな夢を見た。 」程度で大丈夫です。 いつ、どこで、何があったか? わかる範囲で大丈夫です。 同じ夢を見れた方がいるかもしれませんので、それを期待してのお願いです。 それでは本題に入りましょう。 ノストラダムスの予言によると 2015年9月3日に和歌山県は消滅すると言われていました。 その日までは、ですよ。 理由は 大津波による物だと言われていました。 まるで 3. 11を思い起こさせるような予言ですね。 もう2度とあんな悲劇は起きて欲しくありません。 何故このような予言がされていたのか? 今後、本当に同じようなことが起きるのか? 答えはこれからお伝えします。 実は世界の週末予言はノストラダムス以外でも、 全く立地の異なる 2つの古代文明が 同じ年(2015年)を指して 世界の滅亡を予言しているのです。 見事に大外れでしたね。 私に言わせてもらえば、 『またか・・・また滅亡するのか・・・。 』 という感じです。 もちろん根拠がありました。 確か 2012年はマヤ暦に残された最後の年という理由で人類滅亡説がありました。 (この予言が外れた?理由も後でお伝えします) 20世紀末には ハルマゲドン騒動がありましたね。 結局何も起きませんでした。 「1999年7の月空から恐怖の大王が下りてくる。 アンゴルモアの大王を復活させるために、その前後、マルスは幸福のために支配に乗り出すだろう」 これがその予言と言われるノストラダムスの詩です。 この予言が日本で広まった理由は、実はこの詩を五島勉という男が自己流の解釈で滅亡の予言であるとした本を出し、 その本がベストセラーとなってしまい、信じやすい人々が信じてしまったという所が真相です。 では、マヤ暦による世界の終わりは 何故はずれたのか? それにはマヤ暦についてお伝えし無ければなりません。 photo by マヤ文明には独自の暦(こよみ)があり、その内の一つ「長期暦」のサイクルが、2012年12月末に一旦区切りがつきます。 日本の暦で言う所の大晦日が来るようなものですね。 簡単に言うと、マヤ暦の場合は世界で言う所の一年が長いと思って下さい。 それを勝手な解釈で人類滅亡の日であると勘違いした学者がいて、 またまた信じやすい人たちが信じ、 「人類滅亡だ〜!」と騒ぐ人が沢山出てきたというわけです。 よろしいでしょうか? ノストラダムスもマヤ人も だれも2012年に人類が滅亡するなどとは予言していないのです。 さて、ではいよいよ 本題に入りましょう。 ノストラダムスの 2015年人類滅亡説はなぜハズレたのか? 【2015年 9月3日に世界が終わる】という予言でしたね。 ノストラダムスの予言ていろいろあるんですよ。 ノストラダムスの大予言一覧 ノストラダムスの大予言を一覧にすると、• 南アメリカ大陸のチリでならM9クラスの地震が何度か起きている• 今後皆なんらかのツールで話せるようになる?• ただ、もう終わりました。 色々ありますね。 世界の終末予言で、すごく誤解が多いのですが、 実はこれはノストラダムスの予言ではありません。 マヤ暦の計算ミスで、2012年ではなく2015年9月3日だったという話です。 もしもノストラダムスが2015年の人類滅亡を予言していたとしたらおかしいですよね? だって1999年に人類は滅亡した事になっているはずですから。 よろしいでしょうか? つまり2015年9月3日にマヤ暦の大晦日があるんですね。 それだけの話です。 Sponsored Links マヤ文明の大晦日が来たから人類滅亡はあり得ませんね。 マヤ暦の暦(こよみ)が一回転するだけということは前述の通りです。 よって、実際には2015年9月に人類が滅びると言う予言はありません。 2015年9月に 和歌山が全壊するとか ないです。 実際しませんでしたよね。 同じように2015年の秋に人類が滅亡すると予言されている壁画がエジプトにはありました。 この予言面白いんですよ。 地球は滅亡するのか? 古代エジプトの聖地イシス神殿は、 女神イシスが太陽神ホルスを産んだ場所と言われており、 神殿の壁には 1465体の神の絵が描かれています。 これですね。 沢山神様が描かれていますよね。 photo by この神殿は西暦550年に閉鎖されました。 (なにか見られたら都合の悪い壁画でもあったのでしょうか?) そして言い伝えによると、 「すべての神々が去った年の秋分の日 9月3日)に世界が水没する。 」と言われています。 これが2015年と同関係があるのか? 550年に 閉鎖され、1年に1人ずつ神が去っていくとしたら・・ 1465年後に全ての神々が去る事になります。 550年+1465年=2015年 これが理由で2015年人類滅亡説が囁かれるようになったわけです。 2015年世界が水没すると。 一年で一人ずつ神が去っていくって・・・ どこにそんな根拠があるのか・・・。 ノストラダムスの大予言• マヤ暦の終わり• エジプトのイシス神殿 の順で見てきました。 ある小惑星が発見されてしまいました・・・。 ベンヌが地球に衝突?2169年 実は1999年、地球に衝突する恐れのある小惑星が カナダの人工衛星によって 発見されました。 その小惑星の名は1999RQ36、 通称ベンヌ ここからはその小惑星について詳しくお伝えしていきたいと思います。 地球に衝突?小惑星ベンヌとは? 小惑星ベンヌとは直径560メートルの惑星で、今現在も地球に向かう軌道を進んでいます。 8回も地球に接近するのです。 具体的には2016年には人工衛星を送り込み、 2018年にはベンヌのサンプル採集などの調査をする予定です。 photo credit: via ベンヌは本当に地球に衝突してしまうのか? それは今の段階では何とも言えませんが、ノストラダムスの予言によると、人類が滅亡するのは 3797年とされています。 なのでベンヌでの滅亡はないか、と言う所でしょう。 ノストラダムスの大予言と地球滅亡 1999年に人類滅亡を予言したとされるノストラダムスが 何故 3797年にも人類滅亡を予言しているのかは謎ではありますが、 解釈の差でしょう。 つまり、人類滅亡はあくまでノストラダムスの本を翻訳した訳者の推論による物なので、 ノストラダムス自身が「人類が滅亡する」と書いているわけではありません。 ノストラダムス自身は西暦3000年以降の話を色々と書いているわけなので 1999年に人類が滅亡すると訳す方が飛躍しすぎているように思います。 ノストラダムスの1999年の予言を推論するなら、 前後の関係から考えて• 1999年と7ヶ月=1999年7月• 恐怖の大王が天より姿を現すだろう=空(例えば地球外)からとんでもなく恐ろしい物が現われる• 彼はアンゴルモアの大王を蘇生させ=それが何か大きな事の引き金になる (何の引き金になり、それが人類に取って良い事か悪い事かは不明)• その前後は火星が幸せに支配する=火星関連でいいことがある みたいな感じになるかと思います。 具体的に何が起こるのかはよくわからないのが事実です。 しかし【火星が幸せに支配する】に関しては昨今の宇宙事情をご存知なら正に火星に移住する計画が進行中なのはご存知の事と思います。 ただ、これだと文法的に意味がとおりません。 日本語的に変ですよね? なので恐らく 火星は比喩でしょう。 幸せに支配する、支配者が火星という事ですね。 火星というと、軍神の比喩としてよく使われます。 なので軍隊を使って平和に支配する。 と言う感じになります。 なので僕が訳すと、 1999年に空から恐ろしい物が現われて、それが大きな出来事の引き金となる。 その前後は軍隊を持つ国家が世界を平和に支配する。 と言う感じになります。 では実際ノストラダムスの大予言は当たっていたのでしょうか? photo credit: via 1999年のノストラダムスの大予言は当たっていたのか? ノストラダムスの予言は様々に訳せるようになっているんですね。 なので当たったのか外れたのかよくわからない。 現実的には 1999年には小惑星ベンヌが発見され、 それが大きな出来事(火星移住)の引き金となる(?)のかもしれません。 その前後は軍隊を持つ国や国際連盟などが世界を平和に維持する。 と考えられるでしょう。 なのでノストラダムスの大予言が世界の終焉予言でないとすれば、 あながち1999年の予言も間違っていはいないのが事実です。 ずいぶんと小惑星ベンヌから話が脱線してしまいました。 火星移住は本気でやっていますよね。 でも火星移住なんて出来るのか? そもそも環境的に生活する事が出来るのか? 是非参考にされてみて下さい。

次の

ノストラダムスのコロナの予言を発見!的中か?3つの四行詩の真実【新型コロナウイルス】

ノストラダムス

この記事の目次• 2001年9月11日「アメリカ同時多発テロ」? <VI-97> 空は燃える 45度で 炎は近づく 大いなる新都市に 時をうつさず ばらまかれた巨大な火が跳ねまわる ノルマン人を試さんと欲するとき 解説によると、「北緯40〜45度に位置するニューヨークが空からの爆撃にさらされる」と予言しています。 さらに「他国がニューヨーク空爆を敢行することは考えにくい」ので「地球外人類=UFOの襲来!?」と結んでいました。 しかし、「2001年9月1日アメリカ同時多発テロ」という形で4つの航空機がハイジャックされて、ニューヨークで空からの攻撃が実際に起こってしまいました。 この時の映像が上述の和訳と合致するように思えてなりません。 ただ、大噴火がどこの火山を示しているのかが気になりますが。 中国の軍事台頭? 前振りが長くなってしまいましたが、今回この記事を書くきっかけになった中国の軍事台頭に関する2つの予言を紹介します。 「中国軍がヨーロッパ・法王庁へ進攻する」 <II-29> 男が東から腰をあげて出てくる アッペンニーノ山脈を越えてゴールに会いに 空を飛び海を渡り雪を踏みわける そして鞭で皆を打ちのめす 「東方から来る男とは、中国の侵攻か?」 <V-54> 大いなるタタールと黒海の彼方から ひとりの王が登場 フランスを見に来るだろう アラニア アルメニアを越え ビザンチウムに血まみれの鞭を置く この本を読んだ1988年当時、私は中学生でしたが、「中国は面積が広くて人口は多いが、貧しい国なので予言通りになることはあり得ない。 」と思ったのを今でも鮮明に覚えています。 それもそのはず、1988年の中国の名目GDPは日本のわずか10分の1程度でしたが、2014年には日本の2倍以上(1988年と比べると約24倍に成長)になっており、今やアメリカと世界を二分する経済大国に成長しました。 そして、この経済力を盾に軍事力も増強し、最近では尖閣諸島や南沙諸島など海洋進出が盛んになっており、この二つの予言も現実味を帯びてきてしまっています。 日本の未来は明るい? 暗い予言ばかりで恐縮ですが、「日本の未来は明るいのでは!?」という予言があったので最後に紹介したいと思います。 <III-97> 新しい法が新しい土地を支配するだろう シリア ユダヤ パレスチナのあたり 野蛮な大帝国が崩壊するだろう 太陽の世紀が完了するまえに やや解釈が偏っているとは思いますが、「太陽の世紀」を「日本の世紀」と考えると、将来日本とイスラエルが手を組んで世界を支配するようになると解説しています。 ただ、話は全くかわりますが、自分の人生についてはただ漠然と生きるのではなく、時々「自分の未来を予言」してみるのも夢実現の近道になるかもしれません。 ノストラダムスの大予言関連記事 Name: shin APPLEBERRY 1974年生まれ、鹿児島県志布志市出身、鹿児島市在住。 食品メーカーで営業企画を担当。 ブログでは歴史、書評、映画、マーケティング、Apple、スマホ、アプリ、ダイエット、マラソン、お酒、グルメ、ネコなど、仕事やプライベートに関わらず思いつく限り書いていきます。 () カテゴリー• 108• 11 アーカイブ• 10 タグ.

次の