川口市給付金状況。 【江戸川区】特別定額給付金の進捗状況が発表されました!

持続化給付金申請サポート会場

川口市給付金状況

川口市では、本校生徒の大学進学や留学などを支援するために「川口市立高等学校教育支援基金」を設置しています。 この基金は、市民や地元企業からのご寄付を財源としています。 生徒が経済的な理由で進路の希望を狭めることのないよう、必要に応じて給付型奨学金としての支援を行っています。 支援を行う事業 1 大学進学時の給付型奨学金 大学進学時の準備に充てる費用として、成績優秀者10名に返還の必要がない給付型奨学金30万円を給付します。 また医学部進学者には100万円の給付をします。 成績優秀者の中から家庭の経済状況に応じて給付対象者を決定します。 (平成30年度より実施) 2 在学時の支援「夏休みドリカム勉強合宿」 大学進学を目指していながら予備校等に通っていない生徒に対して、夏期休業中などに、保護者の負担なしで、各学年7名前後が代々木ゼミナール新宿本部の宿泊施設に4泊5日合宿して講習を受講する事業を行っています。 冬期休業中の実施についても準備を進めています。 (平成30年度より実施) 今年度は、応募者が多かったため、選考試験を行い受講者を決定しました。 【在学時の支援】 平成30年度 夏休みドリカム勉強合宿報告 本事業は、国公立大学や難関私立大学への進学をめざす生徒を支援するため、川口市が行う本校独自の給付型奨学金事業のひとつです。 選考された生徒が保護者負担なしで代々木ゼミナール本部校タワー校舎に4泊5日で合宿しながら、代々木ゼミナールの夏期講習を受講しました。 本給付型奨学金は、本校の生徒に対する給付型奨学金事業として、川口市立高等学校教育支援金を財源とし、在学時における予備校の夏期講習会の受講料を給付するものです。 川口市立高等学校教育支援基金に寄附していただきました皆さまに感謝申し上げます。 今後も本校の生徒のために川口市立高等学校教育支援金を大切に使わせていただきます。 ・参加者 各学年7名 ・実施日時 1年生:7月30日(月)~8月 3日(金)4泊5日 2年生:8月13日(月)~8月17日(金 4泊5日 3年生:8月 6日(月)~8月10日(金)4泊5日 ・実施場所 代々木ゼミナール本部校タワー校舎 ・参加生徒の感想(抜粋) 〇塾に通っていないのでこのような環境で勉強できてとても良い経験になった。 〇朝9時から夜10時までずっと勉強した経験がなかったので長時間勉強する習慣が身 に付いた。 〇勉強へのやる気が高まった。 〇また機会があれば是非参加したい。 対面授業 受講の様子 対面授業 受講の様子 サテライン授業(映像授業) 受講の様子個別ブースでの自習の様子 受講の様子個別ブースでの自習の様子 代々木ゼミナールタワー校舎15階レストランでの朝食の様子 座談会形式による相談会様子 【フィンドレー高校への留学費用補助】 川口市とフィンドレー市の友好都市提携締結 平成30年8月14日から21日まで、川口市長、教育長の訪問団がアメリカ合衆国オハイオ州フィンドレー市を視察しました。 そして、8月16日に、川口市立高等学校における長期留学制度をはじめとする、フィンドレー市との教育分野に関する友好都市提携の調印が行われました。 川口市立高等学校は、目指す生徒像の一つに「グローバルな視野を持ち、地域に貢献する意思と行動力をもつ生徒」を掲げています。 これまで、 本校独自の短期留学 オーストラリア・ゴールドコースト や川口市教育委員会の海外派遣 カナダ・バンクーバー などに参加してきました。 フィンドレー市と以下のような友好都市提携を結んだことで、来年度からフィンドレー高校に2名の長期留学が始まります。 今年の秋には現在の1年生の中から長期留学生を選考し、2019年8月に本校として初めての留学生を派遣する予定です。 なお、長期留学に際して、本校独自の給付型奨学金制度から渡航費として40万円程度の補助を行うこととなっています。 相互派遣を視野に、フィンドレー市教職員を川口市立学校へ派遣し、 今後フィンドレー高等学校生徒の川口市立高等学校への派遣準備を進 める。 (2)派遣期間について 8月から翌年6月までの約10ヶ月間。 (3)派遣条件について(予定) ・川口市立高等学校2年生2名を対象。 ・留学期間中、フィンドレー高校の授業料免除。 ・現地高校で取得した単位を振り替え、留年しないで川口市立高等学 校を卒業することが可能。

次の

特別定額給付金について

川口市給付金状況

埼玉県(補助金・助成金・融資情報) 新型コロナウィルス関連情報 埼玉県(補助金・助成金・融資情報)• 埼玉県の補助金・助成金・融資の情報をまとめています。 埼玉県• さいたま市• 2020年5月18日更新• 熊谷市• 川口市• 2020年3月3日更新• 所沢市• 加須市• 東松山市• 狭山市• 鴻巣市• 深谷市• 2020年5月22日更新 「テイクアウト等支援金」は7月31日までに実施した取組の経費、「商店街等応援支援金」は令和3年3月31日までに実施した取り組みの経費が対象• 越谷市• 入間市• 2020年6月30日更新 申請期限12月25日 金 桶川市• 久喜市• 富士見市• 代替えとして7月8日 水 及び7月22日 水 に相談を実施• 白岡市• 伊奈町• 皆野町• 小鹿野町• 東秩父村• 美里町•

次の

福岡市/特別定額給付金の郵送申請で振込はいつになる?入金されたの声!

川口市給付金状況

埼玉新聞社の調べ(13日現在)では、マイナンバーカードを用いたオンライン申請に対する振り込みは、川口市や久喜市、鳩山町などで既にスタート。 郵送申請については、飯能市や横瀬町、東秩父村などで今月中旬から給付金が振り込まれる一方、人口の多いさいたま市や越谷市などは6月中旬からを予定。 支給の手続きは市町村に委ねられており、人口規模や職員の事務負担などにより給付時期に差が生じているのが実情で、県民に現金が行き渡るにはなお時間がかかりそうだ。 久喜市は今月1日からオンライン申請の受け付けを開始し、大型連休(GW)明けの7日から給付を始めている。 14日時点で1642世帯に給付済み。 初日には486件の申し込みがあった。 一部の市職員が休日を返上して、申請のあった世帯主名や世帯構成員などを確認した。 同市は15日に郵送書類を郵便局に持ち込んだ。 同市の給付対象は約6万7千世帯。 市企画政策課は「本当に困っている方に一日も早く給付金が届くよう、急を要さない方は申し込みの時期をずらしていただきたい」と呼び掛けている。 鳩山町も1日からオンライン申請を受け付け、7日から給付を開始。 町政策財政課は「町内の飲食店を中心に困っている人が多い。 すばやい支払いが必要」とし、申請書を郵送するまでの措置として、15日まで町のホームページ(HP)で提供した申請書による届け出も可とした。 14日時点で330世帯が給付金を受け取った。 このうち6割弱がHPで提供した申請書を利用していた。 給付対象が約29万3千世帯の川口市も8日からオンライン申請に対する給付を開始し、13日時点で5243世帯に振り込んでいる。 一方、申請書の郵送は今月下旬を予定し、郵送申請の給付時期は6月中旬からを見込んでいる。 市担当者は「人口規模が大きいので、申請書の印刷や封入などの事務作業に時間を要する」と説明した。 坂戸市はオンライン申請、郵送申請ともに、給付は6月下旬からになる予定。 口座情報の登録や支払い決定に必要なシステムを構築するために時間が必要という。 市臨時給付金室は「ご迷惑をお掛けし、心苦しい」と話す。 同市は生活状況が厳しく、一刻も早く給付金が必要な人のために市HPからダウンロードした書類による申請も実施(既に受け付け終了)。 13日時点で約900世帯から申し込みがあった。 自治体間で給付時期に差が生じることについて、県地域政策課は「国のシステムと各市町村のシステムの連携がうまくいっているところとそうでないところがある。 郵送書類の取り扱い件数など、人口が多いか少ないかでも差が出てきている」としている。

次の