オランダ 人 名前。 英語で「オランダ」と言っても通じない?オランダは英語でNetherland

オランダ人の名前

オランダ 人 名前

オランダの事務的な書類では、tussenvoegselは姓・名とは別に記入する場所があり、電話帳などで見つける場合は、まず「tussenvoegselを省いた姓」で検索し、その後、名前・tussenvoegselで探す必要がある。 オランダにおける10大姓にも、このtussenvoegselを使用する姓がいくつも入っている。 De Jong• De Vries• Jansen• Bakker• Van Dijk• Visser• Janssen• Smit• 国の正式名称としては、「オランダ語: de Nederlanden、英語: the Netherlands」が使用され、これは「低地の国々」を意味する。 なお英語圏では通称「Dutch(ダッチ)」が使用されているが、これは元来ドイツ(Duitsch)を指し、その支配から脱した17世紀以降にネーデルラント(人、語)を意味するものに変わっていったことに由来する。 オランダ人の姓の歴史 このtussenvoegsel(トゥッセンフーフセル)は、オランダのナポレオン統治時代に出来たもので、それ以前はアイスランド風の名乗りを使っていた。 このアイスランド風の名乗りは「~の息子」または「~の娘」を名の後ろにつけるもので、これは代々変わっていくため「姓」の概念とは異なる「父称:Patronymic」である。 つまり自分の父親(母親)の名前を引き継いでいくため、代々変化していく。 この他に、Klaas Schoenmaker(英語ではClaus, Shoemakerの意)のように職業やニックネームを添えることもあったが、その場合も息子の職業が変わると変化していた。 しかし、フランス革命後の1793年にネーデルラント一帯もフランス革命軍に占領され、1810年にはフランス帝国の直轄領となっている。 この時に戸籍制度が施行されたため、人々は「姓」を固定化し、登録する必要に迫られてしまう。 同様に職業を表していたSchoenmaker(靴屋)であったりDe Boer(農夫)であったりBakker(パン屋)、Smit(鍛冶屋)という職業をそのまま姓として使用する人もいた。 オランダ人の姓の例 父称由来の姓(Patronymic surname)• 〔〕内は縮小形。 Bos(英語: 森)「森の」• Van Amersfoort(英語: from Amersfoort )「アメルスフォート出身の」• Van Vliet(英語: from Fliesland)「フリースランド出身の」• De Hollander(英語: The Hollander)「オランダ人の」• De Vries(英語: The Frisian)「フリースランド人の」• Van der Beek(英語: from the creek)「小川・入江の」〔Vanderbeek〕• Van der Berg(英語: of the mountain)「山の」〔Vandenberg〕• Van der Hagen(英語: from Hagen)「オランダ南西部の都市Hagen出身の」〔Verhagen〕• Van der Hoek(英語: of the corner)「街角の」〔Verhoek〕• van der Hulst(英語: from the holly)「ヒイラギ林の」〔Verhulst〕• Van der Meer(英語: of the lake)「湖の」〔Vermeer〕• Van der Meersch(英語: of the marsh)「沼地の」〔Vermeersch〕• van der stappen(英語: from the steps)〔Verstappen〕• Van Leeuwen(英語: )「ルーエン出身の」• Bakker(英語: Baker)「パン屋の」• Brouwer(英語: brewer)「ビール職人の」• De Boer(英語: The farmer)「農夫の」• Schoenmaker(英語: Shoemaker)「靴屋の」• Smit(英語: Smith)「鍛冶屋の」• Timmerman(英語: Carpenter)「大工の」• Visser(英語: Fisherman)「漁師の」 身体的特徴由来の姓• De Groot(英語: The big)「大きい人」• De Jong(英語: The young)「若者」• Dik(英語: Fat)「ふとっちょ」• Naaktgeboren(英語: Born naked)「裸で生まれた人」• Vos(英語: fox)「狐のような赤毛の人」「狐ハンター」 著名人 エドワード・ヴァン・ヘイレン(Edward Van Halen) ハードロックバンド、ヴァン・ヘイレンのギタリスト。 オランダで生まれてアメリカに移住した人物で、本名はEdward Lodewijk Van Halen。 姓はオランダ語では「ファン・ハーレン」と発音するが、アメリカでは「ヴァン・ヘイレン」と発音されている。 フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Willem van Gogh) ポスト印象派の画家。 日本を含め多くの国で「ゴッホ」と表記されるが、オランダ人の姓としては正しくは「ファン・ゴッホ(van Gogh)」である。 Goghの由来はドイツ西部のノルトライン=ヴェストファーレン州にある町Gochにあり、それがオランダ語ではGoghと綴られる。 レンブラント・ファン・レイン(Rembrandt) バロック期を代表する画家のひとり。 本名はレンブラント・ハルメンソーン・ファン・レイン(Rembrandt Harmenszoon van Rijn)。 ラインRhine(オランダ語: Rijn)出身のハルメンの息子、レンブラントを意味する。 父はハルメン・ヘリッツゾーン・ファン・レイン(Harmen Gerritsz van Rijn)で、Harmenszoonはその父称形。 なおレンブラントが姓ではなく名で呼ばれるのは彼がそのように署名していたためで、それはルネサンスの巨匠に倣ったものであった。 ヨハネス・レイニールス・フェルメール(Johannes Reijniersz Vermeer) バロック期を代表する画家のひとり。 本名はヤン・ファン・デル・メール・ファン・デルフト Jan van der Meer van Delft。 父がレイニエル・ヤンスゾーン・フォス(Reijnier Jansz Vos)であり、父称がReijniersz。 Delftは南ホラント州の町の名前。 ピーター・ファン・デン・ホーヘンバンド オランダの男子競泳選手。 本名はピーター・コルネリス・マルタイン・ファン・デン・ホーヘンバンド(Pieter Cornelis Martijn van den Hoogenband)。 これは英語読みで、ピーテル・ファン・デン・ホーグヘンバントに近い。 マーティン・ヴァン・ビューレン(Martin Van Buren) アメリカ合衆国の第8代大統領。 独立宣言署名後に生まれた最初の大統領であり、最初の非アングロ・サクソン系の大統領であり、第一言語が英語ではなかった(オランダ語だった)唯一の大統領。 5世祖父のコーネリスが1631年にオランダから移住した、オランダ系の移民。 マタ・ハリ(Mata Hari) フリースラント系オランダ人の踊り子(ダンサー)、ストリッパー。 第一次世界大戦中にスパイ容疑でフランスに捕らえられ、有罪判決を受けて処刑された。 本名はマルガレータ・ヘールトロイダ・ツェレ(Margaretha Geertruida Zelle)。 妻のソフィー・マリー・クンペン(Sophie-Marie Kumpen)はベルギーのカートレーサー、息子のマックス・エミリアン・フェルスタッペン(Max Emilian Verstappen)もレーサー。 さらには妻の父ポール・クンペン(Paul Kumpen)や、その子アンソニー・クンペン(Anthony Kumpen)もレーサー。 著名な姓 ルーズベルト、ローズベルト(Roosevelt) Rooseveltはオランダ系のアメリカ人のサーネーム。 2人の大統領を排出したルーズベルト家が著名。 「」の項参照。 エジソン(Edison) オランダ系のサーネーム。 Edisonは、Edithの息子を意味する。 Edithは女性のギブンネームで、各国語で派生してEdgar、Edgardoなどと変化する。 サーネームEdisonの語源はロトの妻Edithで、古英語で「富」と「戦い」からなる言葉であるという。 旧約聖書でロトと家族は神によって救われるが、逃げる途中に決して振り返るなといわれていたにも関わらず、妻Edithは振り返ってしまったために塩柱にされたという。 著名な発明家である トーマス・アルバ・エジソン(英: Thomas Alva Edison)も、オランダ系移民のサミュエル・オグデン・エジソン・ジュニア(Samuel Ogden Edison Jr. )の子として生まれた。 母のナンシー・マシューズ・エリオット(Nancy Matthews Elliott)はスコットランド系。 トーマスの曽祖父にあたるJohn Edison UEはオランダで生まれ、未亡人となった母とともにアメリカへ渡った。

次の

英語で「オランダ」と言っても通じない?オランダは英語でNetherland

オランダ 人 名前

これからオランダに行く予定のある方は、オランダ人の性格って一般的にどんな感じなのだろう? と気になりますよね。 個性もあると思うので一概には言えませんが、国民性というのはやはりどの国でもあると思います。 例えば、私の場合イタリアに3ヶ月間語学留学をした経験があるのですが、 「イタリア人は、時間にルーズ」 と事前に聞いていましたが、やはり時間にルーズな人が多く、私には馴染めませんでした。 その後、オランダでホームステイを合計4ヶ月ほど経験したのですが、同じヨーロッパでもこうも違うのかと思うほど、オランダ生活は、私にしっくりと合いました。 私は今まで6カ国に留学しましたが、オランダは抜群に暮らしやすかったです。 今回は、オランダに合計4ヶ月ホームステイをした私が、オランダ人の性格・特徴について、お話ししたいと思います。 寛容的• 質実剛健• オランダのうんちく大好き• 尊敬の念がない• 女性が強い• 背が高い• 語学が堪能• 規則正しい生活を送っている• 美男美女が多い と、何はさておき10個を並べてみました。 好きな国なので良いことばかり!と行きたいところですが、知りたいのはポジティブなポイントだけではありませんよね。 と言うことで、「尊敬の念がない」等、多少なりともネガティブに見えるであろう点も出しています。 寛容的 私がオランダ人の1番好きなところが、寛容的なところです。 麻薬・売春・安楽死・同性婚が合法化されているし、移民に対してのサポートも手厚いです。 アムステルダムのある地区を歩いていると、男性同士が普通に手を歩いていましたが、隠すそぶりもなく、とても自然体でした。 他の国からの養子の受け入れも積極的で、習慣、文化、宗教の違う人達が一緒に暮らす街なので、違う人種に対しての差別も少ないのだとか。 オランダは、「子どもが世界一幸せな国」に選ばれただけあって、子供達の笑顔が生き生きとしていて本当に楽しそうでした。 習慣、文化、宗教の違う人たちが暮らす街で、お互いを理解する事を大切にしているオランダ人は素敵だなぁと思います。 正直 オランダ人は、正直な人が多いです。 料理でも、美味しくなかったら「まずい」とまでは言わなくても、気を遣って「美味しい」とは言いません。 日本人はまずくても、作ってくれた気持ちを考えて、無理に美味しいって言うこともありますが、オランダ人はそういうことは言わないです。 ですので、「美味しい」と言ってくれたら、それは本当に美味しいと言ってくれているわけです。 最初は正直すぎて、グサッと胸に刺さることもありましたが、慣れてくると、正直に言ってくれることの方がありがたいと思うようになりました。 ケチと言われる理由を考えて見ると、思いつく所も少しあります。 例えば、オランダ人は外食すると高いからという理由でほとんど外食することはありません。 また、ホテル代が高いからという理由で、キャンプ場で持参したテントの中に、宿泊する人もいます。 けれど、困っている人を助けたり、募金をすることには出し惜しみをしません。 無駄なことにお金を使わず、慈善活動にお金を使うのは、決して「ケチ」ではなく、有益なことに使おうという気持ちの表れだと思います。 オランダのうんちく大好き オランダ人は基本的に話好きの人が多いです。 そして、うんちくが大好き。 特にオランダについて語り始めると、もう止まりません 笑。 以前、私は、「外国人から見た日本の悪いところ10選」という記事の中で、オランダ人に「日本では電線や電柱が多くて景観が楽しめない」とぼやかれたとお伝えしました。 「世界は神が作ったが、オランダはオランダ人が作った」 という言葉からも分かるように、オランダ人はオランダは自分達で開拓してという自負の気持ちが強いです。 あなたが、オランダについて何か質問をしてみると、きっと喜んで説明をしてくれると思います。 尊敬の念がない 私がオランダに住んでいると、「自由で寛容」など良いイメージしかありませんでした。 そこで、ホストファミリーにオランダの問題点を聞いてみると、「オランダ人は他者に対して尊敬の念がない」と教えてくれました。 日本のように年上の人を敬う文化がないので、子供達が教師に傲慢な態度を取ることもあるそうです。 また、親に対して尊敬の念を持つことがないそうです。 そういったことから、日本人と一緒に働いたことのあるホストファミリーは、 「日本人は、他者への尊敬の念がある素晴らしい人種だ。 」 とベタ褒めしてくれました。 フランス人にも、フランスには日本のような尊敬の文化がないと言われたことがあるので、ヨーロッパでは他者に対して尊敬の念を持つことが、少ないのかもしれません。 女性が強い オランダ人女性は、強いです。 本当に強いです 笑。 自分から謝ることはないですし、自分は絶対に正しい、という意見を崩しません。 1度オランダで見た光景で忘れられないのが、自転車に乗っている女性が、男性から「映画の撮影をしているから、違う道を通って欲しい」というお願いを無視してそのまま行ってしまったところです。 もちろん映画撮影は台無しです。 私はよっぽど急いでいるのかと思ったのですが、他に近道はあり、そのことについて男性は一生懸命説明をしていたんだそうです。 けれども、その女性は、「あなたの道じゃないんだから、指図される筋合いはない」と言って通り過ぎたのだとか。 言ってることは正しいのかもしれませんが、近道があるのだから、そっちに行ってあげても良いのに、と思ってしまいました。 ホストファミリー曰く、オランダ人女性はこのようなタイプが多いそうです。 最近では、オランダ人女性のあまりの強さについていけないオランダ人男性も多く、国際結婚も増えてきているのだそうです。 オランダの男女平等はとても良い文化だと思うのですが、女性が強すぎるというのも少々難があるのかもしれません。 それでは続いて、オランダ人の特徴についてお話しましょう! スポンサーリンク オランダ人の特徴 7. オランダ人女性の平均身長は171cm、男性は184cmもあるそうです。 私は身長が173cmあるので、日本ではいつも背が高いと言われるのですが、オランダでは普通でした。 逆に、「日本人なのに背が高い」と驚かれましたが 笑。 私のホストファミリーの義理の娘さんは、180cmあり、家族は全員2mあるそうですが、オランダでは普通のことみたいです。 1番驚いたのは、ホストファミリーのお孫さん。 私が最初に彼女に出会ったのは、彼女が3歳の頃で、その頃はとても小さかったです。 が、今12歳にしてなんと180cmまで身長が伸びているのだそうです。 さすがにクラスメートの中でも、背の高い方に入るようですが、それでも彼女より背が高い子もいるのだとか。 オランダ人って子供の頃から背が高い子が多いんです。 語学が堪能 オランダでは、3ヶ国語を話せる人は、ザラにいて、5〜6ヶ国語を話せる人もいます。 なぜ、こんなに語学に堪能な人が多いのか、オランダ人ホストファミリーに聞いたところ、その理由を2つ教えてくれました。 てっきり英語から勉強するものだと思ってたので、なぜフランス語から習うのか聞いてみたところ、 「フランス語が1番難しいから」 との回答が。 なるほど、難しいものから先に勉強するのか、と妙に納得したのを覚えています。 もう1つの理由は、オランダ語の発音が独特で、語学を学ぶのに適しているから、というものです。 確かにオランダ語の発音は独特で、私は何度練習しても発音できなかったので、子供の頃からこの発音を身につけている人にとっては、他の言語を学ぶのに有利だと感じました。 またこれは私の意見ですが、日本のような島国ではなく、他のヨーロッパ諸国の人々と関わる機会が多いことも、オランダ人が語学が堪能な人が多い理由の1つかなと思います。 規則正しい生活を送っている 私のオランダ人ホストファミリーは6時に起き、7時に朝食、12時半に昼食、17時半に夕食、そして22時に就寝と超がつくほど、規則正しい生活を送っていました。 きっとこの家庭だけだろう、と思っていたのですが、他のオランダ人にも、 「オランダ人は何があっても、12時半に昼食、17時半に夕食を食べる」 と言われたので、どうやら私がホームステイをした家庭だけではないようです。 もちろん仕事の関係で、18時や19時に食事をする家庭もあると思いますが、基本的にはどの家庭も規則正しい生活を送っているみたいです。 そんな中、私はいつも10時に起きてきて、のこのこと台所に現れていたので、Keikoは、朝起きられない、とネタにされていました 笑 10. が、私がたくさんの国に旅行をしてきた中で、思わず振り返ってしまうほどの美男美女が多くいたのは、オランダでした。 目鼻立ちがはっきりとして、モデルのようにスタイルが良い人ばかりで、思わず見とれてしまいました。 実際、オランダではトップモデルになる人が多いのだとか。 主人もオランダに一緒に旅行に行った時に、オランダ人は美男美女ばかりと言っていたので、私だけの印象ではないと思います。 それでは最後に、オランダ人の性格と特徴10選! について、まとめておきましょう! オランダ人の性格と特徴まとめ• オランダ人は他者に対して寛容的• オランダ人は、取り繕うことがなく、正直• オランダ人はケチではなく、質実剛健• オランダのうんちく・オランダあるある話が大好き• オランダ人は他者に対して尊敬の念がない• オランダ人女性は強い• オランダ人は、子供も含め背が高い• オランダ人は何ヶ国語も話せる人がいるほど、語学が堪能• オランダ人は、規則正しい生活を送っている• オランダ人は、背が高く美男美女が多い 私は、オランダに住んでみて、オランダという国が大好きになりました。 もちろん、冬はお天気が悪くて寒いし、店員も無愛想な人もいるしと、悪いところもありますが、それでもそれに勝る魅力がたくさんある国だと思っています。 これからオランダに行かれる予定の方、オランダ人について、知りたいというあなたは、ぜひ参考にしてみて下さいね。 関連記事はコチラ.

次の

オランダ

オランダ 人 名前

カタカナ英語で覚えた言葉を海外で使ったら通じなかったという経験はないでしょうか。 通じたとしても現地では使わないカタカナ英語もあります。 ヨーロッパの国 「オランダ」はその1つ。 日本語で言うときと同様「オランダ」でも通じないわけではないのですが、海外ではオランダのことを「オランダ」とは表現せず 「ネザーランド」といいます。 でも不思議ですよね。 何故、日本では「オランダ」という呼び名が定着しているのか。 本記事では英語で「オランダ」のことを、どのように表現するかだけではなく日本に「オランダ」という言葉が定着した理由までお伝えします。 また、オランダ以外にも英語では、呼び方が違う国も紹介します。 オランダの正式名称だけではなく、欧州諸国や他の国の英語での呼び方も一緒に覚えましょう。 オランダは英語でNetherland ウィキペディアによるとオランダ語は、言語学の分類上はドイツ語のひとつの方言とされているそうです。 オランダは英語だと 「Netherland」と表記されることが多いです。 カタカナにするとネザーランドです。 でも不思議ですよね。 何故、日本ではオランダなのに海外だとネザーランドなのでしょうか。 オランダとネザーランドでは語感も全然、似ていませんよね。 何故、日本ではオランダというのか。 海外では何故ネザーランドと呼ぶのかを確認してみましょう。 オランダの正式名称は Kingdom of the Netherlands オランダの正式名称は英語で ・Kingdom of the Netherlands (ネーデルラント王国) オランダの英語での通称は ・the Netherlands (ザ・ネザーランド) どちらも語源は 「Nederland」です。 「Nederland」はオランダ語で低い土地を表すように、オランダの国土は実は低いところに位置しています。 オランダは実は 海抜ゼロメートルの国。 国の表面積のおよそ半分が海抜1メートル未満なのです。 もっとも低い土地ですと海抜がマイナスで6メートルより低いところにあります。 そのため、オランダには堤防や水門、水路、橋、スロープ、ダム、防波堤など海から土地を守るための施設が数多く見ることができます。 何故、日本では「オランダ」なの? オランダの由来は 「Holland」(ホラント) 「Holland」(ホラント)はネーデルラント王国の州の1つです。 かつてネーデルラント王国の中でも「Holland 」が勢いがあり力があった時代があります。 そんな時代にポルトガルの宣教師が「Holland 」をポルトガル語で 「Hollanda」と伝えました。 ポルトガル語だと最後に母音の「a 」がつくのです。 そのため、日本には「Holland 」ホラントのポルトガル語読みの「Hollanda」オランダが伝わったのです。 つまりオランダとは当時のネーデルラント王国でも勢いのあったホラントのポルトガル語読みなのです。 そして、ポルトガル語読みの「オランダ」がそのまま日本に定着したというわけです。 ちなみにポルトガルのお隣スペインでも、オランダはスペイン語で Holandaです。 オランダ語やオランダ人は英語で「Dutch」 自国語オランダ語やオランダ人のことは英語で 「Dutch」といいます。 オランダの国名のネザーランドが語源ではなさそうです。 何故、オランダ語やオランダ人のことを「Dutch」というのでしょうか。 「Dutch 」の語源を確認してみましょう。 オランダは独立国ではない時代がありました。 そしてイギリスは今の オランダ・ドイツにいる民族のことをまとめて 「Dutch」と呼んでいました。 しかし16世紀末にオランダ・ドイツがそれぞれ力を持ち始め、それぞれが国をつくりました。 そして、オランダは海洋国家として当時のイギリスと覇権を競っていたので、当時の海洋国家のオランダの人や言葉を限定して オランダ系を「Dutch」(ダッチ) と呼ぶことにしました。 実はネーデルランド王国として独立する前から「Dutch 」と現オランダ辺りの人たちは呼ばれていたんですね。 一方で高地のドイツ民族・言葉をGermanと呼ぶようになりました。 Dutchを使った言葉の紹介 イギリスとオランダは過去に英蘭戦争で海の覇権を競っていました。 そのため当時のイギリス人は反オランダ感情が強かったといわれています。 そのため英語ではオランダ人やオランダ語を意味するDutchにはネガティブな意味もあります。 ではDutchを使った表現をみていきましょう。 Dutchはイギリスとオランダが戦争をしていた背景もありネガティブなイメージがつきまとう言葉だからです。 オランダの概略 欧州連合に加盟するオランダ、旅行や仕事で行く機会がある人もいるのではないでしょうか。 オランダ経済分析局によると、2019年の経済成長率は1. 国内の主な産業は、卸売・小売業、製造業などです。 オランダと言えば、インドネシアを1600年代から約300年間もの間、植民地としていました。 農作物の生産量をあげるために過酷な労働を課していましたが、利権を守ろうとするオランダの圧力になかなか独立ができません。 1942年1月、日本軍がオランダ軍を無条件降伏させた後は、日本政府による統治時代が始まりましたが、インフラ設備や教育を普及させたりとそれまでのオランダがしてきたこととまったく違う統治をしたという歴史があります。 オランダの母国語は英語ではありませんが、共通語である英語の教育が盛んで、義務教育の小学校の頃から英語のネイティブスピーカーから英語による英語の授業を受けます。 公立小学校では学費が無料であり、教科書を実費で買うこともありません。 そんな教育環境のオランダですが、非英語圏における英語力世界一のレベルと言われ、保護者も英語教育にとても熱心です。 また、オランダの大学は入学時に求められる英語力が高いと言われます。 従って、 英語のみで卒業できる大学もあり、海外から留学する人も多いと言われます。 またオランダ語は英語と類似・共通点も多いためオランダ人は一般的に英語が上手だと言われています。 つまり、オランダは英語ができれば旅行先でもコミュニケーションにあまり困らない国なのです。 それではオランダの概略をみてみましょう。 オランダの地理 オランダは西ヨーロッパに位置する 立憲君主制国家です。 ドイツに接しており、オランダの南側にはベルギーがあります。 また、北西は北海に面しています。 ベルギー・ルクセンブルクとオランダを合わせてベネルクスとも呼ばれます。 憲法上の首都はアムステルダムですが、事実上の首都はデン・ハーグです。 公用語はオランダ語。 人口は1600万人を超えるほど。 通貨はユーロが流通しています。 宗教はキリスト教(カトリック24. 意外とプロテスタントの国のイメージがありますがカトリックの割合が高いようです。 政府の政策により、1970年代から移民をほぼ無条件で受け入れてきました。 現在では、移民受け入れ反対派も増えてきています。 オランダの観光 観光局では、オランダを象徴する以下8つを観光に推奨しています。 ・チューリップ: オランダを象徴する花。 チューリップのベストシーズンは3月~5月。 世界最大のフラワーパークのキューケンホフでは700万株の球根が植えられ観光客で賑わいます。 ・風車: オランダは平地の国です。 そのため風が常に吹いており、数多くの風車が利用されています。 ・運河: オランダは北のヴェネツィアとも呼ばれており運河が発達しています。 オランダでは運河を眺めた運河クルーズも人気です。 ・デルフトブルー: オランダのデルフトの街で生産されている世界的な有名な陶器。 青と白の色彩が美しくオランダのお土産にもオススメです。 ・チーズ: オランダはチーズの国です。 オランダ人は「チーズヘッド」と呼ばれるぐらいのチーズ好きです。 チーズづくりの歴史は古代ローマ帝国の時代にまで遡るほど。 様々なオランダ産のチーズを楽しむことができます。 ・巨匠たち: オランダは芸術も盛んな国。 16世紀~17世紀にはレンブラント、ヨハネス・フェルメールなどが活躍しました。 アムステルダム国立美術館にはレンブラントの最高傑作「夜警」が展示されています。 ・木靴: オランダには珍しい木でできた靴があります。 これはオランダの伝統工芸ですが日常的には木靴を履いている人はあまりいません。 日本人が下駄をほとんど履かないのと同じです。 しかし酪農家が木靴を履いていることがあります。 ・スケートマラソン: オランダではコース全体に厚い氷が張る冬に限り世界最大のスケートマラソンが開催され人気を博しています。 オランダはヨーロッパでも英語が通じる国の1つです。 観光資源も豊富。 フランスやスペインですと英語が通じづらいこともありますが、オランダは勉強した英語が活用できる国です。 日本と外国と呼び方が違う国まとめ 実はオランダに限らずカタカナ英語と呼び方が異なる外国名は少なくありません。 カタカナで知っているからと、カタカナ英語で国名を言っても伝わらないことがあります。 そこで地域別に注意すべき英語の外国名をまとめました。 欧州 ・the United Kingdom (イギリス)発音: ザ・ユナイテッド・キングダム ・Ukraine (ウクライナ)発音: ユークレイン ・Greece(ギリシャ)発音: グリース ・Switzerlamnd(スイス)発音: スウィツァーランド ・Germany(ドイツ)発音: ジャーマニー ・Turkey(トルコ)発音: ターキー ・Begium (ベルギー)発音: ベルジャム ・Jordan(ヨルダン)発音: ジョーダン ・Italy(イタリア)発音: イタリー ・Czech(チェコ)発音: チェク ・Portugal(ポルトガル)発音: ポーチュガル 北米南米 ・Argentina(アルゼンチン)発音: アージェンティーナ ・Uruguay(ウルグアイ)発音: ユールグウェイ アジア・中東 ・India(インド)発音: インディア ・Mongolia(モンゴル) 発音: モンゴウリア ・Thailand(タイ) 発音: タイランド ・South Korea(韓国)発音: サウス・コーリア ・North Korea(北朝鮮)発音: ノース・コーリア ・China(中国)発音: チャイナ 正しい英語の発音で国や都市名を確認しよう カタカナ英語で覚えている言葉は日本人が間違えやすい言葉です。 ユークレイン・・・ と聞いてウクライナとすぐに反応できない人も多いのではないでしょうか。 英語は英語で学ぶのが一番です。 特に国名のような名詞は正しい発音を聞き取り慣れて覚えてしまえば、すぐに使える英語になります。 英語の音声データや外国人のEnglishスピーカーの先生から正しい発音を何度も聞くことで、正しい英語を定着させましょう。 カタカナ英語で覚えているものほど注意! カタカナ英語は間違えやすいカタカナで覚えている英語ほど間違えやすいですよね。 海外の国名も同様で、カタカナ英語で覚えているので改めて正しく英語で覚えようという気持ちが起きにくい分、盲点になりがちです。 英語で英語を学ぶネイティブ・キャンプはおすすめ しかしネイティブキャンプのようなオンライン英会話では、好きな時に外国人と直接、英語でコミュニケーションをとることができます。 カタカナ英語を間違って使った時でも、すぐにフィードバックを受けることができます。 間違えたカタカナ英語だと通じませんし、英語で正しい言い回しを聞くことができます。 オランダ人の公用語はオランダ語ですが、小学校の時から英語を英語で学ぶこともあり、オランダ人の英語力は高めです。 日本の英語教育ではALTの導入が進んでも一時的、スポット的に入ってくれるだけで限界があります。 しかしオンライン英会話のネイティブキャンプのようにスマートフォンで場所を選ばずに英語で英語の勉強・コミュニケーションをとる機会を増やせば英語力の上達が早まります。

次の